3月2日はカレー記念日

カレー記念日

二重顎 ズームで観察日記かな

3月2日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

義弟の死

 

やぶからぼうですがオットの弟が突然、死んでしまった。
寝ているあいだに心臓発作を起こして、そのまま起きなかった。朝になってパートナーのJが気付いたときには、もういってしまった後だった。

 

その日、私は夜に出かけていて、遅くに家に帰ってきたら、出迎えたオットが「ちょっとここにすわって」と言って私に紅茶のマグカップをわたした。その瞬間、やはり不思議なことに、「誰か死んだな」とわかるものなのだった。そして、オットにはあまり体調がいいとはいえない母と、もうひとり下の弟(←アル中)がいるので、妙に冷静に、どっちかだろうと思った。しかしオットの口から出てきた名前は、あまりに思いがけない上の弟の名前(T)だったので、ほんとうに混乱した。え?なんで?

よく考えれば、彼も3年前に心臓発作を起こしてバイパス手術を受けている。だから立派な候補者のひとり(っていっていいのか)として予想にあがってきてもおかしくなかったのだが、その後の経過がとても順調で、ほぼ普段通りの生活に戻っていたものだから、ごっそり頭から抜け落ちていたのだった。2日前には定期検診を受けて、何の異常も見つからなかったらしい。

 

オットはそのとき義母とスカイプで話をしていて、義母がかかってきた電話をとり、その信じられない知らせを受けて、みるみる大混乱に陥っていくのをパソコン画面のこちら側でなす術もなく見ていたそうである。世界は近くなったように見えて、体がそこにないっていうのはこういうことなんだと思い知ったと言っていた。

 そういう私も、実際の距離というものが、こんなにも実感のなさに直結するものだということはついぞ知らなかった。
もしこれが、飛行機で数時間という距離だったら、あるいは地続きであったなら、私たちはすぐさま立ち上がって準備して、翌朝には出発しただろう。そしてこの、今向こうで起こっているおそろしい出来事が本当のことなのだと実感できたことだろう。
でも、私たちは翌日いつものように仕事にでかけ、帰ってきたら向こうに電話して、状況や今後の日取り等を確認する。最初の数日間、ともかく毎日電話するということ以外にできることが何もなかった。向こうでは葬儀は日本みたいにすぐに行なわれるものではないらしく、1週間以上も発ってから葬儀の日が確定し、オットはそれでもとにかく休みをとって4日目には発っていったが、私はといえば葬儀の前々日に出立するまで、じつに宙ぶらりんなまま日々を過ごすことになった。一日のうちに何度もそのことを考えるのだが、だからといって普段通りの生活をしないということは難しかった。正直にいうと、時々忘れそうになってはハッと気が付く、ということの繰り返しだった。

 

そして19時間かけてイギリスに到着し(高すぎて直行便が買えなかった)、なんとなく頭が興奮状態のまま、家族との再会、涙、Tとの対面、涙、すごい人数の知らない親戚と対面、前夜はほぼホームパーティの様相、喧噪&笑い、葬儀、当然涙、さらに大人数の参列者と対面、という一連の葬儀シリーズに突入していくことになったのだった。

 どこの国でも葬式というのはある種の興奮状態にあって、さっきまで泣いていたかと思ったらもうげらげらと笑っていたりと喜怒哀楽が忙しい。私も同じように泣いたり笑ったりしながら、どこか悲しさというのは相対的なものだな、と思っていた。自分が悲しいのか、相手に共鳴して悲しいのかというのはじっさい区別がつけられない。

 

ここにきてもまだ、現実感がともなわない、どこか俯瞰しているような気持ちでいるのは、別の国で、別の言葉をしゃべっているからなのだろうかと考えていた。そして、頭のどこかに観察する眼があって、こっちでは特別に「喪服」っていうものはないのだな(持っていった喪服を会う人会う人に異常に褒められた、こういう時でも服を褒めるのだな)、とか、葬儀の時には詩を読むのか、そして読まれた詩の一つはあの「千の風になって」ってやつじゃないか、イギリス人的にそれはいいのか、とか、葬儀の最後に音楽と共に祭壇の前のカーテンがするすると閉まって棺が見えなくなるところが文字通り「幕引き」って感じだなあとか、お焼香がないからけっこう式自体はすぐ終わるんだな、とか思っていた。

 その後場所を変えて行なわれた会でも、いろんな人が入れ替わり立ち代わりやってきて、それらの人々すべてが私のことをあらかじめ知っている、という現象があった。外国人(東洋人)は私だけだからすぐわかる。どこで何が話されていたというのか。
そして故人とごく親しい家族としてお悔やみを言ってくれるのだが、それにも何やら奇妙な居心地の悪さがあった。私が個人的にTに感じている近しさと好意は、付き合いの長さや密度で計れるものではないけれど、こちらに来るようになってからの12年間で、実際のところ通算何回彼に会ったのだろう、この人のことを本当は何も知らないじゃないと考えてしまう。それに比べればそちらのほうがよっぽどお悔やみ申し上げますじゃないのかね、と思ったりして、なんと説明したらいいのかわからないが、例えていうなら劇場にいて、役を演じているような感じが抜けなかった。
こんな風に観察している自分に気付いては罪悪感を感じ、泣いている時はそれはそれで、「泣くほど彼を知ってたのか」と思う、という2つの感慨が入れ替わりやってきて、そのうちそういうことにも疲れたので、途中からは「茶番こそが人生だ」と思うことにした。
それは、子どもの頃は寄宿舎、19で家を出てから30代半ばまで音信不通というちょっとコメントしづらい前半生を持つオットにとっても同様のようだった。

 

IMG_6583

干潮時の風景、ワイト島

 

帰ってきてから3週間経って、最近ようやく、「死ぬ」ってことは「その人ともう会わない」し、「もう動いている姿を見ない」ってことなんだなあという当たり前のことが腑に落ちつつある。という話をオットとしたばかりだ。そして、人は時々こうやってかんたんに死んでしまう。

ちょっと前に台湾で、Tへのお土産に包丁を買った。以前行ったときに買ったのがすごくよかったので、Tにも買ってってやろうとオットが言ったのだった。そして、誕生日のときに送ろうともったいぶって取っておいていた。でも、こういうことがあるから、やはり善は急げというのは真理なのであって、ことわざを侮るべきではない。

 
一方で、その突然の死に方を、うらやましいと思う自分もいる。でもそれは自分が死ぬ側だと仮定しての話であって、オットが「こんなのひどすぎるけど、週末に友人と楽しく過ごして、楽しかったね、また明日ねって言って恋人と同じベッドで寝たまま死ぬなんて、死に方としちゃ最高だよ。」と言ったときには瞬時に「私は残されたくないよ!」と思ったし、同様の話を義母の友人としたところ、彼女も即座に「残されたほうは地獄よ。」と言っていた。彼女は3年前に夫を脳梗塞で亡くしている。そして「男ってなぜか自分が先に死ぬと思っててのんきだよね…。」ということで深く同意したのだった。

 

 その朝、異変に気付いたJが警察を呼んで、やってきた警察官のひとりがまずJに指示したことは、「あんたはまず外に行って、隣の家にかけこんで誰か連れて来なさい。誰でもいい。ともかくひとりでいてはいけない。」だったという。そしてJはそのとおりにした。いかにもイギリスらしい(と言えるほどイギリスをよく知らないが)やりかただと思った。

 そのJだが、最近「Honey bunch」は日本語で何て書くの?と不穏な質問をしてきて、もしや…と思ったが案の定「彼のことをいつもそう呼んでたからタトゥーを入れようと思って♡」てなことを言い出した。Jよ、それ、たぶん一時の気の迷いだから。

 

IMG_6587

冗談みたいな森の小道

を抜けるとホビット庄が…

を抜けるとホビット庄が…(嘘)

ホビット庄の家(嘘)

ホビット庄の家(嘘)

 

byはらぷ

 

 

※「なんかすごい。」は、毎月第3木曜の更新です。はらぷさんのブログはこちら

※はらぷさんが、お祖父さんの作ったものをアップするTwitterのアカウントはこちら。


なんかすごい。 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • ぽめ

    はらぷさんの文章とものの見方が好きです。
    読んでいると、須賀敦子の文章を思い出します。

    はらぷさんのおじいさまの作品も好きです。
    作品集を今までに2冊買いました。1冊目は自分用で、2冊目は、うつ病の家族や介護が必要な家族を抱えて心身共に疲れ切っているであろう、美術作家の親戚に送りました。

    はらぷさんは、おじいさまから、とてもよい意味での自意識のなさ、を受け継いだのでしょうね。
    そしてそれは、感じたことを感じたままに誰かに伝える上で欠かせない資質、と思います。

    次のブログも楽しみにしています。

  • はらぷ

    はらぷ Post author

    ぽめさま
    こんばんは、はじめまして。
    な、何て言ったらいいんでしょう。いただいたコメントが嬉しすぎて、数日お返事が書けませんでした。
    須賀敦子、大好きです…。しかし恐れ多すぎて熱が出そうです!

    祖父の作品のことも、ありがとうございます。
    祖父の人形を見ていると、なんだこれ、かわいい!と身悶えするいっぽうで、そうだ、自由だ、ヤッチマエ!!(何をだ)と突き抜けたような気持ちにもなります。
    祖父の作品が、ご親戚のかたに、ほんの一瞬でも日常を離れてわあーッと思える時間を提供することができたら、どんなにかいいだろうな、と心から思います。
    そして、そんなふうにさりげなく贈り物ができるぽめさんが素敵です…。きっとご親戚のかたはそのことが一番嬉しいのではないでしょうか。誰かが見ていてくれているということが。

    祖父は101歳にしてついに、自意識からの自由を手に入れたように思われます。
    私はといえば、とてもその域にはいっていなくて、階段の一段目をあがったり降りたりしている感じです。もしかして、自意識がありすぎて、ありすぎるのでどーんと投げ出してしまえー!、とか思っているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

カレー記念日 今週のおかわり!

通勤で 咳をこらえる ツボ押すよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

50代、男のメガネは

バスのなかであれやこれや。

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

絵手紙オーライ!

きつねのお面(初午)

ワクワクしたら着てみよう

ワントーンコーデにレイヤードで抜け感をプラス!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

これ、買った!

ブーツ型湯たんぽ!?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

一日千秋

猫No.28  by 権太

猫大表示&投稿詳細はこちら!

一日千秋

猫No.28  by 権太

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up