4月13日はカレー記念日

カレー記念日

足の爪 お腹がつかえて切れないじゃん

4月13日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

村に火をつけ白痴になれ

IMG_6916

3月に『村に火をつけ白痴になれ 伊藤野枝伝』(栗原康/著 岩波書店)が出て、早速買って例のごとく放置していたものをこないだ読んだ。そして興奮して同じひとの書いた『大杉栄伝 永遠のアナキズム』(夜光社)も読む。おもしろい。野枝、やばい。そして栗原康は文体がうつる。ちくしょう(←こういうとこまでうつる)

伊藤野枝。1895年、福岡県の今宿に生まれた。作家、無政府主義者、婦人運動家、「青鞜」の女(平塚らいてうの後をついで編集長をやった)、新しい女。ダダイスト辻潤を捨ててアナキスト大杉栄のもとに走った女。

今までに読んだものでなんとなく持っていた野枝像を、鮮やかに覆されるような本だった。

奔放で情熱的。世間を賑わした様々な論争や恋愛スキャンダル。田舎から出てきてらいてうに見出され、辻潤や大杉栄というすごい男たちを渡り歩いて花ひらいた女。才気溢れるけれど直情的に過ぎ、ライバルの山川菊栄なんかの怜悧さ、明晰さと比べるとやや論理に欠けるところがある…

私が持っていた野枝のイメージには、そういえば、つねに「女」という言葉がくっついていた。目の前のことしか見ないとか、論理的でないとか、そういう「女の特性」(と世間でみなされているもの)ゆえに思想家としては今一歩…。つまり、「女」を超えられない。そんなような見方すら、とくに女性の描く野枝像のなかには多くあったと思う。
子どもは生みっぱなしで飛び回る。人に迷惑かけほうだい。大杉栄といっしょに殺されなかったら、こんなに名を残したかどうかわからない。

ところが、この本を読んでみると、野枝くらい、書いたものと同じだけ全身全霊で自由に、ありったけ生きたものはいない。今までみたような見方こそが、それこそ野枝いうところの「奴隷根性」そのものじゃないか。それに、「辻潤の女」「大杉の女」という文脈で語られがちな野枝だが(まあ、そのへんがめちゃくちゃ面白いからというのもあるが)、野枝からみたら、辻も大杉も野枝の男だ。というか、野枝はただ、野枝である。

この本で、栗原康は「野枝はほんとうはわがままなんかじゃなかった」とかそういうことは何一つ言っていない。むしろ「野枝のボーゼンアゼン☆トンデモエピソード」が満載の一冊だ。
わがまま、突っ走る、人の話なんか聞かない。
野枝を描写する言葉は変わらない。でも、それを載せる土台の、照らす方向の、言葉をくりだすひとの精神の、その自由さで、あらわれてくる姿のなんと違うことかと、胸おどらせずにはいられない。

野枝が近くにいたら、きっとものすごく大変だ。じっさい周りのひとびとはめちゃくちゃ振り回されている。でも、それは野枝のもんだいではない、自分自身のもんだいである。

 

関東大震災から約2週間後の1923年(大正12年)9月16日、野枝は大杉栄と甥の橘宗一とともに憲兵隊に連行され、虐殺される。遺体は簀巻きにされて、井戸に放り込まれた。28歳。

 

このあいだ、わたしなんかよりずっとこういうことに詳しい友人と、「今思うと、大杉栄や伊藤野枝が、殺されなきゃならないくらい危険人物だったとは思えない。」という話をした。

憲兵隊に言わせると、大杉はアナキスト連中の中心人物であり、震災後に世間を攪乱し治安を乱す恐れのある社会の害悪をあらかじめ排除したってことになるようだが、じっさいのところ大杉は治安を乱すどころか、友人知人を心配して救助に奔走していた。治安を乱してる暇なんかない。つまり、罪状がなんにもない。そんなのは、「気に入らないからいい機会だし殺してやった」と言っているのと同じである。それでもあえて、大杉と野枝に罪状をつけるとしたら、その罪の名前は「自由」ということになるのだろうか。

 

IMG_6916

↑ 画像をクリックすると「e-hon」の作品解説ページをご覧いただけます。

by はらぷ

 

 

※「なんかすごい。」は、毎月第3木曜の更新です。はらぷさんのブログはこちら

※はらぷさんが、お祖父さんの作ったものをアップするTwitterのアカウントはこちら。

 


なんかすごい。 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • AЯKO

    今回は文章が疾走してるようで、ちょっと面白いですね(笑)。
    私は予約して残念なことに、この本まだ読めていないのですが、どんな精神の人が描くかによって本当に違ってくるものなんでしょうね。トンデモエピソード、、、木村壮太との経緯も出てきますか?(ちなみに私は駒村吉重という著者の辻まことの評伝から、興味を持ちました。)

    「奴隷根性」の話や、野枝からみたら、大杉と辻が野枝の男だというところに、納得してしまいました(笑)。「向うが私を好きになって一緒に暮らしたいと言ったんでしょ」ぐらいに、誰かの女だなんて彼女は微塵も思ったことがないだろうなあ。私達もまあそうではないですか。

    野枝さんは、ここ数年生きてて自己嫌悪に陥った時に、「いやああいう人もありだし」と勇気づけられる人です。

    しかし罪状が「自由」というのは重い言葉ですね。今も「行動の自由」の前に「発言や思想の自由」も侵されてる部分があるので、この虐殺は昔の話だからって笑えないですよ。

  • はらぷ

    はらぷ Post author

    AЯKOさん

    読んだものにたちまち影響をうけるというこの単純さ…。

    トンデモエピソード…野枝は、辻とのあいだにできたこども(まことさんですね)を連れて青鞜社に出勤していたのですが、赤ちゃんが泣いて周りがおろおろしてもかまわず仕事、おしっこをしてもちょんちょんと畳をなでてかまわず仕事、うんこをしても、おしめを庭でばさばさっとやってかまわず仕事をしていたらしいです。野枝さん、せめて埋めてください…。

    木村荘太でてきましたよ!でも、会ってみたらつまんなくてあっというまに冷めてしまったと案外あっさり切り捨てられていました。栗原さんは木村に興味なし(笑)でも、野枝を有名にした立役者(?)ですからね。
    木村荘太って、そういえば木村荘八の兄なんですね。

    確かに、誰かの女だなんて、彼女自身は微塵も思っていなかったでしょうね。
    俯瞰でみるとそういう視点になってしまう、ということがあるのかもしれません。いい悪いではなくあっそういうことあるよな、と面白いです。

    ここのところの私たちのまわりでも、また「社会の迷惑」みたいなことがずいぶんおおっぴらに言われるようになってきましたね。
    と同時に、同じことをしても許されるひとと許されないひとというのが、やったことの大小ではなく、気分で決められている感じがとてもします。
    自由は上から奪われるものではないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

カレー記念日 今週のおかわり!

始めた気分だけで浮かれる 4月です

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

50代、男のメガネは

学校の中におじいさんがやってくる。

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

なんかすごい。

春の匂いといえば

出前チチカカ湖

第167回 イメージがコロコロ変わる案件

これ、買った!

セブンスピロー買った!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

狭小住宅

猫No.neko95  by 伽羅

猫大表示&投稿詳細はこちら!

狭小住宅

猫No.neko95  by 伽羅

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up