6月22日はカレー記念日

カレー記念日

「抗加齢?」 もう手遅れと ふてくされ

6月22日はカレー記念日

カミュエラ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

旅先に持っていく本

 

 19日深夜、この原稿を書いている。この回が公開される21日には、私はイギリスの義母の家にいるだろう。順調に飛行機が飛べば。

 去年は、オットの弟が次々に亡くなって、何度も向こうに飛ぶことになった。ひとつ下の弟が5月、一番下の弟が11月の終わり、葬儀があったのが12月中頃だったから、もう一年になるのか。

 実質、それ以来はじめてのクリスマスということになる。とうぜん祝祭という雰囲気からはほど遠い。でも、死者の思い出話などしながら、中年と老人の3人で静かにすごすクリスマスというのもいいだろう。(いや、ちょっと嫌かも)

 不在がことのほかこたえるのは、家族のなかに子どもや若者がいないせいもある、と思う。誰かが誰かの代わりになれるものではもちろんないし、いなくなった弟ふたりは、去りゆく世代としてはいかにも早いが、それでも、次の世代のものたちがいるところでは、新しい命の輝きが、死者の不在の穴を光で塗りつぶしてくれる。

 自分がいなくなっても、まわりの家族や愛するものたちが、その不在の網の目をみるみるうちにうめてしまう、と書いたのは、たしか山田詠美の『晩年の子ども』だった。

 

 ところで、きゅうに現実的なことを言うと、一年になんども飛行機に乗ると金がかかる。
二人分ともなれば、もうたいへんなことである。とくに、数年前にヴァージン・アトランティックが東京—ロンドン便から撤退してしまってからというもの、直行便が高くなった(ような気がする)。そこで、ここ何回かは乗り継ぎ便で行っている。

 今回は、羽田から4時間乗って北京、そこで3時間の待ち合わせ。それから11時間乗ってヒースローに着く。所要時間だいたい19時間。

 この19時間、何を読んで過ごすか、ということが、出発前夜の現在、もっか私の頭を悩ませているだいもんだいである。(荷造りはどうした。)

 前回乗った時は、ミランダ・ジュライの『あなたを選んでくれるもの』(新潮社)を持っていって、とてもよかった。
すべてネットでやりとりが主流の時代に、紙のフリーペーパーに「売ります」広告を出す人々を、著者が訪ねて書いたインタビュー集。彼らが売りたい「何か」から浮かび上がる、どこかいびつな人々の人生の断片。途中でやめて、後からまた開いても、いつでもすっと本の中に戻れて、なにより、偶然乗り合わせただけの人々が肩をならべて、そのくせみんなひとりでいる、にわか運命共同体みたいな飛行機と、この本が内包する孤独はよく似合った。そして、クレストブックスは単行本なのに、とにかく本が軽いところがすばらしい。

 

 長い道中なのだから、このさい読みのがしていたマンガを一気に読む、という手もあって、たとえばこないだのマンガ座談会で話が出た「マカロニほうれん荘」に「イヴの息子たち」に「パートナー」、「エースをねらえ!」。こういうのだったら、どんなに長い移動時間でも退屈しなさそうだ。長いシリーズを一気に読みたい。そうするとやっぱりタブレットはいいな、常夜灯も必要ないし。
 でも、マンガの難点は、夢中になりすぎて、しばしば戻ってこられなくなることである。到着したさきで、どんな頭で歩き出すか、ということこそ、旅の本におおいに影響されるところではないか。

 

 そんなわけで、読んだものにすぐに影響されるわかりやすい性格としては、たいてい外国文学から何か選んで持っていくことが多い。家にある、まだ読んでない本の数といったらもう、選びほうだいだ。

 今回は、前回も持っていって読まずに持って帰ってきた気がする『灯台守の話』(ジャネット・ウィンターソン著 白水社)と、ちょっと前に買った、まさかの未読『クリスマスのフロスト』(R.D.ウィングフィールド 創元推理文庫)、昔子どものころに読んだ気がするが、最近文庫本を手に入れた『この湖にボート禁止』(ジェフリー・トゥリーズ著 福武書店)を持っていくことにする。
 本を選ぶときはいつも、読むものがなくなったらどうしよう…、と心配するのだが、これまでのところまったくの杞憂である。だいたい持っていっても、たいていうとうとしていてろくに読んでやしない!

 

 

 10年くらい前までは、どこか遠出をするとなると、必ず村上春樹の『遠い太鼓』の文庫版を持っていった。イタリアとギリシャの滞在記で、もうさほど村上春樹を好きでもなくなって久しいけれど、これはずっと好きな本。
須賀敦子や内田洋子の本も、移動にはよく似合う。ぜんぶ、イタリアの話だ。

 イタリアには、大学生2年生のときに旅行で、ローマ、フィレンツェ、アッシジ、ミラノと駆け足で数日間滞在したきりだが、陽気で、若い女と見れば自動的に片目はウインクし、口からは賛美の言葉が流れ出す、ミッソーニを着たイタリアおじさん、というのは本当にいるんだ(しかもいたるところに)、さすがイタリアはイメージを裏切らない、と思った。と同時に、石畳の坂道や、黒々と陰を落とす細い路地、バスの窓から見た、オリーブ畑の丘陵と古い領主館、そうした風景から、どんなものも、時の流れにはかなわない、という諦観のようなものがにじみでてくるような気もしたものだった。
日常のすぐ隣に、古代の遺跡がさほど顧みられもせず、ごろごろと転がっているような場所で暮らしていると、そうなってしまうものなのだろうか。

 外国に住んで、どれほど土地になじんでも、どこかいつも異邦人の目で物事を見ている。孤独と、その地で出会う、どこかはらはらさせられるような欠陥だらけの、愛すべき人々。

 

 イタリアに限らず、滞在記で好きな本は多い。梨木香歩の『春になったら苺を摘みに』。これは著者がイギリスに留学していたときのはなし。
『犬が星見た』(武田百合子)、『お嬢さん放浪記』(犬飼道子)、石井桃子の見たアメリカ、少女時代をソビエト体制下のチェコで過ごした米原万里の『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』。

一世代前の、女の人が書いたものが多いのは、まだ渡航がよほど気軽でなかった時代に、たったひとり出かけていって、異国で孤独を友に過ごしたまなざしに、惹かれるからだと思う。

 

 彼らをとおして、異邦人の目を手に入れて、これから行く国を眺めようと思っている、ずいぶんロマンチックで、浸り屋だなあと我ながら思う。
そんなことより、荷造りをしろ。
ちょっと気が早いけど、みなさん、どうぞよい年末年始をお過ごしください。

 

byはらぷ

 

 

※「なんかすごい。」は、毎月第3木曜の更新です。はらぷさんのブログはこちら

※はらぷさんが、お祖父さんの作ったものをアップするTwitterのアカウントはこちら。

スポンサーリンク


なんかすごい。 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ワクワクしたら着てみよう

10時には寝るべし!その効果にワクワク〜♡

いどばた。

思い出し笑いしてますか?

なんかすごい。

祖父の人生

50代、男のメガネは

大阪の地震のこと。日本のえらい人たちのこと。

これ、買った!

STANLEYの水筒買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

壊さないように : 白和え

今週の「どうする?Over40」

揺れても、間違っても、在る場所で

四十路犬バカ日和

試行錯誤もまた楽し。〜バンコク生活設営あれこれ〜

カレー記念日 今週のおかわり!

今週は 月亭カレーを 日替わりで

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.29】写真うつりが悪くて困ります。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.14 自作自演のイバラ道

いろんな言葉

介護の言葉 その3

わたしをライブに連れてって♪

大好きなあの人に会いに

これ、入るかしら?

vol.49 ストンと落ちるスカート

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

美容室問題②~腕以外だって大事!~

あの頃、アーカイブ

【エピソード22】リタイア後の暮らし方

黒ヤギ通信

ロシアよ愛をこめて~その1

絵手紙オーライ!

古伊万里の油壷

KEIKOのでこぼこな日常

プリンタのインクはどれかしら?

昭和乙女研究所

昭和レトロ旅!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

入札談合

猫No.53  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

入札談合

猫No.53  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up