1月18日はカレー記念日

カレー記念日

お年賀の菓子 食べきってから ダイエット

1月18日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

きおくのわが町

 10年くらい前まで、千駄木という町に住んでいた。

 先日、職場でなかよくしているFさんが、「根津に叔父のお墓まいりに行く」というので、わあ、いいなあ、と言ったら、じゃあ一緒に行く?と誘ってくれて、便乗することになった。
オットにその話をすると、「いいなあ」とうらやましがったので、「じゃあ、一緒に行く?」と、オットも行くことになった。
 根津は、千駄木のとなり町で、いわゆる「谷根千」の「根」と「千」である。

 千代田線の根津駅で待ち合わせして、地上に上がると、根津の交差点の赤札堂の向かい、角の建物がなくなっていた。ここになにがあったのだったか覚えていない。
上野桜木方面に少し歩いて、本壽寺というのが、Fさんの叔父さんのお墓があるところ。寺の名前を聞いてもピンとこなかったのだが、着いてみると、なんと千駄木に住んでいたころ、気に入って散歩のたびに寄っていたお寺だった。
 建物のあちこちにひょうたんの意匠がほどこされているので、私たちは「ひょうたんでら」と呼んでいた。
この境内ではよくねこに会う。寺の裏手には墓地があって、奥にひょうたん型の石碑がある。

 Fさんの叔父さんが亡くなったころ、私たちは千駄木に住んでいて、もしかしたら納骨にきたFさんともすれ違っていたかもね。そのころは、Fさんのことは影もかたちも知らなかった。
Fさんによると、叔父さんは、明治にお雇い外国人として日本に来た人の孫だそうで、ものすごくハンサムだった。
介護をやりとげられたのは、叔父さんの顔がよかったから、と叔母さんは言っていたらしい。

その日もねこに出会った

 ビルに建て替わってピカピカになった中華の「オトメ」でお昼を食べる。まだ元気で営業していて、うれしいしおいしい。
オットが大好きなゆべしのお店は廃業していた。
落胆するオットに、ずっと言いそびれていた「あんぱちやなくなったんだよ」というのがもっと言えなくなってしまった。

 腹ごなしにりっぱな根津神社に行って、色づき始めた銀杏の木を眺めた。
いつもたくさんいる亀が、天気がいいのに姿が見えない。
ひとりの男の人が、長い時間かけて大仰にお参りしているのを、みんな辛抱強く並んで待っていた。横入りして、賽銭投げたらいいのに、と思った。

 それから、へび道を通って、西日暮里から電車に乗りましょう、ということになった。
このへび道は、藍染川の暗渠になったもの。
道沿いの老人ホームで、おばあさんが窓際に座って、手を上げて体操していた。それが、こちらに手を振っているみたいに見えて、私たちは思わずみんなで手を振りかえした。するとおばあさんは、もっと大きく手をふって、投げキッスをおくってよこした。
わたしたちは、フェンスや庭木越しに、熱烈にキッスを送りあって、喜んだ。

 よみせ通り、谷中銀座の変貌は大きい。清澄白河あたりにありそうな、かっこいいコーヒー屋がいくつもできていた。「ジェントリフィケーション…」とオットが毒づく。しかし同時に、早すぎるクリスマス・ソングがスピーカーから流れているところは変わっていない。

 ノコギリ屋根の工場は、マンションとスーパーになって、「日本最古のリボン工場跡」というちいさな標識が植栽のあいだに建てられていた。毎日見ていたものが、歴史として処理されていくのにどうも慣れない。
夏になるとかならずかき氷を食べにいった和菓子屋、喫茶まりもなくなる。こんにゃく・かんてんやは健在。

 諏訪台通りを抜けて、神社で落ち葉を拾い、本郷台地の崖を満喫して、電車に乗って帰った。

 千駄木に住んだのはたった4年で、新参者のまま引っ越してしまったようなものなのに、今でも訪ねるごとに、ここが私たちの居場所、というような感じがする。

 思い出すのは、なんでもないことだ。千駄木から住んでいた古マンションまでの、3分の道のり。スーパーにいくときの裏道に、なぞのあばらやがあったこと。休みの日の朝に、不忍通りを横切って、よくパンを買いにいった。しょっちゅう谷中銀座の角の弁当屋で夜ごはんを買っていた。

 今住んでいるところは、もう10年以上になって、こちらのほうがよっぽど自分たちの町である。自然があって、のんびりしているのが気に入っているし、ここに越してこなければ、ねこのティーちゃんもスマもいなかったわけだから、やりなおしてもやっぱり、ここでの暮らしを選ぶだろう。

 でもどこかで、じょうずに周りに擬態して、溶け込んだふうにみせているあやかし2人、というような気持ちを、私もオットもかすかに持ち続けている。居場所と思っている千駄木の町も、ほんとうは頭の中にしかないのかもしれない。

byはらぷ

※「なんかすごい。」は、毎月第3木曜の更新です。

※はらぷさんが、お祖父さんの作ったものをアップするTwitterのアカウントはこちら。

 


なんかすごい。 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • ミカス

    ミカス

    ゆべしのお店とは、緑や桃色といった鮮やかなゆべしを売っていたお店の事でしょうか?だとしたら私も落胆です。
    そして、一度入ってみたいなと思っていた「オトメ」。新しくなったのですね。

    所謂「谷根千」には何度も行きました。歩いて散策するには丁度いいエリアですよね。
    まだおばあちゃんがやっていらしたカヤバ珈琲でのんだミルクコーヒーが懐かしい味で美味しかったなぁ。

  • Eriko

    ショートフィルムのように惹き込まれて
    心地よく読みました。ありがとう!
    私も子供の頃や青春時代(うふふ)に
    何度も引っ越した中で
    仮住まいのように数ヶ月だけ過ごした場所を
    なぜかよく思い出します。
    どうしてだろうね。。

  • はらぷ

    はらぷ Post author

    ミカスさん

    こんばんは!こないだはザツダン楽しかったです!
    そうそう、ゆべし、まさにそのお店です。
    散歩の途中に立ち寄って、今日は何味にしようかと迷うのが楽しみでした。
    そして、「ゆべし」の定義とは…と思ったり。
    10年も経っているのだから、いろいろ変わっていて当たり前なのですが、なんだかこのお店はずっとあるような気がしていました。さびしいなあ。

    オトメは、メニューはそのままに、ピカピカになっていましたよ!
    でも、電気のカサだけが同じだったような…。
    今度ぜひ一緒に行きましょう!

  • はらぷ

    はらぷ Post author

    Erikoちゃん

    こんばんは!わー、コメントありがとう。
    そうか、えりちゃんは引っ越しをたくさん経験しているんだね。
    わたしは子どもの頃に引っ越しの経験がなくて、働き始めてから、石神井に2年住んで、それから千駄木に4年住み、今のとこに落ち着きました。
    石神井で妹と二人暮らしをしていたときのことも、懐かしく思い出します。
    商店街の安い八百屋さんや、しょっちゅう行っていた駅前の洋菓子屋の喫茶部など。

    えりちゃんは一人で旅立っていって、いろんなとこで暮らして、居場所を作ったんだものなあ。
    その旅を、映像で見てみたいなあ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第60回 王様ランキング

今週の「どうする?Over40」

侮れない。家の「細かな修繕」というハードルの高さ。

黒ヤギ通信

3度目の寅年

カレー記念日 今週のおかわり!

まだまだこれから 米寿の父が言いました

絵手紙オーライ!

大津絵はたのし。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.53 今年初のヒット本はこれだ

50代、男のメガネは

奈良の山の中で聴くサッチモちゃん。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

新年早々狼狽える:干し柿の天ぷら

日々是LOVE古着

おばの遺品の色づかい

昭和乙女研究所

昭和の中学生のクリスマス会

出前チチカカ湖

第175回 本当はそんなに好きじゃなかった。

なんかすごい。

青天の霹靂

いどばた。

小さな工夫を見せ合いましょう。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

これ、買った!

お雑煮用の椀、買った!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

張出横綱

猫No.90  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

張出横綱

猫No.90  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up