11月27日はカレー記念日

カレー記念日

疲れかな 加齢か ストレス 全部だな

11月27日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこのオバサマー

祝宴狂想曲(6)ケンカをやめて、カメラを止めて、男はみんな外に出て!

木枯らし1号が吹いて空は秋の装い、お店はハロウィンからクリスマスデコレーションに早変わりして冬のいろどり、でもオバサマーの夏は終わらない。ストップザシーズンインザサン、いつまでもこのままでいたいのさ。こんにちは、冬の過ごし方がわからない「どうするOver40」のTUBE、じじょうくみこでございます。

 

OVS

安心してください、終わりますよ

 

 

さて、わが故郷でじじょう家関係者を集め、レストランでごくごくささやかな食事会を催すはずが、なぜか恐ろしくプリンセスな乙女ちっくドレスを着るハメになり、すさまじくギャルっぽいヘアメイクをほどこされ、観光客まみれのド観光スポットでのロケーション撮影へ出向くことになったところまでをお伝えいたしました。

 

「これまでのいきさつをおさらいしたい」という方はこちらをどうぞ。

祝宴狂想曲(1)はじまりはいつも姉。

祝宴狂想曲(2)ドレス砦の三悪人

祝宴狂想曲(3)誰が為に鐘は鳴る、きくえの為。

祝宴狂想曲(4)ロマンティックが止まらない(師匠の!)

祝宴狂想曲(5)バケモノの子は、ブレイブハートで。

 

 

 

 

カモメ

 

 

 

婚礼衣装に着替えたザビ男とわたしと行動を共にするのは、ヘアメイク兼介添え担当の泉ピン子(イメージです)と、ラスボス感あふれる内海桂子師匠、ただそこにいるだけのメガネ男子サダカメくん、そしてカメラマンのウミベさんという貸衣装屋の撮影隊。ロケ地はお店から歩いて数分のところにある海岸通りとのことで、そこまで徒歩での移動です。

 

1分1秒でも早く、人が少ないうちに撮影を終わらせたいわたしとしては、ついついドレスをまくしあげてドスドス大股歩きになるのですが、お店の目の前にある信号が恐ろしく長い! 永遠に変わらないんじゃないかとジリジリ待っている間に観光バスがやってきて、御一行様が横断歩道のむこうをゾロゾロ歩いていきます。当然ながらジロジロ注目されます。ああこの白いドレスが映えてしまう青空が憎い…。

 

観光客の群れは見ないようにして海岸通りへ到着すると、じじょう家親族がスタンバイしておりました。このトシになると近くに住んでいてもなかなか顔を合わせないもので、おのおの久々の再会にテンションマックス。どうなの元気なのカラダはどう、あそこのお父さん死んじゃって、孫のなにちゃん子供生まれて、などと会話しながらわたしを見て「あらー」「まあー」と声にならない声。皆まで言うな、わかっておる。

 

 

参列者の中には、あのきよちゃんの顔もありました。臆病者の四十路独女だったわたしに婚活のきっかけを与えてくれた母のいとこでありますが、

 

 

「くみちゃん、おめでとう! よかったねえ、このドレス本当に…ねえ」

 

 

「ねえ」のひとことで世界を包み込むという、きよちゃんのラブ&ピースぶりは健在でありました。

 

 

「最初にみんなで撮っちゃいましょうかね」

 

 

という桂子師匠のひとことで、まずは全員での記念写真から撮影開始。カメラマンのウミベさんはウエディングには慣れているようで、穏やかな笑顔でテキパキと指示を入れながら撮影を進めていきます。さすがプロ、ありがたい。その勢いでもうちゃっちゃと!ぱっぱと!とっとと終わらせちゃいましょう!とばかりにザビ男もわたしもさくさく動きます。

 

これがいけなかった。

 

ウミベさん、どうやらわたしたちを「ノリノリで写真を撮りたがっている熟年夫婦」と勘違いした模様。しかも参列者の中にいた姉きくえのダンナが、なんとウミベさんと高校の同級生だったことが判明。さらに偶然にも、あのきよちゃんとウミベさんが知り合いだった! さすが田舎だわ、なんつって感心している場合じゃなくて、知り合いがいるとわかるとウミベさん、がぜんスイッチが入ってしまい、それまでのビジネスライクな接し方が消えて、

 

 

「これも何かのご縁ですから、もう今日はいっぱい撮っちゃいましょう! 大丈夫、おふたりとは後でゆっくり時間とりますからねー♪」

 

 

いやいやいやいやウミベさんいらないから! ここでそんなサービス精神いらないから! と言ってもウミベさんは「またまたー」みたいな顔であっちへ移動し、こっちへ移動し、バリエ豊富に撮影をこなしていきます。それを見ていたピン子は

 

「社長、ご両親と2ショットも撮りましょうか」

 

と桂子師匠に指示を仰いでいます。その一方でピン子はウミベさんに

 

「ドレスはもっとこっちに流して座ってもらって。そうそう」

 

と細かい指示を出しています。それを聞いてウミベさんはちょっと苦い顔をして

 

「はいはい、センセイの言うとおりにやりますよー」

 

としぶしぶ答えています。

 

撮影しているうちに関係性が見えてきました。

どうやら桂子師匠が貸衣装屋の「社長」で、店のドン。そして現場を仕切っているのは、「センセイ」と呼ばれるピン子。「社長」と「センセイ」はおそらく年齢的にもほぼ変わらないくらいで、センセイはやり手ワンマンっぽい社長のことをあまりよろしく思っていないらしい。

 

そのせいか、社長が後はよろしくとばかりに現場を立ち去ると、あとはセンセイの独壇場でありました。集合写真をひとしきり撮り終えると、待ってましたとばかりにツーショットの撮影に突入。

 

ウミベ「そこのデッキの角に立ってくださーい」

ザビくみ「あ、はい」

センセイ「もうちょっとあっちのほうがいいんじゃない? 後ろの船が入らないから」

ウミベ「でもこっちのほうが背景がすっきりしてますよ」

センセイ「うんあっちのほうがいいんじゃないかな」

ウミベ「はいはい、じゃあすいません、あちらにずれてもらえますか?」

ザビくみ「は、はあ…」

 

センセイはディレクターとして撮影を仕切っているようですが、そんなセンセイをウミベさんはよろしく思っていないらしい。おそらくウミベさんは、社長に見込まれて撮影を依頼されているのでしょう。

 

社長とセンセイ。

センセイとウミベさん。

やだ何この三角関係おもしろいんですけど!

 

 

カモメカモメ

ちなみにサダカメくんは社長の息子と思われる

 

 

ツーショット撮影に入ると、センセイとウミベさんのやりとりは徐々にヒートアップ。ウミベさんが撮るたびに「今度は左をおさえときましょうか」「もう少しアップもいいかしらね」と背後からセンセイの指示がやんわりと入ります。

 

ひとしきり撮影が進むと、センセイはご満足されたようで「ちょっとお店に戻ってくるから」と海岸通りを立ち去りました。残されたのは、ウミベさんただひとり。そして被写体であるわたしたちは、ほぼ同年代である上に、身内も同然の知り合い。

 

もう彼を止めるものは何もありません。

 

「まったくセンセイはセンス悪いんですよ。あそこで撮っても、後ろにビルが入っちゃうんだけどなあ。ねえ?」

 

ねえと言われても困るわけですが、妙なスイッチが入ってしまっているのか「もう写真いいんじゃないですかね」と声をかけても、ウミベさんがシャッターを押す手は止まりません。

 

「うん、うん、いいね」

 

カメラマンが「うんうん」言うときは、大抵ヤバイ状態です。

みんなできれいな記念写真が撮れればオッケー♪と思っていたわたしたちの希望とは裏腹に、フォトウエディングはどんどん不穏な方向に流れていくのでありました…。

 

(もう少しつづきます…)

 

Text by じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

 

*「じじょうくみこのオバサマー」は毎週火・木・土曜日更新です。


じじょうくみこのオバサマー 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

SUQQUのアイシャドウとその効果

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第27回 配偶者呼称問題(女性編)

50代、男のメガネは

叱らないとしんどいよ。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ロコモな私:鶏もも肉の甘辛炒め

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

今週の「どうする?Over40」

食べ物という言葉。犬のおやつも、大阪の飴ちゃんも、さりげなく。

カレー記念日 今週のおかわり!

ちょうどいい あったか肌着は どこにある

なんかすごい。

カリーナさんの本

出前チチカカ湖

第163回 最近なくしたものを語ろう

OIRAKUのアニメ

第43回 日本沈没2020劇場編集版 オーディオ・コメンタリー付き上映

これ、入るかしら?

vol.74 ドレスとカジュアル

いどばた。

誕生日がいっしょな有名人は誰ですか?

これ、買った!

耐久 メガネのくもり止め買った!

わたしをライブに連れてって♪

みなさん、ZOOMしてますか

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ゆるふわゲストハウスへ、ようこそ!

絵手紙オーライ!

わたしの模写修行(棟方志功)

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

入札談合

猫No.53  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

入札談合

猫No.53  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up