12月12日はカレー記念日

カレー記念日

やることの リストに入れる リスト作り

12月12日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

〈 晴れ、時々やさぐれ日記 〉 ああ、おじいさん。義父と実父のあいだ

 

 

――— 46歳主婦 サヴァランがつづる 晴れ ときどき やさぐれ日記 ―――

 

 

「 お前は、気持ちはあるのに、できないから、おかしい 」                                                 これは、義母から聞いた義父の言葉です。

 

 a1180_007825

 

義母はお片付けが得意ではありません。(お義母さん、先回に引き続き何度もごめんね。)中でも義母の台所はビックリ箱なので、もしここで何かの事件が起こったとしたら、捜査はさぞ混乱をきたすことでしょう。(お義母さん、ごめんね。)

 

ところで義母は「人寄せ」の好きなひとです。うちの実母にもいつも、「お遊びにいらしてくださいね」と言ってくれます。義母はまたお出掛けも好きなので、うちの実家に遊びに来ることも度々あって、後日電話で報告をしてくれます。「居心地がいいものだから、すっかり長居をさせていただいてしまって。なんだかね、自分の家のような気がしちゃったりしたもんだから」

 

「人寄せ」の好きな義母は、「お正月は是非うちで」とうちの両親とわたしたち家族を誘ってくれます。「どうぞどうぞご遠慮なく。お正月は是非是非うちで」

 

a1180_006976

 

お正月当日、義母は朝から着物の上に割烹着を着け、キッチンカウンターに山盛りの布巾(新品)を積んで、上気した顔でこう言います。

 

「サヴァランちゃん。嬉しいわ~。わたし嬉しくって、一体何をしたらいいのかわからないの~」

 

a1180_007825

 

「サヴァランちゃん、今日はいろいろありがとう。あなた一人働かせて、いろいろ本当にごめんなさいね。あのね、わたし前にお父さんに言われたの。お前は気持ちはあるのにできないからおかしいって。」

 

「おかしい」というのはいろいろな意味にとれてしまう言葉ですが、義母、いえ義父の言う「おかしい」は、「可笑しい」という漢字が当たる方の「おかしい」です。

 

片付けようという気持ちはあるのに、それが空回りして片付けられないから可笑しい。お料理の段取りをしようと思うのに、それも何から手をつけるべきかわからなくてうろうろしてしまうから可笑しい。

 

ケロッとした顔でわたしにこれを言う義母もすごいけれど、「可笑しい」という言葉を使う義父もすごいとわたしは思います。

 

a1180_006976

 

義父は50代の頃、何かの病気がきっかけで聴力が著しく落ちてしまい、今は特殊な補聴器を使って日常生活を送っています。わたしがこの家にお邪魔するようになった頃は、ちょうど緑内障の手術のあととかで、自宅に戻られた義父にお見舞いの品を持参した記憶があります。

 

「 まあまあサヴァランさん。ご丁寧にどうもありがとう。お父さんはね、何でも一人でさっさとやってしまうんで、今度の入院も自分でさっさと決めてきて、自分でさっさと準備して、わたし一度もお見舞いに行かないうちに、一週間くらいでさっさと一人で退院して来ちゃったのよ~♪ 」

 

義母は最初からとんでいまいた。

 

 a1180_001009

 

義父はいつも静かに笑っています。食卓では「やっぱり、大勢だと食事がおいしい」と言います。お耳の関係なのか、もともと義父の性格なのかはわたしにはわかりませんが、ほとんど込み入ったことはおっしゃいません。日中はパソコンやカメラを熱心に研究し、日に一万歩以上の散歩を欠かさず、365日早寝早起き、静かににこやかに日々を過ごしている印象です。

 

a0002_009346

 

実家の父が、最近耳が遠くなりました。父は自分がそこにいる以上、すべての会話を理解し、すべての会話の中心に自分がいないと気が済まない性分です。

 

実母は実母で「補聴器なんてそんな、おじいさんくさいもの、わたしの前で着けないちょうだい!」と歯に衣着せません。

 

ヤレヤレ。たいへんだ。

 

a1180_001009

 

「会話の中心でワレを主張する」タイプの父には、わたしは昔から頭を痛めてきました。「好きな物はなんでも着るが、家庭内では決して歯に衣着せることはしない」実母には、「あのね、パパのあれ、いい加減になんとか言ったら?」とわたしからこっそり意見することも度々。

 

父が退職をしてしばらくの頃、母はこう言いました。

「お父さんはね、今さびしいんです。今まで何十年と続けて来た生活が全部変わってしまって。だからしばらくは仕方ないんです。少々の我儘は目をつぶってあげなくちゃ。でもまあ、このままにはしませんよ。それはお父さんのためにもね」

 

そして数年前にはこう言いました。

「あのね。震災を見て御覧なさい。世の中で一番過酷で、一番たいへんなところで働いてくれるのは、なんだかんだ言ってもやっぱり男のひとでしょう。女のひとはあの渦中ではどうしたって非力でしょう。わたしたちはそのことを、しかと肝に銘じてなきゃいけません」

 

 a1700_000009

 

う~む。そのこととこのことの間には、いろいろ少し考えなきゃいけないことがあるんじゃないかな~とわたしは思いますが、ま、母の言うことも一理あるので、今のところはすごすごと意見を飲みこむことになります。

 

ところで、毎回の帰省で義父と父を見て思うことは、「補聴器」ではなく「入れ歯」のことです。

 

「入れ歯」というのは、内田樹先生がよく使われる「入れ歯のたとえ」のこと。内田樹先生の「入れ歯のたとえ」というのは、先生はあちこちで用いられているように拝見しますが、こちらこちらこちらのブログでも先生ご自身が語られていますので、その一部分をご紹介させていただくことに致します。

 

「その歯医者さんによると、入れ歯が合わない患者さんは何度作り直しても合わないのだそうです。合う人は一発で合う。だとすると、それは口腔の解剖学的な組成とはたぶんかかわりがない。口腔中の異物を異物としてずっと認知し続けるか、あるいはこれも自分の身体の一部分だと思うことができるか、そのマインドの差ではないかと思います。」

 

a1700_000009

 

父は結局、母の許しの範囲の「あんまりおじいさんくさくない」補聴器を使っています。それでもいろいろと不都合はあるらしく、ああでもないこうでもないと常に不満を漏らしています。そして父も最近、義父と同じように緑内障の手術を受けました。

 

「いやあ、まいった。手術を受ければ前のように見えるもんだと思ったのに、そうじゃない。医者にそう言うと、この手術とはそういう性格の手術だと今頃言う。だったらそれを事前にきちんと説明するべきなのに、今度は現状に合う新しいメガネを誂えろと言う。はなしがかみ合わん」

 

かみ合わん、か。。。

 

口数の少ない義父の口からは、耳がどうの、目がどうの、という言葉は聞かれません。父はきっと、入れ歯を入れるとしたら「何度作り直しても合わない患者」になることでしょう。

 

現状をどうとらえるか。変化をどう受け入れるか。そこはまったくひとそれぞれなのだろうな~と思います。いつも穏やかな義父と、いつも何かの「意見」がしたい実父。いつも穏やかで、涼しい笑顔のおじいさんの方が若い人から歓迎されるのよ~と思う一方で、いや待てよ、と思います。これはこれで父の「自分時間のおもしろがり方」なのかも知れない。

 

義父の言葉をここで借りれば、                                                                   「パパは、いっつも文句言ってるから可笑しい」ということに………なる?

 

a0002_009346

 

帰省した実家で、母が室内でピンチで止めた洗濯ものを、父が庭下駄を履いて干しに行く光景がありました。

 

「お父さん!それじゃダメでしょ! もっと間を開けて! お日さまと風がよく通るように。何度言ったらわかるんでしょうね。まったく!」

 

 


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • あんず

    初めまして、あんずと申します。
    いつも楽しく読ませていただいています。

    サヴァランさまは、対照的なお父様お義父様をお持ちで、
    比較文化論が書けておもしろいですね。
    男のすなるお説教、をされそうもないお義父さまに、一票w

    さて、このメルマガではご法度のひぼーちゅーしょーを、
    少しだけさせてください。

    わたしもファンだったことがあり、
    講演に行って御尊顔を拝見させていただいたこともある内田先生様、
    ハンサムですし、
    おっしゃったり書いたりされてる中身は
    言葉遣いがアカデミックなので惑わされてしまいますが、
    よく考えると、とんでもないことが多いです。

    患者さんを、○○さま、と呼ぶようになったから、
    患者さんが思い上がり、クレーマーが増えた、とか、
    クラスでトップになろうとしたら、苦労して勉強するより、
    人の足を引っ張るほうが楽なので、
    授業の邪魔をするようになり、学校が荒れるようになった、とか。
    え~~?

    ネタとしてなら、ユニークな着眼点で、
    名誉関西人の称号をさしあげたいくらいですが、
    トンデモな内容をまじめにお説教されると困るっつうか。

    と、お説教がこの世で一番苦手な”あんず”でございました。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    あんずさま
    コメントありがとうございます!
    お説教をしない義父への一票もありがとうございます!(笑)
    ほんとうに
    時と場を選ばないお説教というのは困りものです(笑)
    内田先生
    じぇじぇじぇ~ってことをおっしゃいますよね~。
    わたしは自分のアタマをぐいぐい揉んでいただくために
    内田先生のおはなしを伺いに行くように思います。
    ご自身は「おじさん的思考」とおっしゃってるようですが、
    内田先生はもしかしたら確信犯的に
    お説教をするおじさん役を買って出ておられるのかな?と。
    どうなのかな?違うかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.30 マハ より ひ香派

50代、男のメガネは

ぜんぶ自分のなかにある。

これ、買った!

レンジでチン!の湯たんぽ買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

50を過ぎた自分を磨く:豆苗の胡麻和え

わたしをライブに連れてって♪

So Kakkoii いま

今週の「どうする?Over40」

「うだつって何?」シンプルな問いに自分の囚われを知る。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

最愛コートを探して~そして見つけた最愛のコート

カレー記念日 今週のおかわり!

楽しみは 日曜昼の のど自慢

絵手紙オーライ!

上を向いて

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

OIRAKUのアニメ

第25回 アナと雪の女王2/きかんしゃトーマスとなかまたち

黒ヤギ通信

猫がいっぱい

昭和乙女研究所

懐かし化粧品の記憶

ワクワクしたら着てみよう

未だかつてないほど断捨離しました

なんかすごい。

木を植えるひと

日々是LOVE古着

危険な扉

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

これ、入るかしら?

vol.62 秋の買い足し

いどばた。

世界最強(怖)の動物は?

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

趣味読書

猫No.52  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

趣味読書

猫No.52  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up