11月22日はカレー記念日

カレー記念日

「若返り」キャッチコピーにだまされて

11月22日はカレー記念日

カミュエラ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「いつまでもあると思うな。ムラムラとヌレヌレ」。これ大事です。

 

1回めからご覧になる方はこちらからどうぞ。

 

【カリーナ →  あきら  2014.9.4 

 

「官能」っていうと文学的で高尚っぽい。
『婦人公論』だと「性」だろうけど、
ちょっと、ババむさい。

 

あきら様

 

昨日は、なんだかよくわかんないツイッターDMで失礼しました!

 

実は、あれから「ただいま、閉活中」のプリ子さんが、

 

————–

「官能」っていうと文学的で高尚っぽい。
『婦人公論』だと「性」だろうけど、ちょっと、ババむさい。
で、「ムラムラ」が気に入っている。

————–

 

ということをおっしゃったのですよ。すごく、おもしろいなーと思いました。
プリ子さんは、アラフォー世代なんですよね。
世代的な感覚なのかなあって思ったんです。

 

なるほどー、そうなのかーと。

 

わたしは、「性」という言葉がニュートラルで
無機質な感じかなあと思っていたら、
ババむさいのかと(笑)

 

プリ子さんが性欲一式のことを「ムラムラ」と名づけた記事は、
読者の方もたくさんコメントを寄せてくださいました。

 

「ムラムラ」という言葉は人の言葉を引き出す。
発見でした!ムラムラの威力、大!

 

メンバーのメーリングリストでもいろんな発言があって賑やかだったんですが、
そのなかでわたしは、

 

「いつまでもあると思うな。ムラムラとヌレヌレ」と書いたのですよ。
(下品でごめん)

 

閉経後、濡れにくくなるという、
からだの変化を標語風にしてみました(笑)

 

あきらさんにお願いしたいと思っていることも
「ムラムラとヌレヌレ」とかのタイトルで
ムラムラさせる度数とか
ヌレヌレさせる度数とか
そういう切り口でもろもろ批評したり、
書いたりしたほうがいいのかな。

 

あれ?昨日、ツイッターでDMしたときには、
すごくいいと思ったのですが、
そうでもない???(笑)

 

ま、いいや。感想、お聞かせください。


 

【あきら →  カリーナ 2014.9.5】

 

湯山玲子さんは自慰のことを
光合成って言っていた気がします。

 

こんばんはー。

 

このごろはツイッターを見る習慣を失っていまして、
きのうに限って調べたいことがあってたまたま見たんです。
あー、こんなふうに関心があることには呼ばれるんだよな~と軽く思って、
メールをいただくのをたのしみにしていましたです。

 

ムラムラ・・・うふふーーっ、どうでしょ。なるほど、みなさん口にしやすいわけですね。
言われてみれば納得です。あ、ご承知とは思いますが、
下品はぜんぜんへっちゃらですので(笑)。

 

ムラムラとヌレヌレをバロメーターにもろもろ語るは、いいかもしれません。
書いてるうちにいいような気がしてきた(笑)

 

んじゃあじぶんの欲望がムラムラなのか?といわれれば、
ちょっと違う名前をあげたい気もしますが、
気軽、カジュアル、な感じがするのがいいんじゃないでしょうか。

 

ムラムラという語感から漏れてしまうのは、感情部分ですかね。
心を満たされるかどーか的な。あるいはそれが一番大切かもしれず。
ま、そのへんはわかったうえでムラムラとか洒落で
言ってんだよ、ということがきちんと伝わるのがいいような気がします。

 

湯山玲子さんは自慰のことを光合成って言っていた気がします。

 

ムラムラだろうがヌレヌレだろうが光合成だろうが、
欲望に肯定的になる姿勢が、
明るく語れる雰囲気が、たのしげかもしれません。

 

あとは余談ですが、「まぼろし」を見直してみました。
当時シャーロットが何歳なのか調べてませんが、
あらためてオゾン監督のことを好きになった気がします。

 

さだかでないのですが、冒頭夫婦はSEXしたのねとか。もうすっかり忘れていました。
ベッドに入る前にシャ-ロットが鏡に向かって、目の下のしわを撫でるところが沁みました。

 

あとね、岸田賞を取った戯曲でポツドールの「愛の渦」という映画があるのですが。
乱交パーティーのはなしですが。それもなかなかおもしろかったです。

 

あ、あと、どこかにメモしたいと思いながらしなかったことがあるので、ついでに書かせて下さい。

 

きのうのクローズアップ現代でJKビジネス=少女売春のことをやっていました。
しかしそれは売春の問題ばかりではなくて、買春の問題なんだと。当たり前ですねー。
少女の方ばかりではなく、買う男性のセクシャリティーの問題だと。

 

男性は勃つかどーかは考えてるでしょうが、
自分のセクシャリティーについて考えたりするんですかね~。

 

スポンサーリンク

 


≪往復書簡≫SEX and the AGE  記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    光合成!すごく楽しい言い方ですね(笑)
    自家発電とかは聞いたことがありましたが、光合成のほうがずっといいです。

    私は若い頃、今でいう腐女子ってやつでした。
    中学で「風と木の詩」、高校生の頃に「June」を愛読し、
    「イブの息子たち」「パタリロ」などに萌えておりました。
    漫画から離れていた時期にBLが全盛となり、残念ながらそれにはすっかり乗り遅れちゃいましたが。

    そのせいか高度なコミュニケーション能力の必要な男性とのセックスは
    興味が無いわけではないのだけど、あまり上手でもなく
    今も二次元の世界を妄想しながらの光合成のほうが好きです。

    こういう嗜好の部分って、年取っても成長しないなと思うのですが
    自分だけでしょうか(笑)

  • りん

    アラカンです。
    私にとって、自分のセクシュアリティを意識するきっかけとなったのは、「まぼろし」でした。公開当時(今から15年ほど前?)に観ました。映像の中のシャーロット・ランプリングはすでに50歳を過ぎていて、この年齢でヌードシーンがなんたらかんたらと騒がれていました。

    一緒に映画館に行ったやや年上の友人は、当時50歳を過ぎたくらいで、離婚後の辛い時期を経た後、新しい恋に燃え上っていました。思い起こせば私はそれを、実に冷やかな目で見ていました(50歳で恋だなんて、ありえない!)。
    もっと鈍感でもっと冷酷だった20代の頃、一緒に駅ビルの中を歩いていた50代の母が突然しゃがみこんで苦しそうに喘ぐのを、私は気遣うどころか、周囲を気にして「みっともないから早く立ち上がってよ」と心の中で毒づいていました。かわいそうな母!更年期障害の真っただ中で辛い日々を過ごしていたのでしょう。

    5年ほど前に、DVDを借りてきて「まぼろし」をもう一度観ました。改めて気づくところが山盛りでした。
    シャーロット・ランプリングは、その表情で、こんなことも、あんなことも、表現してたのね。人間の想像力なんて高が知れていて、自分がその年齢に達してようやく実感できることってあるのよねぇ(その意味でオゾン監督はすごい!えっ、30代でこれを作ったの?ウソ・・・)。

    自分について言えば、ムラムラはとうに薄れ、ヌレヌレ問題も表面化しつつあり、めっちゃめんどくさくもあり、このまま消滅してもいっかなーという感じです。あと5年経ったら、またとんでもないことを言い出すかもしれませんが。

    こういうことを発言できる場を作っていただいて、ありがとうございます。
    今後の展開を楽しみにしています。
    あ、お二人のブログ、いつも拝見しています。隠れファンです。

  • あきら

    あきら Post author

    > naoさん
    ありがとうございます! あーん、なるほど。
    ワタシも去年、風と木の詩を読みなおしました。
    はじめ読んだ頃に何を感じていたかもう忘れてしまったのですが、
    やはり力がある作品なんだなと思いました。

    嗜好、きっとそうですね。
    ともだちに、いくつになっても押し倒された願望 って言っているのがいますわ。

  • あきら

    あきら Post author

    >りんさん
    こんばんは。女の子としての先輩! よろしくお願いします。
    『まぼろし』、そうでしたか。おともだちのことを冷ややかに見ていたと
    仰るお気持ち。お母さまのことを見ていたムスメの気持ち。
    どちらもよくわかりますし、見られていた方の気持ちもわかるようになりましたよね。
    りんさんの仰りようが、胸に響きました。

    シャーロットはうつくしいのですけれど、誰から見てもうつくしいという年齢では無くて。
    新しい部屋を見学に行って、ベッドによこたわった時の表情だとか、
    何だか、思ってもつらいです。

    あと5年たったら・・。そうですか、わからないとお感じになりますか。
    すばらしい展開があったり、どこかに辿りついたりはできないようにも思いますが、
    どうぞお付き合い下さいませ。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

カフェ小景・そうかい。キミたちは本日、お泊まりなんだね。

これ、買った!

プリオールヘアファンデーション買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

母岳大噴火 : スペアリブの煮込み

わたしをライブに連れてって♪

心の底に隠したライブに「行けない理由」

今週の「どうする?Over40」

明日から新連載「わたしをライブに連れていって♪」がはじまります。

黒ヤギ通信

冬とコタツと年賀状

じじょうくみこの崖のところで待ってます

あのひとは言った、「未来のためにはアレを焼け!」

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ネイル、どうしてますか?⑤~爪のケアしてますか?~

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.22】息子の帰省が苦痛です。

なんかすごい。

隣家の子ども

着まわせ!れこコレ

2wayの甘い罠

ただいま閉活中

(57)長年スタンバっていたアレ

これ、入るかしら?

vol.42 over40お食事会に着たワンピ

いどばた。

やめたいのにやめられないものは何ですか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.7 「小説の漫画化」についてのダブルスタンダードな見解

四十路犬バカ日和

バトー、海を渡る。

あの頃、アーカイブ

【エピソード17】元武士の息子の経済事情

KEIKOのでこぼこな日常

スポーツ観戦

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

昭和乙女研究所

イメージチェンジとか○○デビューとか

ラジオブースから愛をこめて

私のカズオさん

ワクワクしたら着てみよう

まじですか?鈴木京香登場にワクワク〜♪

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up