6月19日はカレー記念日

カレー記念日

仕事の日の雨は× 休日の雨は○

6月19日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

【飛びかんな】 という、うつわに模様を入れる技法があります。

バネのように曲がる特性を持つ古時計のゼンマイを加工し

器をろくろで回転させながらゼンマイの先を器にあてると連続した線の模様が入ります。

画像の器に小さくて細やかな波打つような線が見てとれます。

それが飛びかんなです。

38-5

現在、熊本の天草で作陶なさっている江浦久志さんの豆皿展を開催中で

今回、この飛びかんなの豆皿が何種類かあって、わたしはとても好きなので心躍りました。

しかも、器のふちが花のようなかたちをしている輪花皿です。

「飛びかんなに輪花皿、この組み合わせはたまらん」 とため息がでました。

どの絵柄もよくて、迷いに迷いまして

今回は線や濃淡が水辺のようで春夏の爽やかな食卓にぴったり、とこの豆皿を購入しました。

38-1お客さまからいただいた人参しりしり

 

この先暖かく、いやすぐに暑く暑くなってゆくので

そろそろ器も春夏らしいものを

お素麺の季節には、小葱や生姜をのせたいな。

 

*江浦久志さんのうつわは ふだん器-15 でもご紹介しました。

 

【天草陶石について】

国内の陶磁器原料のうち、約8割をしめる豊かで高品質の天草陶石は

有田・波佐見などのほか、海外へも輸出され様々な土地でその品質が活用されています。

江浦さんの器は、その世界が認めた天草陶石の澄んだ美しさを引き出す技術と

物語のような絵付けが多くの方の指示を得ています。

6月には京都での個展を控えていらっしゃいます。

みなさんにも江浦さんの器を見ていただけますと嬉しいです。

 

◇豆皿 飛びかんな 呉須巻 輪花 線状紋

直径約9cm×高さ約2cm  1,600円(税別) 

手づくりのため、多少差があることがございます。

気になられる方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

お待ちしております。

  TEL / FAX  096-283-1030

  mail :  info@tsukimachi.net

 

 


tsukimaci 店主 平島さんの自己紹介

熊本出身。
熊本城まですぐそこ、に住んでいます。

tsukimachi(2006年開店)店主。
熊本の中心部にある木々と石畳の通り「並木坂」にあるちいさなお店です。

卒業後、某エアライン業務を経て専業主婦に。
数年の後、別世界の扉をド素人でこじ開け、おかげさまで今日に至ります。
やっとこさ店主らしくなってまいりました。

30代は脳もからだも忙しく迷う迷う日々でしたが、まぁどうにかなりました。 笑
そして、2014秋  40歳になりました!

まさしく!さて、どうなる?どうする?です  

と、言っていましたが

どうもしません。

どうもなりません。

わたしはわたしなまんまのようです。 

tsukimachiのサイトはこちら→ ★

 

 


器屋さんのふだん器 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ

    飛びかんな、初めて知りました!
    ゼンマイがこんなところでこんないい仕事をしているとは。

    ステキですねー
    ステキですねぇー
    ステキですねえええええ
    (それしか出てこないw)

  • サヴァラン

    サヴァラン

    JKさん。ごめんね。

    飛びかんな
    わたし、昔っからやってみたいんです~~
    飛びかんな、
    小石原焼、小鹿田焼なんかでもありますね。

    映像で飛びかんなの作業を見ると
    「うお~~~」ってなります。わたし。
    http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E9%A3%9B%E3%81%B3%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%AA

    器って
    「作る過程」や
    「作り手の呼吸」を想像できるのも
    味わいのひとつのような気がします♪

  • tsukimachi

    tsukimachi Post author

    じじょくみさん&サヴァランさん

    こんにちは!
    1週間も経ってしまいました、すみません!

    じじょくみさん、いいでしょう飛びかんな♪
    わたしも目がないのです。
    次から飛びかんなをみたらすぐにわかりますね!

    サヴァランさんのおっしゃるとおり
    小石原焼や小鹿田焼というイメージですね!
    こういう技法は、他にもたくさんあって
    飛びかんなも、昔々・・・その昔はいろいろな地域でされていました。
    作り手さんの「手」からつたわること、はこのような技法と、
    やはり使い手を想う気持ちとがありますね。
    それも昔から変わっていないものだと思います。

  • nao

    ツイッターを読みながら、無事をよろこび、疲れを心配していました。
    健康を害さないよう、早く平常に戻っていくようお祈りしています。

    何かできることはないかなー

  • 小関祥子

    小関祥子

    ひらしまさん、お元気ですか?
    ここ数日のニュースを見ながら、5年前の東日本大震災のことを思い出しています。
    ちょっとした揺れでもすぐ気づくくらい過敏になっているから、寝ていてもすぐ起きちゃったな~とか、
    どう考えても疲れているはずなのに、気が張っているから前々眠くならなかったな~とか。

    5年前の東日本大震災で、家財一式を失くした方とお話したときに、
    その方が、避難所を出て仮設住宅に移って、自分で選んで買ったうつわでお茶を飲んだり
    ごはんを食べたとき、ほんとにほっとした、と言ってたのを思い出しました。

    うつわって、日々の暮らしの中にほんとうにごく自然になじんで一緒にいるものなんですね。
    だからきっと、自分の好きなうつわを手にできるようになったとき、
    非常時ではない、かつて過ごしていた日常の生活を取り戻すことができ始めたんだ、という
    確かさをもたらしてくれるんだなと思いました。

    どうか、お体に気をつけて。

  • masakobe

    みかさん、まだまだ余震が続いていて怖さと不安の中過ごされていることと思います。

    神戸に住んでいますので、阪神大震災の経験が甦ります。あの時、主人は夜勤で居らず、3才の息子と生後一ヶ月の赤ん坊を抱え、真っ暗な部屋の中あまりの怖さに動くことができませんでした(ダメダメですね)。とにかく、早く夜が明けてくれと・・・。
    しばらくは、夜寝ている時も、電気もテレビも付けっぱなしで消すことができませんでした。

    そして物事への感覚や価値観もすっかり変わってしまって、「生きている」それだけでいい、というような気持ちにもなりました。

    でも、必ず、普段の生活、日常は戻ってきます!
    お店の再開も今は考えることができないかもしれませんが、「とにかく動いていれば、動いていれば、何とかなる!」とは、気仙沼で牡蠣の養殖業を営んでおられる方の言葉です。
    早く、落ち着いた生活ができるように、お祈りしています。
    カリーナさんのおっしゃるように、「言葉足らず」で歯痒いのですが、どうかお体に気を付けて、ふんばって下さい!
    『ふだん器』の記事も楽しみにお待ちしておりますよ(^^)

  • くるりん

    毎日、意識しない部分(心の奥底)で、緊張と不安を抱えたままの日常だとお察しします。
    私も、東北で被災した際はそうだったようです。…というのも、最近になって自覚したので…。 ←遅(汗)

    あの日以前の普段の暮らし、には戻れませんでしたが(転居&転職その他諸々)、今もこうして生きています。
    手をかけて整理整頓された日常を愛していましたが、今のアドリブ満載の日常も悪くない気がします。

    いつか、器を選んでいただきたいな。そのときは、今までとは違うセレクトになるのかしら…なんて、こっそり楽しみにしていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

猫のさよなら

50代、男のメガネは

父の七回忌、写真の配置

OIRAKUのアニメ

第17回 海獣の子供

今週の「どうする?Over40」

「日常の平穏」は、いつだってホラー映画のオープニング。

日々是LOVE古着

自分でサイズ直し

黒ヤギ通信

ムーミン谷の仲間

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

mikityさん、チークの位置が古いです。

カレー記念日 今週のおかわり!

枕買ったら 目がよく見えるよ (当人比)

いどばた。

笑いをかみ殺したハナシをしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.25 ほむほむの後継者は、いま話題のあのヒトだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

切る覚悟:ねぎ酢だれ唐揚げとおまけの一品

わたしをライブに連れてって♪

おだやかな時間

これ、入るかしら?

vol.60 またまた髪について

絵手紙オーライ!

雨の日も また楽し。

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

四十路犬バカ日和

一年経って令和になって

KEIKOのでこぼこな日常

日本語って奥深い

昭和乙女研究所

昭和のあの町はどこへ…

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

避難場所

猫No.70  by 伽羅

猫大表示&投稿詳細はこちら!

避難場所

猫No.70  by 伽羅

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up