2月17日はカレー記念日

カレー記念日

寝返ると記憶の蓋があくことも

2月17日はカレー記念日

爽子

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミラノまんま見~や!

ミラノマダムのリアル髪色事情。

 

いつも小ざっぱりとおしゃれなスペイン人友ローラが、その時どこかやつれたかんじ。なんだかとっても老けて見える。ふと、彼女の頭の方に目をやると、生え際2センチほどの髪の根元が真っ白。
申し訳なさそうに彼女が言った。
「私白髪が多いのよ、ここんとこ忙しくって、美容院にいけなかったの。」
「心配しないで、私も白髪染め手放せないから。」なんだかこっちも言い訳がましく言ってみたが、続く彼女の予想外の言葉に返す言葉を失ってしまった。

 

「もともとの私の自毛は真っ黒であなたの髪の色とほぼ同じよ。」

 

だって、私が自毛と思い込んでいた彼女の髪色は、ちょっと黄味かかった自然な感じのダークブラウン。彼女はスペイン南部出身なんで黒髪でも何の不思議はないんだろうけど、例えばみんなで撮った写真なんかでは、薄いのやら濃いのやらの髪色のママたちがいる中で、常に唯一真っ黒な私の髪で、否が応でもここでは違うタイプの身体的特徴を持っている自分をはっきり自覚させられてきたんだもの。

 

なのに実は「濃いめの茶色」でもなくて、「黒」だったなんて、なんか勝手な独りよがり思考回路の中では、ウラギリにあった気分~。
私  「えっ!黒だったの!なんで違う色の染めるわけ???」
そんなん人の勝手とちがいますの、 と、心の中で自分に突っ込みを入れながら聞いてみた。
ローラ 「黒にすると重く見えて老けて見えるのよ。」
瞬時にローラの顔に上に海苔のごとく真っ黒な髪がある図柄を想像する私。
確かに、ありえない。黒だと一回りぐらい老けて見えそう。

 

2007_01_Kaito en Santa Isabel 018

ひときわ目立つ黒髪の日本人美少年(幼い日の息子です)

 

しかも彼女の話によると、彼女は白髪が出始めたのが15歳のころ。今では自毛は染めないと黒どころか真っ白になってしまうそうで、今では月2回は美容院に通わないとむりらしい。今となっては自毛が、「黒」ではなくてウルトラニュートラルなカラー、「白」になってしまった彼女にとって、何色に染めようが思いのままなのである。なるほど、なるほど。

 

その後の私の「リサーチ」によると黒髪が、さらに周りに二人いることが判明。一人は同じくスペインはバルセロナ出身エバ、残る一人は先日マレーシアはクアラルンプールに行ってしまったチリのサンティアゴ出身カテリン。実はお仲間が3人もいたのね!
が、しかし、もうそのままの色で行ってね!ほんとにナチュラルな感じで何の違和感もないんだもの。

 

他のママたちも好き放題に髪の色を変えていることが判明~!確かにもともといろんな色の髪があるのが当然なんだから、何も黒系にこだわる必要まったくなし! だったんだわ。

 

なんだかみなさん軽いんですね。髪の色でノスタルジー感じてた私って何ですの?

 

とはいっても逆にオリエンタルな顔の上に、あのような茶系といえども黄色系の色を持ってくるのは、無理があるような気がする。せいぜい茶系の黒止まりではない?東洋系の顔に黄色系を持ってくると、何とも言えず品がなくなるように思うのはわたしだけなんだろうか?

 

いやこれも  髪は元来黒  という固定観念から抜け出せない老朽化した思考のためなのか、思い悩む今日であった。

 


mity(ミティ)さんのプロフィール

1966年大阪市内の下町生まれ、下町育ち。「ひま!」を持て余して、野生児のように自由な少女期を送る。同級生だったオッチャン(夫)の仕事の都合で、海外生活は18年。
関西人的思考、生き方は海外では案外やりやすい、と実感を強めている今日この頃。現在はイタリアミラノ在住、3人の子供とワン連れのたくましくも美しい現在進行形大阪のおばちゃん。

 

★質問やコメントなどどうぞ♪ mityさんが実際に答えてくださいますよー!

 

スポンサーリンク


ミラノまんま見~や! 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 伊坂陽子

    そう、髪の色は外見上とても大きな要素です。子供の時、西欧人のような柔らかな茶髪の子を、いいなーと思ってみてました、たいがい白い肌とセットなんですもん。同じ日本人なのにずるいな、って。
    で、私は、白髪が目立つようになって以来、10年ほど染めました。初めは美容師さんのアドバイスで、筋状に茶色を入れ、隔月ごとに部分を変えていろんな色合いの茶を足していく。それがしばらくするとミックスの私だけのカラーになり、おしゃれといわれ、または三毛猫みたいとも言われたのですが、…頭皮がかぶれるようになって断念。髪の色が変わって、よかったのは、いろんなカラーの服が似合うようになったこと。あるいは、チャレンジできたこと。それは今も楽しんでいます。
    白髪が出てくると、黒と白のコントラストは、とても強くて目立ちます。
    今、私は昆布のカラートリートメントで、たまに白を茶色っぽくしています。それだけで十分と思えます。で、黄色い髪が下品でもなく、どんなスタイルも、下品にはならないのが中年からの特権です。重ねた歴史が、貫録が、新しいステージを支えますから。ただし、美容院を厳選のこと。熟練のカラーリストが、相談に乗ってくれますので、まずはケチらないで、行ってごらんなさい。欧米の美容院では、カラーリストが最高の収入を得るということです。白髪そのものを楽しむのもいいけど、カラーもね!

  • mity

    伊坂陽子さま
    コメントありがとうございます。
    実は私も昆布のカラートリートメント、日本より1年分を持ち帰って愛用しています。自毛が真っ黒で、最近白髪が目立つようになってきたので、手放せない存在です。色を変えないのは、自毛の黒に白髪の白、ここにほかの色を持ってくるのもなんだか面倒になりそうだ、という便宜上の理由も大きいです。

    ミラノではまだ自然歯の染髪料が見つけられていない状況です。
    まずは信頼できる美容院と染髪料見つけて、いろんな色にチャレンジするのも悪くないですね!確かに重ねた歴史が、なんとでもしてくれそうですものね!

  • iris

    日本の雑誌の海外オシャレスナップではー自分に似合うものを知っているーなんて言うコピーを見かけましたが、髪色の悩みや他にも多々あるであろう地道な工夫をスコーンと飛ばしてましたね。実は「Tomiさんの最適解」ならぬ「ミラノマダムの最適解」的話もおおいにあるかも、ですね?

    mityさんお友達の様に染めるかどうかは別にして、伊坂さんのコメントで、白髪になるのが楽しみになってきましたよ♪

  • mity

    iris さま コメントありがとうございます。
    髪の悩みも、生活の悩みも、基本どこにいても同じです。
    髪に関していうなら、こちらでは薄毛に悩む女性が、圧倒的に多いような気がします。

  • Tomi*

    日本でもミラノでも、女性達は白髪を染めることに奮闘しているようですが…
    白髪を染めないという選択はないのでしょうか?
    白髪のままでいる女性はミラノでも少数派ですか?

    白髪の量がまだ少ないうちは染めるのも仕方ないと思いますが
    月2回くらい染めないと追いつかない(私もそうでした)というようになったら、きっぱり白髪染めを止めたらいいのに…と思います。
    いざ白髪頭になると、伊坂さんがおっしゃるようにいろんなカラーの服も映えるし、楽しいですよ〜♪♪

  • mity

    Tomi’ さま
    白髪を染めないという選択肢もあるんだとは思います。でもとりわけ次男のママ友の中では、私がおそらく一番年長でみなさん40歳少し出たぐらいなので、白髪を染めていない方は今のところおりません。でも銀髪系の人が一人いるので、染めているのか染めていないのか不明ではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

みんなのブローチコレクション~大人ガーリーなゆみるさんの場合

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No25】おみくじの凶が怖くてたまりません。

なんかすごい。

クリスマス飾りの謎

50代、男のメガネは

杖で殴る妻、殴られながらなじる夫。

これ、買った!

直前割の旅行プラン買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ラスボスへの告白 : 高菜棒餃子

今週の「どうする?Over40」

女性たちは、今日も続々と閉経に向かっている。

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

これ、入るかしら?

vol.45 ドラマの感想で失礼します

いどばた。

穴に落ちたことありますか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.10 クセが強い小説のクセが強いかもしれない感想

わたしをライブに連れてって♪

上・京・物・語

黒ヤギ通信

切手とそのまわり ②

四十路犬バカ日和

バンコクお犬さま環境調査 〜動物病院〜

絵手紙オーライ!

先生とのお別れ。。。

あの頃、アーカイブ

【エピソード19】主婦ミツコさんの幸せ生活      (昭和40年代)

KEIKOのでこぼこな日常

雪の日にはこんなことが…

昭和乙女研究所

お年玉でお買いもの

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

ラジオブースから愛をこめて

上司に捧ぐ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

ワクワクしたら着てみよう

靴とコートと最近気になってるものにワクワク〜♪

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up