2月22日はカレー記念日

カレー記念日

要するに、と 言って 要した ためしなし

2月22日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

母を葬る

(7)決定権が私にある

何としてでも自分のお金を使いたくない私は、わずかな望みを持って、ふたたび家捜しを行った。するとなんと、今まで探していなかったところに、母の通帳とキャッシュカードと暗証番号のメモがセットになったものがあったのだ! 

ATMで試したところ、そこそこ入ってて、引き出せた!

神よ……!!!

天上から光がさしてきて、天使が私の頭の上をくるくると回るのが見える…!

その後、父から、「暗証番号間違えてた、正しくはこっち」という追伸も来て、とりあえずお金のことはしばらくは何とかなりそうでほっとした。

しかし、もしダメだったらどうしてたんだろう、私。
道に放置して逮捕されてたかな。

面会のときに、私に「物を買って来い」と電話してきて「対応しないと虐待になる」とおどしてきた例の看護士とはじめて会ったのだが、めちゃくちゃ若い人だった。びっくり。その押しの強さは何。逆に、若すぎて、親を大事にしたくない子どもがいるということが想像つかないのかもしれない。「この大きなシステムを一緒に回しましょう! さあ!」って感じ。「道に放置します」って言ったら卒倒したかもな。

ところで、母の救急搬送のきっかけは、階段から落ちて大腿骨を骨折したことだった。

「骨折、どうします?」と整形外科から相談があった。

母の手術をする/しない。なんと、決定権が私にある!!

20年間、嫌なやつが私のことを虎視眈々と狙っているので、必死に避ける、という状態だった。無視しはじめた直後は特に、留守電とかメールとか、とにかく気持ち悪い感じで私にすりよってきた(夫がその口真似をするぐらい、滑稽な口調)。娘に無視される自分、というのが許せなかったのだろう。それこそ「世間体が悪い」。

当時私が住んでいたマンションは、少し離れた公園から見下ろせる位置にあったのだが、窓からふと公園を見たらそこにいたり。職場(公的機関なので誰でも入れる)に突然現れたり。ストーカーかよ。

でも今は、死にそうな状態でいるのを、私がマネージメントする状態なのだ。ヤツのことを考えなければいけないのは嫌だけど、状況が把握できるうえに、私に決定権があるのは、いい。すごくいいぞ。

呼び出されて、整形外科医と呼吸器内科医と面談をする。

整形外科としては、手術して、リハビリして歩けるように努力して…という通常ルートがまず選択肢としてある。でも、呼吸器内科としては、間質性肺炎が悪化していて、1年以内には死ぬだろうと予測している。そんな状態でリハビリできるのか? 手術自体も肺にかなりのリスクなのでは? 等々。

私のお気に入りの呼吸器内科のオタク医者は「Yさん(母のこと)、ちょっと元気になってきて、Yさん節っていうんですか、あの口調! キター! って感じですよー」と楽しそう。母のあの押しつけがましい口調を笑ってくれる人がいて、うれしい。

それはともかく、普通に考えて、手術、しないでしょう。しても意味ないでしょう。

「しなくていいっす」「マンパワーの無駄っす」

医者には「ほう?」という顔をされた。コロナでトリアージとか言われている最中だったので、ちょっとよろしくない発言だったかもしれない。

でも私の本心は、とにかく、今より元気になってほしくない、寝たきりで不便な状態でいてほしい、できるだけはやく死んでほしい、ということなのだった。だったら「手術してそれが原因で死ぬ」でもいいんだけども、確実ではないし、半端な状態になったら面倒そうだし。

そして私はこの決断を、父にも一切相談しない。「リスクが高いから手術しないほうがいいって言われた」ということにする。相談しても結論は一緒だ。

ていうか本人の意志はいいのかね? まだ朦朧としてるから、私が決めちゃっていいってこと? 老人だから子どもに決めさせるの? なんて怖いシステム…! 

でも、だったら私のしたいようにさせてもらいますよ。だって本人は何の準備も伝言も残してないんだから。

もしも親と仲が良くて、希望を推察できるような仲だったら、できるだけかなえてあげようと思うだろう。少なくとも、説明して同意を得るだろう。私だって大事な人が相手ならそうする。

だが母に対してそんな感情は無い。まったく無い。むしろ積極的に、何がなんでも、是が非でも、希望をかなえてあげたくない。もちろん話もしたくない。

これっていわゆる親不孝? 母の好きな「世間」からしたら親不孝なんだろう。でもそもそも親孝行って何ですか? 何それおいしいのレベルで「親孝行」という言葉の意味がわからない。親の気に入ることをする? 親の喜ぶことをする? それは私にとっては、自分のしたくないことをするということだから、頭が理解を拒否してしまう。

親不孝どころか「復讐」なのかもしれないが、自分の意識としてはひたすら「あんな人間に関わりたくない」「手続きさせられるだけで大迷惑」としか思えないのだった。


母を葬る 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アバター画像

    絹ごし豆腐

    こういう思いをウッカリと知人に喋ってしまったりすると、「それでも仮にも育ててもらって」とか「厳しくするのも親の愛」とかの、当事者にそれ言いますか、そうですか、ということを言われることはありませんか。
    これって、性被害に遭った人に「そんな時間に出かけるから」「隙があったのでは」というのととても似ていると思うんですよね。
    性被害の場合のそうした発言は、あちこちで「二次被害」とハッキリ述べられています。
    毒親育ちやモラハラ被害者も、同様の二次被害が少なからずあるなぁ、とよく思います。

  • アバター画像

    やなこ

    2月11日毎日新聞の高橋源一郎人生相談を深く頷きながら読みました
    プリ子さんに読んでほしいなと一部抜粋させてください

    相談  「毒親が施設入居拒否」
    源一郎さんの回答  「施設に入ってもらうこと。二度と会いたくないこと。ずっと憎んできたこと。それを直接本人に告げなさい。もちろん、母親には理解できないかもしれない。けれど、私たちはみんな、してきたことの責任をとらねばならない。」
    こうも言っています
    「どんな手段を費やしても母親との関係を切断すること。そんな母親のために生きる必要は1秒もないのです。」

  • アバター画像

    プリ子 Post author

    絹ごし豆腐さん、ありますあります!!
    「そうは言っても親子なんだから」「亡くなるまでにちゃんと会っておかないと後悔するよ」は定番ですね。その都度、自分がつらいと思ってきたことを否定された悲しさで、固まってしまいました。
    これって、おっしゃるとおり、二次被害ですね! はじめて気づきました。それに、今まで信頼していたからこそ、その人にその話をしたのに、信頼していた人を一人失うという悲しさもあり。
    漫画家高階良子の自伝的漫画を読んだのですが、戦後すぐ、ご飯も食べさせてもらえず、病気でも放置され、壮絶な子供時代でした。それに比べたら自分なんて、と一瞬思うし、そうした時代を生きてきた年配の人からしたら、むしろ教育を受けさせてもらえたとのだからありがたいと思え、と見えるのかもしれません。でも、誰もが食べるものに困っていたときと今とでは違うわけだし、となんとか自分に言い聞かせています。

  • アバター画像

    プリ子 Post author

    やなこさん、引用ありがとうございます…! 泣きそうになりました。こう言ってくれる人がいるだけで、本当にうれしいです。
    毎日新聞、図書館で読んでみます。この方はこんな親を自宅で(身近で?)介護されているわけですよね、壮絶なつらさの中にいらっしゃるかと思うと、一秒も早く決別できるよう祈らずにはいられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第64回 咳女の開き直り ふんだっ!

四十路犬バカ日和

もしものための老犬ホーム探し

60代、男はゆっくりご乱心

ヨーコちゃんはいい人なのかな

OIRAKUのアニメ

第99回 メトロポリス

ミカスの今日の料理 昨日の料理

5歳と話す:揚げ湯波と小松菜の煮物

今週の「どうする?Over40」

気づけば、「口の運動不足」がすごい。人知れず、ひとり。

黒ヤギ通信

雪の日

山あり谷あり再婚ライフ

2泊3日入院生活

カレー記念日 今週のおかわり!

ご飯つくりたくないんだよ どうしよう

出前チチカカ湖

第195回 この言い方の復活を!

なんかすごい。

しごとをはじめた

かわいいちゃん

うさぎのおみず

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ。2023年1月27日

いどばた。

幼いころ読んだ本を思い出しませんか。

絵手紙オーライ!

Yokohama旅便り(馬車道)

昭和乙女研究所

昭和のバレンタインデー

母を葬る

(7)決定権が私にある

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はなやぐお盆、わたしは墓へとタックルした。

ただいま閉活中

お守りが無くなったら

50代、男のメガネは

『レジェンド&バタフライ』で絶望の淵に立つ。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

入札談合

猫No.53  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

入札談合

猫No.53  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up