5月24日はカレー記念日

カレー記念日

このまんま 5月の陽気が 続いてよ

5月24日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

春の地響き

イギリスは、緯度としては北海道の北端よりも北にあって、首都ロンドン北緯51度、現在住んでいる北部の町ヨークは53度。樺太くらいの位置である。

にもかかわらず、メキシコ湾流と偏西風の影響で気候は温暖…というのが学校で習った地理の知識だが、はるか遠くのメキシコから、どうやってあたたかな海水がイギリス諸島まで届くのか、地球はほんとに不思議である。

温暖…かどうかはあくまで比較であって、ヨークの冬はやはり「北国の冬!」という感じがした。その印象のみなもとは、気温というよりも、いつ終わるともしれない悪天候と、昼間の短さ、午後4時に日が落ちた後の長い夜である。じっさい今年の冬は例年に比べてずいぶん気温が高かったようで、ことによると放射冷却でぐっと冷え込む東京の冬よりも暖かかった。

それでも、11月から3️月にかけて、小雨が降ればたちまち川が溢れ、家々の壁や舗道は常に湿ってぬかるんでいる、という毎日を過ごしていると、北国では春が待ち遠しいってこういうことかあ、とわかるような気がした。しかし一方で、曇りマークが延々と続く週間天気予報の陰鬱さとはうらはらに、意外と陽が差す時間もあるのがほんとうである。こちらの天気はめまぐるしく変わるので、一日のうち数十分(すうじっぷん!)、さーっと光が差してくる瞬間がある(日もある)。すると目に見えるものすべてが劇的に違って見える。そしてしばらくして、それが影のせいだと気がつくのだった。光のあるところ影ができるというこの世の摂理を思い出す。雲が切れて薄い青空が顔をのぞかせ、地上のどこに明るいパッチをなげかけているかがくっきりと見える。

1月から2月にかけては、暗黒の季節と思いきや、その間ずいぶん季節の変化を楽しんだ。1月も中頃を過ぎると、木々は冬芽をのぞかせはじめ、ぺたんこになって越冬していた草花たちも、少しずつ若い葉の角度を上げていく。ハリエニシダの茂みは冬でも盛んに黄色い花を咲かせているし、夏には旺盛な葉でおおわれていた木々の枝ぶりや幹の模様をじっくり楽しめるのも冬ならではの楽しみだった。ようは、日本にいるときと同じで、わたしはけっこう冬が好きである。

そんな中、年が明ける頃くらいからだったろうか、ときどきふしぎな感覚におそわれるようになった。言葉にしていうと、「ああ、どうしよう、もうすぐ春が来てしまう」というような気持ち、春の小さなきざしを発見しては喜んでいるような日々にあって、これは奇妙なことだった。

最初のうちそれは、こちらに越してきてもう10ヶ月くらいも経とうというのに、仕事も決まらずいつまでもままごとのような生活をしている、そんな状況に焦っているのだと理解していた。ところが、補欠だったところから1月末に連絡をもらって仕事が決まり、働き出しても、その気持ちは心の底にずっと残ったままである。

やはり奇妙なことだった。4月にこちらに越してきて、8月に図書館でボランティアを始め、10月に始めた就職活動で、2つ目に受けたところが補欠になり、2月から働いている。期限付きのパートタイムだけれど、最初の職としては申し分ない。オットもわたしも猫たちも元気だし、毎月の家賃も光熱費も、払うことができている。ヨークは人々も親切で暮らしやすいし、友だちも何人かできた。考えてみれば順風満帆といってもいいくらいだ。具体的にいったい何にたいして不安に駆られているのか、なんなら教えてもらいたいもんだね、わたしが他者なら、そう言ってやるところだ。

こちらでは、少し前から堰を切ったように春が溢れ出し、これぞこの世の春である。あと2週間もすれば一周年、5月がくれば、わたしは49歳になる。

日差しが強くなってきた

つまりはそうなのだ。わたしはこの先に待ち受ける未来ぜんぶがこわいのかもしれない。

さっき「ままごとのような」と書いたけれど、この茫漠とした不安は、「こんな安寧がいつまでも続くとは思えない」という暗い予感に近い。この暮らしには限りがあって、一年がたてば、残りの時間はそれだけ少なくなってしまう。それだのに、春の奔流に押し流されて、思わぬ先まで運ばれていってしまうような。季節がめぐるのを止められないのと同じように、そのときが近づいてくるのを、わたしは手をこまねいて見ていることしかできない。

「そのとき」というのが何なのか、あまり言葉にしてかんがえたくはないけれど、それはやはり「老い」や「死」と関係しているのだと思う。年老いていくことにより、失うだろう数々のこと、病苦、あるいは金銭上の困難、数年のうちに経験することになる猫との別れ、そして残りは、世界の未来に対する切実な不安感。まだ起きていないすべて。

しかし考えてみると、子どもの頃から常にその予感とともに生きてきたのではなかったか。昭和の子どもだったわたしはノストラダムスの予言を真剣に信じていたし、「そのとき」の自分の歳を数えてカウントダウンに怯えていた。夜ふとんのなかで「にんげんは、生まれた以上必ず死ぬ…」とつぶやいていたのも同時期のわたしである。朝起きて、ランドセルをしょって学校に行くのと同じくらい、一日一日、死に近づいていくことが、生きるということだった。

おとなになって、自らの死についていえば以前より怖くなくなっても、「この生活がいつまで続くかしれない」という気持ちはついて回った。結婚前のオットと暮らした千駄木での4年間は、夢のようなモラトリウムライフだったし、終の住処と思って買った小金井の家での14年間中も、やはり「いつまでこの家に住むかわからないし」と思い続けて、結局手放していまこの地にいるのだった。オットとの生活そのものが、出会って20年たってなお、わたしにとっては夢である。

まだ地に足がついたとはとてもいえないこの新しい場所で、不安にならないわたしがいたら、そのほうがどうかしている。

この世は砂上の楼閣だ。でも、げんきんなわたしは、だいたいはそのことを忘れて、毎日元気に生きている。地下を流れる通奏低音の低いバイブレーションを足の裏に感じながら、それがいつか城を崩して、砂山に変えるまで。

やわらかくておいしそうな柳の若芽

By はらぷ


なんかすごい。 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

昭和乙女研究所

ハイカラな食品パッケージ

カレー記念日 今週のおかわり!

駅トイレ 和式はあいてる 譲り合い

出前チチカカ湖

第197回 プチ贅沢を味わってやる。

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第65回 丘の上には ララ 緑がもえる~♪

60代、男はゆっくりご乱心

どうなる、盆栽の会

OIRAKUのアニメ

第102回 寫眞館

ミカスの今日の料理 昨日の料理

救い、そして希望:大学じゃがいも

今週の「どうする?Over40」

Podcastで知った。「足首、大事!」の真実と佐良直美さんのYouTube。

黒ヤギ通信

片付け、始めました。

山あり谷あり再婚ライフ

古い我が家で認知症予防?

なんかすごい。

山を満喫した話

四十路犬バカ日和

遠すぎない目標を意識しすぎずに目指す

かわいいちゃん

ルームツアー

絵手紙オーライ!

清流を泳ぐめだか

いろんな言葉

That’s Dance!文字起こし 第6回(episode16) やっかみかもしれませんが‥番外編も兼ねて

母を葬る

(10)親子という仕組み

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ 2023年2月4日

いどばた。

凹むこと最近ありましたか?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はなやぐお盆、わたしは墓へとタックルした。

ただいま閉活中

お守りが無くなったら

50代、男のメガネは

『レジェンド&バタフライ』で絶望の淵に立つ。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

5月24日はカレー記念日

カレー記念日

このまんま 5月の陽気が 続いてよ

5月24日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

よもじ猫

双頭之猫

猫No.neko94  by じゅにお

猫大表示&投稿詳細はこちら!

双頭之猫

猫No.neko94  by じゅにお

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up