7月19日はカレー記念日

カレー記念日

年金日 町の勧誘 要注意

7月19日はカレー記念日

いまねえ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.71 2023年上半期に読んだ本まとめ

2023年も後半に入り、区切りがいいので上半期に読んだ本を振り返ってみることにした。今年の前半は例年になく本を読んだから思い立ったことだ。周囲と世間でよく耳にする「忙しくて本を読むヒマなんてない」「本を読む気持ちの余裕がない」と現在の自分は無縁で、忙しくもなければ、本を読む余裕(だけ)はあるのだ。読書で、本来は真っ先にすべきことから逃げてるような気もするわけだが。‥でも、そのすべきことがなんなのかよくわからないので、とりあえず読んどくか、みたいな状況なのである。

この【月刊★切実本屋】で毎月印象に残った本について書いているが、一応振り返ってみる。(タイトルのところをクリックすると記事が開きます。よろしければどうぞ)

1月 『つまらない住宅地のすべての家』  津村記久子 著

2月 『なめらかな世界と、その敵』  伴名錬 著

3月 『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』  川内有緒 著

4月 『死ぬまでに行きたい海』  岸本佐知子 著

5月 『遠い空の下、僕らはおそるおそる声を出す』  野中ともそ 著

6月 『水車小屋のネネ』  津村記久子 著

半年の間に津村記久子さんを二度取り上げて言うのもナンだが、われながらバランスのいいラインナップである(言ったもん勝ち)。

これらの本は、もし自分が「2023年上半期ベスト本」を選ぶとしたら入る本になるのだろうけれど、記事にはしなかったものの印象的だった本を読んだ順番に挙げてみようと思う。

■■■

◆1月◆

『噛みあわない会話と、ある過去について』  辻村深月 著
この短編集、ジャンルは絶対にホラーだ。書店のホラーの棚にはないだろうし、殺人も超常現象も出てこないけれど、こんなに怖い話ないわっ。おしゃれ感ゼロのタイトルが怖さの源流(?)をさし示している。

しかし『かがみの孤城』という見事な伏線回収劇での本屋大賞受賞後の第一作がこれって、どんだけ引き出しの多い作家なのだろう。それがすでにホラーだ。


Amazon

■■■

◆2月◆

『ネヴァー・ゲーム』  ジェフリー・ディーヴァー 著
ジェフリー・ディーヴァーといえば、四肢麻痺の科学捜査官【リンカーン・ライムシリーズ】が有名だ。第一作の『ボーン・コレクター』から20年強、14作目の『カッティング・エッジ』までわたしも読み続けている。このシリーズのスピンオフからはじまった【キャサリン・ダンスシリーズ】ももちろん読んでいるぞ!

この界隈だけでも質、量とも素晴らしく、作者は鼻の穴を膨らませる価値が十分あるのに(実際に本人がそうしたいか否かは別として)、ジェフリーったら、古希を迎える年齢の2019年にまったく新しいシリーズを始めちゃったのである。これはその【コルター・ショウシリーズ】の第一作。シリーズの二作目、三作目も一気に読んだが、どれもボリューム満点でどんでん返しがいっぱい。ちょっとロバート・B・パーカーのスペンサー シリーズを彷彿とさせるところも個人的にはうれしい。

引き続き、【リンカーン・ライムシリーズ】も書き続けているみたいだし、どうなってるんだ、over古希のジェフリー。


Amazon

■■■

◆3月◆

『旅猫リポート』  有川浩 著
間違いなく、今年いちばんの号泣本。もしかしたら、ここ5年ぐらいに範囲を広げても涙の量は他の追従を許さないぶっちぎり1位かもしれない。こんなに猫モノに弱いとは。そして有川浩のツボの押し方の巧さよ。作者が脚本を書いたという映画も見てまた涙。ただただ泣いた。泣けばいいってもん‥だと思う、時には。


Amazon

■■■

◆5月◆

『小田嶋隆のコラムの向こう側』  小田嶋隆 著
今年、惜しまれつつ終わった赤江珠緒さんのラジオ「たまむすび」の月曜日レギュラーを長く務めていてわりと身近な存在だったオダジマおじさんの本を、どうして自分は読んだことがなかったんだろうと思うに、かなり以前、上杉・日垣・小田嶋は日本三大変人「隆」というツイートを見たせいかもしれない。こじつけのようで意外と真実‥かも。この中のおひとりを少し存じ上げていた時期があったが、確かに超個性的な人だったなあ。

小田嶋さ~ん、ご存命中に著作を読んでいなくて本当にごめんなさい。心にがつんがつんとくるコラム集、堪能しました。その後読んだ『諦念後』もよかったですが、選ぶとしたらこちらです。

それにしてもミシマ社はいい本を出すなあ。


Amazon

■■■

『ほんのちょっと当事者』 青山ゆみこ 著
わたしにとっての歌姫、山本潤子さんがハイ・ファイ・セット時代、「少しだけまわり道」という曲を歌っていたが、タイトルを「ちょっとだけ遠まわり」と勝手に思っていたことがあった。青山ゆみこさんのこの本も「少しだけ当事者」とどこかで書いたことがある気がする。自分は「少し」と「ちょっと」の判別が不得手らしい。まあ、徹頭徹尾どうでもいい話だけど。

これまたミシマ社の本。自己破産、性暴力、障害者差別、看取りや親との軋轢など、シリアスな問題を「ほんのちょっと」という立ち位置で語ったからこそ浮き出るリアルな視点。ど真ん中ではない、無関係でもない、そんな場所だからこそ見えることは多々あって、それはど真ん中と無関係の間の橋渡しにもなり、地続きだと知らしめる。人は自覚しているより多種多様のプチ当事者だったりするのかもしれない。


Amazon

■■■

◆6月◆

『あるものを活かして愛着のある部屋に育てる』 本多さおり 著
実はこの手の本が好物だ。数年前にちんまりした古い戸建てから、よりちまちました中古マンションに引っ越し、住まい対する考えを一から構築し直しているのだが、ミニマリストやover60あたりの確固たる信念ありきの住居考より、家に関する感覚がフレキシブルな若い人の実例や提案の方が参考になるのだ。極端なことを言えば、暮らし方のスタイルやセンスの追求なんて邪魔。求めるのは居心地のよさ、それだけで、そこになにがしかのスタイルやセンスが入っていればめっけもんなのである。

この本の影響か、6月はソファやダイニングテーブル、パソコンデスクやサイドテーブルなどの位置や向きをしょっちゅう変えた。キャスター付きのものが多いのでひとりでも簡単に移動できるのだ。もはや読書と双璧の趣味かも。


Amazon

■■■

『桜風堂ものがたり』  村山早紀 著
正確には「桜風堂ものがたり」シリーズ。全部で3冊(1作めは文庫上下巻)。書店を舞台に、本とその周辺の人々を言を尽くして描いているが、ファンタジーのように清らかで麗しく(ネット社会の暴力性は描かれているけれど)、本や書店に対する作者の思いが溢れている。

読者に親切過ぎる小説で、毎回あとがきも長く、思いの強さが自分は苦手だったりする部分もないことはないのだが(奥歯になんか挟まってる)、あまりにも、あまりにも物語づくりが達者で、展開も文章も心地よく、読みやすいにも程があるので感動してしまう。一気に3冊読んだ。そして現在は「次はないの?」の気分である。それにしても、児童文学からきた小説家はみんな力があるなあ。まさに職人芸。


Amazon


Amazon


Amazon


Amazon

というわけで、下半期もどんな本に出逢えるか楽しみだ(月並みな締め)。

by月亭つまみ


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

山あり谷あり再婚ライフ

ちぐはぐな思い

カレー記念日 今週のおかわり!

続くかな 筋力体力 増加作戦 

なんかすごい。

晶子の生きた道

60代、男はゆっくりご乱心

ヒゲ・エフェクト

四十路犬バカ日和

ヘルニア疑惑で病院へ駆け込む

OIRAKUのアニメ

第105回 T・P ぼん(タイムパトロールぼん)

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終の棲家クエスト1:冬瓜とツナの煮物

今週の「どうする?Over40」

実録・振り込め詐欺に引っかかる寸前まで行った話。

黒ヤギ通信

777

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.83 最後が‥弱い

かわいいちゃん

ブーム

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ 2023年3月15日

絵手紙オーライ!

風邪のトンネル

出前チチカカ湖

第198回 最近 張った見栄の話。

母を葬る

(12)女性の仕事

昭和乙女研究所

昭和の喫茶店

いろんな言葉

That’s Dance!文字起こし 第6回(episode16) やっかみかもしれませんが‥番外編も兼ねて

いどばた。

凹むこと最近ありましたか?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はなやぐお盆、わたしは墓へとタックルした。

ただいま閉活中

お守りが無くなったら

50代、男のメガネは

『レジェンド&バタフライ』で絶望の淵に立つ。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

7月19日はカレー記念日

カレー記念日

年金日 町の勧誘 要注意

7月19日はカレー記念日

いまねえ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

よもじ猫

茫然自失

猫No.29  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

茫然自失

猫No.29  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up