1月20日はカレー記念日

カレー記念日

降雪の 翌朝 人生 正念場

1月20日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

今週の「どうする?Over40」

サバイバルのために、「周囲の目をきにしない訓練」は、歯を食いしばってでも。

一昨年の9月に夫が倒れてからのわたしは、普通に生活していても「サバイバル脳」になっていたと思います。時間とともに「サバイバル脳」から「デイリー脳」というか、平常の脳に落ち着きつつある気はしますが、まだ、余韻が残っているので、これからさらに何事もなく推移すると燃え尽き症候群になるかもしれません。やばいな、それ。

サバイバル脳が起動したのは、夫が救急車に運び込まれる瞬間。わたしがいないときに夫が倒れていたので救急車とパトカーがドラマティックに登場し、びっくりするほどの野次馬さんたちが、取り囲んでいました。子どもを肩車しながら目を輝かせてのぞき込む親子や世間話に興じながら担架の登場を待つおばさま…。その人たちに向かって「見世物じゃありません。帰ってください」と言ったのです。

この話をすると近所の友だちは「よう、そんなこと言えたな」とあきれますが、今思えば、あれは自分の運命への宣戦布告でもありました。対決的な言葉で「サバイバル脳」の起動スイッチを押し、救急車に乗り込めてよかった。それ以後の行動の原点になりました。

「サバイバル脳」になったので、すべての判断基準が「生き残ること」になりました。親戚や友人が夫の奇跡の回復を祈ってくれるなか、わたしは一度も心の底から希望をもったことはありません。自室で倒れて昏睡している夫を発見した瞬間、その希望がないことを直感したからです。だから、まず、わたしが生き残ること。わたしと、この状態の夫と、そして娘の未来を守ること。目的が明確になったので行動も早くなりました。

ベストな病院へ転院させようと発病後2週間後には見学に行きました。奇跡は信じていなかったけれど、医療とリハビリの可能性は信じていたからです。わたしが祈ろうが祈るまいが出る結果は出る。そこに身を任せようと思いました。この迅速な行動によって現在までの恵まれた環境が手に入りました。

…なんてうまく行った事ばかり書いていますが、行動したことのなかには功を奏しなかったものもあります。お金の不安があったので仕事を作らなければと焦りましたが、同情は仕事にもお金にもならないことも学びました。まあ、それも含めていい勉強になったと思います。

もうひとつ、サバイバル脳が可能にしたことがあります。それは、「夫が打ち捨てられたように見えても気にしない」と決めたことです。これは、特に現在の療養型病院に転院してからですが、朝、きれいに看護師さんが顔を拭いたり、ひげを剃ったりしてくれても、午後には、目やにが出たり、よだれが出たりして「打ち捨てられている感」が醸し出されます。「ほったらかしにされている感」と言ってもいいでしょう。

わたしは、親戚などが「お見舞いに行く」と言ってくれても、自分の都合が悪かったり、その日は休息をとるつもりだったりしたら、同席しないようにしていました。これは、何度も書いたことですが、「お見舞いへの対応を接待にしない」ためです。接待疲れほど無益な消耗はない。そうはいっても「ああ。でも、打ち捨てられたように見えるよなあ。顔だけでも拭いておきたいなあ」と思います。やっぱり、いいところを見せたいのです。ちゃんとしていると思われたいのです。

でも、次の瞬間、身をまもるサバイバル脳がこう言います。「打ち捨てられていると感じる人は感じればいいよ。それは、その人の感想だから、どうすることもできない。それに打ち捨ててなどいないし、放ってもいないのだから」

そう。極論すれば、闘病する本人とその闘病に責任をもち、その責任から逃れられない者(この場合、妻であるわたし)以外は、あのパトカーを取り囲む人々とさほど変わらないのです。好奇心か心配かの違いだけ。もちろん、心配はありがたいし、心配による行動にたくさん支えられ、感謝もしていますが、それでも、取り囲む人々は、いつの間にか去っていき、当事者だけが残るのです。

周囲の目を気にしない訓練は、サバイバルのための必須の訓練。歯をくいしばってでもやるべきです。そして漠然とした「周囲」を気にしない分、医療や介護などプロフェッショナルとの良好な関係づくりに注力することです。

そういうわけで、なんとかサバイブしてまいりましたが、これからどうなるかはわかりません。燃え尽きず、小さな幸せ、見つけられますように。また、順次報告します。てか、報告させて(笑)


今週の「どうする?Over40」 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Jane

    ご主人が倒れられてから今日までのカリーナさんの記事が、順を追って思い出されました。いろいろありましたよね、実務的な手続きや、急を要する決断や、ご親族はじめお知り合いとのあれこれ、そして新聞連載や、デトックス会も。数か月前だったか、非日常が日常となっていき、介護の当事者以外からの関心も薄れていくのは当然、というようなことを書かれていたと思いますが(記憶違いでしたらすみません)、だんだんとそのステージに近づいてこられたのでしょう。
    これからもご報告ください、お聞きします。

  • 匿名

    全くその通りだと思います。
    わたしもお世話になっている医療関係者と信頼関係を築けるように気を使っているつもりです。

  • モーリー

    はじめてコメントさせていただきます。

    カイゴデトックスin京都ではお世話になりました。

    ブログやTwitter、ウェブマガジン、新聞の記事、たくさんのCarinaさんの文章を読ませていただき本当に感心しています。というか、
    いつも、どう表現したらいいのかわからない私の心底の気持ちを言葉にしてくれて、
    ありがとう。
    さすがという気持ちです。

    『それでも、取り囲む人々は、いつの間にか去っていき、当事者だけが残るのです。』
    そうですよね。その通りですね。

    でも、そんなCarinaさんの心の叫び?的な文章を、いつも感心して納得している私がいます。
    たくさんのファンがいます。

    遠くからですが、こっそりエール送っています。

  • ホタルブクロ

    40代の半ばを過ぎ、なんとなく過ごしてきた日々を少し悔やみつつも今の穏やかな日常も手離したくはない。もう少しなにか頑張れるのかな、いや無理かな、と自問自答しながらパートに行き、買い物に行き、料理をして、犬の散歩をする。
    最近そんなぼんやりとした毎日でした。子どもが手を離れて、自由を謳歌するキラキラした10代後半を間近にみているせいもあるのでしょうが。

    けれど、カリーナさんの文章を読んで少し元気がでました。生き残るためにいろんなものを取捨選択して前に進んでいくカリーナさん。うーん、やっぱりかっこいいな。

    状況は全く異なるのだけれど、私のこのぼんやり生活のなかにもまだまだやり残してることや変えなくてはならない思考や習慣があるのではなかろうかと。

    うまくまとめられないのだけど、カリーナさん、いつもありがとう❤️ カリーナさんのブログにいつも救われています。

  • カッコ

    カリーナさんの文を読み、今、自分はどうしたいのか改めて考えました。
    うちの主人は脳出血で倒れ、多くの人後遺症がのこりましたが、在宅で生活できるところまでは回復しました。
    ただ一人で生活することは難しく、介護できる人間は私ひとり、プロの力を借りているものの、私の生活も主人の事を考えることが第一優先となりました。
    外から見るといい妻かもしれませんが、主人の前では愚痴ばかり言ってしまいます。
    主人の生活を守りながら、自分らしさもなくしたくない。
    今、色々もがいておりますが、
    カリーナさんのサバイバル脳。
    刺激になりました。
    私も小さな幸せ探しながら、もう少しもがいてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

霹靂その後

50代、男のメガネは

ザッツ・エンタテインメント

OIRAKUのアニメ

第60回 王様ランキング

今週の「どうする?Over40」

侮れない。家の「細かな修繕」というハードルの高さ。

黒ヤギ通信

3度目の寅年

カレー記念日 今週のおかわり!

まだまだこれから 米寿の父が言いました

絵手紙オーライ!

大津絵はたのし。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.53 今年初のヒット本はこれだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

新年早々狼狽える:干し柿の天ぷら

日々是LOVE古着

おばの遺品の色づかい

昭和乙女研究所

昭和の中学生のクリスマス会

出前チチカカ湖

第175回 本当はそんなに好きじゃなかった。

いどばた。

小さな工夫を見せ合いましょう。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

これ、買った!

お雑煮用の椀、買った!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

沈思黙考

猫No.60  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

沈思黙考

猫No.60  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up