7月18日はカレー記念日

カレー記念日

二重希望 まぶたの話よ あごじゃない

7月18日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

あの頃、アーカイブ

【エピソード28】あの頃のお風呂屋さん

さてさて、聞いた話を形に残すことを仕事にしている
「有限会社シリトリア」(→)。
普通の人の、普通だけど、みんなに知ってほしい
エピソードをご紹介していきます。

テレビドラマの舞台になったり、フォークソングの歌詞に登場したり。昭和40年代まで、銭湯という場所は街の中でまだまだ元気な存在でした。昭和33年生まれのミドリさん。彼女の記憶の中の銭湯も、人々が穏やかに集う、文字通りあったかい「お風呂屋さん」の風景です。

・お母さんと通った銭湯

ミドリさんが幼い頃を過ごした家は4階建ての集合住宅。鉄筋コンクリート造りの、そこそこ目新しいアパートでした。が、まだお風呂はありませんでした。それでも銭湯には困らない時代。ミドリさんの家からも、歩いて5~6分のところに、行きつけのお風呂屋さんはありました。

銭湯へは主にお母さんと一緒に行っていました。タオルや石鹸を入れた洗面器を風呂敷に包んでお母さんが持ちます。ミドリさんの持ち物は、お気に入りのジョウロを入れた赤い小さなバケツ。ミドリさんのお風呂での遊び道具です。お母さんに手を引かれながら、家の前の公園を抜け、子どもたちの遊ぶ声が聞こえる住宅街の路地を過ぎると、細い煙突と「湯」の文字の暖簾がすぐに見えてきました。

引き戸を開け,漢数字の書かれた下駄箱に履き物をしまうと、幼いミドリさんにとっては、ものすごく高い場所に座るオバサンから「いらっしゃい、16円」の声。昭和30年代半ば頃まで、大人の銭湯の料金は洗髪代を含めないと16円でした。「じゅうろくえん」という番台からのオバサンの声を、ミドリさんは今もよく覚えていると言います。

脱衣場には見知った顔もたくさんいました。中央の、脱衣かごの並ぶ棚の一番上は、赤ちゃんを寝かせられるように、低い柵のついた木製のベッドのようになっていました。そこに、何人ものお母さんたちが、お風呂上りの赤ちゃんを寝かせて、ベビーパウダ―をパタパタとはたいています。

今思えばなかなか優れものの設備です。ふつうのベビーベッドのように、お母さんが屈みこんで赤ちゃんの世話をしなくていい。もちろん今の銭湯の脱衣場では見かけない風景でしょう。世の中にまだ子どもがいっぱいいた頃ならではの銭湯のサービスでした。

@ひぐらしめも

・ミドリちゃん、冒険する

夏場は、涼しくなる時間帯を見計らって、お風呂屋さんに出かけるのが日課でした。ミドリさんが3歳にもならないある日の午後、お昼寝をしているミドリさんを置いて、近くまで買い物に出かけたお母さん。帰ってくると、寝ていたはずのミドリさんがいません。驚いたお母さん、慌てて近所を探し始めました。

ちょうど同じ頃、ミドリさんはいつもの公園を抜け、お風呂屋さんまでの道を一人で歩いていました。手にはしっかり、いつもの赤いバケツとジョウロを持って、お母さんを呼びながら、泣きじゃくりながら…。

そして、泣き顔のままお風呂屋さんの引き戸をガラッと開けると、見知ったよそのお母さんが、赤ちゃんの世話をする手を止めて、「あれ? ミドリちゃん一人?」番台の上のオバサンもびっくりしたことでしょう。説明もうまくできないまま泣いていると、再び引き戸がガラッと。それはミドリさんのお母さんでした。

泣きながら歩いたお風呂屋さんまでの道、よそのお母さんの驚いた顔、ミドリさんを見つけたお母さんのホッとした表情――とぎれとぎれの、この3つの情景をミドリさんは今でもはっきり思い出すことができます。

それにしてもお母さんは、なぜミドリさんがお風呂屋さんにいるとわかったのか。後になってからお母さんはミドリさんに話してくれました。 「お昼寝する前に、『起きたら、お風呂屋さんに行こうね』と声を掛けたことを思い出したのよ」

@楽天市場

自分で鍵を開け、一人で出かけたことも、道の真ん中を幼い子が一人で歩いていたことも、今の時代では考えられない、のんびりした出来事。目が覚めたらお母さんがいない、そんなパニックになった中でも、いつものお風呂グッズを忘れなかったところがおかしいですよねと、ミドリさんは思わず笑ってしまうのでした。

引っ越しに伴って、小学生になったころにはお風呂屋さんに通うこともなくなったミドリさん。あれから60年近くが経ちました。つい最近、自宅のお風呂の改修の日に近くの銭湯に出かけてみたそうです。銭湯ってこんなちっちゃかったかなぁ…。高い番台と広い脱衣場、大きなお風呂――銭湯といえば今でもこれが、ミドリさんの中の懐かしいイメージなのです。


あの頃、アーカイブ 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

猫さがしだいさくせん

50代、男のメガネは

社長はやっぱりえらいのだ。

これ、買った!

生ごみ乾燥機を買った!

OIRAKUのアニメ

第19回 ゲゲゲの鬼太郎/BEM

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終わらない:麻婆ズッキーニ

黒ヤギ通信

それも梅雨のしわざ

日々是LOVE古着

妙な使命感

今週の「どうする?Over40」

おやつとおじさんは、スー(犬)の友だち。私には、ちと面倒でも。

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

カレー記念日 今週のおかわり!

寝具の違いを 体感できる お年頃

いどばた。

pay使ってますか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.26 お笑いと信用

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

小さくなるのは目だけじゃない!!

絵手紙オーライ!

金魚すくい

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

阿鼻叫喚

猫No.6  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

阿鼻叫喚

猫No.6  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up