2月21日はカレー記念日

カレー記念日

筋肉痛 翌日きたと 自慢する

2月21日はカレー記念日

エアケイコ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ゴフジンさんが、暴れてまして。

みなさま、こんにちは。今さらな感じでアレですが、やっぱり言わずにはおれない、新年明けましておめでとうございます。じじょうくみことしてオバフォーで書かせていただくようになって、今年で4年目になります。

おお、4年目か(←言った自分が驚いた)

 

連載開始当初から比べると笑っちゃうほど環境が激変しているわたくしですが、本年もマイペースに書き続けてまいりますので、みなさまおつきあいのほどよろしくお願いいたします〜m(_ _)m

 

そんな新年1発目にいきなり更新時間を大幅に遅らせるという、この1年を暗示するような幕開けでございますが(すいません)、新年にふさわしく賑々しい感じで

 

シモ♡

 

のお話をさせていただこうかと思います。

 

 


サカナにあうんだよね、シモってね(意味不明)

 

 

さて、これまで何度か、わたしの気まぐれすぎるゴフジンさんのお話をいたしました。ゴフジンさんってなんだっけ?という方は下記を見ていただくとして、今回はゴフジンさんシリーズ第3弾でございます。

ゴフジンさんと、わたし。

ゴフジンさんを、こじらせまして。

 

長らく続いた婦人科通いの末に「子宮内膜異形増殖症」という病名がついたのは、1年ほど前のこと。名前だけみるとなんともおそろしそうですが、カンタンに言うと子宮内膜増殖症というのは子宮内膜が厚くなる→剥がれ落ちる→また厚くなる、という生理サイクルがうまくいかず、子宮内膜がどんどん厚くなってしまう病気です。

 

とはいえ通常なら経過観察で大丈夫なのですが、問題は「異形細胞」が含まれるかどうか。異形細胞はガン化する危険をはらんでいるため、発見された場合は子宮全摘出手術、そうでなければホルモン剤を飲みながらまめに通院、または3ヶ月ごとの精密検査、という診断をされるのが一般的のようです。

 

わたしの場合、年齢的に閉経直前で妊娠の希望がないことや、離島在住で通院が大変なことを鑑みて、ヤベちゃん先生からは子宮全摘出手術を勧められました。ただ先生とダンナはんのザビ男と3人で話し合い、1ヶ月2ヶ月で急変することはないだろうと判断。3ヶ月に1回の精密検査を受けながら、荒ぶるゴフジンさんが鎮まるのを待つことになった、というところまでが前回までのお話。

 

その後、わたしのゴフジンさんはご機嫌うるわしく、体調は小康状態。3ヶ月ごとの検査も細胞診だけで済むようになり、検査結果も病変なし。穏やかな日々が半年ほど続いたころには「ひょっとしてこのままおさまるのではないか…?」と淡い期待を抱き始めたのですが、その途端に意地悪でもするかのように止血剤が効かなくなってきたのです。

 

そして昨年の夏、とうとう1ヶ月以上薬を飲んでも出血が止まらない状態に。やむなく3回目の掻爬術(子宮内膜を掻き出す外科処置)を受けることになりました。期待していたぶん落胆も大きかったのですが、それ以上にガックリしたのは、信頼していたヤベちゃん先生が担当から外れたことでした。

 

掻爬術の当日、診察室に入ると見知らぬ先生が座っていて、ヤベちゃん先生は緊急オペが入ったため担当が変わる旨を告げられました。産婦人科である以上、そういう可能性もあることは聞いておりましたが、ヤベちゃん先生に診てもらえる日に合わせて島から出てきた人間としては、当然ショックを隠せません。しかも、その日の施術は前処置から痛みと吐き気が激しく、施術が終わって麻酔が切れた後もダメージは2日ほど続きました。

 

おまけに術後診察も当日どの先生が診るかわからない、ヤベちゃんの予約は取れないというのです。わたしはヤベちゃん先生を信頼して病院に来ているのに、病院都合でたまたま別の先生に診てもらっただけで、なぜヤベちゃんが担当から外れるのか。これまでの状況を看護師さんに説明してどうにか予約を取りつけましたが、病院に対する信頼感が一気に薄れました。

 

そして術後診察の日。いつものようにガン化はしていませんでしたが、今回かなり体にダメージがあったことを告げると、ヤベちゃん先生にこう言われました。

 

「普通はここまで具合が悪い場合、子宮摘出手術を受ける人が多いんですよ。掻爬術もこれ以上は体の負担が大きくなるので、僕としてはお勧めできません」

「つまり今度出血が止まらなくなったときに、治療する方法はないということですか…?」

「ホルモン剤を飲むという手もありますが、ズジョウさんには薬が効かないようですし、期待できないと思います。このままの状態では、ズジョウさんご自身が辛い思いをするばかりです。異形細胞は一度できると消えることはなく、閉経しても今度はこれまでとは違った刺激を受けて悪さを始めるかもしれません」

「え…閉経してもおさまらないんですか!」

「残念ながら、そうですね。閉経しても不正出血する可能性がありますし、どうですか、真剣に手術を考えてみませんか」

「……」

 

 

なんだよう、

閉経したら逃げ切れると思ってたけど

違うのかよオオオオオーーーー。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

 

「子宮は赤ちゃんのための臓器なので、取っても問題ありません」と言われたって、嫌なものは嫌なのです。しかも子宮摘出には腹腔鏡下手術などの切らない方法もありますが、わたしの場合は筋腫が多すぎるため開腹手術しか方法はない、とヤベちゃん談。でもじつは身近に開腹手術で子宮摘出した人がいて、術後の癒着で再手術するなど相当苦しんだという話をさんざん聞いていたので、開腹手術には恐怖心しかありません…。

 

それに開腹手術をするにしても、いまの病院にはちょっとモヤモヤがあります。そもそもここは急患でたまたま診てもらった病院であって、自分で選んだわけではなかったので、どうせ腹を切るなら自分が納得いく形でやりたいと思いまして

 

「ヤベ先生のことは信頼していますが、自分としてはできれば手術ではない方法で治療したい。セカンドオピニオンを受けたいと思うのですが…」

 

と切り出してみたのです。

初めての経験だったので、かなり緊張しましたが、ヤベちゃん先生はいたって普通に

 

「ああ、わかりました。それなら、一般診療で他の病院で診てもらうといいですよ。セカンドオピニオンはすごく高いから。1回で1万2万とか平気で取られちゃうんだよね。普通に子宮内膜増殖症を治療したいと言って診てもらって、手術以外の治療法が見つかればそれに越したことはない。でも、他の病院でも同じことを言われたらどうするの?」

「そのときは…腹をくくります」

「わかった。いろんな先生から話を聞くのは勉強になるし、いいことだと思うよ。そのうえで、やっぱりうちで治療をしたいということであれば改めて連絡をください」

 

ということでわたくし、ゴフジンさんとサヨナラするかどうかの瀬戸際に立ちましたのです。

 

さて、どうしたもんか。世の中には婦人科は山のようにあり、名医と呼ばれる先生もたくさんいます。いろんな人に聞いてみても、人によって勧める病院は違います。この先生いいかもと思っても、診察までに半年待ちなんてことはザラにあって、世の産婦人科医不足をいやというほど味わっているところに

 

「じつは私、子宮摘出の開腹手術を受けることにしたよ」

 

と、バイト仲間のマリちゃんから告白されてしまったのであります…。

 

 

 

ガクブル

 

 

 

マリちゃんは子宮内膜症で長年通院していて、症状が似ていることもあってゴフジン仲間としていつも励ましあっておりました。ただ、彼女はわたしよりずっと年下で、閉経までまだまだ時間がたっぷりあることから「このまま高いお金を払い続けて、辛い思いをすることを考えるといっそ…」と手術を決心したというのです。

 

 

くみこパニック(OvO)

 

 

彼女はもともと婦人科で有名な大病院に通っていたのですが、診てほしいと思っていた名医の先生はとうとう一度も予約が取れず、オペも新しい先生がやるのだといって不安がっていました。やっぱ、そうだよねえ…。

 

そして自分なりに勉強したり人から話を聞いたりしても、私の症状から導き出される結論は「開腹手術で子宮全摘出」しかないのでした。マリちゃんも覚悟を決めたし、わたしもこのままぼんやりしているわけにはいかない。そこで、東京時代にやはりゴフジン仲間だった友人のツカサちゃんに相談してみることにしたのです。

 

ツカサちゃんは事故に遭ったり倒れたりとやたら病院に縁があり、そのおかげでやたらと病院通な女子でした。「あそこの病院はいいと聞いたんだけど」「あの病院はどうかな」と細かな質問をしてみたところ

 

「あそこは緊急でない限りオペは1年半待ちだよ」

「あの病院はいいらしいけど、患者が殺到していて予約できない」

 

とサクサク回答してくれました(まったく何者なんだよ…)。そのうえで、彼女がオペしてもらったというクリニックを紹介してくれたのです。

 

「私が診てもらった先生は、ものすごいキレ者で話が早い。普段は1人でクリニックをやっているんだけど、オペが必要なときはすぐに大きな病院でやってくれる。診察はものすごく待たされるけど確実に診てくれるし、辛いんですと訴えれば早めに対応してくれるよ。もしかしたら同じ診断を言われるかもしれないけれど、迷っているうちにどんどん時間たっちゃうし、私は先生に会って道が開けた気がした。一度行ってみてもいいかもしれないよ」

 

婦人科をあれこれ患い、あちこちの病院へ通った彼女の言うことですから試さない理由はありません。ということで早速予約を取り、クリニックに向かうことになったのです。ただし診察を受けるにあたり、ツカサちゃんにはこんなことを言われておりました。

 

「診察を受けるときのコツを教えておくよ。相当の変わり者だから、がんばってね(笑)」

 

まあ医者って世間ずれした変わり者多いよね、とそのときは軽く考えていたのですが、ツカサちゃんの言葉が本当だったことを、後にわたしは思い知ることになったのです。そして変人ドクターによって、わたしの病気に思いもよらない診断が下されたのでした。

 

長くなったので、先生の話はまた今度。あ、ちなみに結果だけいうと手術はしないことになりました(^ ^)

ではでは、次回2月18日(土)にお会いしましょう。それまで崖のところでふんわりお待ちしております〜。

 

text  by  じじょうくみこ

illustrated  by  カピバラ舎

 

*「崖のところで待ってます。」は毎月第3・5土曜日更新です。

 

スポンサーリンク


じじょうくみこの崖のところで待ってます 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • マザー

    「あたし・主婦の頭の中」という超人気ブログを書いていらっしゃるカータンさんというブロガーさんが、子宮腺筋症で貧血などが酷くなり、子宮全摘手術を受けたとをブログに綴っていらっしゃいます。全11回のシリーズです。シリーズまとめのタイトルは「子宮腺筋症 子宮全摘手術まとめ」です。じじょう様は手術無しの選択をなさったとはいえ、なにか参考になることもあるのではないかと思いますので、まとめ記事のアドレスを「ウェブサイト」欄に入れておきます。よかったらご覧下さい・・・って私のブログではないのですが 笑

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>マザーさま

    こんにちは! コメントありがとうございます!
    そして情報をありがとうございます〜(^ ^)

    カータンさんのブログ、最近ちょっとご無沙汰していたんですが
    いつのまにそんなことに!手術を受けられたのですね!
    さらっと拝見しましたが、かなり重症だったようですね。。。
    わたしはここまでひどくないのですが、気持ちはよくわかるうう〜〜

    リンクしていただき、感謝です!じっくり読んでみます( ◠‿◠ )

  • びゃくだん

    ご無沙汰しています。先週コメントを書きかけていてほぼ完成していたのに、タブレットの操作を誤ったため消えてしまい、再び書いております~。

    内膜掻爬を三回も受けられていたのですねぇ。
    それはキツイですよね。今は手術をしないことになったのですね…。
    確かに開腹手術は腸閉塞のリスクを抱え込むことになりますからねぇ。
    せめて腹腔鏡下で出来たらくみこさんの気持ちもまた違ったものになったかもしれませんが…
    子宮を取りたくない乙女心、分かります。どうかもう少し、そして出来るだけ快適に粘れることをお祈りしています。

    先日は私のケイちゃんの心配をして頂いてありがとうございました。
    過労とストレスが引き金になると学びました。この病は発症したら、基本絶食か食べてもお粥程度と抗生剤の内服、点滴にて治療となるんです。本当にひどくなると私の病もも開腹手術になります。
    今回は内服だけで収まらなかったので1週間近く点滴に通いました。
    そしたら、まー、痩せこけました。実は私、元々軽量級なんです。(157cm37kg)
    そこから三キロ減りました…。再発しやすい病なので、これ以上骨皮スジコにならないように気をつけている次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

眉毛に取り組む。

ミキティ49歳。眉毛の迷走を経て、このコスメに落ち着いています。(ミキティ)

ミカスの今日の料理 昨日の料理

緊急報告 : ミカス、三代目ナントカのライブに行ったってよ

今週の「どうする?Over40」

人間関係で「ちょっとミスる」ことはいくらでもある。自然治癒を待つのが一番。

いどばた。

可愛いものに吸い寄せられてしまいました。

なんかすごい。

間違えるひと

50代、男のメガネは

チョコレートによく似合う。

これ、買った!

千切り器、買った!

ただいま閉活中

(49)もどきの多発

これ、入るかしら?

vol.36 ラクチン5cmヒール

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 NO.64 極私的1980年代&1990年代の仕事事情

四十路犬バカ日和

シニアドッグのONとOFF

あの頃、アーカイブ

エピソード8★16歳の東京生活。

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

室内を見ずに引っ越し先を即決!年下彼氏に説教されたり、会社で壮絶バトルに遭遇したり。

KEIKOのでこぼこな日常

「人生いろいろ」By徳江~映画「あん」より

ラジオブースから愛をこめて

「昭和ですよ」

昭和乙女研究所

『音楽の黄金時代』

着まわせ!れこコレ

ライトニング リターンズ れこコレ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ゴフジンさんが、暴れてまして。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.13】 近所づきあいに悩んでいます。

ワクワクしたら着てみよう

家でもそこそこ小綺麗に〜 & ZOZOTOWNに着ない服を売ってみた2

ハレの日・ケの日・キモノの日

弱さも強さもナチュラルなオバフォ―祭りに集まったすんごいヒトたち

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up