8月7日はカレー記念日

カレー記念日

洗濯機を 扇風機と言う 暑さかな

8月7日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこの崖のところで待ってます

千客万来、よなよな裸エプロンの日々。

みなさま、ごきげんいかがでございましょうか。「崖待ち」第3シーズンが始まって1ヶ月、その間にこの騒ぎはいったい何でございましょう。あっちもコロナ、こっちもコロナ。人はイナイナ、仕事もナイナ。

いやね、ワタクシいまシマ島でパートとして働いているんですけれどね、ほかの仕事が忙しくなってきたのでやめたいなーと思っていたんですよ。でも人材不足の離島ではそうそう代わりも見つからず、探して探してやっと見つかったと思ったらドタキャンされて、再び仕切り直して苦節2年、とうとう後任が見つかってワーイ今度こそ独立だーい! ってなった途端にこのコロナ。

やめるタイミング最高かよオレ天才かよ

って思う今日このごろ。そんなわけでワタクシこの春から無職になりそうです。ありがとう、じじょうくみこです。

現役です

前回の記事を読んで「休載していた2年の間にいったい何が!?」と世間がザワついたとか、つかないとか。それについては長い話になるので少しずつご紹介できればと思っておりますが、この時期にハードな話もアレなんで(ってハードな話しかないんかい)、近況でも書かせていただこうかと思います。

しばしおつきあいくださいませり

さて、大晦日にジュテームハウスを追い出されてから、ダンナはんの実家・ザビ家の離れに暮らしております。手当たり次第に荷物をぶっ詰めて離れに投げこむような引越だったので、どの段ボールに何が入っているのかすらわからず、何をするにも捜索また捜索の日々。

おまけに年末押し迫ったころ、家族ぐるみで親しくしている友人ミキからとつぜん連絡があり、「これからシマ島に行ってもいいか」というのです。事情を話してやんわりと断ったのですが、どうしても来たいという。いつもなら「OKまた今度!」とサバサバしているミキが、いったいどうしたことかと思っていたら、

「ダンナと別れた。実家にも帰れないし、正月ひとりでいたくなくて……」

お、おう…。

そんなわけでザビ家の離れ初夜は、珍客ミキに障子を貼らせてつくった客間で埃にむせながら酒を呑むという、よくわからない展開でスタートしたのでありました。

人生いろいろ

ザビ家の敷地は出入口からすぐのところに母屋、奥に離れと、ふたつの建物がL字形に建っています。離れには台所とお風呂、洗濯場がないため、リフォームが終わるまでは母屋を借りるしかありません。つまり出かけるにしても、食事をするにしても、何をするにもいったん外に出て母屋を通らねばならないという状態。建物こそ別とはいえ、実質は「ひとつ屋根の下で同居」です。

おまけにザビ家の場合、これが単純に家族だけの話ではないのです。と言いますのも、薄々気づいてはいたんですよ、この島に来てからずっと。「ザビ家は人を呼び寄せる家」だということを。

村のはずれにあったジュテームハウスとちがい、ザビ家があるのは集落のどまんなか。小さなスーパーや村役場、公民館、学校などが近いせいか、とにかくいろんな人がふらりと立ち寄っていくのです。

朝いちばんにやってくるのは、タツキバア95歳。押し車でスーパーまで買い物に行くのが日課のタツキバアは、必ずスーパーが開店する前にザビ家へやって来ます。8時9時は当たり前。日によってはもっと早くに来て、寝ているザビママを「おーい、生きてるか?」と揺り起こします。

お昼前にやってくるのは、遠い親戚でもあるヨッコおばさん。おばさんと言っても立派な後期高齢者なわけですが、ヨッコおばさんは清掃の仕事をしているので早朝からひと仕事を終えるとザビ家でティータイム。スーパーの特売日には周囲のバアたちも母屋に集合し、ヨッコおばさんの車に乗ってキャッキャ言いながらスーパーはしごツアーに出かけていきます。

午後の来訪者は日替わりランダム。床屋のヤマモトさん夫妻が遊びに来たり、旅館オノダ屋のご主人が釣った魚を持ってきてくれたり、ザビパパの同僚夫妻が子どもの進路相談に来たり。そうそう、毎回カレーかシチューを持ってくるコマチバアちゃんもいましたね。

そして夕方になると、近所に住んでいるユウコさんが、おかずを持ってやってきます。工場で魚をさばく仕事をしているユウコさんは、さばさばした気持ちのよい女性。ザビ家で発泡酒を2本飲みながらおかずをつつき、朗らかな夜を楽しんで帰っていきます。

以上がレギュラーメンバーで、このほかにも里帰りしてきた知人がたずねてくることも多いですし、若いお母さんと子どもがたまたま通りがかったりすると、招き入れておやつをあげたり庭で一緒に遊んだりもします。あるときなど、見知らぬ男性と話しこんでいるので「だれ?」とザビママに聞いたら

「知らねえ」

って!!

東京で長らく公私ともにフリーランスな独女生活を送っていたわたしにとって、「離島の小さなムラ社会」の中で「つい最近まで他人だったオジサン(夫)と暮らす」ことすら大変だったのです。それが、ようやく夫婦ふたりの生活スタイルができあがってきたと思ったら、ここにきて「夫の実家で同居」に加えて「常に知らない人がいる家」というオープンハウスな環境に大転換。

ごはんを食べていたらガラッと誰かが入ってくる。お風呂から上がると、おばさんが立っててギョッとする。寝坊してボサボサ頭で起きたら、縁側でおばちゃんたちがお茶しながらこっちをじっと見てる。いやー、HP足りなすぎて、このステージとてもクリアできる気がしません…。

そんな日々が1ヶ月つづいた、ある日のこと。スーパーで買い物をすませて母屋のキッチンに行くと、食事を終えて寝室に戻ろうとしていたザビママが「あったかいうちに食べなね」と言い残していきました。

見るとテーブルには、これでもかと山盛りのかき揚げと天ぷら。煮物はおそらくユウコさんの差し入れ。コマチバアのクリームシチューに、ヨッコおばさんの漬物。そしてタツキバアのいつもの缶コーヒー。

それを見た瞬間、なにかが弾ける音が聞こえました。

そのまま踵を返し、車に乗り込んでエンジンをかけました。どこへ行くでもなく、どこかへ行けるわけでもなく、小さな島の中をあてもなくぐるぐる、ぐるぐる。やがて、とっぷりと日が暮れたころに離れに戻ると「おかえり。どこか出かけてたの?」とザビ男。その顔を見たらなんかもう無性に腹立ってきて

「もうムリ、なんでこのうちこんなにお客さんが多いの、なんでみんな台所にいるの、なんでごはん作ってあるの、なんでいつも魚なの、なんで人のパンツ勝手に洗うの、ザビさんにとっては慣れ親しんだ実家かもしれないけどわたしにとっては初めて暮らす家なの、毎日緊張してるし落ち着かないの、いつまで段ボールの中で暮らさないといけないの、リフォームいつできるの、自分の居場所が見つけられないの、

とにかくわたしは食べたいときに肉とか好きなものを食べたいのおおおおおおー!!!!!!」

ぶち
まけ

ブチ切れたわたしを見て、ザビ男はキョトンとしながら

「…いつからそんな風に思っていたの」

「ここに来たときから、ずっと」

「そうか。気づかなくてごめん」

「………」

「でも年寄りは世話を焼きたいんだよ。うれしいから、何かしたいんだよ」

「…それはわかるんだけど」

「ごはんだって食べなくてもいいんだよ。つくりたいだけなんだから」

「それはそうなんだけど」

「リフォームが終わるまで、どこか部屋を借りるか?」

「そんな物件あるの?」

「まあ、ないんだけど」

「ちょっと」

「リフォームはちゃんと別居するためだから、それまでがんばれない?」

「いつリフォーム終わるかわからないじゃない」

「まあ、そうなんだけど」

「オイ」

「水まわりの工事はプロにお願いするしかないけどさ、自分たちでできるところはやろうよ」

「う、うん…」

「そしたら工期が短くなるし、値段も安くなるだろ?」

「う、うん…」

「ドウ・イット・ユアセルフだよ」

「う、うん?」

「じゃあこれからがんばってリノベの勉強するね」

「うん?」

「とりあえず大工道具、プロ仕様のやつ買ってもいい?」

ちがうちがう、そうじゃ、そうじゃなあーい

こうしてザビ男はYouTubeで「漆喰の塗り方」だの「柿渋で柱を塗る」だの「電動ドリルの使い方」だの「DIY女子がやってみた!」だのを見まくりつづけ、ああそうだったそうだった、わたしは宇宙人と結婚したんだったと再認識した次第であります。

「あとさ」

「うん?」

「明日は肉を食おう」

相談したわたしがバカでした

その夜を境にわたしは「ものわかりよさそうな嫁風」にふるまうのをやめました。なにしろ見た目も年齢もりっぱな熟年なので、まるでベテラン主婦のように扱われたりふるまったりしている自分がいます。でもわたしが加わった「ニューザビ家」は、住宅でいえば築5年の新しさ。家族も建物も少しずつ手をかけながら、居心地よい場所を自分でつくっていかないといけないんですよね。

そこで思いきって食卓に並んだザビママのおかずに手をつけず、別に料理をつくってみました。ザビママは特に気にするでもなく、翌日それをバアちゃんたちと食べたようです。たぶんザビママも気をつかっていたんだなあ。それからはそれぞれに好きなものをつくって、食べたければどうぞというスタンスにすんなりと落ち着きました。

洗濯物はいったん脱衣所から離れに持ち帰り、隙を見て洗濯場に持ち込むという奇襲作戦を決行。ときどきうっかり出し抜かれて、パンツが庭でひらひらしていることがありますが、そんなときは戦国武将よろしく「フッ、あやつもなかなかやりおるな…」などとつぶやくと動揺しないことを発見しました。

そして、お風呂。ザビママの入浴時間とわたしたちの夕食時間がだいたい同じなので、特に努力は必要ないのですが、気になることがただひとつ。風呂場から寝室へ歩いていくザビママの姿を、台所でごはんを食べながらガラス越しに眺める毎日をすごしているのですが、はじめはパジャマ姿で風呂場から出てきたザビママが、しばらくするとバスタオル1枚で現れるようになり、やがて上半身丸出しで平気になり、最終的にはなぜか

裸にエプロン

というスタイルで落ち着いたことであります。なぜエプロンなんだ。しかも、わたしと目があうと「ニヤ」ってドヤ顔するのはなぜなんだ。息子も息子で「今日は干しいもが見えたなあ」とか言ってないで止めなさいよ。まあでもきっと、こういう家族だから、わたしを受け入れてくれたんだろうとは思うのですが。

つくづく血は争えないな、と思います。

それではまた4月に、崖のところでお会いしましょう。どうかそのときまでに、世界が落ち着いていますように。じじょうくみこでした。

text  by  じじょうくみこ

illustrated  by  カピバラ舎

*「崖のところで待ってます。」は毎月第1土曜日更新です(たぶん)。


じじょうくみこの崖のところで待ってます 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    じじょくみさん、こんばんは

    ハードじゃなくても刺激が強い。ボディブローのように効いてくる話ですよ、これは。ボディブローくらったことないですけど。
    エプロンは多分、吸水性の良いホット◎ン製でしょう。

    心の底からくつろぎたいであろうじじょくみさんに、幸あれ!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>okosamaさま

    こんにちは! いつもありがとうございます〜( ´ ▽ ` )
    なるほど、アイテムでなくて吸水性で選抜している説ですね!
    ザビママくらいの年になると、いろんなことを超越しているので
    もしかしたらもっと独創的な理由かもしれませんね。今度聞いてみようかな。
    ちなみに昨日はエプロンを折ってお腹を隠すパターンでした。

  • 爽子

    爽子

    わはははは!こんばんは!
    エプロンは変わらないのですね。
    お腹を隠すパターン
    銀色のお盆に変わりませんか?

    どこか隠しておられるのが可愛いげがありますね。

    何かと気苦労が絶えませんね。

    落ち着かないのもこの上ないのに、食べるものまで、、、。

    叫び出したくなる気持ち、ようようわかります!

    ザビさん、大工仕事の準備進めておられるのでしょうか。

  • ことぶきつかさ

    こんにちは。マレーシアで現地人の嫁をしている者です。
    あーーーー! じじょくみさんの心の叫び!ここまでクリアに聞こえました! そりゃ神経すり減ってささくれますっ。
    それでも前向きな姿に大尊敬の念が。
    4月の続編、お待ちしてます。無事でそして何よりも健康にお過ごしください。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>爽子さま

    お返事遅くなりました!すいません〜(^^;
    そうですね、そのうちザビママ120%になるかもしれません。
    ちなみに昨日は前全隠し・後ろ全開バージョンでした。

    >>ことぶきつかささま

    こんにちは! マレーシアからコメントありがとうございます〜!!
    そんな遠くまで聞こえていたのですね、お恥ずかしや(照)
    お互い健やかに、もうすぐお会いしましょう( ´ ▽ ` )

  • あずき

    久しぶりにじじょうさんのところに行き着きました。ご結婚の直前、ハラハラウキウキしながら読ませてもらったのを思い出します。そしてうらやましいです。
    じじょうさんとはたぶん同い年ですが、
    未婚の独身です。そして今、恋愛など始まるわけがない相手にひかれているせいか、旦那さんとのやりとりが、なんとも心くすぐられます。いろんな意味で穏やかな日常がはやく戻りますように。続きのお話楽しみにしております。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>あずきさま

    コメントありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさい〜!
    あずきさんは、心惹かれる方がいらっしゃるのですね。
    ど、ど、どんなお方ですか・・・・(ドキドキ)

    この厄災が収束したら、ぜひうかがってみたいです^ ^
    なかなか集中するのがむずかしい日々ですが、どうかお元気で!
    今日更新しました。また遊びにきてくださいねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

「どうする?Over40」は、8月8日(土)~8月16日(日)までお休みします。

カレー記念日 今週のおかわり!

「ぷう」と「たく」 二文字違いは 誤差のうち

絵手紙オーライ!

京都のお地蔵さん

50代、男のメガネは

淡路島で笑う。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

離れていても:かき菜と豚肉の炒め物

黒ヤギ通信

ホワイト封筒長形3号

じじょうくみこの崖のところで待ってます

バルーン棟梁、ふくらみ中。

これ、買った!

LAMYの万年筆買った!

日々是LOVE古着

補修しながら着続けます(2)

昭和乙女研究所

テレビ編 『ムー一族』

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第23回 スミマセン、ワタナベトオルさん、ほか。

OIRAKUのアニメ

第38回 風の谷のナウシカ

出前チチカカ湖

第159回 マイルールをさらせ!

なんかすごい。

自分をつくるもの

わたしをライブに連れてって♪

まな板の上の鯉

これ、入るかしら?

vol.71 胸のボリューム問題2

いどばた。

聞かせて、みんなのマスクあれこれ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ファッション対談のお知らせと今後の展望

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

割壁警備

猫No.neko96  by カリーナ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

割壁警備

猫No.neko96  by カリーナ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up