7月9日はカレー記念日

カレー記念日

ミレニアム? プレミアムじゃ?と 若い人

7月9日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこの崖のところで待ってます

あれから5年、思えば遠くに来たもので。

みなさま、こんにちは。天気も気分もぐずつく季節、いかがお過ごしでございましょうか。月に一度のひそかな逢瀬、あなたのじじょうくみこでございます。

それにしてもやれロックダウンだロードマップだと、最近はよくわからない横文字が飛び交いますね。こういう言葉ってなんとなくカッコいい風に聞こえますが、結局だれにも何にも説明していないので

「封鎖、警告でいいんじゃなあーい? そうやってアタイのこと煙に巻くつもりなんでしょっ、このっこのっ」

と心のじじょくみアラートがギャンギャン鳴りまくる今日このごろでございます。


地獄の城にしか見えない

そんなわけで、自分くらいはできるだけクリアな言葉でお伝えしたいと思う次第でございますので、ここにご報告いたします。

エーコホン、

わたくし、じじょうくみこ、

結婚5周年を迎えましたー!

まあ、正確には明日なんですけどね

ハードボイルドな四十路婚活を経て半世紀におよぶ独女生活に終止符を打ち、ザビ男ことズジョウ・ザビエル氏のヨメとして遠く離れたシマ島に引っ越して丸5年。おそらくみなさまのなかには「あのパーティーからそんなにたったのか、あっという間ねえ」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、わたしの素直な気持ちはこうです。

パカッ(←久しぶりに開いた)

長かった! マジで長かった! 

まだ5年なんて嘘でしょって感じなんですけど!

結婚したことはいいの、後悔はしてないの、

ただ離島生活が想像を絶する大変さなの、

どこまでいっても曲者とポケモンしか出てこないの、

見た目はのんびりスローライフっぽく見えてるかもしれないけど、

味方と思っていた人が笑いながら背中刺してきたりとかするの、

いっときも油断できないの、毎日が合戦なの満身創痍なのー!!

…パコッ(←閉めた)

…はい、まあそんなわけで、穏やかな島暮らしをするはずが東京よりハードボイルド感が増すっていうまさかの展開ではありますが、わたくし相も変わらずシマ島で生きております。移住して1年くらいたったころから急激に忙しくなってしまったもので、今回はこれまで5年を振り返ってみようかと思います。

この5年のあいだに、大きな変化がいくつかありました。

いちばん大きいニュースは、実家の母とザビパパがこの世を去ったことです。

3年ほど前に「島にいたって、人生はすぎゆく。」の回で少し触れましたが、自宅療養を続けていた母と、本土の病院を転々としていたザビパパは、そのあとゆるやかに弱くなっていき、最後はふたりともあっけなくいってしまいました。

シマ島に引っ越すことで心配だったのは、やっぱり年老いた親のこと。それだけに、ふたりのことについてはいろいろと思うことがありました。そのうち気持ちの整理がついたら、ゆっくりお話しできたらと思っております。

次に、ザビ男の実家に引っ越して、ザビママと3人暮らしが始まったこと。

結婚するときの懸案事項だった「義理の両親との同居」がいよいよ現実となりました。東京で長年ひとりきりで暮らしていたわたしが、ザビ男という他人と暮らしはじめ、見たこともないペットが増え、義姉がパンチある感じで出入りし、島の人が何も言わずに出入りし、ついには90代の義母がワイワイ言いながら入ってきました。

5年かけてゆっくりたどったプロセスなので、特段つらくはなかったように思うのですが、こんなに生き物に囲まれているいまの自分に、ときどき自分でビックリすることがあります。

3つめは、仕事について。

シマ島へ引っ越すにあたって未練があったのは、長年続けていたライターの仕事でした。どうにか島でも続けられる仕事をいくつか持ってきたものの、結果的にいえば5年後のいま、継続している仕事は

ゼロ〜〜〜〜♪

でございます(泣)

ただ、かわりに「島民ライター」としての仕事がときどき来るようになり、シマ島内でも依頼が舞いこむようになってきました。収入はわずかですが、こうして仕事ができること、それだけでとてもうれしいです。

逆に大変なのが、島でのバイト。シマ島での初めて働いたスーパーでカマド一族に振り回されたことは以前お伝えしましたが、その後もいくつかの職場を転々としたものの、どこも待っていたのは制御不能なポケモンばかり。この世にこんな常識が通用しない異世界があるものかと、人生について思いをはせる日々。

特にここ数年は事件にまみれてまいりまして、筆が追いつきませんでした。まだまだポケモンスターが登場を待ち構えておりますので、おいおいご紹介したいと思います。

4つめは、シマ島に大切な人ができたこと。

それは、とあるイベントで知り合ったタオちゃんという女性であります。こちらでもちらっと書きましたが、ひとまわり以上年下の女子ながら、初めて会ったときから惹かれるものがあり、イベントのあともしょっちゅう会うようになりました。

もともと音楽家だったこともあるのか、タオちゃんは単なる友だちという枠にはおさまらない、何か特別なつながりのようなものを感じています。仲間のような、同士のような、戦友のような、家族のような。先生のようでいて、子どものような。これまで出会ったどんな人とも違う、わたしにとって人生に欠かせない存在になりつつあります。

島では相変わらず友だちができませんが(チッ)、タオちゃんがいるからどうにかなっているところもあります。そう思うと、出会ってほんとうに不思議。

そして何より大切で、ただひとつ変わっていないのは、ザビ男との関係が(たぶん)良好なまま続いていることです。

長年独身生活を続けてきた四十路独女と五十路男が、遠距離恋愛の末に結婚して離島に住む。われながらよくこんな恐ろしいことをしたよなって思いますし、「ぜったい続かないと思ってた」と友人にもさんざん言われたりもします。

確かに、環境が激変しすぎて心身に変調を来したりもしまして、ラクな道ではありませんでしたが、それでもやっぱりザビさんと家族になれてよかったなーと思っています。

ザビさんは、想像以上に変わったおじさんでした。想像していた夫婦生活ともぜんぜんちがっていました。それでも、そんなザビさんだからわたしを受け入れてくれたんだと思うし、これはこれでひとつの夫婦の形なんだなと、5年たって思えるようになりました。

ものすごーくめんどくさいおじさんではあるけれど、とりあえずザビさんとの毎日は面白い。5年たってもそう思えるので、ヨシじゃないのかなと思っておりますハイ。

まあ、おじさんはめんどうです(何度でも言う)

おじさんといえば、最近シマ島にもコロナの影響が出てまいりまして、「支払いは現金、書類は紙、連絡は電話」という前時代的な環境だった離島にデジタルの波がやってまいりました。対面での会議がどんどんオンラインに切り替わり、アナログな御大たちもzoomに参加したりするようになってきたわけなんですが、そうするとどうなるかというと、

気づけば熟したオッサンの顔が画面いっぱいにドドーンと

…もうビデオつなぐのやめようかな、と思うくらいのゲンナリ感なわけなのですが、ふと急になつかしい既視感に襲われまして

ああ、そうだったそうだった、ネット婚活してたときも同じだった

と思い出し、いつの世もおじさんという生き物は厄介なのだな、という真実に到達した次第です。

それではまた7月にお会いしましょう。それまでいつもの崖のところでお待ちしています。ごきげんよう、じじょうくみこでした。

text by じじょうくみこ

illustration by カピバラ舎

*「崖のところで待ってます。」は毎月第1土曜日更新です。次回は7月4日の予定です。

*ステイホームがすぎるので、じじょくみnoteはじめました。しばらく毎日更新しておりますので、よろしかったら遊びにきてくださいませり〜 →⭐︎


じじょうくみこの崖のところで待ってます 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    じじょうくみこさん、こんにちは!

    お母さま、お義父さまのこと、お悔やみ申し上げます。
    お気持ちが静まっても、話したくないことはそのままに、お過ごし下さいね。

    5年たってもザビさんとの生活は良好とのこと、そのお話を読んだだけで、婚活を見守った甲斐があるというものです。引き続き、三密ならぬ濃密なシマ島生活を見守りたいと思います。

    伝説ポケモンの話、よろしく!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>okosamaさま

    こんにちはー。コメントありがとうございます^_^
    お気遣いありがとうございます。しみわたります。
    引き続き、どうぞよろしくお願いしますう〜〜❤︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.37 いろいろ絶妙。そして4人は?

50代、男のメガネは

夏の出来事。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

No music No手術?:カラスガレイの煮付け

今週の「どうする?Over40」

「わからんなー」のなかの敬意と、ほどよい距離感。

黒ヤギ通信

水茎お見苦しくって

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ハイパー棟梁は、行方不明。

カレー記念日 今週のおかわり!

とりあえず 湿度と気圧と梅雨のせい 

絵手紙オーライ!

そそられアンティーク

これ、買った!

夏のマスク(候補)買った!

OIRAKUのアニメ

第37回 BATMAN NINJA

昭和乙女研究所

お菓子編 キャラメル

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ファッション対談のお知らせと今後の展望

日々是LOVE古着

補修しながら着続けます

出前チチカカ湖

第158回 このフレーズが好き!2020

なんかすごい。

果物のなまえ

これ、入るかしら?

vol.70 胸元のボリューム問題

いどばた。

しあわせの種を撒こう

わたしをライブに連れてって♪

〇か▽か、それが問題だ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

避難場所

猫No.70  by 伽羅

猫大表示&投稿詳細はこちら!

避難場所

猫No.70  by 伽羅

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up