3月3日はカレー記念日

カレー記念日

売り子さん アクセを「この子」と呼ぶんかい!

3月3日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

「しきたり」通りに生きていければなあと思う日々。

image

『屋根の上のバイオリン弾き』という映画を見たのは確か中学生の頃。当時、友達の間で映画を見ることが流行っていて、テレビで映画を見まくっていた。

 

映画と言っても洋画ばかりで、50年代の名作から最新作のスペクタクルまで、それこそもう手当たり次第だった。

 

映画はこんなに楽しいのか。映画はこんなに大嘘をつくのか。映画はこんなにエロエロなのか。そんなことを思いながら夢中で映画を見ていた。お金がないからテレビで放送されるものばかりだけれど。

 

そんな中に『屋根の上のバイオリン弾き』があった。ロシアの圧政によって村を追われるユダヤ教徒の話だった。そのオープニングは村人たち総動員で歌い踊られる『しきたり(トラディション)』というナンバーで始まる。

 

トラディショ~ン、トラディション!

 

みんなが声を合わせて、しきたりだ!しきたりだ!と叫ぶ。そこへ、新しい若い者たちによって、最近はしきたりが軽んじられている、という詩が続く。そして、主人公テビエが、「いやいかん、正しいとか正しくないとかじゃない。しきたりなんだ!」とナンバーを締めくくる。

 

『夜の大捜査線』などを撮ったノーマン・ジュイソン監督がなぜこの映画を撮るのだろうと不思議だった。アメリカン・ニューシネマが興隆し、古くさい価値観をつぶそうとしたときに、なぜ、この郷愁をさそうようなテーマなのだろうと。

 

でも、映画はテビエの若い娘たちがそれぞれに古い枠組みを越えながら自分たちの未来をつかみ取ろうともがき苦しむ様を時にユーモアを交えて見せてくれる。

 

そして、テビエが徐々にそんな「しきたり」を破り、自由を謳歌する若者たちを認め始めた頃、ロシアの圧政という理不尽に村人が追われていく様を見せつけて終わる。つまりこの映画は「しきたり」に縛られずに生きていこう。いつ、理不尽な壁が前に立ちはだかるのかもしれない。そんなときに脆くも崩れるような「しきたり」にしがみつかなくてもいいじゃないか。と言っているかのようだった。

 

テビエが夕暮れの中、屋根の上でずっとバイオリンを弾いていたバイオリン弾きを従えて、村を後にする場面をふと思いだしたのは、父が亡くなり喪主という立場に立った時のことだった。

 

なにしろ、お通夜や葬儀の手順や常識がわからない。葬儀屋さんは懇切丁寧に教えてくれるのだけれど、親戚筋からは「葬儀屋のいいなりになると、お金をふんだくられるだけだ」というような情報が流れてくる。

 

そのくせ、それならと「お花はこの程度でいいです」と折り合いをつけると「こんな花じゃ、お父ちゃんが泣いてるぞ」と難癖をつけてくる。

 

ああ、それならネットで調べようと、納骨のことを調べると、ネットでは「初七日に納骨するのが正しい」という人や「1年くらいそばに置いておく」という人までいる。こっちが知りたいのは幅ではなく、どれが一番常識的か、ということだ。

 

つまり、僕はしきたりを欲していたのである。僕が何かを決めるのではなく、「しきたり」として、どうするのが正しいのかを教えてほしかったのである。

 

ネット上には様々な「しきたり」が、あちらこちらに散在していた。でも、僕が知りたかった「常識ど真ん中のしきたり」はなかなか知り得なかった。というか、幅広すぎて、自分でも「これが常識だ」と決めることができなかったのである。

 

納骨に関しては、あれこれ考え込むことが嫌だったので、結局初七日に納骨してしまった。すると、あちらこちらから、「あれは早すぎたのではないか」「もうちょっと、そばに置いて死を悼む時間をつくるべきだった」という声が洩れ聞こえてきた。

 

最初は「なんだと!」と思ったけれど、どうせ自分で決めなければならないことだと思い直した。誰になにを言われても「いや、あれはあれでよかったんだ」と言い張った。まあ、言い張らなくてもよかった気はするのだが、言い張らないと負けそうだったし。

 

そんなこんなのある日、母親が妙なことをいいだした。「お墓の中で、お父ちゃんの骨が湿気ている」とかなんとか。何のことだと思ったのだが、念のため、法要があったときに納骨した墓の下の穴蔵を見てもらうことにした。

 

不器用な住職さんが、せっかくの墓石の角を別の石にぶつけて欠けさせながら、納骨した場所を見てくれた。僕も見た。たしかに、少し水がたまっていて、しかも、骨壺が倒れていた。

 

いやなんだか、嫌な予感はしたんだよ。この不器用な住職さん。やることなすこと鈍くさくて、骨壺を納骨するときに、ちょいと斜めに入れてるなあっと思ったんだ。案の定倒れていやがったか。というか、これはうちのオヤジのいたずらなんじゃないのか、と思えないこともない。

 

まあ、倒れていたことは事実なので、なんだか、しきたり知らずでここまで来たことが否定されたような気になったのは確かだ。同時に、しきたり通りに生きるなんてことは、遠い昔に望めない世の中になっているのだということを思い知らされた気持ちになったのだった。

 

「しきたり」というのは難しい。たとえば、いくら僕が「しきたりがあればいいのに」と思っていても、「それなら、国が一定のガイドラインを作りましょう」なんて甲高い声で安倍首相が言い出したら「だれが言うことを聞くかよ」と思うのだろうし。だけど、ないならないで本当に困ってしまう。本当に困るよ。

 

「しきたり」を大切に守るか、「しきたり」なんてどっちでもいいと開き直るか。まだ、どちらかに振り切ってしまうだけ、気持ちが据わっていないんだよね。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    こんばんは。
    お葬式といえば、伊丹十三監督の「お葬式」を観たとき
    山崎努と宮本信子がお葬式の前にビデオでマナーを練習していて
    私はまだ若かったのであんな大人になってもマナーが分からないものなのかと思いました。

    しかし私自身お葬式には随分年齢がいくまで縁がなく
    お焼香を初めてしたときには周りをキョロキョロ見てしまいました、恥ずかしい。。

    いろんなことがわからないままですが
    ちゃんとやるからちゃんとしたこと教えてよって気持ちはあります。

  • uematsu

    uematsu Post author

    naoさん
    映画『お葬式』を見た時には、
    「ああ、将来自分の親が亡くなったときには、こんな風にビデオみるかも」
    と思ったことをnaoさんのコメントを読んで思い出しました。

    正解が一つならいいんですが、
    あれもあり、これもあり、こうしたって別に間違いじゃない、
    ということになると、あちこちから不平不満が聞こえてきて、
    「亡くなった人を悼めばいいじゃないか」と思ったりしますね。

    僕も「やるからにはちゃんとやりたい」と思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

これ、買った!

ベレー帽、買った!

50代、男のメガネは

ヨーダって、怖いことを言う。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

カレー記念日 今週のおかわり!

通勤で 咳をこらえる ツボ押すよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

絵手紙オーライ!

きつねのお面(初午)

ワクワクしたら着てみよう

ワントーンコーデにレイヤードで抜け感をプラス!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

二人羽織

猫No.61  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

二人羽織

猫No.61  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up