3月3日はカレー記念日

カレー記念日

売り子さん アクセを「この子」と呼ぶんかい!

3月3日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

憎しみの連鎖が止まらない。

image

と、言っても、国と国の、または宗教と宗教の大きな仲違いの話ではない。もっと小さな、仕事上での行き違いの話だ。

 

一年と少し前、仕事を一緒に進めていた相手といろいろあってプロジェクトが頓挫してしまった。双方に言い分があり、双方にわだかまりがあり、双方に遺恨が残った。

 

こういう問題は、角度を変えてみれば、どちらが悪いとかそういうことではない、と自分に言い聞かせてはいる。しかし、すぐそばにいる仲間の懸命さを知っていれば、そう簡単に納得できるものではなく、結局、一年経ったいまでも、ときおり夢の中で苦々しい思いを新たにしたりする。

 

何よりも、こちらのせいで心療内科の世話になるまで気に病んでいたのだ、という嘘八百がまかり通っていることに、とても悪質で邪悪なものを感じてしまい、関わったことそのものを後悔してしまうのだった。

 

それでも、相手の総大将からはなんの説明もないまま、丸一年経った今年の春頃にはいったん気持ちは落ち着いていたのだが、ここへ来て、相手の身勝手な動きを再び知る機会が増えてきたのである。すると、自分でも驚くほどに憎しみに近い気持ちが沸々とわき上がってくる。

 

なるべく、関連したものを見ないように、見たとしても気付かないように暮らしてはいる。が、相手も同業であり、共通の知人や友人もいるので、まったく平穏に過ごせるかと言えばそうでもない。

 

一年という長いような短いような期間ではあるが、まるで、そんな期間などなかったかのように憎しみの気持ちが再燃するのであれば、僕の心の平穏はいつ訪れるのだろうかと、何名かの恩師に聞いてみた。すると、まず最初に50歳を越えて、そこまで人に腹立たしい思いをするのが初めてだということが信じられない、と言われるのである。

 

もちろん、これまでにも腹立たしい目にあったことはある。しかし、ここまで、心底こけにされたことがないのは確かだ。これまでは、仕事でうまく行かなくても、最後の最後、きちんとした和解があった。わかりあえていなくても、形式的には互いに頭を下げあった。今回、相手の責任者は黙りを決め込んだままなのである。

 

そう考えると僕は幸せなのかもしれない。しかし、その分、今回の件がこたえているのだろう。そこで恩師に聞いてみる。「こういう腹立ちは時間とともに消えますよね」と。すると恩師は言う「消えるかいな。腹立つ奴は、ずっと腹立つ。夜中に思いだして寝られへんなるくらいや」と。「そしたら、どうしたらいいんですか」と聞くと「熱なったらこっちがもたへん。そやから、静かに一生恨んどいたったらええねん」と笑う。

 

そうやっているうちに、憎しみを飼い殺しにできるかもしれない。いや、そうは言っているけれど、知らぬ間に憎しみは消えるかもしれない。そして、なにかの弾みに、すべてが無に帰するかもしれない。

 

僕たちはどうしようもない日々を暮らしながら、そこに小さな喜びや希望や可能性を見つけようとする。だからこそ、人に会い、話をして、笑い、悩み、泣き、励まし、時に、仲違いする。

 

 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 匿名

    詳しい内容は書けませんが、私も一年ほど前に強烈に感じた悔しさ、家族を苦しめた人たちに対する憎しみが消えません。
    ここに書いてしまえばまたその時の思いが蘇ってくるだけなのはわかっていますが、一年経ったくらいで忘れられるものでしょうか・・・・・
    その土地から遠く離れたはずなのに、その思いはついてきます。
    憎しみなんて言う苦しい感情を持ち続けたい人なんていません、でもその季節がまた来てその時と同じような景色を見れば、思い出して悔し涙が流れるのです。眠れなくもなります。苦しいですよね。
    救いはやはり家族の笑顔でしょうか・・・・・
    この出来事は一生忘れないと思いますが、来年の春はもう悔し涙は流さないと思います。

  • nao

    4年ほど前に、はらわたが煮えくり返るというようなことがありまして
    相手もやはり同業者なので会うことがあるのですが
    いや実は今日も会ってしまったのですが、わだかまりは消えません。
    体調の悪い時に思い出すと当時と変わらぬ勢いで怒りがよみがえります。
    ただ、今日はまだちょっとましだったのか、お互い目を合わせずに
    「お疲れ様でしたー」などとと挨拶するくらいの芸当はできました。

    今まで私もあまり怒りを持ち続けるということがなかったので苦しいです。
    本当は、あの時もっと腹を割って話し合っていればもしかしたらこんなことにはなっていまかったかも、とか
    自分の至らなさまでよみがえり、すっきりしないことこの上ないです。
    そうか、ずっと持ってなきゃいけないのかな。
    でも私だけではない、ということに少しホッとしました。

  • アンジェラ

    私は割と忘れられる方なのですが、心の奥に残ってしまう事もあります。
    でも友人でも家族でもなく、仕事関係の相手ならまだよかったんじゃないでしょうか。

    以前、私が病気をした時に親戚の結婚式があって、私は出席できなかったのですが、後日その事で義母の何気ない言葉に夫が激怒した事があって。
    私は病床で二人の電話での会話を聞きながら、辛くて泣いてました。
    後で仲直りしていましたが、夫の真意は義母にはあまり伝わってないかな。でも二人は実の親子ですからね。
    私はずっと心の中にそれがありますけど、夫の母なんだという事だけで義母を許しているのかな。
    いや、許したふりをしているのかな。
    いつもは思わない事、ちょっと思い出してしまいました。

  • あずみ

    植松さんの恩師のお言葉、しみました。

    私は、いろいろ嫌なことがあっても、一晩寝れば忘れていたんですよ。
    ところがです。ある日、ひょんなことからすべてフラッシュバックしてしまいました。
    忘れていたと思っていたことは、蓋して隠してただけのようです。
    嫌な思いでを忘れるなんて、ないのかもしれないですね。
    詳しい原因は忘れても、「いやだ」「きらい」「なんか嫌なことされた」と
    そういうことだけはしっかり覚えていたりして。

    だから、やっぱり、恩師のお言葉、さすがだと思います。
    私も静かに恨んどきます。 

  • ミカス

    ミカス

    はじめまして。
    確かに、憎しみは飼い殺しにすることができるかもしれません。
    でも、飼い殺しですから、ある時ふいにむくりと起き上がってくることがある。
    私は、その「むくり」に苦しめられることが多くて、
    忘れていたはずの憎しみにもがく自分が悪いのか、
    末代まで残るような憎しみを私に与えたあいつが悪いのか、と悩んでしまうのです。

    twitterでこんな言葉を見つけました。
    「むくり」が現れた時にはこの言葉を読んで落ち着くようにしています。

    『昔婆ちゃんに教えてもらった知恵のひとつの
    「こいつ我慢ならんコイツ殴ってやろうかなっていう奴がいたらまず完全犯罪で殺すことを考えな。
    埋める場所、燃やす場所、道具まで考えてみ。
    途中でめんどくさくなったらそれでいいし、考えまとまったら何時でも殺せる安心感で気が楽になるで」
    が最強だった』
    https://twitter.com/yoshiyaan/status/634004507576262656

    何時でも殺せるなら、今苦しむ必要はない・・・ですね(ニヤリ)

  • uematsu

    uematsu Post author

    匿名希望さん
    本当に、時間がいろいろ解決してくれるといいですね。
    僕の場合、どうしても仕事をしていると、
    相手の動向や行動をしることになり、
    日々、腹立ちが新たになるというどうしようもない感じなのですが、
    なんとか、やり過ごせるようにしたいなあ、と。
    ああ、強くなりたい。

  • uematsu

    uematsu Post author

    naoさん
    僕は相手が逃げたまま、暗躍しているという感じが本当に腹立たしい。
    「話を預からせてください」と言ったまま、放置という感じです。
    なんか、最後の最後の、ちゃんと話ができていれば、まだしも、
    逃げられるというのは、本当に気持ちが悪いですね。
    でも、みんなそんな思いを抱えているんだ、と思うと、
    それが人生だと思い始めた今日この頃です。

  • uematsu

    uematsu Post author

    あずみさん
    ほんと。フラッシュバックしますよね。
    その度にどきりとしますが、
    それでも、「嫌だ」という思いが消えないことに驚きます。

  • uematsu

    uematsu Post author

    アンジェラさん

    親族は厳しいかもしれませんね。
    でも、仕事仲間も、「この仕事をしなきゃ食っていけない」というところに限って、件の奴らが絡んでいたりして、腹立たしくなったりするんです。

  • uematsu

    uematsu Post author

    ミカスさん
    ありがとうございます。
    いいですね、その方法。
    完全犯罪を企ててみます(笑)。
    って、さっき考え始めたんですが、
    すでに邪魔くさくなっています。
    いや、いい方法かもしれない(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

これ、買った!

ベレー帽、買った!

50代、男のメガネは

ヨーダって、怖いことを言う。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

カレー記念日 今週のおかわり!

通勤で 咳をこらえる ツボ押すよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

絵手紙オーライ!

きつねのお面(初午)

ワクワクしたら着てみよう

ワントーンコーデにレイヤードで抜け感をプラス!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

寝床完成

猫No.16  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

寝床完成

猫No.16  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up