9月21日はカレー記念日

カレー記念日

お持ちのデバイス といわれるところから わからない

9月21日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

クリエイティブ地獄にさようなら。

「クレームとかではないんです。ご相談なんです」

と相手に申し上げたいことが本当に多い。

 

たとえば、広告仕事でパンフレットを受注する。間に入っているディレクターとのやりとりで、デザイン案を一つ先方に見せることになり作り、ディレクターに提出する。すると、ディレクターから電話が入り、「写真を大きくして全面写真のデザインにしてください。キャッチの位置を変更して、デザイン要素のあれとこれを外してください」

 

シンプルにしたい、という意図はわかるけれども、僕たちが提案したものでも問題はないはずだと思うのだが、よくよく聞いてみると「シンプルなデザインで」と先方とコンセンサスがとれている、という。だったら最初に言ってくれればいいのに、と思うのだけれど、とりあえず明日出すというので仕方なく、言われ通りに変更する。

 

翌日、ディレクターからメールが入っている。「大変好評でした。さらに、最初に出してもらったデザイン案もとても気に入ってもらいました」

最初に出してもらったデザイン案とはどういうことだ、と僕は思う。そのデザインじゃダメだ、ということでギリギリで変更したのではないのか。それが知らない間に二案出しということになっている。どういうことだろう。

こいつじゃラチがあかないということで、そのディレクターの上にいるそやつの先輩に連絡を入れる。「なぜ、知らぬ間に二案出しになっているのだ」と。

 

「もともと先方が大変協力的で期待値が高いのです。なので、一案では弱いのではないかということで二案出しをお願いしたところ、忙しくて無理だとお断りされたと、ディレクターから聞いているんですが」とこれまた知らぬ間にこちらが二案出しを断ったという話になっている。断った覚えはないのに。その上で、たまたまあちらの手元に二案できたデザイン案を二つとも出した、という意味不明な説明。しかも、なにげにこちらの責任にされている。僕は二案出しをお願いされたこともないし、そもそも先方が協力的で期待値が高いとなぜ一案だしじゃだめなのかがわからない。

 

まともな制作会社なら、二案もデザイン案をつくれば、一つが一押しで、もう一つが捨て案だということは知っている。これだともうベストな案を先方に提示することが相手の期待に応えることだと思ってきたので、二案出しで相手が喜ぶなんてことはこれまでに一度も考えたことがない。だいたい醤油ラーメンも豚骨ラーメンも味噌ラーメンも全部出してるラーメン屋がまともなラーメン屋であるはずがない。

 

だから、正直わからないのだ。相手の期待値が高いから二案出すという感覚は、結局はクリエイティブを安売りして、一緒につくることを放棄して、相手の責任で選ばせ、こちらも思考停止して一刻も早く金にしようということに他ならないのではないかと思う。

 

わかっちゃいるんだ。そこに乗っかればいい。と、わかっちゃいるんだけれども、結局作るときには、一生懸命に相手のことを考え、見る人のことを考え、ベストなものを作ろうとしてしまう。それなのに、それがダメだったときのことを考えて、別案を作るということの空虚。それが不器用すぎてできない。

 

なので、これはクレームではないのです。ご相談なのです。本当にそういうやり方でないとモノづくりはできないのでしょうか。だとしたら、老兵は去るのみ、という気持ちだけがこみ上げてきて、普通にターミナル駅の人混みを歩いているときにも無性に寂しくなり孤独になる。

 

ということで、これはご相談でもなくなってしまっていることもわかっている。

 

ぐるぐると孤独と絶望の入り交じったどうしようもない思考は、「昔はどんな小さな案件も一生懸命に考えて、自分はこれがベストだと思うものを一つ作って持って行ってたんだよ。もちろん、その過程で『こっちかもしれん』と迷いが生じて二案になることはあったとしても、原則は一案だったんだよ。そして、先方がそれを気に入ってくれなかったら、そこから一緒にいいものを作ろうと試行錯誤したんだぜ」という遺言のようになってしまうのだった。

 

ほんと、みなさん、さようなら、だ。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • kokomo

    近所のパスタ屋さん、「100通りのパスタができます!」というのが宣伝文句。子供達と行ってみました。どうやら、麺(主に太さ)を選び、ソースを選び、具を選ぶ。そうすると最大で約100通りのパスタが可能らしいでっす。でもこれってあなたの好きなパスタを作れます、って聞こえはいいけれど、客に丸投げじゃん?万一あまりおいしくなくても、「お客様の組み合わせのチョイスが良くなかったんです」のような言い訳可能。プロなら「この麺にはこのソースでこの具がベスト」っていうのを提示してほしいよねぇ、と子供達にぼやいておりました。
    植松さんのお仕事をパスタと同列にしてしまうのは失礼だとは思いますが、こういう商売が横行しているのかと思うと、プロの気概ってなんだ!とちょっと腹立たしくなってしまいました。

    あ、ちなみにそのパスタ屋さん、先日近くを通ったらつぶれていました。

  • uematsu

    uematsu Post author

    kokomoさん
    ほんと、プロの仕事ってなんだろう。
    最近はライター業に最優先に求められる能力は、「共感力」なんだそうです。
    僕は確かな提案力だと思うんですけどね。
    しかし、それにしても100種類ってザックリしてますね(笑)。

  • kokomo

    そうなんです。100通りホンマにあるんか~?とチェックしたくなりました。
    植松さんのお仕事でもそのうちザックリと100案出しを要求されたりして….

  • uematsu

    uematsu Post author

    kokomoさん
    新人の頃、キャッチコピー100本とかやったことはありますが、今言われたらすぐ逃げます(笑)

  • nao

    以前某役所で仕事をしていて、例えば女性の人権啓発のポスターなんかを印刷会社に依頼するときにコンセプトなどを打ち合わせてデザインをお願いするのですが
    提示されたデザインをお偉いさんがチェックして
    「いやここはピンクがいいなー、その方が女性らしいでしょ」とか
    「この女の人の髪は長すぎるなー」などというのです。
    変な直し方をすると全体のバランスがおかしくなるだろうと思うのですが
    言った通りにしないとお偉いさんはご機嫌斜めになってしまう。。
    いろいろ言われる営業の方もきっとクライアントとデザイナーさんとの間で大変だろうなと思いました。

  • uematsu

    uematsu Post author

    naoさん
    そういうことはよくありますね。
    お客さんが最終的にいろいろ言うのは大変だけど仕方ありません。
    でも、味方のはずの代理店の人が邪魔するのは本当に意味不明です。
    いやもう、本当にさよならするかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

放っておいたら 直らないかな パソコンが

出前チチカカ湖

第161回 最近の一喜一憂

なんかすごい。

髪を切った話

50代、男のメガネは

居場所がない。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

詮無いこと:水餃子

OIRAKUのアニメ

第40回 the present/トンコハウス映画祭

わたしをライブに連れてって♪

私の下より、介護のハナシ

今週の「どうする?Over40」

季節が動く。そしてZINEの感想、再び。

これ、入るかしら?

vol.72 胸のボリューム問題3

いどばた。

コレステタ!処分したものを教えて。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.38 コンプレックスってなに?

絵手紙オーライ!

やさしい風がとどくかな?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人のためのアイメイクwithマスク

昭和乙女研究所

縁日の定番

これ、買った!

三代目スモールエブリガールトート買った!

黒ヤギ通信

ゆっくりと

じじょうくみこの崖のところで待ってます

バルーン棟梁、ふくらみ中。

日々是LOVE古着

補修しながら着続けます(2)

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

黒隠才蔵

猫No.27  by れこ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

黒隠才蔵

猫No.27  by れこ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up