2月22日はカレー記念日

カレー記念日

骨密度 抱きしめられると 心配だ

2月22日はカレー記念日

中島。

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミカスの今日の料理 昨日の料理

女殺油地獄 : 生麩田楽

少し前に
「若い頃苦手だった食べ物が年齢と共に食べられるようになるのは大人の特権」
と書きました。
子供の頃はあんなに苦手だったものを、大人になって「美味しい、美味しい」と
食べている不思議。
それはきっと、未熟な味覚では気づけない、
つまり、味覚が成熟していくことで気づく美味しさがあるということなんですよね。
(もちろん、何を美味しいと感じるかは人それぞれ)

が、しかし!

どんなに大人になろうとも、どんなに色々な物を食べようとも、
どうしたって好きになれないものがそこにある!

 
<負けられない戦いがそこにある! みたいな>

こればかりはきっと、
「それを食べたらお前はお地蔵さんに変わってしまうよ」
ぐらいの強さで遺伝子の中に埋め込まれた神様からの指令。
(どんな指令だよ・笑)

ある友人が言いました。
「自分の苦手な食べ物の話をする人ってよくいるけど、
なぜ嫌いなのか・嫌いになったのか、その理由を説明してくれないと
ちっとも面白くないんだよね、そういう話」
でもね、遺伝子の中に埋め込まれちゃったのだから
理由なんてそうそう簡単に言えやしない。
よしんば言えたところで、
そのほとんどは無理にひねり出した後付けの理由になってしまう。

私にも、子供の頃から、そして大人になっても好きになれない食べのがあります。
まず、ラーメン。

はい、聞こえてますよ。
沢山の方の(沢山の方が読んでいればですが)「えっ?!」という声が。
「ラーメンが苦手です」というと十中八九「えっ?!」と言われます。
そして「どうして?なんで嫌いなの?!」と聞かれます。
テレビや雑誌でしょっちゅうラーメン特集が組まれるラーメン大国日本。
その中でアンチラーメン宣言をするのは、
阪神の応援団の真ん中で『闘魂こめて』を熱唱するくらい異端であることは
百も承知です。
でもね、なぜ苦手かと問われてもその理由はうまく言えない。
温かいつゆに浸かった麺類が苦手で、中でも特にラーメンが苦手な理由は
私にもわからないのです。

ラーメンだけではありません。
スープカレーが苦手なのも、シフォンケーキが嫌なのも、
具がなくなった途端に味噌汁を飲む気がしなくなるのも、
なぜなの皆目わかりません。

ただひとつ、”苦手の理由”をはっきりと言えるものがあります。
お餅です。
人生52年、あと2ヵ月少々で53年(涙)、ずっとお餅が好きになれません。

お餅を好きになれない理由は2つ。
1. いつ飲み込んだらいいのかがわからない
2. お餅自体に味がなく、味付けをしたとしてもしみ込まない
お団子、白玉といったもちもち系のものも、この2つの理由で苦手です。
なので、元旦のお雑煮も、私は毎年餅なしで食べています。

ただし、この2つの理由を吹き飛ばしてしまう唯一の調理法があります。
それは…油で揚げる。
コアなミカ料読者の方(いないか)はお気づきかもしれませんが、
以前、こんな一品をご紹介しました。
飲み込むタイミングがわからないようなやわやわもちもち食感も、
揚げることで回りがカリッとしっかり食感に変わりますし、
油の風味がお餅の中までしみ込んでまるで別物。


<ベッキーとくっきーのベッキーくらい似て非なるものね>

げに恐ろしきは油の力。

今日は、その手法を使って、もちもちなのに美味しく食べられる一品をご紹介します。
あ、「もちもちなのに美味しく」っていうのは私の感覚ね。
『生麩の田楽』です。
もっちりとした生麩の外側をしっかりと焼くことで、
外側がカリッとして、香ばしく仕上がります。

『生麩の田楽』

 

  1. 柚子味噌を作ります。
    柚子は皮をすりおろします。
    皮の内側の白い部分まですりおろさないよう気を付けて。(苦いよ)
    降ろした後の柚子の汁を絞っておきましょう。
  2. 鍋に、味噌、砂糖、みりんを入れて火にかけます。
    最初は弱めの中火、材料が混ざり合ったら弱火にして
    焦げつかないように混ぜながら加熱します。
    全体的に滑らかになったら火を止めておきます。
    ※柚子味噌のレシピを検索すると、多くが白みそを使っていますが、
     私はいつもお味噌汁に使っているものを使っています。
  3. 生麩を食べやすい大きさに切ります。
  4. フライパンに油を引き、3の生麩を加えて焼きます。
    揚げるというほどではないのですが、
    少し油を多めにして両面をしっかりと焼いてください。
    そうすると表面がかりっと仕上がります。揚げ焼きのイメージ。
  5. 生麩が焼き上がったら、2の味噌に再び火を入れましょう。
    柚子のしぼり汁とすりおろした皮を加え、さっと加熱。
    ※加熱しすぎると柚子の香りが弱くなってしまうので、
     鍋に加えるのは最後に、加熱は一瞬で!
  6. 4の生麩に柚子味噌を乗せたら出来上がり。
    味噌を乗せたものを更にオーブントースターで焼いても美味しいです。
    ただし、くれぐれも加熱しすぎて柚子の香りが飛ばないように。

 

ひょっとしたら他の苦手な食べ物も油でガンガン揚げちまえば
食べられるのか?なんてとんでもない油まみれ生活を描いたその瞬間、
かかりつけ医の先生から
「さすがにそろそろ痩せなきゃねぇ。
油物ばかり食べてると取り返しのつかないことになっちゃうよ」
美味しいんだけどなぁ、油。
美味しさを取るか、健康を取るか。
あぁ、ある意味、女殺油地獄です。

ミカスでした。

スポンサーリンク

 

 


ミカスの今日の料理 昨日の料理 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • koko

    ミカスさま、
    初めまして。毎回楽しく拝見しています。

    今回の、大人になれば味覚が成熟して、好き嫌いがなくかるっていう説、私もそう思っていたのですが、実は別の説もあるのです。
    大人になるにしたがって、味覚が鈍感になって、なんでも食べれる、というもの。

    確かにセロリや椎茸の独特の香り、子供の頃は敏感に感知できていたのかな、とも感じます。確かに成熟ではなく、劣化かも?

    何はともあれ、今なんでも美味しく食べれるのを謳歌しているので、どちらでも構わないですけれど。

    これからも更新楽しみにしています。

    毎回

  • はしーば

    ミカスさん、こんにちは。

    生麩を焼いて食べる発想はなかった!
    私はミカスさんとは反対に無類のモチモチ好きですが、無類のカリカリ好きでもあり、これはモチカリ好きには堪らん一挙両得な料理です!
    紹介していただき、感謝です〜。
    女殺油地獄、近松のタイトルがまた、洒落オツですなぁ。

  • ミカス

    ミカス Post author

    kokoさん
    初めまして。
    いつも読んでくださってありがとうございます。
    ミカス感激でございます。

    さて、味覚の劣化ゆえに食の好みが変わるとは、目からうろこ!
    そうですよね、そういう考え方もありますよね!
    となると、劣化は劣化でも、ちょっと素敵な劣化ですね。
    劣化したことで楽しめるものが増えるなんて。
    ああ、素敵な感覚を教えていただきました。
    ありがとうございます。

    愚痴だのバカ話に溢れた記事ばかりですが、これからもお付き合いいただければうれしいです。

  • ミカス

    ミカス Post author

    はしーばさん
    こんにちは。
    生麩、外側に焼き色がつくくらいに焼くと美味しいですよ。
    もちもちもカリカリもお好きなら必ずや気に入っていただけるはず! はず!
    ぜひお試しください。
    共に女殺油地獄へ堕ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 NO.82 「よもじ猫」オープン&猫の日 に寄せて

50代、男のメガネは

魂を手渡したのかもしれない。

これ、買った!

高級コンデジ買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

年相応 : いちごのバルサミコ酢和え

わたしをライブに連れてって♪

♪わたしがおばさんになっても・・・♪

今週の「どうする?Over40」

2月22日(木)、猫の日にはじまります。四文字熟語と猫のコラボ「よもじ猫」

黒ヤギ通信

憩いのひと時を~バレンタインのプチギフト

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

みんなのブローチコレクション~大人ガーリーなゆみるさんの場合

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No25】おみくじの凶が怖くてたまりません。

なんかすごい。

クリスマス飾りの謎

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

これ、入るかしら?

vol.45 ドラマの感想で失礼します

いどばた。

穴に落ちたことありますか?

四十路犬バカ日和

バンコクお犬さま環境調査 〜動物病院〜

絵手紙オーライ!

先生とのお別れ。。。

あの頃、アーカイブ

【エピソード19】主婦ミツコさんの幸せ生活      (昭和40年代)

KEIKOのでこぼこな日常

雪の日にはこんなことが…

昭和乙女研究所

お年玉でお買いもの

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

ラジオブースから愛をこめて

上司に捧ぐ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

ワクワクしたら着てみよう

靴とコートと最近気になってるものにワクワク〜♪

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up