1月18日はカレー記念日

カレー記念日

お年賀の菓子 食べきってから ダイエット

1月18日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミカスの今日の料理 昨日の料理

翻弄する人、される人 : おからサラダ

父が腰を痛めた。

朝6時前、携帯の着信音で目が覚めた。その段階でもう、嫌な予感しかしない。携帯に電話をかけてくるなんて、母のグループホームか伯母の老健ぐらいしかない。しかもこんな早朝に。何か緊急のことが起きたに違いない。
発信者を見ると、父。同じ家の中にいるのに?ボタンの押し間違いでもしたのかと思いつつもとりあえず出てみると…「具合が悪いから部屋まで来てくれ」
まじか…。

父の部屋まで行ってみると、上半身を傾げて、父が布団の上に座っている。
「腰が痛くてどうしようもない。動けない」そうだ。
わずかに上半身を動かすだけで、「痛い!いたたたたたたたたた!!」と尋常ではない声を上げる。
まじか…。

実はこの日、私はある人と会う約束をしていた。
久しぶりに会えるその人に電車に乗って会いに行き、予約をしたお店でランチを食べ、あれこれとお喋りに花を咲かせ、とても面白そうな映画を一緒に見る予定だった。何日も前からそれはそれは楽しみにしていたわけで。
そう、私が「まじか」を連発 (心の中でね) したのは、父の腰を心配したからではなく、楽しみにしていた予定をキャンセルしなければならないからだった。

自分はつくづく底意地の悪い人間だと思う。
普通なら、まずは年老いた親の突発的な不調に驚き、心配して「まじか…」が出るはずだろうに。
でも、母を自宅で介護していた頃から老いた人が最優先で、突発的な事態が起きるたびに自分の予定を諦めなければならない日々を送ってきたせいで、私の性根はほんの少しだけ(と思いたい)ねじ曲がってしまっているのだ。
私の日々を翻弄する老いた人の突発的事態は、大抵、結果的には大ごとではなく、「痛い、痛い」「苦しい、苦しい」と大騒ぎした小一時間程後には、もうけろりとしていて、楽しみにしていたことを諦めた私の気持ちだけが置き去りになる。そんなことが繰り返されたら、ちょっとくらいねじ曲がったところで許されるのではないだろうか。
いやいや、ねじ曲がることも許されるはずなんて、やっぱり底意地が悪いのだ、私という人間は。

結局、まるで断末魔の叫びのような声を上げて痛がる父を前に、私は約束をしていた相手にお断りの連絡を入れた。心の中では、まるで動物園に行く約束を反故にされてふて腐れる子供のような苛立ちと、そんな自分に対する嫌悪が大喧嘩をしていたけれど。

父は、その日の昼過ぎには普通に立ち上がって、台所まで普通に歩き、「お腹が空いた」と普通に自分でパンを焼いて食べた。ほらね、結局はそんなものなんだよ。だけど、万が一深刻なことになったらと思うと、やっぱりないがしろにすることはできないじゃないか。

さて、最近私を翻弄するのは老いた人ばかりではない。
血糖値、体重、血圧、そんな私の体の数字にも、私は一喜一憂させられている。
ひとつ下がっては小躍りし、ひとつ上がってはうなだれる毎日なのね。食べるものにもちょっと注意深くなっている昨今。
というわけで、今日の一品は『おからのサラダ』です。ポテトサラダが食べたい。でも、じゃがいもは糖質が高くて食べられない。そんな時の代用食として作ってみたら意外と美味しくて、我が家の定番に加わりました。
最近は、ダイエットや健康のためにおからパウダーが流行っているそうですね。パウダーでもこのサラダは作れますが、私は、近所の豆腐屋さんで生おからをもらって(何か買った人には無料でおからをくれます)作ってます。

『おからのサラダ』

  1. きゅうりを薄切りにして、塩を振って置いておく。
  2. 固ゆで玉子を作って、刻んでおく。大きさによって食感が変わるので、お好みの大きさでどうぞ。私は、細か過ぎず、白身の食感がはっきりわかるくらいの大きさが好きです。
  3. ハムを5ミリ幅くらいの短冊切りにする。
  4. ボウルに、生おからと1、2、3を入れ、マヨネーズ、塩、胡椒を加えて混ぜ合わせたら出来上がり。
    ※おからがパサつく場合は、ヨーグルトを少々加えてみるのも良し。
    ※生おからじゃなくても、おからパウダーを水または牛乳でのばしたもの
     でもOKです。

こちらを困らせるためにわざと翻弄しているのでなければ、翻弄する人とされる人ではどちらがしんどいのだろうと考える。考えたところで結局答えはでないのだけど、やっぱり翻弄されたくはないし、極力翻弄することなく年を取っていきたいものだと切に思うのだ。

ミカスでした。

なのなのなさんによるイラストACからのイラストをお借りしました。


ミカスの今日の料理 昨日の料理 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Jane

    もし私が同じようなシチュエーションにあったら、私も「まじか」って思うでしょう、ミカスさんと同じ意味で。またお友達とお約束し直してください!

  • ミカス

    ミカス Post author

    Janeさん
    思いますか⁈ やっぱり⁈
    ほっとしました。
    そうですね、新しい約束をしてゆっくり会いたいと思います。

  • アメちゃん

    うん。私も「ウソやん…」って思うな。
    ミカスさんと同じ意味で。
    私だって、会いたい友人も同級生も居ない田舎へ帰省するのは
    ただただ親のためだけなので
    こちらへ戻ってきたときの開放感たるや!…です。
    親に悪いなぁっておもいますけど。

    おからのサラダ、作るの簡単そうですね!
    今度試してみよう。

  • 匿名

    私は、ウチの犬が吐いてぐったりしてる時に父の携帯から電話がありました。
    母に何かあったとすぐに思ったけど、電話に出ませんでした。
    今、この子(犬)を置いて行かない。と思った。犬がよく吐く事は知ってるけど、この子は滅多に吐かないし、家には誰も居ないし。
    結果、母も犬も大した事はなく、母は脳梗塞のような倒れ方をした膀胱炎だったけど、ほんとに脳梗塞だったらどうしてたかなー
    でもやっぱり置いては行けなかったと思います。
    これが人からは優しい人と思われてる私の実態です(笑)

  • ミカス

    ミカス Post author

    アメちゃんさん
    やっぱり思いますか。
    老いた人のペースに合わせて付き合うと、やはりそこには複雑な気持ちが生まれますよね。
    おからサラダ、ぜひお試しください。
    マヨネーズはちょっと多めがいいかもしれません。

  • ミカス

    ミカス Post author

    匿名さん
    匿名さんの場合、どちらも命にかかわる問題ですもの、判断は間違っていないと思います。
    優しくないわけじゃない。
    それにしても、どちらも大ごとにならず、本当に良かったですね。

  • 鈴木

    とてもかわいそうになって、メールしてます。この親さえ居なかったら仕事もバリバリ、好きな事も沢山できるのに、と思うのは自然な事。親不孝だと自責の念にかられたりじぶんを否定するのが不自然です。親の無理難題、ワガママに途方に暮れて「あー早く解放されたい」と思うのが当たり前。その気持ちを抑えたり殺したらダメ。ただ実際に手をだして介護なり世話をした経験が無い人には、決して言わないように。「幾つになっても親が居るといいわね」と言う人とは距離を置きましょう。義父と父を見送り、94歳の母を、妹と老々介護中の70歳の経験からチョット一言、でした。

  • ミカス

    ミカス Post author

    鈴木さん
    ありがとうございます。
    人生&介護の先輩からの言葉、心強くてちょっと泣きそうです。
    介護をしていると、「そう思うのが自然だよ。そう感じていいんだよ」って認めてもらうことが大きな支えになります。
    無理せずにいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第60回 王様ランキング

今週の「どうする?Over40」

侮れない。家の「細かな修繕」というハードルの高さ。

黒ヤギ通信

3度目の寅年

カレー記念日 今週のおかわり!

まだまだこれから 米寿の父が言いました

絵手紙オーライ!

大津絵はたのし。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.53 今年初のヒット本はこれだ

50代、男のメガネは

奈良の山の中で聴くサッチモちゃん。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

新年早々狼狽える:干し柿の天ぷら

日々是LOVE古着

おばの遺品の色づかい

昭和乙女研究所

昭和の中学生のクリスマス会

出前チチカカ湖

第175回 本当はそんなに好きじゃなかった。

なんかすごい。

青天の霹靂

いどばた。

小さな工夫を見せ合いましょう。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

これ、買った!

お雑煮用の椀、買った!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

舌先一寸

猫No.36  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

舌先一寸

猫No.36  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up