12月12日はカレー記念日

カレー記念日

やることの リストに入れる リスト作り

12月12日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終わらない:麻婆ズッキーニ

グループホームに入所した母の不穏が続いています。
一時はあちらの環境にかなり馴染み、お友達もできて安定した毎日を送っていたのですが、最近、様子が変わってきました。
ホームのスタッフさんによると、「どうして私はここにいなきゃいけないの?」「いつ帰れるの?」と泣いたりごねたりすることが増えたのだそうです。
朝の体操やレクリエーションに参加せず、部屋にこもることもしばしば。
もちろんホームのスタッフさんたちは心配をするわけです。どうしたら母がまた落ち着いた状態で過ごすことができるのか。

ホームで往診をしてくださる内科のお医者様から、もしかしたら最近増えた(正確に言うと、止めていた薬をまた飲み始めた)薬が原因なのではないかというお話がありました。その薬は物忘れ外来から処方されているものなので、まずは内科で検診を受け、全ての体の値を調べ上げてからその結果と内科の先生の手紙を持って物忘れ外来へ行くことになりました。

母が健康だったころには考えられなかったけれど、今は検診ひとつに連れて行くのも容易なことではありません。何のために病院へ行くのかも、理解したところでその数分後には忘れてしまう。色々な検査を受けたにも関わらず、私が先生と話をして診察室を出ると「あなた、どこが悪いの?」と、私が診察を受けに来た話になってしまっているのです。

とはいえ、それくらいのことは何てことはないのです。(いや、ちょっと大変だけど) 問題は、どうしたら母がグループホームで過ごすことを本能で受け入れてくれて、極力穏やかな毎日を過ごしてくれるのか、ということ。
落ち着いて過ごしてくれることで、できるだけ長くホームで過ごさせてもらえるようにしたいのです。

母をホームに入所させたのは、私が一人で母の世話をすることに限界を感じたからでした。なのに、母を入所させてからは「母の居場所(家)を奪ったのではないか」と罪悪感に苛まれ、でも、母がスタッフさんの手を焼かせていると聞けば「ホームにいられなくなってしまったらどうしよう」と不安でたまらなくなる。
介護をしていると、どんな状況であれ、自分の軸足が一体どこに置かれているのががわからなくなって途方に暮れてしまうのです。
私は一体何を望んでいる? いや、私の望みなどは二の次にするべきなのか?と。

母がグループホームへ入所してくれたことで、私の心身は大分楽になりました。いくら仕事とはいえ、私が全うできなかったことを細やかにやって下さるスタッフの皆さんのおかげです。本当にありがたい事です。
それでも、母に関する悩みや問題が全くなかった頃に戻れたわけではありません。ホームからの着信があれば心臓を掴まれるような思いをし、不測の事態があればタクシーで駆け付け、今日は大丈夫だろうか、明日は大丈夫だろうかという不安は消えません。
たとえプロの手に託したとしても、介護が終わるわけではないのです。
贅沢だと言われるかもしれません。子供なんだから親のことを案じるのは当たり前、親不孝者め、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
介護する者は、全てを無しにしたいわけではありません。いや、罪悪感も含めて全てを無しにすることができたならどんなに楽だろうなあ。でも、無しになるなんてありっこないとわかっています。
介護者の不安や恐れに終わりはありません。

とここで、話はがらりと変わりますが、前回お話ししたように、今月のミカ料は 『追悼・ズッキーニ祭り』 を開催しています。生産過剰によって廃棄処分されるズッキーニを供養するために、とにかくズッキーニを食べよう月間でございます。
今日の一品は『麻婆ズッキーニ』です。
野菜で麻婆といえば茄子ですが、割と身がしっかりしているズッキーニでも美味しくできるのではないかと思い、作ってみました。

麻婆ズッキーニ

  1. ズッキーニを7センチくらいに切り分け、それをさらに1/4もしくは1/3 (ズッキーニの太さによる)の縦割りにします。
  2. にんにくと生姜をみじん切りに、長ねぎを小口切りにします。
  3. フライパンに油、にんにく、生姜を入れて火にかけます。
  4. にんにくと生姜の香りが立ってきたら、豆板醬を加え、しっかり火を通します。豆板醬は辛みの元なので、量はお好みで調節してください。
  5. 4に豚ひき肉を加えて炒めます。私は、さっぱりと仕上げたいときは鶏ひき肉を使います。
  6. ひき肉に火が通ったら、水、鶏がらスープの素、オイスターソース、醤油、砂糖少々を加えます。
  7. 調味料が混ざり合ったら、1のズッキーニを加えます。
  8. ズッキーニにある程度火が通ったら、水溶き片栗粉を加え、全体を大きく混ぜ合わせるようにしながら加熱してください。
    片栗粉でとろみをつける場合、十分に加熱しないと火からおろした後にとろみが消えてしまいます。
  9. とろみがついたら出来上がり。こってりと仕上げたい時はゴマ油をひと垂らしするとコクが出ますよ。

終わりのない不安や恐れ、介護者がそれを時に嘆くこと、正直に表現することを許し、受け止めて下さる人たちに私は心から感謝します。
また、介護者がつぶれてしまわぬよう手を差し伸べて下さるプロの方々の働きにはただただ尊敬の念しかありません。
私たち介護者はあなたたちに救われています。
本当にありがとう。

ミカスでした。


ミカスの今日の料理 昨日の料理 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 江ノ島カランコロン

    ミカスさん 書いてくれてありがとう。

  • ミカス

    ミカス Post author

    江ノ島カランコロンさん
    読んでくださって本当にありがとうございます。

  • はしーば

    こんにちは。
    どうか、少しづつでもミカスさんに心の平穏が訪れますように。

    「追悼・ズッキーニ祭り」ですが、我が町では、ちっこいのが@150したりで祭り感ゼロです。

    が、ミカ料に釣られて作って、なかなかの評判だったのが「ズッキーニ・ラペ」でした。
    甘酢+塩+胡椒+オリーブオイル
    +煎り胡桃←これが決め手❣️
    次は麻婆だ!

  • ミカス

    ミカス Post author

    はしーばさん
    ありがとうございます。
    介護が続く限り、なかなか落ち着くことはできませんね。とはいえ、介護はしていないけれど、違うもやもやを抱えている方もたくさんいますものね。人生は大変だ!

    ズッキーニ、安くなっていませんか。
    こちらでは、3本まとめて袋に入って198円なんて、以前と比べると驚くような値段です。
    ズッキーニラペって、可愛い響き。炒り胡桃!ステキ!

  • ひろっくま

    ミカスさん

    私は仕事柄、介護する側の方の話を聞くことが多いのですが
    「介護が始まったら、介護をする人を主役に」とお伝えします。
    何回も何回もお伝えしています。

    自分の体力も気力も、後回しにしがちです。
    突発的な事に自分の都合を合わせたり
    子どもの時の親とは違う「親」にびっくりしたり
    体も心も現実に付いていけないことも多いと思います。

    私は10数年父の闘病に付き添ってきました。
    一緒に歩いてきたとは言えない遠隔介護に近いものです。
    なのに私は無理がたたって、病気になってしまいました。
    今は全く実家に帰れていません。

    人には言えることが自分には言ってあげられていなかったと
    反省しています。

    ミカスさんのお母さま、
    本能的なところでの一番の願いは
    ミカスさんの心や体の健康なのでは、と思えます。
    ミカスさんの心温まる文章を読んでいてそう思います。

    そうはできなくても、いつも、時々でも
    「自分を主役に…」って心に思っていてくださいね。

  • ミカス

    ミカス Post author

    ひろっくまさん
    ありがとうございます。
    ひろっくまさんが仰るように「自分を主役に…」が大切ですね。介護をしていると、どうしても、自分を主役になんてしてはいけないと考えてしまいますが、主役にしていいんだ!と、どこかで吹っ切らないとダメですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.30 マハ より ひ香派

50代、男のメガネは

ぜんぶ自分のなかにある。

これ、買った!

レンジでチン!の湯たんぽ買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

50を過ぎた自分を磨く:豆苗の胡麻和え

わたしをライブに連れてって♪

So Kakkoii いま

今週の「どうする?Over40」

「うだつって何?」シンプルな問いに自分の囚われを知る。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

最愛コートを探して~そして見つけた最愛のコート

カレー記念日 今週のおかわり!

楽しみは 日曜昼の のど自慢

絵手紙オーライ!

上を向いて

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

OIRAKUのアニメ

第25回 アナと雪の女王2/きかんしゃトーマスとなかまたち

黒ヤギ通信

猫がいっぱい

昭和乙女研究所

懐かし化粧品の記憶

ワクワクしたら着てみよう

未だかつてないほど断捨離しました

なんかすごい。

木を植えるひと

日々是LOVE古着

危険な扉

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

これ、入るかしら?

vol.62 秋の買い足し

いどばた。

世界最強(怖)の動物は?

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

天下泰平

猫No.47  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

天下泰平

猫No.47  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up