1月18日はカレー記念日

カレー記念日

お年賀の菓子 食べきってから ダイエット

1月18日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミカスの今日の料理 昨日の料理

褒める: ナスサラダ

ちょっと思い出してみてください。
最近誰かを褒めたのはいつですか?

以前、大きな病院でこんな場面に出くわしました。
病院のロビーに車椅子に座った年配の女性がいました。付き添いの方がどこかへ行っているのか、一人でした。
そこへ同年代の女性が駆け寄りました。あぁ、付き添いの方が戻ってきたのかな。
駆け寄ったその女性、車椅子の女性の前に屈みこんで真っすぐ顔を見て「とっても素敵なセーター!」と明るい声を上げました。
やっぱりあの人が付き添いの方なのね、と思った瞬間、駆け寄ったのと同じスピードで、彼女は女性の前から去って行きました。
知り合いではなく、たまたま通りかかった人だったのです。車椅子の女性のセーターが素敵で、それを伝えたくて、彼女のもとへ走り寄ったのでした。
残された車椅子の女性は、ほんの一瞬呆気にとられた顔をして、そして、うれしそうな顔で自分のセーターを撫でました。

私はめったに褒められることがないので、「誰か褒めてよ」と思うことがよくあります。いや、褒めてもらいたければもっと頑張れよ、という話なのですが。
ただ、「褒めて!」という欲求をなだめすかしながらふと思うことがあります。
「そういう私は、誰かを褒めているかしら?」

日本人は褒めるのが苦手、という人がいます。
人種や国籍で一括りにしてしまうのはいいアイデアではないけれど、それでも
私がカナダで経験したことをもとに考えると、やはり、お国柄や環境によって、ちょっとした差はあるかな、と思います。

カナダ人は、たまたま街ですれ違ったような人にいきなり褒められるということがままあります。
鮮やかな赤のセーターを着て街へ出た時は、日に何度も声をかけられました。茶葉を買いに行った紅茶屋さんの店員さんや、カフェで隣に座ったおばあちゃん、駐車場で隣に車を停めていたおばさままで。
「あなたのセーター、素敵な色ねぇ」
「ありがとう。でも、ちょっと派手じゃないかなあ」
「そんなことないわよ。きれいな赤があなたの黒い髪によく合ってる」
それこそ褒められ慣れていなかった私ですから、最初は面食らいました。それでも面白いもので、段々と素直に喜べるようになり、そのうえで、拙いながらも会話を広げられるようにもなりました。

褒められ慣れていないのに突然褒められてしまうと、妙に照れてしまったり、ともすると「きっとお世辞よ」なんてひねくれた考えをしてしまうことさえあります。
それでも、それがたとえ日本でもカナダでも、真っすぐに褒められたらやっぱりうれしいものなのです。
褒められ慣れていないなら、まずは褒めてみようと思います。別に、お世辞やおべっかを言う必要はありません。素敵だと思ったら、素直に素敵だと伝えればいいだけです。美味しいと思ったら美味しいと、似合ってると思ったら似合うと、好きだと思ったら好きだと言えばいいだけです。
とはいえ、それをするのはちょっとこっ恥ずかしいということはわかっているけれど、なんだか、それをすると、その褒め言葉が巡り巡っていつかみーんなが褒めて褒められて…となるような気がします。

さて、今日ご紹介するのは『ナスサラダ』です。
火を使うわけでもなく、とても簡単な一品ですが、妹に教えたら「ナスのアレ、作ってみたら美味しかったよ!」と、珍しくお褒めの言葉をいただいた次第。
そろそろナスの旬も終わりますが、名残りを惜しみながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

ナスサラダ

  1. ナスのへたを切り落とし、ピーラーなどで皮をむきます。
    丸のままで10分ほど水に浸けておきましょう。
    浮かび上がらないよう小皿などをかぶせるといいのですが、それでも
    皿の端からすり抜けて浮いちゃいますよね、ナスって(涙)
  2. ドレッシングを作っておきましょう。
    まず、ボウルでハーブ塩、酢、デイルマスタードを混ぜておきます。
  3. 2のボウルにオリーブ油を少しずつ加えながら混ぜ、しっかりと混ざり合ったら、ツナを加えます。
  4. ナスの水気をふき取り、ラップで包みます。空気抜きのために、楊枝で二か所くらいに穴を開けておきましょう。
  5. 4のナスを、600Wのレンジで3分ほど加熱します。
  6. ナスが柔らかくなったらレンジから取り出し、ラップをはずします。
    熱いのでやけどに気を付けて!
  7. 6のナスを楊枝を使って縦方向に割きます。
  8. ナスの粗熱が取れたら皿に盛り付け、ドレッシングをかけて出来上がりです。


毎週お知らせししていますが、11月16日(土)にカイゴ・デトックスin京都を開催することになりました。
現在、クラウドファンディングで参加申し込みとご支援を受け付けています。
5,000円以上のご支援で、in京都イベントへご参加いただけます。
尚、このクラウドファンディングで集まった支援金は、今回以降のカイゴ・デトックスの運営費用の一部として使わせていただきます。

オバフォーサイトでも後日改めて参加者募集をしますが、クラウドファンディングでご支援くださった方にはそのリターンとして優先的にお席をご用意プラス小さなギフト(お礼の手紙+東京回の記事録)が付きますのでちょっとお得です。
尚、in京都は定員40名のイベントです。 定員に達し次第募集を締め切りますので、参加を希望される方は早めにぜひクラウドファンディングからお申込みください。
(今回5,000円以上のご支援を下さった方でin京都には参加しないという方は、
次回以降のカイゴ・デトックスへ優先的にご案内いたします)

今回は、canvaskyotoさんの素敵なケータリングビュッフェでランチを楽しんだ後にトークミーティングとなりますので、美味しいランチとぶっちゃけトークによる楽しいデトックスタイムになること請け合いです。
ぜひ、ご参加ください。

既に沢山の方からご支援、in京都への参加表明をいただいています。どうぞ、プロジェクトサイトをのぞいてみて下さい。11月に皆さんにお会いできることを、デトックスフォー一同楽しみに待っています。

ミカスでした。




ミカスの今日の料理 昨日の料理 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • kokomo

    私も海外にいたときに通りすがりに褒められた経験ありです。「そのシャツ素敵!」とか「あなたの髪の毛、ミゾグチの映画に出てくる人みたいで素敵!」とか口に出すとほんの一言二言なのにぱああっと気持ちが明るくなったり。知人から褒められると「どうせ社交辞令だし」と思いがちなのですが、見知らぬ人からの褒め言葉は客観性が高いだけにぐっときますねー。褒められて嫌な気持ちになったことはないし、逆にこちらが褒めて嫌そうな顔になった人もいなかったです。こうやって褒め合えば、混雑時に肩がちょっとぶつかっただけで「ちっ」という人も少なくなって、ちょっとは住みやすい世の中になるのでは....

    身近な人には素敵だと思ったらそれを口にするようにはしていますが、見知らぬ人にをいきなり褒めるのはなかなかハードルが高い。車椅子の方に褒め言葉を残していった方は、それがご自分にとって自然なことだったんでしょうね。見習いたいです。

    ミカス様、料理が上手でセンスがいい、文章上手すぎ、努力家(10kg減)...まだまだありますが、今日はこのくらいで。

  • ミカス

    ミカス Post author

    kokomoさん
    見ず知らずの人にいきなり褒められるって、最初は本当に驚きますよね。
    何て答えたらいいのかもわからずにしどろもどろになったものですが、慣れてくると日本スタイルの謙遜などどこへやら、「ありがとう!」と答えられるようになったし、他の人を素直に褒めることも簡単になりました。
    でも、日本はまだそこまではいってませんね。
    たまたますれ違う人の洋服を褒めたりしたら警戒されちゃうでしょうか?
    まずは自分の周りから、褒めていきたいです。

    kokomoさん、いつも的確で素敵なコメントをありがとうございます。そのひと言ひと言に、聡明な女性なのだろうなあ、と思いを馳せていますよ。
    お会いする日が来たら、褒め殺し合戦をしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第60回 王様ランキング

今週の「どうする?Over40」

侮れない。家の「細かな修繕」というハードルの高さ。

黒ヤギ通信

3度目の寅年

カレー記念日 今週のおかわり!

まだまだこれから 米寿の父が言いました

絵手紙オーライ!

大津絵はたのし。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.53 今年初のヒット本はこれだ

50代、男のメガネは

奈良の山の中で聴くサッチモちゃん。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

新年早々狼狽える:干し柿の天ぷら

日々是LOVE古着

おばの遺品の色づかい

昭和乙女研究所

昭和の中学生のクリスマス会

出前チチカカ湖

第175回 本当はそんなに好きじゃなかった。

なんかすごい。

青天の霹靂

いどばた。

小さな工夫を見せ合いましょう。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

これ、買った!

お雑煮用の椀、買った!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

自己陶酔

猫No.neko97  by YOYO

猫大表示&投稿詳細はこちら!

自己陶酔

猫No.neko97  by YOYO

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up