1月18日はカレー記念日

カレー記念日

お年賀の菓子 食べきってから ダイエット

1月18日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカス、Go Toする:いちじくのブリーチーズのせ


特養で暮らしている伯母に関する諸々の手続きがあって、近々横浜へ足を運ばなければならなくなりました。
私が住んでいる場所から横浜へは、電車を乗り継いで2時間半ほどかかります。
ちょっと行ってこようというわけにはいきません。正直、面倒です。
面倒だ、面倒だ、2時間半なんて面倒だ。そう思えば思うほど腰は重くなっていきます。

こんなことではいかん!と、面倒を楽しみに変える方法はないものかと考えました。そして、妹を誘って横浜に1泊することにしました。事務的な用事を済ませるついでに、ちょっと遊んじゃおうじゃないかという魂胆です。
伯母の用件をこなすために時々使っているホテルを予約しようとサイトを覗いてみると、そこに燦然と輝くGo Toの文字。
もちろんGo Toキャンペーンは知っていました。でも、もっと大掛かりな旅行に出かける人が使うものだというイメージがあったので、自分とは無縁のものだと思っていました。 
ところが、いつもと同じように予約を済ませただけで宿泊料金が割引になり、その上、地域共通クーポンという商品券もついてくるというのです。
これが巷で噂のGo Toか。

原資は私たちの税金なのだろうから、「ありがたい」と言うのもおかしいのかしら?とか、まだ新型コロナウイルスの蔓延がおさまっていないのに大丈夫なのかな?と、疑問が無いわけではありません。
とはいえ、使えるものは使って、楽しめる時は楽しむべきですよね。
ミカス、Go Toという流行りもの(?)に乗っかってみます!

さて、『在宅デトックス』も、本来は面倒な介護の話を、ちょっとアプローチ方法を変えて楽しいものにしちゃおうという企画です。
今回は昼間の開催なので、「夜は家族がいて話しづらい」という方におすすめです。昼の回は毎回申し込み人数が少ないので、じっくりお話できるチャンスですよ。ぜひご参加ください。
今回はおそらく参加人数が少なくなると思うので、特にテーマは設けずにお喋りをしましょう。

【日時】
 10月23日(金)13:00
【所要時間】
 1時間~1時間半
 ※参加人数、盛り上がりなどによって緩く変わります。
  中座、早退など自由です。
【オバフォーからの参加者 】
 ミカス
 ※他のメンバーの飛び入り参加もあります。
【参加対象 】
 介護の経験はないけど、将来が不安、介護者の実情を知りたい方。
 現在介護中で、モヤモヤ、イライラを吐き出したい方。
 過去の介護経験について吐き出せなかったことを吐き出したい方。
 どんな方でも大歓迎です。
【募集人数 】
 4名 ※定員オーバーの場合は抽選になります
【参加料 】
 無料
【申し込み方法】
 こちらのフォームからお申込みください
【申し込み締め切り】
 10月20日(火)

※リモート会議などで使われるソフトZoomを使用します。
 パソコン、スマホ、タブレットのいずれでも使用可能です。
 初心者でも簡単に使えるソフトですが、使い方がわからない方には解説
 しますのでご安心ください

さて、食べる楽しみで気持ちを持ち上げるのも面倒なことを忘れるいい方法です。最近私が楽しみにしている食べ物は、近くにある直売所で売られているいちじく。大好きなんです、いちじく。食べ過ぎてお腹を下したことも。
「いちじくの食べ過ぎは腹痛や下痢になる?」
それでも、旬が短い食べ物は、食べられる時にとことん楽しんでおかないとね。
というわけで、今日紹介するのは『いちじくのブリーチーズのせ』です。
「料理」というより、「食べ方」という方が合っているかもしれません。それくらい簡単でお恥ずかしい限りなのですが、美味しいです。

いちじくのブリーチーズのせ


  1. いちじくは皮をむいて縦半分に切り、スライスします。
  2. ブリーチーズは適当な大きさに切ってオーブンペーパーにのせ、
    とろりと柔らかくなるようにオーブントースターで温めます。
    ブリーチーズはそのままでも柔らかいのですが、軽く温めた方が
    更にクリーミーになります。
  3. お皿にいちじくを盛り付け、その上に2のチーズをのせます。
  4. 味のアクセントをつけるために黒胡椒を振って出来上がり。
    いちじくがあまり甘くない場合は、軽くはちみつを回しかけてもいいですよ。





ところで、Go Toキャンペーンの一番の疑問。
Go To トラベルだのGo To イートって、英語としてどうなの?
一体誰が考えたの?

ミカスでした。


ミカスの今日の料理 昨日の料理 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アメちゃん

    ミカスさん。こんにちわ。
    そうそう。英語おかしいですよね!
    おそらくD通あたりの広告代理店が考えてるんじゃないでしょうか。
    ニューノーマルとかも、なんか言葉のニュアンスがヘンなので
    私は使わないです。
    ところで!
    私も最近、いちじくにはまってます!
    私の場合はドライの方で、イラン産の小さいドライいちじくをぽりぽり食べてます。
    たしかに便通が良くなりますね。
    子供の頃、我が家の庭に大きなイチジクの木があったんですよ。
    よく母とザルを持って、実を取ってました。
    子どもの頃は食べると口の端が切れたり、実のお尻から蟻が出てきたりするので、
    あまり好きじゃなかったけど
    今となっては、美味しかったなぁって懐かしいです。

  • kokomo

    ミカス様、いちじくって年々好きになるわー、とこの前話していたところでした。
    今年は桃にも狂いましたが、今はいちじく。
    小さい頃、お隣の家に立派ないちじくの木があり、季節になるとそのお宅の
    おばあちゃんが「お食べ」と私に会う度いちじくをくれました。
    青臭さが苦手だった私は食べずに家に持ち帰っていました。
    あの時のいちじくを取り戻したい気分。

    ミカス様、横浜までお疲れ様です。
    GO TO、この機会にどんどん使っちゃいましょう!
    横浜で妹さんと美味しい物を食べてきてください。
    先日私の家族にも青天の霹靂というようなことが起こり、先週は都内に二度日帰りで行きました。子供がいるのでGO TOを利用して宿泊という訳にはいかないのが残念ですが、笑顔の素敵な店員さんがいるカフェを見つけたので、次に行くときの小さな楽しみにしています。

    ああ、ミカスさんのいちじくがあまりにおいしそうで、産直サイトでいちじくをポチってしまった!!!私はブルーチーズとハチミツと一緒にトライしてみます。

  • ミカス

    ミカス Post author

    アメちゃんさん
    英語の表現をするなら、シンプルでいいので正しいものにしてもらいたいですよね。
    へんちくりんな表現をするものです。

    ドライいちじくも大好きです。
    ドライいちじく入りのパンなんて見つけてしまった日には、絶対に買ってしまいます。
    小さくて周りがちょっと固めのドライいちじく、美味しいですよね。
    庭にいちじくの木なんて、とてもうらやましいなぁ。

  • ミカス

    ミカス Post author

    kokomoさん
    確かに子供の頃はいちじくの美味しさはわかりませんでしたよね。
    もっと強い味の物じゃないと子供は美味しいと思えないのかもしれません。
    青臭いというのもよくわかります。
    ブルーチーズとはちみつ!絶対美味しいに決まってる!!
    旬が終わらないうちに私もトライします。

    晴天の霹靂、大丈夫でしたか?
    行く先に素敵なお店が見つかると、それが原動力になったりもしますね。
    私も、伯母が入所している特養の最寄り駅のそばに素敵なパン屋さんを見つけました。
    小さな原動力を積み上げて、なんとか頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第60回 王様ランキング

今週の「どうする?Over40」

侮れない。家の「細かな修繕」というハードルの高さ。

黒ヤギ通信

3度目の寅年

カレー記念日 今週のおかわり!

まだまだこれから 米寿の父が言いました

絵手紙オーライ!

大津絵はたのし。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.53 今年初のヒット本はこれだ

50代、男のメガネは

奈良の山の中で聴くサッチモちゃん。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

新年早々狼狽える:干し柿の天ぷら

日々是LOVE古着

おばの遺品の色づかい

昭和乙女研究所

昭和の中学生のクリスマス会

出前チチカカ湖

第175回 本当はそんなに好きじゃなかった。

なんかすごい。

青天の霹靂

いどばた。

小さな工夫を見せ合いましょう。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

これ、買った!

お雑煮用の椀、買った!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

真知子巻

猫No.44  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

真知子巻

猫No.44  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up