3月5日はカレー記念日

カレー記念日

アンニュイも あっという間に 忘れてる

3月5日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

第61回 同い年への特別な感情(同性編)の巻

一緒に机を並べたわけでもないのに、同い年と聞いただけで親近感を覚えたりしませんか。
私はけっこう覚えたりします。
もうひとりの自分が「だからなんなのさ!」とツッコミを入れても、親近感を覚えた自分は「なんでもないけれど、覚えちゃうんだからしょうがない」と開き直っています。

 

たとえば、私はあの黒木瞳と同い年ですが、長年「女優の彼女に特に興味はないが、活躍している彼女を見るのは好き」という屈折した二重構造的感情を抱いています。
最近はただただ「がんばれ同い年!」的なエールで見ていますが、以前は少しニュアンスが違っていました。

瞳サマは21世紀初頭(年齢的には四十代)、やたらと年下男性と浮名を流す役をやっていらっしゃいました。
岡田准一、伊藤英明、向井理・・などなど。

ceaa26cf

年齢以外は何の共通点もないのに、当時の私はまんざらでもなく(バカ一段め)、なんとなれば、自分もまだまだ捨てたもんじゃないかもと思いそうになり(バカ二段め)、まるで黒木瞳と同い年なのが自慢すべきことでもあるかのように錯覚し(バカ三段め)、聞かれてもいないのに唐突に「ワタシ、黒木瞳と同い年」とカミングアウトして、その場に居合わせた人をやたら困惑させていた気がします(バカ四段め)。
まさにバカのミルフィーユ状態。

dsc04153s

ちなみに山田邦子とは年も星座も血液型も一緒」とか、山村紅葉タメ」とは人に言ったことがありません。(両「山」さんに失礼ったりゃありゃしません。)

そんなわかりやすい思考経路ですが、あまりにもおのれを知らなすぎで、どうかしてました。
あのまま、勘違い五十代に突入しなくてよかったですよ、まったく。
・・違う意味での勘違い五十代には突入してしまっているかもしれないにせよ。

 

それはさておき、同い年問題。
東京オリンピックを脳内に記憶することには間に合わなかったものの、GSブームを、NHK少年ドラマシリーズを、アポロ11号の月面着陸を、大阪万博を、キラ星のごとく現れる芸能界の時代の寵児・・天地真理や新御三家や山口百恵やピンクレディ・・の活躍を、そして数多の事件、社会情勢、災害、などなどを、あたりまえだけれど全部同じ年齢で見て感じてきたという事実は、精神構造にいくばくかの共用部分を形成するのでは?と思ったりします。
実際どうなのかは全然わかりませんけれど。

a1380_001633

同い年にまつわる歴史の中で、1970年代後半、十代の小説家新井素子のデビューは、まだ頬っぺたの赤味も抜けていないような私とっては度肝を抜くできごとでした。

石野真子がいくら満面の八重歯で擬人化された気の毒な動物が怖いの怖くないのと連呼しようが、浅野ゆう子が異様に長い脚(に見えた)でダンダンドンドンと韻のようで韻じゃないフレーズを歌おうが、石田えりがはちきれんばかりの健康美で闘病モノのヒロインを演じようが、同い年には理解を示していた心の広い私でしたが、「同い年が小説家」への心の準備はまだできていなかったのでした。

71bff209b919da73b05963fd929836a4

img149220_1

新井さんのデビュー作は、幸か不幸か当時の私がよしとするタイプの小説ではありませんでした。
その頃、梶井基次郎に傾倒していた私は、若気の至りMAXで「ふ~ん。こんなのがいいのか」と思いました。新井素子さん、スミマセン。

ほぼ同じ時期に中沢けいの『海を感じる時』もかなり話題になり、こちらの作品には心惹かれた自分がいましたが、これまた幸か不幸か、中沢さんは同世代ではあるものの同い年ではないという理由でそれほどの衝撃はなかったのでした。

 

そして月日が流れ、二十代後半、ついにあの宮部みゆきの登場となるわけです。

ちょうど、ミステリー小説にハマり始めた時期と一致していたこともあって、デビューのわりと直後にその存在を知りました。
最初に読んだのは『魔術はささやく』でした。

これがものすごく面白かった。
作者が自分と同い年であることを知り、このときは衝撃ではなく、なぜかうれしくなりました。
同級生に心から自慢すべき人が登場!みたいな。
ホント、同い年バカだわ、私。

以降、出る作品出る作品が自分にとっては傑作ばかりで、その切れ目なさも驚異的で、現在、全ての作品を追い切れてはいないものの、ずっとファンです。

2014083008370000 (1)

その後、小野不由美、乃南アサ、朝倉かすみなどなどの同い年の女性作家を知ることになるわけですが、特に21世紀になってから登場した朝倉さんは、OV40ならではの、予測のつかない日常をシニカルに切り取ったり、悪意すらフラットな筆致で描く小説が魅力的で、注目しています。

 願わくば、これからも同い年の人にどんどん出てきて欲しいです。
そして、私もがんばろうと思わせてもらいたいです。
・・自分が自力でがんばれよ、ですかね(苦笑)。

でも、半世紀以上生きてきたからこそ、同じ年齢でも人それぞれで、ひとりの人間の中にも、大人と子どもが混在し、臨機応変ならまだしも、「こんなときに子どもの私が出てくるのかよ」とか、「ここは無邪気でもいい場面でしょう」と、必ずしも時と場合に応じて適切な自分が登場してくれないのを経験で思い知っているからこそ、物理的な年齢を基準にする気持ちは、むしろ昔よりあるような気がするのです。

 

最後に、同い年で最もインパクトのある著名人を探してみました。

 

 

 

サラ・ブライトマンでどうだ!?

 

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • rieko

    あら!

    まさしく私も全く同年代であります!公表する時点で、自分の年齢をばらしてる。

    娘にゃ、黒木瞳さまと同年代、または石野真子と同年代というと「とても同い年には見えん」とお決まりの突っ込みかあります。

    そういう娘は華のマー君、マエケン世代であります。

  • アメちゃん

    こんにちわ!

    私は同じ年より、同じお誕生日に反応します。
    それは
    高木ブーさん。
    別にファンでも、ウクレレ習ってるわけでもないんですが
    「高木ブー」と聞くと
    ああ、同じ誕生日、、っていつも思います。

    そして。
    同じ星座で誕生日が2日違いということで
    松田聖子さんには、バカのミルフィーユ(バカ5000段ぐらい)をおこしますね。
    星座以外になんの共通項も見当たらないのに
    聖子ちゃんがいつまでも可憐で若々しいことが、ものすごく嬉しいです♪

  • okosama

    つまみさん、こんばんは。

    私は小川洋子さんが同い年(学年違うけど)って知ったときに、親・近・感♩持ちました。あと恩田陸さんが同世代と知ったときも嬉しかったです(^^)

    全然話は違うのですが「天地真理」を即あまちまりと読めるのはいくつくらいまででしょうねぇ。

  • つまみ

    つまみ Post author

    riekoさん、あら!親近感(^O^)

    黒木瞳と石野真子も、違う方向でがんばってますよね。
    そのまま突っ走れ!

    マー君とマエケンって同い年だったんですねー。知らなかったです。
    彼らもお互いを「同い年」という文脈(?)で意識していたりするんでしょうか。
    riekoさんの娘さんも。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、こんばんは。

    誕生日もありますねー。
    高木ブー(^_^)そうですかあ。
    私は、チャーとか高見山とか山本晋也です。
    ・・渋。

    松田聖子さんは、年齢的なもののランドマーク化している気がします。
    目指さなくても、あの人がああいうポジションにいることが多くの人の目印になっているというか。
    好き嫌いを超越してる存在みたいでスゴイ。

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん、こんばんは。

    「学年は違うけど」って、どうしてもありますよね。
    私もよく、「清水ミチコは学年が違う」と思いますです。

    天地真理、若い人には読めないのでしょうか?
    そうか、それは考えなかった。
    なんかショック(^^;)

  • ジャスミン

    私も同じ年に反応しますが
    それは美人女優の場合のみ!

    「同じ年でこんなにキレイなんて 私も頑張ろう!」と励みになります!(^^)!

  • つまみ

    つまみ Post author

    ジャスミンさん、コメントありがとうございます!

    「同じ年の美人を励み」は正しいと思います(キッパリ)。
    最近はそこに、「同じ年で健康そうな人を励み」が加わりました、ワタシ。

    頑張ろうっと!

  • 花蓮

    同い年に思い入れってないんですが、楽しくコメント欄まで拝読しました。

    そしてこの中で未読の「魔術はささやく」に一番反応したらしく、気づくとまたカートに入れていましたw

    「狗賓童子の島」はつまみさんのレビューがまさにそのままでした!

    でも今回は古本にしました(笑)

  • つまみ

    つまみ Post author

    花蓮さん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    同い年への思い入れって、ない人はないのですねー。
    私のはなんなんでしょ(^^;)

    紹介した本を読んでもらえるって本当にうれしいです!
    ありがとうございます!
    「狗賓童子の島」、買いやすい値段になって、また誰かに読まれるのもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

絵手紙オーライ!

犬の絵を描いてみたいのです。

ワクワクしたら着てみよう

近所へちょっこしお買い物コーデ

50代、男のメガネは

ヨーダって、怖いことを言う。

これ、買った!

ベレー帽、買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

カレー記念日 今週のおかわり!

通勤で 咳をこらえる ツボ押すよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

茶系同盟

猫No.39  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

茶系同盟

猫No.39  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up