10月18日はカレー記念日

カレー記念日

脊柱管狭窄症 まずは漢字の書き取りから

10月18日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.29 源でも富弘でもリゾートでもない星野考

「Title」の辻山良雄氏の本ことばの生まれる景色』『旅をする木』星野道夫著)が紹介されているのですが、それを読んだら、なつかしさやせつなさや畏怖や後悔などの感情が一気に蘇り、現在、再読中です。

この本が出版された1990年代なかば頃、わたしは星野道夫さんの存在を知りませんでした。当時、看護学校の図書室で働いていたのですが、そこには星野富弘さんの画集がけっこうあって、「星野」といえば富弘でした。そんななか、職場の先輩司書が「これ、いいわよ。あなた向きかも」と貸してくれたのが『旅をする木』だったのです。

その頃はミステリーばかりを読んでいたので、最初はなかなかページが進まず、人から本を借りるのって苦手かも、と思ったりしました。が、徐々にその文章と自分の波長がシンクロし出し、なんかすごいなあ、探検家のくせに(?)、なんて繊細で静謐な世界なのだろうと圧倒されてページを閉じました。

そして「もしかしたら自分は、こと自然界に限らず、大事なことや見るべきものをことごとく躱して今まで生きてきたんじゃないか。これからもそうなんじゃないか」とゾッとしたりもしたのでした。

読了してまだ日も浅い頃、星野道夫その人は、子どものときから天啓を受けたかのようにこだわり、あこがれ続け、『旅をする木』でもその存在が繰り返し出てくる、彼にとっては自然界のランドマークとも言えるヒグマに襲われて命を落としました。43歳でした。

読み終わったばかりの、少なからず影響を受けたと自覚した本の作者の突然の死は衝撃でした。ただ、星野道夫がもうこの世にはいなくなってしまったのだという喪失感や悼みの気持ちより、人の運命はなんと皮肉だったりするのだろう、彼は最期の瞬間、「恩を仇で返された!」とその理不尽さを嘆いたのか、それとも「ヒグマに引導を渡されるなら本望」と受容したのか、いったいどっちなんだろう…などという、無神経で俗っぽい方向でわたしの心をざわつかせたような気がします。

そして、『旅をする木』にあんなに圧倒されたはずなのに、なぜかそれから彼の著作を読むことはなく、ゾッとしたことも忘れ、自分こそ今日まで「恩を仇で返す」ような日々を過ごしてきたのでした。

なのに今回、『ことばの生まれる景色』で語られる『旅をする木』の一節がやけに胸に沁み入りました。20年以上も経って、大事な忘れ物に気がついたような心持ちになっています。それは、文章に合わせて描かれたnakabanさんという画家の絵によるところも大きいかもしれません。私には「戻るべき場所」のように見える絵です。

そんなわけで『旅をする木』を再読しています。おかげで、「そうそう!私、この会話がもう一度読みたかったんだ」という文章に無事再会することができました。長い時間忘れていたくせに、まるで自分がずっと大切に守ってきたかけがえのない心情のような気がするのは、われながら、いくらなんでもずうずうしい話です。

少し長いですが、最後にそれを引用して、終わります。

ある夜、友人とこんな話をしたことがある。私たちはアラスカの氷河の上で野営をしていて、空は降るような星空だった。
(中略)
「いつか、ある人にこんなことを聞かれたことがあるんだ。たとえば、こんな星空や泣けてくるような夕陽を一人で見ていたとするだろう。もし愛する人がいたら、その美しさやその時の気持ちをどんなふうに伝えるかって?」
「写真を撮るか、もし絵がうまかったらキャンバスに描いて見せるか、いややっぱり言葉で伝えたらいいのかな」
「その人はこう言ったんだ。自分が変わってゆくことだって……その夕陽を見て、感動して、自分が変わってゆくことだと思うって」(『旅をする木』「もうひとつの時間」より)

by月亭つまみ

【木曜日のこの枠のラインナップ】
第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】

第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊★切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 やっかみかもしれませんが】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

杓子定規じゃないのが おばちゃん公務員(推定)

今週の「どうする?Over40」

【5000円以上、ご支援くださったみなさん】メールへのお返事をください!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

フォルモサで介護

体位を変えるコツ

50代、男のメガネは

娘と海遊館デートした日のこと。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

備え方がわからずに:小松菜と缶詰いわしの卵とじ

いどばた。

スマホの充電何%切ったら不安ですか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.29 源でも富弘でもリゾートでもない星野考

わたしをライブに連れてって♪

カイゴ・デトックス いい名前です!(^^)!

黒ヤギ通信

さようなら

絵手紙オーライ!

お芋アニキたちの今は

あの頃、アーカイブ

【エピソード35】ヤマノ家のファミリーヒストリー

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

これ、買った!

サプリメント買った!

OIRAKUのアニメ

第23回 未来少年コナン/なつぞら雑感

昭和乙女研究所

お菓子編 チョコレートvol.1

ワクワクしたら着てみよう

ワクワクするものだけ揃えたい!

なんかすごい。

今日のわたしは新しいわたし

日々是LOVE古着

最近の戦利品

これ、入るかしら?

vol.62 この夏のサンダルとシャンプーと

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

水分補給

猫No.neko74  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

水分補給

猫No.neko74  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up