9月22日はカレー記念日

カレー記念日

子を脅し 終活断捨離 手伝わす

9月22日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第33回 すべての犬と暮らす人へ

1997~2011年は特別な月日だった。マロと暮らすことができたから。

夫が知り合いのお宅から譲ってもらった犬だった。埼玉の在にあるその家には、常時犬が5~6匹いて、とてもおおらかな飼い方をしていたようだ。基本的には庭に放し飼い。家への出入りは自由。今から20年以上前のこととはいえ、犬だけで散歩に行っているらしいという噂もあった。あまりにワイルドな話なので面と向かって確認したことはない、と夫は言っていた。

1997年、そこに3匹の犬が生まれた。そのお宅には当時、10代の3人の娘さんがいて、やんちゃな金髪高校生の次女とおませな中学生の三女が、犬のお産を仕切っているとのことだった。3匹は、真っ黒なオス、茶色のオス、黒に少しだけ白のメスで、順番に、ドルガン、チャッピー、マロと名付けられた。命名はもちろん取り上げたふたり。その中のマロが、縁あって、生後2ヵ月ちょっとのとき、我が家に来たのだった。

家族に触っているのが好きだった

やって来たマロを一目見るなり、義父は「こんな犬をもらってきて。まったく。うちは庭がないんだから、そういう家にはそれに合った犬がいるんだ」と言った。

確かに、どう見ても雑種、どう見ても中型犬のマロは、家の中より、外が似合う犬に見えた。義父は翌日、ぶつぶつ言いながら、勝手口と塀の間に廃材を組み合わせて犬小屋を作った。誰にも頼まれていないのに。

我が家へ連れて来られるとき、あまりにもすんなり車に乗って三姉妹を淋しがらせたマロだったが、到着した直後は、さすがに落ち着きなくしょんぼりして見えた。でも、義父が作った犬小屋に連れていくと、まるでそこに入ることがわかっていたかのように、ちんまりと収まった。そして「ワン」と言った。「ありがとう」にしか聞こえなかった。義父はまんざらでもない顔をした。

当時70代なかばで、再雇用で続けていた仕事を完全にリタイアしたばかりで、溺愛していた孫娘も高校生になって手を離れ(?)たところで‥新たな生きがいを探していた義父の、心のすきまにマロがピタっとハマった瞬間を目撃したような気がした。いや、実際に目撃したのだ。

マロによって、我が家全員の生活は変わった。義父・義母・夫・私の中心にマロが君臨する14年間の幕が切って落とされたのだ、大げさではなく。

見た目は精悍だったりもしたが、内弁慶で人見知りで甘えっ子の犬だった。家族以外にはほとんどなつかず、とにかく家族が大好きで、家族はメロメロになった。特に義父は、本当に一直線にマロが生きがいになって、いつも一緒、多いときは日に4回も散歩に行くようになった。

ここだけの話だが、孫娘が結婚したとき、長い披露宴にじりじりした義父はこう言ったものだ、「いつまでやってるんだ?マロが家でひとりでかわいそうじゃないか」。

晩年のマロ。ライバルである義父のひ孫と初の対面時。

義父は2003年の夏に盲腸を悪化させてひと月近く入院し、「トシもトシだし(義父はこのとき満80歳だった)、退院できたとしても、もうマロとの散歩はムリだな」と弱音を吐きまくって3人を心配させたが、秋の終わりには、まるで何事もなかったかのように、また日に4回散歩に行く生活に戻っていた。

義母も、2004年に頸椎の手術をし、一時は一気に老け込んだように見えたが、数か月後は犬の散歩に復帰した。

マロの、家族に対する治癒力増強効果、おそるべし。

マロ自身も、交通事故に遭って乗用車のタイヤと地面の間に頭を挟んだり、リードが外れてしばらく行方不明になったりもしたが、すぐに元の生活に戻った。

マロは、我が家では一切擬人化はされなかった。散歩中に性別を聞かれることがあったが、全員が「メスです」と答えた。雑種をミックスと表現したりもしなかった。

齢と共に、犬小屋ではなく玄関先で暮らすようになったマロだが、寝室で一緒に寝ることはなかった。私は、夜中に起きてしまったとき、玄関先のマロのところに行くのがお決まりだった。マロは必ず目を開けて「来たの?」という顔をした。自分が犬に庇護されているような安心感を覚えた。

人間でもペットでも、子どもでも友人でもない、唯一無二の犬の家族、それがマロだったのだ。

2010年にマロに腫瘍があることがわかり、長く生きられないだろうと言われた。悲しかったが、マロは元気だったので、それまでの路線を継承して暮らした。黒い毛に白いものが増え、少し小ぶりになったけれど、相変わらず、家族が近づくと、尻尾をびゅんびゅん振り、散歩に行くよと言うと、はしゃいで飛び跳ね、前に出たがり、時々「あ、イケナイ!」とばかりに歩をゆるめては、リードを持つこちらの手をペロっと舐めた。「好きだからね」と言うように。

可愛かった。本当に可愛かった。

いい顔。

東日本大震災があった年が終わる頃、マロは立てなくなった。ああ、これはもう、と思ったが、その後、友人がくれたおやつを美味しそうにペロペロと舐めたので、「なんだよ、復活か?!」とホッとした。でも、翌日、血を吐いて動けなくなってしまった。

家族が入れ代わり立ち代わりマロのそばについたが、夫と私は用事があって、何時間か家を空けた。そして戻って、家族が揃った直後、マロは「ちゃんと4人いるよね」と確認するかのような表情をして目を閉じ、逝った。揃うのを待っていたとしか思えなかった。その日は大晦日だった。

マロが逝って10年、今は「マロの生まれ変わり」と認定したネコを飼っている。ネコは可愛い。でも、犬も可愛かった。そして、年齢的にも住宅環境的にも、もう今後、自分は二度と犬は飼えないのだということを知っている。

だから私は、すべての犬と暮らす人をやっかんでいる。

by月亭つまみ


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 水仙

    泣けてきましたけ。我が家も犬の生まれ変わりのような保護猫と暮らしています。ペットロスになった私を見かねた娘が保護猫をトライアルしてきたのです。
    亡くなって間もないのに、飼ったこともない猫が家に来ても私は優しくできるかわからないと言いました。
    そんな私に、何も知らずに来た猫は、朝から亡き犬を思い出して、泣いている私にそっと近より、膝に乗り、肩に手を回して涙をぺろぺろ舐めたのです。

    猫は、家の子になりました。犬のように返事をし、投げたものを拾ってまた投げろと催促し、散歩を催促してくる(変わってる)と言われる猫です。いつしか、朝から泣くこともなくなりました。
    でも、犬とはやっぱり違うし、飼いたいです。大好きな犬をだから、自分の歳を考えると無責任な事をしたくないので、もう飼うのはムリダナと思うのです。

    私も犬を飼ってる方々をやっかんでいます。

  • つまみ

    つまみ Post author

    水仙さま、コメントありがとうございます。

    うわあ、その猫ちゃん、来るべき場所に来てくれたとしか思えません。
    犬と猫、両方と暮らしてみて、どちらがいいだの好きだのと比較したりする気持ちはありませんが、両方と暮らしたからこそ、今いない方が恋しく愛おしい気持ちもありますよねえ。

    今では猫の「今はほっといて」の感じも大好きですが、犬の「常にこっちを見て待ってる」感じがなつかしくもあります。

  • 都忘れ

    つまみさんへ

    今日も夜更かしだわ~と、苦笑いしながらPCをオフしようと思いましたが、そう言えば、オバフォーをのぞいていない…と、クリックしてしまいました。

    タイトル、1行目を読んで、あ、これは…、困ったぞ…と。

    案の定です。目から汗が。鼻水もダラダラと。

    犬はいいですね。

    私にとっての最初で最後(のつもり)の犬がいなくなって9か月。

    混乱期は過ぎましたが、さびしいです。さびしいよぉ~。うわ~ん!

    もう寝ます。おやすみなさ~い。

  • つまみ

    つまみ Post author

    都忘れさん、寝る前のコメント、ありがとうございました。

    10年経っても、ネコがいても、それがマロの生まれ変わりと勝手に決めても、マロがいないことは淋しいままです。

    実は、GWにNHKで放送された小田和正コンサートの「さよならは言わない」と曲を聴いたのが、あらためてマロに思いを馳せたきっかけです。

    曲全体がマロをイメージするわけではないのですけど、出だしの「ずっと楽しかったね」という詞を耳にした瞬間、マロが浮かびました。不意打ち(^^;)

    犬は、生きとし生けるものの善良さの代名詞みたいな存在だとつい思ってしまって、だから、思い出すと、自分の善き部分が思い出されるような‥勝手なことを言ってますが。

  • アメちゃん

    つまみさん。
    マロと言えば、お義父さん、マロの絵を描いてましたよね。たしか。
    あれ、なんだか心に残ってるんですよ。
    とてもお義父さんがマロのことを可愛いと思っていて
    それで絵に描きたいっていう気持ちが、ものすごく伝わってきたんです。
    なんか、描いてる時のお義父さんの様子まで浮かんでくるみたいに。
    (って、ここまで断言して記憶違いだったらどうしよう・・)

    ちなみに私は猫派です。
    つまみさんがおっしゃる犬の「常にこっちを見て待ってる」感じが苦手で(笑)。
    私自身が「今はほっといて」と思うのですよ。
    でも、犬なら雑種の方が好きかなぁ。散歩する姿が可愛い。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、こんにちは。

    わー(*^▽^*)義父の描いたマロの絵、覚えていてくださったんですね。
    うれしい❤
    アメちゃんさんの記憶どおりです!すごい。

    この三年で二度引っ越しましたが、あの絵はちゃんと持ってきました。
    撮った画像は、一年前に自分のパソコンが壊れてしまったので、保存できてませんでしたが、今、このフォームの保管場所から探し出してみました。これです。

    従順で、飼い主が好き過ぎる犬が重いってこともありますよね。
    もっと、わがままでいいよ、と思ったりする気持ちもわかります。
    そんな風に思いつつ、今はすべてが愛おしく思い出されるわけですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

世界には哀しみしかない。

OIRAKUのアニメ

第55.5回 ONA的、今期なに見る?

ミカスの今日の料理 昨日の料理

プロ=お医者さんと話した:キムもやし

今週の「どうする?Over40」

「プロと話そう#2 お医者さん編」無事終了しました!&爽子さんの絵手紙セット新発売!

カレー記念日 今週のおかわり!

手遅れだ タイムマシンで 知らせたい

なんかすごい。

秋の雑記

いどばた。

シャンプーの話をしてみたいのです。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.49 雑食です!

絵手紙オーライ!

円空さんと遊んでみた

ワクワクしたら着てみよう

柄物ロングスカートで気分あげあげ!

昭和乙女研究所

おうちかき氷

これ、買った!

ねじり鎌って、ご存知でした?

日々是LOVE古着

もう二の腕はいいことにする

出前チチカカ湖

第171回 見くびっててゴメン

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はるか彼方の空の下、じじょうくみこは生きてます。

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑥それも相続

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

暗黒物質

猫No.85  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

暗黒物質

猫No.85  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up