6月19日はカレー記念日

カレー記念日

仕事の日の雨は× 休日の雨は○

6月19日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

みなさま、メリークリスマスイブ! でございます。週末のイブは久しぶりのことですが、みなさま多少のロマンス感、お楽しみいただいておりますでしょうか。

 

 

ロマンス? なにそれ焼けるの?

 

 

さて、2ヶ月に渡ってお送りしてまいりました『崖待ち』セカンドシーズン。外洋の孤島・シマ島での濃厚すぎるエピソードが続きましたが、みなさま胃もたれ大丈夫でしょうか? 「こんなこと本当に起きてるの? 盛りすぎじゃない?」なんて声もちらほら聞こえてまいりますが、ねえ、本当にねえ、これが現実でなければどんなにいいでしょうかねえ…。

 

 

 

 

……

 

………

 

…………………….

 

 

 

 

ハッ

 

 

失礼しました、つい遠い目を

 

 

 

僻地オブ僻地の離島には、本当にいろんなひとがいます。生まれてこのかたほとんどシマ島から出たことがないディープネイティブに、近隣の島からやってきたネイバーネイティブ、内地から嫁いできたお嫁さんにお婿さん、仕事で赴任しているお勤め人、島に惚れ込み移住してきた移住者。それから都会暮らしから逃げ帰ってきた若者や、何をしているのかわからない世捨て人もいます。

 

そこに内地からフリーダムな旅人がよくもわるくも波風たてていくのですから、そりゃもう毎日がカオス。あまりにいろいろ起きすぎて寿命縮まりそうな毎日ですので、安心してください、

 

 

シマ島エピソード、まだまだ山ほどあります!(泣)

 

 

それについてはいずれ紹介させていただくとして、今回は1年の締めくくりとして「あのひとは今SP」をお送りいたします。

 

 

 

というのも先日、久しぶりに東京の職場へ寄ったのございます。みなさま覚えておいででしょうか、かつてわたしがどエライ目に遭った 珍獣パラダイス の面々を。

 

なつかしい!というか誰だっけ!というかたはこちらをどうぞ→珍獣パラダイスエピソード一覧

 

 

20年ぶりの会社勤めに踏み切った四十路独女時代、わたしが派遣されたのはフリーダムすぎる珍獣社員の巣窟でありました。珍獣パラダイスの面々とは何年かを共に過ごした後、シマ島への引っ越しを機に職場を去ることになりましたが、何人かのひととはその後も連絡を取りあい、このたび久しぶりに再会の運びとなったのですが。

 

 

知らないうちに珍獣パラダイス、ほぼ解散状態になってました(゚o゚;;

 

 

ちょうどわたしが辞める前に社を揺るがすクーデターが起き、派遣社員は全員「契約満了」としてクビになる、という事態になっておりました。社員も大がかりな人事異動でざわついておりましたが、それでも会社の屋台骨として揺るがぬ信頼を得ていた少数精鋭チームの珍獣パラダイス。戦略変更や規模縮小はあっても、まさかなくなるとは夢にも思っておりませんでした。

 

愛らしいベビーフェイスでドSな指示を出す下町のプリンス、リーダーワタさん。ミャンマーに出張するたび髪が短くなるミステリアス男子、火消しのミズシマ。ディーヴァよろしく裸足で仕事をする野生児ナツカワちゃん。見えないお友だちが見えちゃうリケジョ・ハニコ。4人をはじめ、会社がぜったい手放しそうもない精鋭社員が何人もすでに会社を後にしておりました。いやーこれにはビックリ。嵐の激しさが見てとれる。

 

タフネゴシエーションが大好物なイケズ京男マツタケ、影が薄すぎて時々見えなくなるエジマックスは、系列会社へ出向になったまま戻ってきておりません。若いのにオヤジ的飲みニケーションが得意なベッチ、小心者の御曹司サトゥ、アート系九州男児ガッタくんあたりは社内にいるようですが、別の部署でまったく違う仕事に悪戦苦闘中。キャラがたちすぎて浮いているとか、いないとか。

 

とはいえ人生悪いことばかりではないわけで、ベッチ、ガッタくんはめでたく結婚の運び! まさかあんなめんどくさい男子と結婚しようという変わり者がいたとは(失礼)。亭主関白感を醸し出していたふたりも、今ではめっきり尻に敷かれているということで平和なにより。

 

野生児ナツカワちゃんは、昼間からビール飲みながら仕事できるという夢のような外資系企業に転職し、おつきあいしていた彼氏と入籍。うっかりオバちゃんをハンサムにしてしまったブライちゃんは、10歳年下の彼氏とゴールインしたとか。さらにリケジョ・ハニコも超絶優しい彼氏とめぐりあい、はれて結婚。今年第一子を出産いたしました。めでたい、めでたい!

 

なによりうれしかったのが、颯爽と現れ風のように去っていったスーパー派遣OL、ミステリアス・エリコ様。なんと、社に復帰されておりました! 一時は働きながら自宅でお父上を介護して大変な思いをされていたようですが、そのお父上も送り出し、いまでは荒涼殺伐としたオフィスからオフィスへ、類稀なる諜報能力と他の追随を許さないハイスキルで社内をスイスイ泳いでおられる様子。

 

ちなみに、天性の人たらしで会う人会う人を虜にし、プリティな新人女子と電撃デキ婚した挙句に海外赴任を勝ち取ったビッグスケール・イズミン。彼はですね、会社が傾いて海外支社が閉鎖され、路頭に迷ったはずなのに、どういう手を使ったのかいまも海外でセレブ生活を送っている模様。ちくしょう、ぬかりないぞイズミン!

 

 

それから、気になっている方もおられるようですが、わたしの荒れ狂うゴフジンさんについて。

 

大学病院で子宮全摘出手術をすすめられた後、藁をも掴む思いで婦人科の名医ドクターKの診察を受けたところ、まさかの展開で「治療の必要なし」と検査結果が出たところまでお知らせしました。

 

不思議なことにそれ以来、あれだけわたしを苦しめていたゴフジンさんは、すっかりおとなしくなっているのでございます。時折小さく暴れたり、数ヶ月姿を見せなくなったりしてはいますが、以前のような暴走はピタリと止みました。とはいえ月のモノが終わったわけではないので火種はまだまだ残されており、いぜん経過観察の身であります。

 

つい先日、定期検診で久しぶりにドクターKのクリニックに行ってまいりました。受付開始時間の前に行ったものの、相変わらず待ちに待つこと4時間。ようやく順番が回ってくると、相変わらず挨拶ひとつすることなく、でも髪の寝グセはパワーアップして、フラリと内診台に現れました。ノーパン・M字開脚な感じでアレですけども、先生お久しぶりです。

 

「ついに不正出血が止まったね。あんなに大変だったのにねえ、よかったねえ。うんでも閉経はしてないね。筋腫も大きいのがあるね。太ってない? 本当に太ってない? 太っちゃダメよ。四つ足の肉と大豆、はちみつもダメ、女性らしくなっちゃダメ。夜更かしもダメだよ。12時すぎて起きているとホルモンが出ちゃうからね。ねえ、本当に太ってない?」

 

相変わらずノンデリカシー発言にチリッとしながら、気づけば細胞診終了。なんだかんだいってもこのひとの検査はものすごいスピードで終わってしまいます。ただし、

 

「わからなかったと思うけど、ちゃんと体がんと頸がんの検査したんだよ? この検査ってさ、時間かかるし痛いし結構出血するでしょ? ボクの、痛くないでしょ? 早いし出血しないでしょ? あんまり早いから患者さんに『先生ほんとに検査したんですか』って疑われちゃうんだけど、ちゃんとやってるんだよ。ねっ、ねっ、すごいでしょ? 神業って言われてるんだよ、すごいでしょ?」

 

自分で言わなきゃ、いいひとなのになあ。しかもドクターK、新人と思しき若い看護師さんにアピールしているのですが「先生、残念ながらオバちゃんと違って若い女子は、オジさんの褒めて褒めて光線は拾わないんですよねー」とナースに失笑されている彼にそっと耳打ちしてあげたい。

 

ともあれドクターKは30分ほどたっぷり診察してくれ、「子宮がんは助かっても他のがんで死なれちゃ困るから、一緒に他のがん検査もやっとこうねー」と相変わらずひと言多い感じで手配してくれました。ただいま結果待ち。なにごともありませんように。

 

 

 

悪霊退散

 

 

ひるがえって、じじょう家ですが、ひとり暮らしを続ける母上は視力が一気に落ちてきて、そろそろ独居が厳しくなってきたようです。先日帰郷して姉上と相談してきましたが、来年は何かしらの決断が必要になるかもしれません。

 

一方ズジョウ家では今年、体調悪化でザビ男のパパが内地の病院に運ばれ、以来3ヶ月ごとに転院しながら入院生活をつづけています。病院がないシマ島では治療がつづけられないのが原因なのですが、故郷から遠く離れた場所を転々としながらザビパパがひとり病室で何を思うのか、考えただけで胸がしめつけられます。離島医療の厳しい現実を目の当たりにしながら、人生のしまいかたについて思いを馳せる日々であります。

 

いろんなひとの、いろんな人生に、いろんな風が吹いているものですね。もちろん、ザビ男とわたしの間にも。そんなこんなを考えながら2017年の終わりを静かに待つ、じじょうくみこでございます。

 

 

 

というわけで『崖のところで待ってます。』セカンドシーズンはこれにて終了となります。お読みくださりありがとうございました! なにしろシマ島の話は書くのに骨が折れるので、この「崖待ち」は充電期間を取りながら1クール更新する、というシーズン制を採用したく存じます。休み休みではありますが、ゆるーくながーくつづけていきたいと思いますので、こりずにおつきあいいただけると嬉しいです(^ ^)

 

それではまた近いうちに、またいつもの崖のところでお会いしましょう。

メリークリスマス&よいお年を。じじょうくみこでした!

 

 

text  by  じじょうくみこ

illustrated  by  カピバラ舎

 

クリスマス楽しくないわークルシミマスだわーというかたは、2ndシーズンまとめてどうぞ〜

 

2-1 ハーフセンチュリーは嵐の季節。

2-2 シマ島の2年目は、モヤモヤから始まった。

2-3 恋わずらいみたいになって、あのひとにメールを書いた。

2-4   あのひとは言った、「未来のためにはアレを焼け!」

2-5   島暮らしってサバイバル。だって、ハブとマングースのはざま。

2-6  はじめての友だちは、秘密のにおいがした。

2-7   彼女はウソを愛している、たぶん全力で。

 

クリスマスどころか年末まで忙しいわー忘年できないわーというかたは、『崖待ち』全14編まとめ読みシルブプレ〜→『崖のところで待ってます。』

 

いや冬休みやることないし? ヤダなんだかくさくさするわ? というかたは第1シリーズ『崖天』読み返してみます? 100本ほどございますわ?→『四十路独女じじょうくみこの崖っぷちほどいい天気

 

もうもうこうなったら全編読破しないと気が済まなくなってきたわ? という完璧主義者のあなたは、第2シリーズ『オバサマー』全43本もいっちゃいます?→『じじょうくみこのオバサマー


じじょうくみこの崖のところで待ってます 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • はしーば

    崖待ち2ndシーズン、投了、おめでとうございます。
    2年連続で喪中の我が家では暮れも正月も境が曖昧なまま、ひたすら掃除洗濯で終わってしまいそうなんで、合間のひと時、崖天ファーストシーズンから読み返して、ハラハラドキドキを味わい直そうかと目論みちゅうです。

    カオスに負けず、よいお年をお迎え下さいませね🌅

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>はしーばさま

    大変遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします〜。
    穏やかな新年を迎えられたでしょうか。
    今年は天気も良く、すがすがしい年明けでしたね。

    そんななかシマ島は容赦なく波乱の幕開けを迎えております。
    ネタが次々と生まれて追いつきません!
    今年もどうぞおつきあいくださいませ。

  • びゃくだん

    お久しぶりですー。お元気ですか?じじょくみさんの新しいシリーズ、始まらないかなー、と楽しみに待っとりますよぉ。

    最近の私はじじょくみさんがリンクを張ってくださっていたフェリシモでの通販にはまっております。
    真夜中のポチは危険ですねー(汗)
    こないだなんて、夏向きトップスの福袋的なものを購入してしまいました。自分では絶対選ばないであろう品物たちが届いて、いざ袖を通したら意外に着映えする服だったりしまして。
    新たな面白さに目覚めてしまいました~f(^ー^;

    体調はゴフジン様も憩室炎のケイちゃんも何とか飼い慣らしております。
    婚活は…どうしたもんですかねー(苦笑)
    負け犬の遠吠えの作者さんもパートナーさんに出会われたそうで、私にもそんな出会いがあるといいなーと願っておる次第です。
    ではでは、暑さに気を付けてシマ島で奮闘なさってくださいませ‼
    m(._.)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

猫のさよなら

50代、男のメガネは

父の七回忌、写真の配置

OIRAKUのアニメ

第17回 海獣の子供

今週の「どうする?Over40」

「日常の平穏」は、いつだってホラー映画のオープニング。

日々是LOVE古着

自分でサイズ直し

黒ヤギ通信

ムーミン谷の仲間

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

mikityさん、チークの位置が古いです。

カレー記念日 今週のおかわり!

枕買ったら 目がよく見えるよ (当人比)

いどばた。

笑いをかみ殺したハナシをしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.25 ほむほむの後継者は、いま話題のあのヒトだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

切る覚悟:ねぎ酢だれ唐揚げとおまけの一品

わたしをライブに連れてって♪

おだやかな時間

これ、入るかしら?

vol.60 またまた髪について

絵手紙オーライ!

雨の日も また楽し。

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

四十路犬バカ日和

一年経って令和になって

KEIKOのでこぼこな日常

日本語って奥深い

昭和乙女研究所

昭和のあの町はどこへ…

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

貫禄十分

猫No.12  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

貫禄十分

猫No.12  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up