1月18日はカレー記念日

カレー記念日

お年賀の菓子 食べきってから ダイエット

1月18日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこの崖のところで待ってます

サヨナラの島と、ムッちゃんのこと。

みなさま、ごきげんよう。台風一家の青空とともに、あなたに秋の金風をお届けしたい、じじょうくみこでございます。諸般の事情で2か月ほどお休みしてしまいました、ご無沙汰失敬でございます。

さてさて、東京からシマ島に移住して5年が経過しましたが、この島で5年過ごしてみてしみじみと思うことは、

思った以上にサヨナラが多い

ということでしょうか。

シマ島は外洋に浮かぶ小さな島なので、人口はもともと少ないほうです。おまけに日本の最先端をいくスーパー高齢化社会。生まれる人より亡くなる人のほうが圧倒的に多く、冬になると葬式のハシゴが当たり前という世界です。昨日まで元気に畑仕事をしていたおじいちゃんおばあちゃんが、今日には亡くなってしまうってこともよくあることです。

また全国屈指のへき地なので、役所や学校、診療所に警察署といった公共機関には先生や駐在員さんが本土から派遣されてきます。駐在さんたちは任期が決まっていますので、当然ながら任期が終われば島を出ていきます。つまりは来る人と同じ数だけお別れがあり、そのサイクルが1年に何度もくり返されます。

そして最近どうも離島ブームが起きているらしく、シマ島にも旅行者が増えてきました。リゾートホテルや観光ツアーなどがない素朴な島なので、マップ片手にウロウロしている旅人と遭遇する機会がとても多く、仲良くなって一緒に飲んだり遊んだりするのもよくある話。でも、当然ながら旅人は明日には去ってしまう人なわけで、観光シーズン中はしょっちゅう港へ見送りに行くことになります。

たぶん前世は船で死んだんじゃないかってくらい船の見送りがつらい

いやはや、この5年でいったい何十人、港で見送ったことでしょうか。まさかこんなに見送る人生になるとは思ってもみませんでした。昨日出会った人でも、やっと仲良くなった人でも、別れはいつも等しくさみしい。何度経験してもいっこうに慣れなくて、こんな思いをするならいっそ仲良くならなければよかった、と思うことすらあります。

そして、出ていく人は「またすぐ来るよ!」なんて罪なことを言うんです。本当に戻ってくる人はほとんどいないってこと、島民5年目のわたしはもう知ってしまったんだよなあ。

それよりなによりいちばん多いのが、島を出ていく島民かもしれません。学校を卒業して島を出る子どもたちは、大手を振って笑顔で送れるからまだいいの。地味にドンヨリするのが「知らないうちにいなくなっていた島民」のケース。病気の治療に行く人、離婚して出ていく人、親の介護のために実家に戻る人、子どもの進学に付き添うお母さん。

こういう人たちは誰にも言わずにひっそり島を出て、ほとんどの場合、二度と戻ってはこないのです。

気がついたら消えてたっていう、一番こたえるパターン

シマ島人の「来るもの拒まず去るもの追わず」的な淡泊さというか距離感に、引っ越したころは(拒絶されているのかなあ…)とずいぶん悩みましたが、今はちょっと、わかってきた気がします。島の人たちはずっとこういう別れを嫌というほどくり返しているから、たぶん心の奥の深いところで

「だって、どうせいなくなっちゃうんでしょ」

と思いながら人と接しているんじゃないかなあ。

そんな風によそものに淡泊なシマ島で、ひとりだけとても地元民に慕われている移住者がいました。その人の名は、ムギタさん。大きなカラダにビア樽みたいな腹をふるふるさせ、くりっと大きな目と人なつっこい笑顔が印象的な兄さんです。

兄さんといってもわたしより1まわり以上も年下なんですが、なんともいえない愛くるしさから「ムッちゃん」と呼ばれていたその人は、わたしの少し前に奥さんと小さい娘さんを連れてシマ島に移住して、小さな居酒屋を営んでいました。シマ島には不動産屋さんがなく、島の人も他人に家を貸したがらないので、縁もゆかりもない移住者が島でお店を開くこと自体が本当に珍しいことのようでした。

ムッちゃんはなんというか、人を楽しませるために生まれてきたんじゃないかと思うほど天才的な対人スキルの持ち主でした。一度会った人の顔と名前はぜったいに忘れないし、どんな味が好きで酒の濃さはどれくらいか、ひとりひとりの好みが全部頭の中に入っています。お皿を取り換えたり、ドリンクのおかわりを聞いたりするタイミングも絶妙。

ケンカを始めた酔っ払いや、難癖つけてくる厄介な客も、ムッちゃんが間に入ると最後には肩を組んで親友になっている、みたいなミラクルを幾度となく目にしました。一緒に酔っぱらって道のど真ん中で寝ていたり、客から代金をもらい忘れる、なんてこともご愛敬。

なんかいいイメージ写真なくてごめん

濃厚なムラ社会の人間関係や面倒な掟もちゃんとわかっていて、率先して消防団に参加したり、島の行事にも率先して手伝ったり。ムッちゃんが宣伝部長として活躍するPRイベントはいつも大賑わいで、ムッちゃん会いたさに島へやってくる旅行者もどんどん増えていきました。

何かというと「オレ、バカだから。中退なんで」というムッちゃんですが、国内外を転々として、なかなか危ない橋もわたってきたらしい彼の話は何度聞いても面白くて新鮮な驚きがありました。何を話しても受け止めてくれるムッちゃんに何度、愚痴を聞いてもらったことか。どうやらそれはわたしだけじゃなくて、いつのまにかムッちゃんは島のリーダーたちにも頼られる存在になっていたのです。

そんなムッちゃんに異変が起きたのは、おととしの秋のことでした。

すみません、長くなってきましたので1週間後に後編を公開します〜!

text  by  じじょうくみこ

illustrated  by  カピバラ舎

*「崖のところで待ってます。」は毎月第1土曜日更新ですが、今回と次回のみ変則的な公開になっています。

じじょくみnote始めましたが滞ってます→


じじょうくみこの崖のところで待ってます 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • kokomo

    あ、あ、あー、続きが気になって仕事が手につかない!!

  • はしーば

    つかなーい!
    1週間の悶絶、ここにもいます。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>kokomoさま

    コメントありがとうございます!
    引き伸ばしてもうしわけございませぬっ!
    もうすぐ後編書きますので少々お待ちを〜。

    >>はしーばさま

    コメントありがとうございます♪
    ほんとすみません! お待たせしております〜。
    もうすぐ!すぐまいりますので(蕎麦屋の出前)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第60回 王様ランキング

今週の「どうする?Over40」

侮れない。家の「細かな修繕」というハードルの高さ。

黒ヤギ通信

3度目の寅年

カレー記念日 今週のおかわり!

まだまだこれから 米寿の父が言いました

絵手紙オーライ!

大津絵はたのし。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.53 今年初のヒット本はこれだ

50代、男のメガネは

奈良の山の中で聴くサッチモちゃん。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

新年早々狼狽える:干し柿の天ぷら

日々是LOVE古着

おばの遺品の色づかい

昭和乙女研究所

昭和の中学生のクリスマス会

出前チチカカ湖

第175回 本当はそんなに好きじゃなかった。

なんかすごい。

青天の霹靂

いどばた。

小さな工夫を見せ合いましょう。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

これ、買った!

お雑煮用の椀、買った!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

薔薇男爵

猫No.3  by 爽子

猫大表示&投稿詳細はこちら!

薔薇男爵

猫No.3  by 爽子

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up