4月13日はカレー記念日

カレー記念日

足の爪 お腹がつかえて切れないじゃん

4月13日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミカスの今日の料理 昨日の料理

よそはよそ、うちはうち: 玉子焼きのちょいコツ

よそのお家でご飯をごちそうになったり、友達と家ご飯の話をした時に、
「へっ?何それ?」
って驚いたことはありませんか?

「友達のうちでカレーをごちそうになったら、椎茸が入ってたの・・・」
と、少し呆然とした様子で話してくれた友人がいます。
ある知人は
「醤油をたっぷり入れた生卵にすき焼きをつけてさぁ・・・」
と、当たり前のように言いました。
食後にお茶を出したら
「前々から聞こうと思ってたんだけど、ミカスちゃんってどうして食後にお茶を出すの?」
と聞かれたこともありました。
その度に「へっ?何それ?」と驚いたものですが・・・
椎茸カレーも、醤油生卵付けすき焼きも、食後のお茶にびっくりも、
ある人たちにとっては何も不思議ではないことなのです。

うちにはうちの、よそにはよその食がある。

私、「よその食の話」を聞くのが大好きです。
そりゃあ、カレーに椎茸は入れないし、すき焼きの味をまろやかにするための生卵に
醤油入れちゃったら元の木阿弥じゃねえの?とも思います。
でも、考えたら、食に絶対的な正解ってないんですよね。
住む地域、両親の出身地、そしてそれぞれの家族の状況によって違ってくるのは当たり前。
そう思うと、よそんちのご飯の話って本当に面白い。
思いがけないヒントになることもあるものです。

ところで、「卵焼き」と言われて皆さんが思い浮かべるのはどんな味のものですか?

我が家の卵焼きは、隠し味に塩を加えた甘いものです。
子供のころからそれを食べ続けてきた私の頭の中には、「卵焼きは甘いもの」という
概念がどっしりと腰を据えていました。
ところが、大人の階段を上った私の目の前に、だし巻き卵なるものが現れました。
甘くないじゃん、これ…。
そして、混乱する私に追い打ちをかけるように、
「卵焼きは塩味に決まってるじゃん」と、「太陽は東から昇って西に沈むじゃん」レベルで言い切る人が出てきた日には、もう、何が何やら。

卵焼きパニーーック!!

panic

 

そして私は知ったわけです、「うちにはうちの、よそにはよその食がある」ってね。

天ぷらにソースをかけますか?―ニッポン食文化の境界線 (新潮文庫)  ←そういえば、こんな本もあるよ

きっと皆さんにもよその食に驚いたorうちの食に驚かれた経験があるはず。
そして、皆さんのおうちの卵焼きルールも。
そこでおうかがいしたいのですが、
1.よその食に驚いたことはありますか?逆に、うちの食について驚かれたことはありますか?
2.あなたのおうちの卵焼きは何味ですか?

さて、そんなわけで「今日の料理」は、第二弾にしてかなり手抜きの「卵焼きのちょいコツ」です。
すでにご存じの方はごめんね、ごめんねー。

 

『卵焼きのちょいコツ』

tamagoyaki

 

 

 卵は加熱すればするほど固くなりますね。
 もちろん、卵焼きだって火を加えればどんどん固くなっていく。
 でも、できればふんわり仕上げたい、だけど焼きが甘くて卵液が流れ出るのは困る。
 そんなときには、水をちょいと加えましょう
 量としては、卵3個に50cc

 勘のいい方なら既にお気づきと思いますがこれ、だし巻き卵の要領です。
 だし巻き卵が普通の卵焼きよりもふんわりしているのは、だしではなくて水のおかげ。

 当然、水を入れた分、いつもよりも甘さや塩分が薄くなってしまいますので、
 調味料の量は味見をしながら調節してくださいね。

 

よく「これが最後の食事だとなったら、あなたは何を食べますか?」って質問がありますが、
私は、白いご飯、だし(東北の漬物)、自分で作った餃子、そしてネギ入りの甘い卵焼きかな。
まぁ、最後だなんて言われたら、小心者の私は食事どころじゃなくなっちゃいますが。

 

 


ミカスの今日の料理 昨日の料理 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • KO

    1 中学の家族旅行で京都に行き、だし巻き卵を食べてびっくり。卵焼きからだしが染み出てきてる!と驚いたものです。
    反対にびっくりされるのは、雑煮。
    具たくさんな雑煮があるなか、我が家はシンプルに餅とネギ。
    素うどんネギのせをイメージしていただくといいかも。
    具があると餅が味わえないじゃないか、ということらしいです。
    2子供の頃の卵焼きは塩味です。
    砂糖やみりんが入っていたかはわかりませんが、だしは入っているような。
    でも塩味がきいていました。
    甘い卵焼きを知ったのは大人になってから。
    今でも違う食べ物のように感じてしまいます。

  • nao

    初めまして、naoと申します。

    私が驚いたよそのお宅の料理は、なるとと白菜の入ったシチューでした。
    いや美味しかったけれども(笑)

    卵焼きはうちも甘くって、高校時代友達のお弁当のだし巻き玉子を食べたときはひそかに本当にビックリしました。みな意外とオリジナルな料理を作ってるんだなーと感心します。

  • ミカス

    ミカス Post author

    naoさん
    はじめまして。
    白菜の入ったシチューですか。
    我が家では白菜のクリーム煮を作るので、意外な感じはあまりしないかもしれません。
    って感じで、やっぱり食の習慣って人それぞれなんですね。

    甘い玉子焼きに慣れた身には、だし巻き玉子って割とショッキングですよね。

  • ミカス

    ミカス Post author

    KOさん
    そうだ!お雑煮もそれぞれの特色が表れるものですよね。
    K具がネギだけのお雑煮。シンプルだからおだしの味が重要になってきますね。
    なかなか通好みかも。
    ちなみにうちのお雑煮の具は、鶏肉、小松菜、なるとです。

    塩味の卵焼きを食べてきた人には、甘い卵焼きはおやつのように感じられるのでしょうか?
    我が家の卵焼きはしっかり甘いのですが、KOさんのコメントを見て、塩味のものを作ってみようかなと思いました。

  • mikity

    mikity

    よそのうちで驚いたことの第1位は、
    桃を切り分けて食べること!
    そんなの当たり前だよって言われそうですが、
    我が家では長いこと桃は皮をむいたら、一人一個をむしゃむしゃとお汁をこぼしながら食べるのが習慣だったのです。ワイルドでしょ~
    桃って切るものなんだ~って驚きました。

    あとスイカ。スイカにお塩かけるのもびっくりしたわ。せっかく甘いのに何で塩??ってね。
    あとあと麦茶にお砂糖もびつくり。

    あら、どれもお料理じゃないわね(笑)

  • ミカス

    ミカス Post author

    mikityさん
    やっぱり色々ありますね〜。
    桃、家族で食べる時は切り分けますが、1人だったらかぶりつきです。かぶりつきの方が贅沢な感じがします(笑)
    スイカに塩はスイカの甘さが増すので、有り。
    麦茶に砂糖は初めて知った時びっくりしました。
    やっぱり、食の違いって面白いですね。

  • ゆうちゃ

    はじめまして。ゆうちゃと申します。
    お料理とは違うかもしれませんが、職場の先輩がタッパーにびっしりとおはぎを詰めてきて、おはぎのみのランチだったことがありました。米なので主食だそうです。炒飯弁当と同じイメージみたいです。
    おやつに分けてくれるのかな?というイヤシイ下心は打ち砕かれました~(笑)

  • ミカス

    ミカス Post author

    ゆうちゃさん
    はじめまして。
    ランチにタッパーびっしりのおはぎ!
    これまたすごいインパクトですね。
    おはぎを食事ととらえるか否か…これも興味深いところです。
    下心打ち砕かれたゆうちゃさんに幸あれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

カレー記念日 今週のおかわり!

始めた気分だけで浮かれる 4月です

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

50代、男のメガネは

学校の中におじいさんがやってくる。

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

なんかすごい。

春の匂いといえば

出前チチカカ湖

第167回 イメージがコロコロ変わる案件

これ、買った!

セブンスピロー買った!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

糖質制限

猫No.7  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

糖質制限

猫No.7  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up