1月27日はカレー記念日

カレー記念日

万能の言い訳 「なんか疲れたわ」

1月27日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

帰って来たゾロメ女の逆襲⑭ ~【雑著049】とはなにか&場外乱闘編のお知らせ、の巻~

   

先日の別冊の懇親会は楽しゅうございました。

無尽蔵のネタ保有者&話し上手ぞろいの参加者の中、私はほぼ聞き役にまわって至福の時間を過ごしたのですが、それでもちょこっとだけ図書館ネタを開示させていただいたところ、これが存外に好感触でした。

 

特に雑著(ざっちょ)という2文字は参加者の方々の心にヒットした模様。

(字面が似てますが「雑煮」ではありませんので念のため)

 

 

で、調子に乗った私は「これ、ゾロメ女でも面白がってもらえるかもしれない」というスケベ心を発動させ、今回早速、取り上げさせていただくことにしたというわけです。

 

さて、しばし図書館界隈の説明になりますが、お付き合い下さいませ。

 

図書館の本の背ラベルにはたいてい3桁(時々4桁まれに5桁)の数字が書いてあります。

これは図書館の分類法の数字で、公立図書館はNDCという分類法を採用している所がほとんどです。

左側から、類目→綱目→要目となっていて、数字が右側に行くにしたがって、内容が絞られていきます。

たとえば914だとすると、9は文学、1は日本文学、4はエッセイ・評論を表します。

そして、この数字が049で表されるのが今回の主役である雑著なのです。

Pile of Books

 雑著(ざっちょ)という言葉をご存知でしたか。

大辞林によると①いろんな事柄を書き集めた書物 ②書物の分類上、どの部類にも入らない書物、だそうです。

ここではぜひ②にご注目いただきたいと思います。

 

分類は原則的に本の内容で行なわれますが、著者の本業も基準になります。

たとえば、同じような身辺雑記やエッセイでも、音楽家が書けば76■の音楽、医者が書けば49■の医学、の分野に分類されるのが基本です。

ですから、②の「どの部類にも入らない」というのは、内容がひとつの括りに収まらないだけでなく、著者の本業が分類不可能、と判断された場合もあるということです。

 

そんなわけで、049の棚には、テレビの企画モノやインターネットで話題になって出版された、分野を特定できない本ばかりでなく、無名に近い、こいつの本業ってなんだよ?的な本もかなり並んでいるわけです。

049の代表選手といえば、以前は男性はみうらじゅん、女性は故ナンシー関でした。

登場した当初、まさに「誰それ?」だっただけでなく、有名になってからも、本業がひとつの枠に収まりきらない存在と見なされていました。

その確かな証拠が、いまだ両名の著作を図書館の049の棚で発見できたりすること、です。

ただ、世間の認知度が上がったり、何かの賞を獲ったり、はたまた国営放送にレギュラー枠を持ったり、亡くなったりすると、その著者は049から巣立って行ったりもします。

両名の本も最近では文学の棚で多く見かけるようになりました。

 

この現象、049ファンの私としてはちょっと淋しい気もします。

が、049は出世魚のスタートラインと、ここは涙をこらえて笑って見送ってあげたいと思います。

リリー・フランキーや爆笑問題も、以前は049の常連だったことを思えば、今後、彼らの軌跡を踏襲するのは誰かと書架を見て予想を立てるのも一興です。

 

というわけで、049雑著についての説明は以上です。

図書館員時代、私はこの分類の数字のゴロ合わせを考えることに血道を上げていました。

たとえば049は「世間を泳ぐ(049)雑著」みたいな。

School of Neon Fusiliers

彫刻史712を「無いに(712)等しい彫刻史」とゴロ合わせして、かつての同僚図書館員から顰蹙を買ったこともあります。

それだけでは飽き足らず、このゴロ合わせを小説(のようなもの)に仕立て上げたりもしました。

有名小説をもじったタイトルにし、中身の一部もその有名小説を彷彿させるという、拙いくせに自縛もキツい、自爆小説(のようなもの)でした。

 

 

それを、なんと無謀にも今回、この「別冊」上で連載させていただくことにしました。

 

連載決定までの経緯はいろいろある・・と言いたいところですが、実はありません。

先日の会合で、「別冊」を049雑著のように、ひとつのジャンルに括りきれないものにしたいよねという意見を聞き、だとしたら、今まで別冊にはない「完全なフィクション」を載せるのも面白いかも、と私が勝手に思っただけです。

 

タイトルは【帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 

連載図書館ゴロ合わせ小説】です。

・・・長っ!

 

現在、鋭意加筆修正中!

期待せずにお待ち下さい!?

 

by月亭つまみ

 

こんなブログもやってます。このたびめでたく100回を迎えました。ユルい気分のときにご覧下さい♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • わに

    30年以上前の話だから 時効よねぇん 
    ワタシが勤めていた 某大学図書館では
    先輩が 「めんどくせい」 と 判断した本も 『雑著』でした(笑)

    下っ端のワタシの仕事は 雑用 っ!! (司書教諭資格しかもってないの)

    当時は 目録カード なんてやつを手書きで作ったりしてました。。

    夏休みは 各研究室に貸し出してある本の チェック? 棚卸? が あるのですが
    実際に 研究室の書架に本がなくても 「教授が学生に貸し出してるんだろうな」っていう
    目測?妄想? で 『チェック済み』 に したり。。。。

    ああ・・・・・・ 時効よ時効・・・・・・・・

    手仕事図書館 は  送られて来た紀要の内容も 手書き分類
    めんどくせい作業。。。。
    でも
    手で書いて仕分けしてると なんとなく 覚えてて

    学生からの質問に
    「ああ それは △大学の○○年○号に 同じ様な研究が載ってたよ」
    って 即座に答えられたのよねぇ。。。。あの頃は若かった。。。

    今じゃ 自宅と実家の電話番号しか覚えてないけど 
    (つまり自分の携帯番号も覚えられない)・・・・・・・てへっ

    あっ 何が書きたかったかというと

    『図書館』って フレーズに 悶えてます    です

    【帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説】
    期待せずに・・・おいっ!!・・・・ 楽しみに待ってます。

  • つまみ

    つまみ Post author

    わにさま、コメントありがとうございます。
      
    3行目、大爆笑しました!!
    「めんどくせいと雑著」けだし名言! 
     
    私も専門学校の図書館で働いていたことがありますので、手書きの目録カードとか、アナログな曝書、棚卸し、なつかしいです。
     
    そして、そうですそうです。
    手書きで書いていたから、記憶も鮮明なんですよねー。
    私も若かったしなー(と遠い目をする)。
     
    ゴロ合わせ小説、くれぐれも期待しないで下さいませ(^_^;) 
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

昭和乙女研究所

昭和のレコード

カレー記念日 今週のおかわり!

まあいいか 全部カレーの せいにする

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第52回 とにかく風だ。

50代、男のメガネは

空の星が遠くなる。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

片付けられない女:れんこんの挟み焼

かわいいちゃん

バリアフリー

今週の「どうする?Over40」

アゼルバイジャンの夫妻に「天国は、果てしない労働によって手に入る居場所」と教えられる。

山あり谷あり再婚ライフ

同感したり、されたりで心が軽くなる時

なんかすごい。

時間は待ってくれない

OIRAKUのアニメ

第79回 REVENGER(リベンジャー)

黒ヤギ通信

ひと回り

絵手紙オーライ!

2023年はうさぎ年。

出前チチカカ湖

第186回 年末に悩ましいこと。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

いどばた。

今年のクリスマス、なんかします?

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

半睡半座

猫No.42  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

半睡半座

猫No.42  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up