1月22日はカレー記念日

カレー記念日

有名人 存命かしらと ググってる

1月22日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

帰って来たゾロメ女の逆襲㉓ ~【濡れ衣】ジャンルはじめました。「ジャッキーがんばれ」の巻~

どんなに寒くても着用したくない衣、それは濡れ衣です。

 

 濡れ衣というか、あらぬ疑いを扱った世界に弱いです。

がしっと「冤罪!」と言ってしまうと今ひとつアレなのですが(どれ?)、その系統の小説や映画へ感情移入しやすく、身に覚えのない罪に一緒に身悶えして、気がつくとぐったり疲労困憊していることもしばしばです。

・・文字どおり弱い。

でも「好き」という意味での弱い、でもあるのです。

そんなわけで【濡れ衣)】というジャンルをたった今立ち上げました。

以後、よろしくお願い致します(笑)。

 Snow on Autumn Leaves

まず浮かんだのはメジャーどころ、伊坂幸太郎の『ゴールデンスランバー』です。

濡れ衣のスケールのデカさ、こっちの身悶え度、はピカイチですし、伏線も人物の交錯っぷりも多重構造で本当に面白かったです。

ポイントポイントに理解者がいて、彼らが放つ珠玉の「わかってる」言葉や行動に溜飲下がりまくりというか、カタルシス感じまくりというか、とにかく堪能しました。

 

村上春樹のあの『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』も濡れ衣小説と言えると思います。

村上春樹の小説って、川島なお美の体内ワイン比率と同じくらい(古いネタ)、パラレルワールドと濡れ衣で出来ているんじゃないでしょうか。

濡れ衣のせいで孤独感にからめとられたパラレルワールドの「僕」がとっかえひっかえ出てくるような気が・・。

いえ、決して悪口ではありません。

 

山本周五郎の短編『四日のあやめ』もぜひこのジャンルに入れたいです。

五大主税介という武士のもとにある日喧嘩の助太刀の依頼が来るのですが、「私闘は武士道に外れたことと」と思った妻が、夫に知らせず使者を追い返してしまいます。

そのために主税介は臆病者、裏切り者の烙印を押され、非難と嘲笑を浴びることになり、さらに、私闘を演じた双方が和解をしたため、ますます窮地に追いやられます。

そのような状況で、主税介そして妻はどう思い、どうするのか。

・・シビれました。

Green Bamboo

次は【濡れ衣】映画部門ですが、今浮かぶだけでも『逃亡者』や『ショーシャンクの空に』や『グリーンマイル』、『シザーハンズ』に『ダーティハリー』『シベールの日曜日』などなど数多くあり、まだいくらでも出てきそう。

ある意味、【濡れ衣】ものは映画の本流ではないかと思うほどです。

その中から今回プッシュするのはジャッキー・チェンの『ポリス・ストーリー/香港国際警察』です

この映画でのジャッキーの悲壮感ったらありません。

そして、個人的にちょっとした思い出が。

☆彡☆彡☆彡

私の夫は長いこと空手をやっていたのですが、1990年代前半、よく道場の後輩の大学生が我が家に遊びに来ていました。

呼んでもいないのに押しかけて来ては月亭家の食料を根こそぎ食い尽くし、泊まって行くこともよくあって、私は時折

「アタシは相撲部屋のおかみさんかっ!」

と思ったものでした。

 ある年の正月など、大晦日から居座った彼らに家の食べ物をあらかた放出し、元日の朝にはなけなしの餅でお雑煮も作ったのに、その直後、全員で初詣がてら外に出、まずはお茶でも飲もうとファミレスに入ったところ、あろうことか彼らは「ホットケーキ!」「自分はハンバーグ!」と主食(?)を注文したのです。

あぜん。

「さっき食べた雑煮を返せ!」

という思いで憮然としていたら、

「先輩の奥さん!眉間にシワが寄ってますよ」

「腹が減ってるんじゃないすか?」

「コーヒーだけでいいんすか?」

「ホットケーキ少し食べますか?」

「オレのハンバーグもいいっすよ」

Raspberry Pancakes

「・・・・要らないよっ!!」

あ、話が逸れました。

彼らはとにかくブルース・リーとジャッキー・チェンが好きで、我が家でその映画鑑賞会になることもしょっちゅうでした。

その日も夫と私を含め、確か総勢5人で、この『ポリス・ストーリー』を見ていました。

話は佳境に入り、いよいよ濡れ衣を着せられたジャッキーの逆襲が始まりました。

身体を張りまくった危険なアクション、汗にぎるシーンの連続。

と、いちばん画面に近い場所で見ていたハセガワくん(福岡県出身。当時21才)がこうつぶやいたのです。

「ジャッキーがんばれ」

 

4人は顔を見合わせました。

「聞いた?」「聞いたよね」と目配せし合う4人。

ハセガワくん、完全に完璧に入ってる。

ふと手を見れば、こぶしをがっつり握ってるハセガワ。

爆笑する4人。

ハッとするハセガワ。

自分が今いる場所、つぶやいたせりふに気づき、真っ赤になったのでした。

ちなみに、そのときハセガワくんを含め我々がこの映画を見た回数は個別鑑賞も入れて、それぞれ10回は下らなかったと思います。

 

ハセガワくん、今でもあんなに純粋な気持ちで『ポリス・ストーリー』を見てるだろうか。

見ててくれるといいなあ。

 

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • ハラミ

    こんにちは!
    濡れ衣ジャンル、濡れ衣を晴らす系(どんな系だ)好きです。『ショーシャンクの空に』。コツコツやって日の目を見るというのがたまりません!(そう言う意味では「フランダースの犬」は悲しすぎます…)
    濡れ衣とは関係ないのですが、夫が学生時代「少年サンデー」を教室で回し読みしていて、友人A君が「こりゃ〜、達也野球やるで…」とつぶやいたそうで…。(『タッチ』が人気だった頃ですね)今でも話すほど衝撃(笑撃)だったようです。その場の皆目を合わせたものの笑いはこらえたようですが…。皆が当然と思っていることをつい口に出しちゃう人、純粋でとてもいい人ですよね。たぶん(^^)

  • つまみ

    つまみ Post author

    ハラミさん、こんにちは(^O^)
    そうそう。濡れ衣モノも、ちゃんと晴らす系じゃないと、もやもやの行き場がなくて困ります。
    『ショーシャンクの空に』はよかったですよねえ。
    >「こりゃ〜、達也野球やるで…」
    ウケました!A君、きっと素敵な大人になってますね。
    そういえば、昔友達が映画『スーパーマン』を見に行ったとき、終盤、近くに座っていた見ず知らずの人が「そうか。クラーク・ケントがスーパーマンだったのか」とつぶやくのを聞いたそうです。
    冗談なのか本気なのか判断ができない口調だった、と言ってたことを思い出しました。
    私は当時「それはあざとい!」と思いましたが、意外と本気で言っていたのかなあ。
    だとしたら申し訳ない、と今思いました(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケット・クラッカー

カレー記念日 今週のおかわり!

あのダンス マネできないの 速すぎて

なんかすごい。

ページの上の一日

50代、男のメガネは

なぜ、作らないのだろう。または、どうして卒業生が弱くなっていくのか、という考察。

わたしをライブに連れてって♪

ヘナとシルバーヘアとわたし

ミカスの今日の料理 昨日の料理

本当のことは経験してみないと分からない:はんたま

OIRAKUのアニメ

第44回 モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)

今週の「どうする?Over40」

「出前チチカカ湖」に作品を提供くださっている布絵作家・佐藤知津子さんの作品販売スタート!

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿①

いどばた。

缶にしまってるもの何ですか?

ワクワクしたら着てみよう

お久しぶりです~! 明るい髪色にしたくて自染め卒業しました♡

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.42 <極私的 ちょっとその展開、強引じゃね?大賞>

これ、入るかしら?

vol.75 秋に買ったもの

絵手紙オーライ!

幸福満ちる

これ、買った!

ブーツ型湯たんぽ!?

出前チチカカ湖

第164回 2020年の初めまして

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

2020年買ってよかったものあれこれ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

双頭之猫

猫No.neko94  by じゅにお

猫大表示&投稿詳細はこちら!

双頭之猫

猫No.neko94  by じゅにお

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up