1月21日はカレー記念日

カレー記念日

実は今 若いときより 筋肉質

1月21日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

第25回 年明け極私的特別企画◆ゾロメ女の本棚公開、の巻

 

年も明けて早、半月経ちました。
すでに1年の24分の1が終わったわけですが(うっとうしい人が年頭に使いがちな言い回し)いかがお過ごしですか。
本年もよろしくお願い致します。

そんなわけで、2014年第1回はなにかおめでたいテーマで!と思ったものの、これぞというものが思いつきませんでしたので、勝手にもろ肌を脱ぐひとり芝居感覚で我が家の本棚を公開させていただくことにしました。
昨年末、本棚だけはちょこっと(あくまでちょこっと)片づけたもので。

私は「趣味は読書」ですが、ディープな読書家ではありませんし、本をなりわいにしているわけでも、蒐集癖があるわけでもなく、読んでいる本の多くは近所の公立図書館で借りたものです。
ですから、ヒトサマにお見せするような本棚ではないのですが
①自分が人んちの本棚を覗くのが大好きであること
②その場合の「人」は、何かの専門家やマニアより一般「人」の方が面白いと思っていること
を鑑み、一般人であることにかけては人後に落ちない自分のそれを公開してみることにしたというわけでございます。
よろしければおつきあい下さいませ。(写真はクリックすると拡大されます。・・あら、大きくなると存外に恥ずかしい)

 

本棚3

↑これが露出部分のほぼ全景です。
ちなみに、夫(50代なかば。O型。ガテン系自営業ときどき楽器演奏)と私の本が混在しています。
 写っていない最下段には雑誌や大型本が入っていますが、手前にソファがあるため、どかさないと取り出せません。
使い勝手悪し。
 
右側の垂れ下がった布はサイレントコントラバスのケースの一部です。
ここしか置き場所がないので置いてますが、はっきり言って邪魔です。
ちなみに、中身は知人に貸出中。
このケース、黒くてデカくてとても圧迫感があるので、上半身だけベージュの布でくるんでみました。
付け焼刃的対処法。

現在、使用している本棚はこのふたつですが、以前は4つありました。
部屋が本棚まみれで余白に欠けたので10年ほど前に大々的に本を整理したのですが、それでも2つでは収まり切らず、全ての段が手前と奥の2列置き構造になっています。
元図書館員の風上にも置けない使用方法。

奥の本が取り出しやすいよう、手前の本は靴箱などの空き箱に入れているのですが、どうしても奥は死蔵本になりがち。
今回のお片づけでも奥はほとんど手つかずのままです。
よって、奥は地味な、何年も寝かせた熟成本コーナーとなっております!?
 もしかしたら、ここに写っていない奥の本にこそ、持ち主の深層心理が露呈しているかもしれません・・なんちって。

とにかく、収納のプロや災害時家庭内事故防止委員会(そういうものがあったとして)からは「言語道断!」と叱られそうな本棚です。
しかも、2列置きにしても入りきらないので、筒井康隆全集やD.フランシスの「競馬シリーズ」、写真集、マンガ『ナニワ金融道』シリーズ、『20世紀少年』などが、部屋の片隅や隣の部屋に別置されています。
要するに、本棚を減らしても余白のなさに変わりはないやんけ!なのですが、その事実が夫と私の間で話題に上ることはありません。
長く夫婦をやるコツは、触れないこと、気づかないふりの見極め、と年々思い知るわけですね。

本棚4
↑このあたりは8割がた夫の本。
村上春樹や伊坂幸太郎は私も好きですが、買うのはほぼ夫。
夫は、本は買って読む派なので、借りまくっている妻を若干うさんくさげに見ていますが、そこはそれ、何も言ったりはしません(苦笑)。

ところで、図書館員時代、本のしおり(スピンorひも)は、引っかかって切れたりしないように本体の中に入れ込んでから配架していたものでしたが、家では全くやっていません。
だらっと出しっぱなし。
 ↓そんななか(?)、誉田哲也「武士道シリーズ」のしおり(スピンorひも)はめでたい紅白2本組なのであった、と気づきました。

本棚1

本棚2
↑そしてここには座右の書『エースをねらえ!』全18巻。
10代から折に触れ読み続けているので、初代はボロボロになり、20年前ぐらいに買い直しました。
これは2代目です。
隣の『横浜ラブ・コネクション』全3巻(わたべ淳)も古いマンガですが面白いですよ。

ここで突然ですが、夫が買った『ピアノの森』問題について言及。
大々的本の整理後に全巻買ったらしいのですが、どうしても、どーしても1~3巻が出てきません。

我が家ではときどきこうしてモノが忽然と消えるのです。
夫婦で話し合った結果、どうも家のどこかにブラックホールがあるらしい、という結論に達し、それ以来、モノがなくなっても「ブラックホールに行っちゃったんだからしょうがない」とカンタンに諦めるようになりました(バカ夫婦)。
このブラックホールは、最初に忽然と消えたモノにちなんでスノトレワールドと呼ばれています。 ※スノトレ=雪道用スノートレッキングシューズ・・と注釈を入れるほどでもないですね。

そんなわけで、月亭家の本棚公開でした。

本棚公開、恥ずかしさもありますが、少しだけ清々しさも感じました。
ヌード写真集を出す芸能人の気持ちがちょっとだけわかった気がします(ホントか自分)。
よかったらみなさんもいかがですか。

あらためて、今年もよろしくお願いします。

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

一般人の本棚では飽き足りない方にはこんな本↓はいかがでしょうか。

 

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    思いきって(笑)公開されましたね!
    つまみさんちの本棚、どんなだろう?と思ってました。
    スペースが限られると二段置きですね。ページの上の方が黄ばんだ本が、奥にあるんですよね。
    子どもが家にいた頃は、百科事典や辞書、画集、新書、小説本、マンガ(単行本)など、全てリビングルームの本棚に並べてました。何を手にとっても良いようにと。引越しや震災後、かなり処分しましたが。

    男たちは北へ、読んでみたいのですが、図書館に無かった…。年末に図書館や書店でつまみさんの紹介本を入手された方がうらやましかったです。
    あ、そうだ。
    昨年読んだ本ですが、小川洋子さんの原稿零枚日記が印象に残ってます。昨年文庫がでました。
    活字も大好きなので、今年も楽しみにしています。

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん、凡庸な本棚でスミマセン(笑)。
    そうですそうです。奥は黄ばみきっていて、ページをめくると鼻がむずむずします。
    ホコリよけに、本棚の前面にカーテン(のれん?)的な布を付けていた時期もありましたが、やはり視界に入らない本は仮死状態になるなあと外しました。
     
    『男たちへ北へ』、頼みの綱の図書館にもないのですね。
    我が家のをお貸ししたいくらいです。
     
    小川洋子さん、それはまだ未読です。
    読みますとも!
     
    今年もよろしくお願いします!!

  • つまみ

    つまみ Post author

    ↑男たちへ北へ、だって(^_^;)

    男たちと北とに並列に問いかけてどうする!?でした。

  • okosama

    意味のないタイプミスは気になりませんよ(笑)
    マンガが見えたので再びコメントします。
    エースをねらえが座右の書とのこと。
    記憶違いでなければ、テニスをなさるのでしたね。テニスの指南書ですか?それとも何度となく手にとって、気持ちを立て直したり、癒されたり、なさる?
    後者の意味では私の場合、浦沢直樹画のマスター・キートンですかねぇ。

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさま
    「エースをねらえ!」は、テニスと縁がなかった中学生の頃から読んでいますが、若い頃はストーリーを追って、若くなくなってからは人生訓みたいな感覚で、読んでいるような気がします。
    そうですね、後者ですね。
    あまりにもレベルが違い過ぎるからか、テニスの指南書としては読んだことがありませんが、今でもテニス中に「お蝶夫人になりきる作戦」で、「ひろみ、遠慮なく向かって来なさい!」と言ったりします。
    バカ丸出し。
     
    マスター・キートン、なるほどお
    浦沢直樹っていろんなマンガを描いてますねえ。

  • わに

    好物です。 覗き見大好きです。 本棚公開だなんて。。。ほんと ありがとうございます。

    ところで
    なんで 「私が殺した少女」が2冊あるのか 気になってしょうがない。。
    たしか 『上・下』 とか 『1・2』 とか なかったですよね (ワタシが知らないだけ?)

    同じ本が2冊。。。ああ 妄想が膨らむぅ~

    本棚と言えば。。。。あれは本棚なんだろうか 積み重ねているから 『本の漬物』?
    お亡くなりになった内藤陳さんの お部屋の写真は衝撃的だった。。。。

    あっ
    ちなみに ワタシがバッハになる時(謎) 参考にしたのが この本
    http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4636814932/ref=dp_image_text_z_0?ie=UTF8&n=465392&s=books
    で 結果が これ(笑)
    http://ameblo.jp/wani-mama/entry-11423718634.html

  • つまみ

    つまみ Post author

    わにさん、鋭い!
    2冊、見つけちゃいましたか。
    そうです。『私が殺した少女』は上下巻モノではありません。
     
    これもフシギなんですよねえ。
    気がついたら2冊あったんです。
    もしかしたら我が家って、モノが消えるブラックホールだけじゃなく、モノが増えるホワイトホールもあるのかもしれません(笑)。
    ま、「すごく面白かった」と作者に2冊分の印税で敬意を表したということにさせてください。
     
    実はここに写っている中に、もう1組同じ本があります。
    単行本と文庫、というのではなく。
    これも、今回の撮影(?)で気がつきました。
    気がつく方、いるかなあ。
    そしてやっぱり、ホワイトホールですかねえ。
     
    『絵本で読むバッハ』、私もめくったことがあります!
    これを参考にされたのですか。
    楽しそうです♡

  • わに

    1 2 3 4 5 6 7 7 9 10

  • okosama

    三たび、失礼します。
    わにさんご紹介の絵本、気になります。当時の様子が分かるのですね。こういう勉強になる絵本、持っていませんでした。
    つまみさんの二冊ある本、みつけましたよ。早々と答えを言うのはやめておきますが…、名作と言われてますね。我が家にも同じ本有りました。そしてやはり、かぶってました(笑)古本屋さんをハシゴしてる間に、どれを買ったのか分からなくなるんですよ。

  • つまみ

    つまみ Post author

    わにさん、あ、カンタンにわかっちゃいましたかね(^_^;)
    ここには写っていない中にも、ホワイトホール本はいろいろあります。
    あくまでも、異空間からやってきたということで。

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん、何度でもいらして下さいまし。
    あらやはり、見つかってしまいましたか。
    そうなんですよね、特にシリーズものやタイトルが似ているものは、どこまで、どれを買ったかわからなくなってしまうのですよね。
    私はナンシー関さんが大好きなのですが、何シリーズなど、もうまさに「何が何だか」状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

ページの上の一日

50代、男のメガネは

なぜ、作らないのだろう。または、どうして卒業生が弱くなっていくのか、という考察。

わたしをライブに連れてって♪

ヘナとシルバーヘアとわたし

ミカスの今日の料理 昨日の料理

本当のことは経験してみないと分からない:はんたま

OIRAKUのアニメ

第44回 モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)

今週の「どうする?Over40」

「出前チチカカ湖」に作品を提供くださっている布絵作家・佐藤知津子さんの作品販売スタート!

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿①

カレー記念日 今週のおかわり!

考えた 次の仕事は 渋かった

いどばた。

缶にしまってるもの何ですか?

ワクワクしたら着てみよう

お久しぶりです~! 明るい髪色にしたくて自染め卒業しました♡

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.42 <極私的 ちょっとその展開、強引じゃね?大賞>

これ、入るかしら?

vol.75 秋に買ったもの

絵手紙オーライ!

幸福満ちる

これ、買った!

ブーツ型湯たんぽ!?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

2020年買ってよかったものあれこれ

出前チチカカ湖

第164回 2020年の初めまして

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

昭和乙女研究所

お菓子編 復刻してほしいもの

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

暗闇凝視

猫No.15  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

暗闇凝視

猫No.15  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up