4月16日はカレー記念日

カレー記念日

マスク会食 脳トレ以上に難しい

4月16日はカレー記念日

爽子

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

第26回 若き日のカミングアウト☆そこにはロマンポルノがからむのだった、の巻

森田芳光監督といえば、1980年前後から30年強、文芸作品やアイドル映画、御大のリメイクを含めた時代劇、ミステリー、などなど多彩なジャンルの映画を撮った人ですが、あの『家族ゲーム』を撮る前に日活ロマンポルノを撮っていたことは意外と知られていないのではないでしょうか。

Peach Dessert in a Punch Bowl

1980年代前半、短い期間ではありましたが、私は弱小芸能プロダクションで事務員をやっていました。
そもそもは芸能界などとは全く無縁の会社でアルバイトをしていたのですが、そこの社長がなぜかある日突然、止しゃあいいのに芸能プロダクションのオーナーに就任するという暴挙に出て(あぜんとしました)、末端構成員だった私がたぶん末端構成員だったゆえに新事業部(?)にスライドさせられたのです。

安直な人事から1ヶ月ほどが過ぎた頃、プロダクションに吉報がもたらされました。
所属タレントの1人、今でいうところのグラビアアイドル的存在だったOさんが、森田芳光監督が初めて撮る日活ロマンポルノの主役に抜擢されたのです。

当時、森田監督といえば、劇場デビュー作『の・ようなもの』大評判の記憶も覚めやらぬ、新進気鋭の若手映画監督。
2作目はアイドル映画で、3作目がこのロマンポルノでした。

考えてみると、当時は、根岸吉太郎、東陽一、藤田敏八、神代辰巳などなど、ロマンポルノと一般映画を自由に行き交う監督がたくさんいました。
ジャンルに縛られない、ボーダレスな時代だったのかもしれません。
映画業界全般の懐が深かったということもあるでしょうか。

「ロマンポルノ」というネーミングひとつとっても、AVとかR指定などのように無機質で限定された感じではなく、ぬくもりや余裕があって、あらぬ妄想や想像力の間口が広いようなイメージがあります。
昭和に対する郷愁ゆえに過大にこの言葉を美化しているのかもしれませんが、いいネーミングだと思いませんか、ロマンポルノって。

とにもかくにも映画はめでたく完成し、日活本社の試写室で完成披露試写会が開催されることになりました。
私もOさんのカバン持ちとして試写会場に同行しました。

映画監督イス

試写会での森田監督はハイテンションでした。
まるで、ポルノ映画の監督という夢が叶ってうれしくてしょうがない近所のにいちゃん、みたいにはしゃいでいました。
開場時には自ら入口に出てきて、来場者に向かって高らかに「じゃんけん大会をしま~す!勝った人に映画のポスターを差し上げます!」と宣言し、率先してその「大会」を仕切っていました。(その後、映画を見て、この「じゃんけん大会」は映画のモチーフのパロディだと知りました)

一方、Oさんはちょっと緊張しているように見えました。
自己顕示欲も上昇志向も一般人とは明らかに違っていたとはいえ、ロマンポルノ初主演、しかも監督はあの森田芳光、というのは相当なプレッシャーだったのでしょう。

私はその日、Oさんから漏れ出ている覚悟や気合に圧倒されてもいました。
そして周りを見渡せば、舞台裏の誰もが皆、自分の持ち場で忙しそうに動き回っています。
なんだか自分だけ間違った場所に紛れ込んだような、もっといえば自分だけ価値のない人間のように思えました。

完成披露試写会が始まりました。
進行役がスクリーン前に登場してナンダカンダ話している、そのソデではOさんと監督が待機し、少し離れたところに私がいました。

そんな中、不意に監督が私の方を向き、「あなたはOさんの付き人さん?」と言いました。

Oさんにくっついてる、化粧っけもなく愛想もない小娘の存在が気になっていたのかもしれません。
私は大学時代に、上野駅で家出してきた中学生に間違われるという輝かしい経歴があったので、監督の目にもいたいけな未成年(!)ぐらいに映って奇異だったのかもしれません。
もしかしたら、Oさんの緊張をどうでもいいことで和らげようとしたのかもしれません。

私の脳裏にはそれらの憶測が一気に浮かびましたが、何か気の利いたことを返せるわけもなく、口をついて出たのは「いえ、事務所の事務員です」という一言だけでした。
森田監督は私の返答を聞くと「事務所の事務員」と復唱し、声を上げて笑いました。

まるでその笑い声が合図だったかのように2人は舞台に呼ばれ、その後私は、森田監督と言葉を交わすどころか、顔を合わすことはありませんでした。

後日、Oさんが「森田監督が『事務所の事務員さんによろしく』って」と言いました。
私は一瞬、あのときなぜ監督はあんなに笑ったのかOさんの意見を聞いてみたい気がしましたが、どんなコメントを聞いても落ち込みそうな気がして、「そうですか」とだけ言いました。

Movie Popcorn

あれから長い時間が流れました。
昨年末のある午後、ラジオで誰かが「今日は森田芳光監督の命日です。もう三回忌なんですね」と言っているのを聴きました。
年が明け、このサイトのメンバーに、ひょんなことから自分が芸能プロダクションで働いていたことがある、とカミングアウト(?)しました。
そして同じ日に、引退したとばかり思っていたOさんが某週刊誌最新号でグラビアを飾っていることを知りました。

この流れは【帰って来たゾロメ女の逆襲】で書けという啓示でしょう・・たぶん・・きっと・・もしかしたら・・。

ご静読ありがとうございました。

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


↑実は未読です。これを機に読んでみようと思っております。

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • あ き ら

    こんばんは。ワタシが只の映画の観客として知る限りでは、森田監督はそのような時にはハイテンションで、甚だしく不器用で、空気が読めないところがあり、思いこんだら子供のような、そんな方だった気がしています。制作発表だというのに観客に総すかんを食うようなことを言いだしかねないとか、そういう。いえ、まったく詳しい知識があるわけではないのですけども。

    つまみさんの記事を読ませていただいて、おはなしの中の森田監督はワタシの思いの中の監督像そのままという気がして、懐かしくなりました。あ、そうそう、この頃。その頃には見ることもなかったロマンポルノがどういうものか見てみたいなぁという気がしています。おばさんになるって、そのへん便利です。おほほ。

  • つまみ

    つまみ Post author

    あ き ら さま、コメントありがとうございます。
     
    そうですそうです。
    あの日の森田監督、まさに「子供っぽさ」に集約されるような雰囲気でした。
    私に対しても、駄菓子屋で「ん?いつもの店に違う駄菓子が紛れ込んでるぞ。気になる」みたいな感じでつい声をかけたような印象でした。
    ですから、後日、Oさんが「よろしくって」と言ったとき、意外でした。
    すぐ忘れると思ったもので。
    Oさんの創作じゃないかと邪推したり。
    Oさんに創作する理由があったか否かはさておき。
     
    ロマンポルノ、私は数本しか見ていませんが、記憶をたぐりよせて、今最も申し述べたいのが「当時は全体的に胸が小さめだった!」です。
    もちろん、中には大きな人もいましたが、スレンダーな体型なら間違いなく胸もスレンダーで、最近のように、身体は細いのに巨乳、などという掟破りはあまり見かけなかったと思います。
     
    下世話過ぎるロマンポルノ雑感でスミマセン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

使ったよ バズるに続いて エモいまで

出前チチカカ湖

第167回 この妄想が好きだ。

なんかすごい。

わたしは人見知り

50代、男のメガネは

大人なんだから。

これ、買った!

シャンプーブラシ買いなおした

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

貫禄十分

猫No.12  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

貫禄十分

猫No.12  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up