1月27日はカレー記念日

カレー記念日

ファンデーション 鼻から下は 塗ってません

1月27日はカレー記念日

リョーコ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

第54回 お腹が空く本はこれだ!の巻

師走に突入しました。

一気に寒くなっておりますが、みなさん、お元気ですか。

 

突然ですが、「サラメシ」を見ると、やたらとお腹が空きませんか?私は空きます。

放送時間(本放送)が平日夜11時周辺というのはどうなの?と、NHKに苦情を申し入れたいくらいです。
視聴した夜の布団の中の私の(「の」ばかりでスミマセン)胃袋方面からは、不満の声が漏れ聞こえてきます。
ぐう~と。

腹が鳴っても一人、みたいな妙な孤独感。

 

それはさておき、以前、このゾロメ女で村上春樹御大の名前を出したとき(第43回のこちら⇒)HDさんから「村上春樹の小説・エッセイで、私がヤラれるのは、食べ物の描写です。」というコメントをいただきました。
そのとき、私の脳内電球もパカッと点灯しました。

a0002_001239

そうですそうです私もそうです!と。

 

村上春樹の小説やエッセイには、「サラメシ」同様、こちらの食欲中枢を刺激する描写がけっこう出てきます。
その中からひとつ挙げろと言われたら、私は『中国行きのスロウ・ボート』という短編集の「午後の最後の芝生」に出てくるサンドイッチを選びます。

 

大学生の僕は芝生を刈るアルバイトをしていましたが、バイトを辞めることにし、最後の家で、お昼に、その家のおそろしく大きい中年の女からサンドイッチを振る舞われます。
ハムとレタスときゅうりの、辛子が効いたサンドイッチ。
これがめちゃくちゃ美味しそうで、読後、思わずサンドイッチを食べました。

a0002_001210

他にも、村上ワールドに刺激されて、発作的にスパゲティを茹でたり、オムレツを作った記憶はけっこうあります。

 

 

あらためて、物語を読んでお腹が空いた最初の経験をつらつら考えたところ、それは、まだ年端も行かない頃に読んだあの『赤ずきん』だと思い至りました。

お母さんが赤ずきんちゃんに持たせたパンとぶどう酒とやらがやたら美味しそうで、もちろん、ぶどう酒がどんなものかはよくわかっていなかったのですが、「食べたい!飲みたい!」とやみくもに思いました。

 

その後、現在までのほぼ半世紀、数々の小説やエッセイで空腹感を覚えてきたわけですが・・

今思いつく限りでも、たとえば宮部みゆきの『初ものがたり』
矢も盾もたまらず稲荷寿司が食べたくなりました。

a0002_011258

考えてみると、時代小説ってお腹が空く小説の宝庫ですね。
池波正太郎、山本周五郎、藤沢周平、どの人の作品にも、たまらん描写がいっぱい出て来ます。

 

柚木麻子『その手をにぎりたい』
高級鮨屋が出てきます。
旨い鮨が食べたくなります。
「口の中でほぐれる酢飯」という描写にヤラれました。

a1180_014240

津村記久子『ポースケ』も。
ハタナカというカフェのメニューがやたら美味しそうなのです。
ハタナカが近所にあればいいなあと妄想しまくりました。

a0006_002860

他にも、武田百合子の『富士日記』や一連の向田邦子のエッセイなどなど、お腹が空く本はたくさん、本当にたくさんありますが、最後に今まででいちばん印象的だったと思われる食べ物の描写を紹介します。

20代の頃に出会った文章ですが、自分が若かったこともあってか、上品でも逸品でもないところに、むしろ自分の根っこが揺さぶられるような食欲を覚えました(大げさ)。

 

【ひところキャンプ料理で、スパゲティ料理にいたく凝り、いく日かの不屈の闘魂によってついに「望郷シーナスパゲティ」というものを完成させた。
 つくり方は簡単で、よく茹でたスパゲティを皿に盛りいきなり大量のカツオブシをコレでもかコレでもかと叫びつつばさばさふりかける。
あついスパゲティにふりかけられたカツオブシはおかしなことにそこでわらわらと身をよじって踊るのだ。
数秒それを眺めたのち続いてすぐにマヨネーズのチューブをサカサにし「コノヤロコノヤロ」と叫びつつ、ぐにょぐにょとまんべんなくひねり落下させる。
次に「ドーダドーダ」と叫びつつショー油を注ぎ、間髪を入れず全体をごちゃごちゃにかきまぜて食ってしまうのだ。】

(椎名誠『ひるめしのもんだい』

 

今、読んでも「たまらん!」のは、これを書いているのがひるめしまえ、だからでしょうか。

さ、お昼お昼!!

 

※トップと下の画像は、先日、高校時代を過ごした福島県喜多方市に友人と4人で行った際、地元で甘味処をやっているかつての同級生が出してくれた特製お弁当です。

フライもグラタンもホタテもお刺身もここに写っていないこづゆ(会津の郷土料理のお汁)もどれもたいへん美味でしたが、写真中央、楊枝の刺さったずんだ餅が絶品でした。

でもなにより、気持ちがうれしかったです。また食べたい♥(画像はクリックすると拡大します)

DSC01925

 

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」< 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    つまみさん、こんばんは!

    私のお勧めは角田光代さんの「彼女のこんだて帖」(講談社文庫)です。
    食べることは癒しなんだなあと、つくづく思います。
    全15回のオムニバスで、出てくるお料理の写真とレシピ付き(^^)

    ところでシーナさんのスパゲティー。よく作りましたよ。パスタをたっくさん茹でて、ミートソースで一皿、シーナさんのでおかわり(笑)

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん、こんばんは!

    「彼女のこんだて帖」、知りませんでした。
    早速、図書館に予約しました(^-^)

    そうですか。
    okosamaさんも作りましたか!
    そうそう!
    パスタを茹ですぎて、麺だけ残ったときの有効活用ですよね。
    でも若くなくなってからは、あまり作らなくなりました。
    美味しそうだし、美味しいんですけどね。
    若者の味、だったのかもしれません。

  • okosama

    そうそう。シーナさんのスパゲティーは若者向けですよ。今はあまり作りません。パスタも少なめ(笑)。

    お弁当美味しそう!ご飯が二色だ⁈
    喜多方ではこづゆも出たんですか。ハレのお膳でしたね(^^)

  • HD

    つまみさん、うわ~嬉しい嬉しい!
    このトピック取り上げて頂いてありがとうございます。

    先日のコメントでも挙げたように村上春樹の「村上朝日堂」シリーズでの食べ物の描写は絶品です。
    私が特にヤラれたのは「豆腐について」と「村上朝日堂 はいほー!」に出てくる「うさぎ亭」のコロッケです。
    読んだ当時、おいしい豆腐は簡単に手に入らなかったので、ホント切なかったです。豆腐の夢もよく見ました…。

    そしてシーナさん!この人の食べ物の描写を読んで食欲を刺激されない人はあまりいないんじゃないでしょうか。

    「わしらは怪しい探検隊」に出てくるキャンプ料理はどれもおいしそうです。特に粟島で地元の漁師たちに振る舞ってもらう「わっぱ煮」は最高です!獲りたての魚と島の手前味噌で作る味噌汁! 食べた~い!!
    それから「哀愁の町に霧が降るのだ」でも食べ物の話はたくさんでてきますが、特にすごいのが、椎名誠の同居人の沢野ひとしが「もう本当にうまかった。もう本当に自分のおなかが喜んでいる、というのがわかるのだよ。うーん、素晴らしかった…。」と絶賛した「とんちゃん」というお店のカツ丼です。まだあったら行ってみたい「とんちゃん」…。

    食べ物の話は人を幸せにしますね~。

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん、はい、ハレの日を演出してもらいました♥

    このときのご飯、実は農業をやっているかつての同級生(女性)が作ったものだったのです。
    彼女とは卒業以来、一度も会っていませんが、なんだか不意に身近に立ち現れたような気がしました(*゚▽゚*)

  • つまみ

    つまみ Post author

    HDさん、こんにちは。
    取り上げさせていただきました!

    本当に、村上春樹と椎名誠はこの分野のツートップという感じですが、「村上朝日堂」も、「わしらは怪しい探検隊」も、「哀愁の町に霧が降るのだ」も、読んだのに覚えてない!(>_<) なんたるちあ! 哀愁・・で、沢野さんが「ヒマでヒマで肩がこる」と言ったことは覚えているのですが(^^; 食べ物のことを考えていると本当に幸せです。 もっと言うと、そう思える心身の状態が幸せってことなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

マスク警察からのがれる。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

推しでアゲアゲ: かた焼きそば

今週の「どうする?Over40」

2021年最初の在宅デトックス。今週土曜日21時から。

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケット・クラッカー

カレー記念日 今週のおかわり!

あのダンス マネできないの 速すぎて

なんかすごい。

ページの上の一日

わたしをライブに連れてって♪

ヘナとシルバーヘアとわたし

OIRAKUのアニメ

第44回 モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿①

いどばた。

缶にしまってるもの何ですか?

ワクワクしたら着てみよう

お久しぶりです~! 明るい髪色にしたくて自染め卒業しました♡

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.42 <極私的 ちょっとその展開、強引じゃね?大賞>

これ、入るかしら?

vol.75 秋に買ったもの

絵手紙オーライ!

幸福満ちる

これ、買った!

ブーツ型湯たんぽ!?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

2020年買ってよかったものあれこれ

出前チチカカ湖

第164回 2020年の初めまして

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

一陽来福

猫No.76  by まぁ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

一陽来福

猫No.76  by まぁ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up