12月1日はカレー記念日

カレー記念日

うるさいよ 音量30 うるさいよ

12月1日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

第58回 「このミス」前世紀のおススメ10冊はこれだ!の巻

1980年代後半から10年間ぐらい、私にとっては読書=ミステリーでした。

きっかけは、ロバート・B・パーカーの私立探偵スペンサーシリーズと、ディック・フランシスの競馬シリーズ(どちらも翻訳は菊池光さん)でしたが、その傾向を決定的にしたのは、1988年に別冊宝島として創刊された、ランキング形式のブックガイド「このミステリーがすごい!(以下「このミス」)」でした。

a1380_001620

今でこそ、「このミス」は知らない人がいない、影響力のある存在になっていますが、創刊された頃は、先発のミステリーランキング「週刊文春ミステリーベスト10」のアンチというか、ちょっとサブカルっぽい雰囲気でした。

文春は日本推理作家協会会員中心の選定だったので、このミスには「そっちがそうならこっちは権威をとっぱらった活字中毒者路線で行くぞ!」という確固たる方向性があったのかもしれません。

ちなみに、現在は文春の方の選定員も拡大され、全国のミステリー通&書店員が回答、となっているようです。
それはそれで、このミスとの違いがなくなってちょっとつまらないような・・。

a1180_013106

とにかく、当時の私はこのミスを片手に読む本を選んでいた、といっても過言ではありませんでした。
現在のようにネットでカンタンに本の情報を引っ張ってくることができなかった時代、丸ごと1冊がミステリーのブックガイドというのは本当にありがたかったのです。

 

私の「やみくもにミステリーLOVE」は世紀をまたぐ頃にはフェイドアウトしまうのですが、人生でいちばん本を読んだのは間違いなくこの時期です。
そして、今思い出しても、心が踊ったり凍ったり痛んだり華やいだりもする印象的な作品がいっぱいありました。

a1180_013107

そんなわけで、今回は1988~1998年の10年のこのミスのランクイン作で「これは面白かった!」と今も自信を持ってプッシュできる小説を発表したいと思います。
得手勝手な時期の括りをはじめ、極私的でしかない、そしてミステリー好きにはメジャー過ぎたりもするラインナップですが、最近おもしろい小説がないとお嘆きの方、ミステリーに最近興味を持ち始めた方、よかったら参考にしてくださいまし。(※タイトルをクリックするとAmazonの情報が出ます)

 

【国内編】
『プリズンホテル』(浅田次郎)
春夏秋冬四部作です。『鉄道員(ぽっぽや)』や『蒼穹の昴』で堅いイメージもある作家ですが、私はこれと「きんぴかシリーズ」のばかばかしさ、情けなさ、可笑しみがたまらなく好きです。

 

『龍は眠る』(宮部みゆき)
頭文字ゾロメ女の宮部みゆきさんぐらい、老若男女、本読みの初心者~上級者まで、まんべんなく愛されている小説家はいないと思います。この時期に書かれた作品だけでも『魔術はささやく』『火車』『蒲生邸事件』と傑作ぞろいですが、1作挙げるなら私はこれ。超能力ってせつない!

 

『毒猿―新宿鮫II』(大沢在昌)
新宿鮫シリーズから1冊選ぶとしたら、やはりこれです。マイフェバレット敵役の毒猿がカッコよすぎる!私は読後すぐ、舞台の新宿御苑の台湾閣に行きました。ええ、ええ、行きましたとも!

img_0

 『空飛ぶ馬』(北村薫)
人が死なない心あたたまるミステリー、探せばけっこうあるのでしょうが、それを意識したのはこの小説が最初だったような気がします。大学生の<私>と落語家円紫さんの醸し出す清廉な空気が好きでした。

 

『私が殺した少女』 (原尞)
日本のハードボイルドといえばこれが浮かびます。私立探偵沢崎が渋すぎ!最近お目にかかる機会がないのは、スマホやパソコンやカーナビを使っている沢崎が想像できないことと無関係ではない気がします。直木賞受賞作。

 

【海外編】
『少年時代』(ロバート・R・マキャモン)
私の翻訳ミステリーオールタイムベストワンです。マキャモンの小説はどれも好きですが、中でもこれは格別です。つい、井上陽水の歌声が浮かんできますが、「違う違う!」と首を振ってかき消すことの繰り返し。

 

『羊たちの沈黙』(トマス・ハリス)
映画のインパクトが強いですが、原作を読んだときの衝撃は忘れられません。タイトルもかっこいい。そういえばこの訳も菊池光さん。私は単なる菊池光訳のファンなの?

 

『ブラック・ダリア』(ジェイムズ・エルロイ)
初めて読んだときも、その「何かに取り憑かれたような」世界にぶっ飛びましたが、同じシリーズの『L.A.コンフィデンシャル』の映画がすっごく面白くて、この『ブラック・ダリア』も再読したのでした。あらためてその濃厚さにくらくらしました。ふだん選ばないタイプの小説を読んでみたくなるのも、このミスの醍醐味です。

a0960_001980

 

『クリスマスのフロスト』(R・D・ウィングフィールド)
カリーナさんも推してる(笑)ジャック・フロスト警部シリーズ。
どれも面白いですが、ひとつ選ぶなら一作目のこれです。もー、バカで下品でだらしなくて世渡り下手で・・。でもそんなフロストが大好きさ。

 

『墓場への切符』(ローレンス・ブロック)
禁酒中のアル中探偵マッド・スカダー・シリーズも大好物です。大人の恋愛モノとしても楽しめます。これからこのシリースが楽しめる未読の人が羨ましいです。いや、ほんと。
これから読まれる方、できれば時系列順でお願いします。

 

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    早速、プリズンホテル1読了 (^^) ドタバタと縺れ込んで行って…というスピード感のあるお話、好きです。こういうのもミステリーというのですね。

  • あんず

    つまみ様

    大家を最初に持ってくるとは、え?ウケ狙い?ほーほー

    「プリズンホテル」がミステリーでしょうか~
    大好きですけど。
    マザコン小説、お涙小説のヂャンルだと思います。

    宮部みゆきさんのSFモノ、めっちゃツボで、
    鳩笛草、クロスファイア、蒲生邸事件などわくわくしながら読みました。

    今 桜ほうさら という宮部さんの時代劇を読んでいますが、
    これもミステリー、めっちゃおもしろいです。
    終わるのがもったいないので、ちびちびと読むw

    難しいお話もエンタメにしてしまう浅田さん、宮部さんと同時代に生まれてよかった、
    なーんて、ちょっとおおげさでしょうか。

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん、おはようございます。

    ちょっぱや!(死語?)
    ミステリーの定義を揺さぶる問題作ですね(^^;)
    でも、ランクインしたときはすごく我が意を得たりと思ったというか、VIVA!拡大解釈!!と思いました。

  • つまみ

    つまみ Post author

    あんずさん、コメントありがとうございます。

    大家でも店子でも(笑)、浮かんだ順に挙げさせていただきました(^O^)
    そうなんですよ、『プリズンホテル秋』が1995年の7位にランクインしています。
    ちなみに、同票7位が『姑獲鳥の夏』です。

    講評には「いかにも『このミス』らしい超オススメ本」と前置きがあって、あらすじが述べられた後、「とにかく理屈抜きで面白い。エキセントリックで身勝手でマザコンの小説家、親分も一目置くほど一本筋の通ったカタギの支配人など、キャラクターが抜群。ただ一つ注意。前作『プリズンホテル』から読むこと。倍楽しめるぞ。」 だそうです。
    ミステリーと括ることに迷いはない感じです、このミス。
    でも、今思うと、黎明期というか、現在よりなんでもあり、な時代だったのかもしれませんね、20年前のミステリー界。

    宮部みゆきさんのSF、いいですよね。
    特に、前世紀の宮部ワールドが好きです。

    同時代に生まれてよかった、大げさではないと思います。
    私も、自分にとって珠玉の小説を読んでよく「これを読む前に死ななくてよかった」と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

手紙 を書いて: かぶと干し海老のトロ煮

今週の「どうする?Over40」

どうする?コロナ。どうなる?わたしの年末年始。

昭和乙女研究所

お菓子編 復刻してほしいもの

カレー記念日 今週のおかわり!

薬局で 勧められたよ あの薬

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

SUQQUのアイシャドウとその効果

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第27回 配偶者呼称問題(女性編)

50代、男のメガネは

叱らないとしんどいよ。

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

なんかすごい。

カリーナさんの本

出前チチカカ湖

第163回 最近なくしたものを語ろう

OIRAKUのアニメ

第43回 日本沈没2020劇場編集版 オーディオ・コメンタリー付き上映

これ、入るかしら?

vol.74 ドレスとカジュアル

いどばた。

誕生日がいっしょな有名人は誰ですか?

これ、買った!

耐久 メガネのくもり止め買った!

わたしをライブに連れてって♪

みなさん、ZOOMしてますか

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ゆるふわゲストハウスへ、ようこそ!

絵手紙オーライ!

わたしの模写修行(棟方志功)

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

墓守親分

猫No.89  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

墓守親分

猫No.89  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up