3月5日はカレー記念日

カレー記念日

アンニュイも あっという間に 忘れてる

3月5日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ的つれづれ・ずれずれ・ブレブレ日記② 人生は音楽だ膝かっくんだ呆然とする夢だ

4月某日 冷たい雨

「ブラタモリ」シーズン4がスタート。
「笑っていいとも」が終わったとき、世間はこぞってタモロスという病に罹患したかに見えたけれど、その後「ヨルタモリ」も加わっての「昼を補って余りある夜間タモリの充実っぷり」に、今では「タモロス?なにそれ?」みたいな。
雑誌「SWITCH」の特集<ジャズタモリ>が発売前から話題になっているが、こうなったら本格的な音楽番組もやって欲しい。「ミュージックステーション」じゃあねえ・・(以下自粛)。

 

「ヨルタモリ」の岩手のジャズ喫茶店主ヨシワラさんもいいんだけど、私は「タモリ倶楽部」の鉄道ネタの回の、六角精児の弾き語りにご満悦だったタモリに新しいタモリ音楽番組の可能性を感じる。六角さんがギターをかかえたとき、「歌うの?」的に揶揄しかけた他のゲストを「これが、けっこういいんだよ~♥」と黙らせ、アンコールまで所望したタモさん(急にさん付け)が印象的だった。

 

音楽に限らず、タモリの真骨頂は「既成概念をとっぱらい、新しい面白がり方を見せてくれること」だと思う。
20年ぐらい前「タモリの音楽は世界だ」という番組があった。私はこの番組で、ロン・カーターや十代の村治佳織さんや小生意気な電気グルーヴやアシスタントをしていた未婚時代の松岡修造の妻(ヘンな言い方)を知った。音楽の視界が拡がった番組だった。

なので本気で「オトタモリ♪」を希望します。
あ、NHKの動物番組「ウォッチング」も好きだったので「ズータモリ」でもいいや。
「でもいいや」ってナニサマだよ私。

a1130_000551

 

4月某日 今日も冷たい雨

最近「ひるのいこい」をよく聴いている。NHKラジオの月~土昼の番組。放送開始は1952年とのこと。先日のお便りは「わが家の家庭菜園に来て『おはよう』と挨拶するカラス」だった。

人懐こくてかわいいとか、他の家でも愛想を振りまいているらしいとか、行動範囲が広いなあとか、かなりの愛をしたためた挙句、結びが「家庭菜園を荒らされるのは本当に困る」だった。
な、なんだそれ!?可愛さ余って憎さ百倍・・ともちょっと違う、とんだ手のひら返し。膝かっくんにも程がある。

 

NHKラジオつながり。土曜朝の「ラジオ文芸館」で新美南吉の『花のき村と盗人たち』を聴く。

こんなにおとなっぽい話だったっけ?月並みな勧善懲悪ではない、心の汚れた中高年(私)にも響く内容。そして最後まで種明かしされない謎が残るのであった。
明確なラストが用意されずに読者に解釈を委ねる小説をオープンエンドと言ったりするけれど、このお話もそう言えるかも。

オープンエンドといえば私は恩田陸。『クレオパトラの夢』とか。『六番目の小夜子』も。自分の想像力でどうとでもなる反面、作者がはっきり決めてくれないとモヤモヤする、と思ったりも。

オープンエンドは自分のなにかを試される。

a0002_004824

4月某日 朝は快晴だが午後から荒れ模様との予想

15年も前に亡くなった母親がらみの夢を見た。
母の入院先に駆けつけるんだけどなかなかたどり着かない。途中で、自分と同姓同名の若い女の子にあったり、靴が歩きづらいのでスニーカーを買おうとしたら閉店時間だと断られたり、暗い路地でホームレスのおばあさんが可愛がる三毛猫に会い、触ろうとしたら猫に「ゴメンナサイ!」と言われて逃げられたり。

やっと到着し、「おかあさんはもう死んでいるのかも」と思いながらナースステーションに向かうと「病棟が変わりました」とのこと。よかった!生きているんだ!と喜ぶが、おかあさんはもうあなたのことはわからないと言われ衝撃を受け・・たところで目が覚めた。

4月なかばにして4月初めてぐらいの快晴の朝。30分ぐらい呆然とした。
他人の夢の話ぐらいつまらないものはないと思うくせに、つい書いてしまった。

午後、最寄りの図書館に行く。途中の遊歩道で小学生がノラ猫と遊んでた。一緒に遊んでようやく元気になった。・・なんだよ、半日も夢を引きずっていたのか、私。

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 小関祥子

    小関祥子

    うわーん、新見南吉!
    「花の木村と盗人たち」、大好きでしたが
    細部が思い出せなくて、思わずぐぐって
    青空文庫で読んでしまいました。仕事中に。

    うわーん、どうしてくれるんですか。
    会社の机なのに、泣きそうです。

    文章も簡潔でわかりやすいのに、品があるし、
    ユーモアもあって、いいなあ。

  • okosama

    こんばんは、つまみさん。

    開花のあと気温が下がったものの、当地では強い雨風もなく、満開の桜を長く楽しんでいます。

    ラジオをききながら家事をするの、いいですよね。ラジオ文芸館は知りませんでした。メモ、メモ_φ(・_・

    小関さんのコメントを読んで、青空文庫にいってきました。ああ、このお話!音声だと読み返せないから、読後?感が変わるのかなぁ。
    謎を残すのは、オープンエンドっていうんですか。あの浮遊感というか、え?という取り残され感、わりと好きです。

    そういえば、診察待ちなどにオーディオブックてのはどうだろうと思っていたのでした。利用されたことはありますか?

  • つまみ

    つまみ Post author

    小関さん、コメントありがとうございます。

    わ~!こりゃあ、すまんこってす!

    私も、ラジオで聴いていて本当にグッときました。
    子どもの頃はただただストーリーを追いがちで、その深さも、小関さんがおっしゃる文章の妙にも気づきませんでした。
    ちょっととぼけたところがあっていいですよね。

    新美南吉、29才という若さで亡くなっているのですね。
    子どもの頃、けっこういろいろ読んだ気がしていたので、早世だったとは思いませんでした。
    名前も年寄り風だし(完全に間違った見解)。

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん、こんばんは。

    家事はもっぱら、ラジオ(ポッドキャスト含む)を聴きながらやっています。
    NHKは選曲も中高年向けが多いし、季節感もあふれていますね。

    読むのと聴くのって違いますね。
    朗読のCDを聴いたことがありますが、「●●が読む」という有名人の朗読じゃない方が個人的にはいいです。
    どうしても、その人の顔が浮かんでくるんですよね。
    それを凌駕する作品の力があったりもするわけですけど。

    なので、知らないアナウンサー(笑が読んでくれる「ラジオ文芸館」はいいです。
    生活音で聴きのがす箇所もあるんですけど(^_^;)

  • ジャスミン

    新美南吉が取り上げられて 凄く嬉しいです!

    南吉が生まれ育った地域で暮らしているので
    近所にはゆかりの場所だらけです

    小学校の大先輩だったので、小学校の遠足、学芸会、読書タイム、卒業制作等
    何でも南吉関係でした。あまりにも、身近だったため
    大人になるまで、全国的に有名だなんて思いもしなかったです。

    つまみさんの記事で改めて、やっぱり有名なんだと、思いました!(^^)!

  • つまみ

    つまみ Post author

    ジャスミンさん、こんにちは。

    そうでしたか。
    新美南吉ゆかりの場所に住んでいらっしゃるのですね。
    それはそれは。
    その「あまりにも身近だったため・・」というの、わかります。
    私も、近所ではないものの、小学校の遠足とかで何度か野口英世記念館に行って、飽きるほどその生い立ちを聞かされたので(複数回行ったのは転校したせいかもしれませんが)野口英世の世の中の認知度がよくわからず、お札になったときにあらためて「本当に有名な人だったのだなあ」と思いました(笑)。

    今も新美南吉は小学校図書室の大スターです。

  • ジャスミン

    え~!!
     
    小学校図書室の大スターなんですか?!
    そんなに、有名?!そんなに、皆が好きなの?!

    私は小学生の頃、宮沢賢治が好きでしたし
    地元では、図書館、書店はもちろん、スーパーにも当たり前のように
    新美南吉の書籍コーナーがあるので、人気がある、無しなんて
    考えたことも無かったですよ。

    野口英世は私にとって 「ザ・偉人」なイメージです
    家に1冊だけ学習漫画があって、それが野口英世でした
    野口英世記念館 行ってみたいです

  • つまみ

    つまみ Post author

    ジャスミンさん、がっかりさせてしまうやもしれませんが、新美南吉を好きなのは、教科書と先生かもしれません。
    それゆえに、図書室では大スターというロジックです。
    でも、ああ、教科書向きね、先生が好きそうね、というイメージだけでわかった気になるのは危険だと、今回のラジオ文芸館で思い知りました。

    野口英世って、学習漫画の伝記向けの偉人って感じですよね。
    野口英世記念館、今HPを見ましたら、なんと今月1日からリニューアルオープンだそうです。
    なんてグッドタイミング!
    私が子どもの頃は、落ちた囲炉裏が暗くて、なんだかどよんとした気分で見学した印象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

年季の入った リュック背負うよ 6年生

絵手紙オーライ!

犬の絵を描いてみたいのです。

ワクワクしたら着てみよう

近所へちょっこしお買い物コーデ

これ、買った!

ベレー帽、買った!

50代、男のメガネは

ヨーダって、怖いことを言う。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

一日千秋

猫No.28  by 権太

猫大表示&投稿詳細はこちら!

一日千秋

猫No.28  by 権太

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up