3月3日はカレー記念日

カレー記念日

売り子さん アクセを「この子」と呼ぶんかい!

3月3日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記㉟ 人生は不必要だったりもする情報の洪水だ(この日記も含む)

 

◆1月28日 情報過多で寝不足?

今回、東京は「雪降るぞ詐欺」に翻弄された感じ。
とは言っても、気象庁や気象予報士の方に文句はない。人間なんて、自然のごくごく、ごくごく一部なわけだから、これからも、天気を完全に掌握しようとだなんて思わない方がいいような気がするし。

ただ、ここ数年のゲリラ豪雨や突風竜巻の多発に代表される「異常気象」は、西高東低の冬型の気圧配置も例外ではないのだという、考えてみれば当然のことに、ちょっと虚を突かれた気がしている。なまじ今月中旬までは暖冬だっただけに能天気(天気だけに)だったかもしれない。

降雪予報の出た昨夜は、夜更けから朝方、何度も寝床から這い出し窓の外を伺い、「あ、まだ降ってない」と、安心したような残念なような気分を繰り返した。そんなわけで今朝の私は寝不足なのである。

DSC01211

2014年の冬は東京東部沿岸地域でさえこんな日があった。

 

◆1月30日 かまいたち情報

お風呂に入って、イスに座った途端、臀部にけっこうな激痛が走った。
痛い!!虫に刺された?それとも、これが噂のかまいたち!?お風呂で?・・とあわてて飛び退いて確認すると、プラスチックのイスの座る部分に大きく亀裂が入っていた。そこにお尻の肉が挟まったのだった。痛いわけである。

そんなわけで、かまいたちのことを久しぶりに考えた。妖怪かまいたちではなく、子どもの頃に聞いた、なにかの拍子に大気中に真空状態ができると、そこに触れた皮膚が切れることがあるという「かまいたち現象」。これって誤った情報だろうか。

検索もせずに、ここで投げかけてみた。

DSC_0190

お尻がどうしたって?

 

◆2月1日 芸能情報に胃もたれ

1月が終わってしまった。ちょっと待って、と呼び止めたい気分。でも万が一、先方(1月)が振り返って「えっ?なに?」と聞いてきたら、特に何も思い浮かばず、へどもどして「い、いや、別に」と言うにちがいない。

一昨日、「久米宏のラジオなんですけど」と、「ジェーン・スーの相談は踊る」をそれぞれ「ながら族」(死語!)で聴いたが、久米さんもスーさんも冒頭のトークで「今年ももう12分の1が終わりましたね」と言っていた。やっぱり言うのか言うんだ言うよね、と思った。

 

そんななか、年が明けてからの芸能ニュースがかまびすしいことこの上ない。SMAPの報道は少しおさまった感じだが、ベッキーは相変わらずだ。今日もyahoo!ニュースに「出演番組への苦情が10分で1000件」と載ったかと思ったら、「出た番組は軒並み高視聴率」とも。

苦情を言ったりSNSで非難している人と、彼女の番組を見ている人は同一人物なのだろう。文句を言いたいがために見ている、というのがなんとも不気味だ。「子どもに見せたくないからテレビに出すな」って、そんな「正論に酔って吐く」ためにテレビ局にアクセスする大人の姿こそ、私は子どもに見せたくないぞ。子どもをダシにして怒るのはどうかと思う。

DSC02386

寅さん記念館にて。「見上げたもんだよ、屋根屋のふんどし。たいしたもんだよ、カエルの小便。」ってか!?

 

◆最近読んだ本
『鹿の王』上下 上橋菜穂子/著

初上橋さん。守り人シリーズも、獣の奏者シリーズも未読だ。今回の本は2015年の本屋大賞受賞作だが、大賞を受賞したから読もうと思ったわけではない。

この本は、パート先の小学校で私が発注した。高学年には上橋ファンがけっこういるので。そしてその中の一人に、『鹿の王』が入ったよ、と言ったら、おもしろかったかと聞かれた。「読んでない」と答えると、わりとあからさまに「なんだ、読んでないのか」という顔をされた。

架空の世界のファンタジーにちょっと苦手意識がある。上橋さんの小説だけではなく、ハリー・ポッターもロード・オブ・ザ・リングも読んだことがない。でも今回は、12歳にがっかりされたので発奮して(?)読んだ。

壮大で志が高く、骨太で、知識と情報の量が半端じゃなく、奥行きのある世界だ。・・これって誰かに似てる。そう、わが敬愛する飯嶋和一さん。それを「児童文学」というジャンルで書いていることに、作者の矜持みたいなものを感じた。

なにをもって、一般書と児童書に分けるか、私にはよくわからないし、どうでもいいことだとは思う。が、以前、濱野京子さんというヤングアダルト作家のトークイベントに行ったとき、「どうしてヤングアダルトを書くのか」と聞かれた濱野さんが、迷いなく「その年齢の人たちに読んで欲しいから」と答えていたのが印象的だった。上橋さんもきっとそうなのだろうなと思う。

DSC_0196

息子に肩車する猫を羨ましそうに見る父(あまり見えないけども)

孤高に生きることはある意味、気楽だ。誰にも必要とされず、誰も必要としなければ、死ぬことも怖くないかもしれない。だからこそ、一度そんな境地に陥った後、自分を必要とする存在に出会い、血は繋がらなくても「家族」と思える人々がいることに気づくのは、幸福なことでありながら、不幸を背負うことだ。

かけがえのないものの存在は、生きるよすがにもなるけれど、失う恐怖、別れる悲しみを知ることになる。そして、自分がなんのために生きているかを突きつけられることだ、とも思う。

医療小説という意味でも、緊張感が凄かった。そしてこれはバリバリの反戦小説だ。

あの6年生に会ったら、なんて言おうかなあ。ちなみに、登場人物が多く、名前がすぐわからなくなる上に、地名も地理的な位置関係も覚えきれないので、ネットにあった、誰かが作った人物相関図と地図をプリントして、脇に置きながら読んだ。そのことを6年生に言うかどうかは迷い中。

 

by月亭つまみ

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アメちゃん

    「子どもに見せたくない」んだったら
    テレビ消したらいいのにね。。。って思いますね^^;。
    私は、テレビのない生活なので
    芸能界の人達や出来事は、別次元みたいなんですけど
    竹村健一さんが
    「マスコミが執拗にゴシップで騒いでいるときは
     その裏で、国民に知られたくない事が起きている」
    とおっしゃっていたことが、いつも頭をよぎります。

    あ。
    私も、ファンタジーだめで、ハリーもロードも読んでません。
    これはファンタジーじゃないんですけど
    去年、「眠れないほど面白い古事記」って本を読み出したら
    どんどんどんどん神様が登場してきて
    誰が誰だかさっぱりわからなくなり、挫折しています。

  • みーる

    最近テレビはバタバタしてますね。
    なんだかね、ですね。

    それより、お義父さんのおかお初めて見た!
    父子にてます…!
    また来週は雪予報に振り回されますな。
    それもまたたのしみたい気もします。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、こんばんは。

    そういう人たちは、テレビを消すことが不安なのではないか、と思ったりしています。
    「自分のあずかり知らないところで、有事(この場合はベッキーが笑ったりすること?)が起きているのではないか」と。

    竹村健一さんのその陰謀説、とても説得力があります。
    なんでみんな、あんなにヒートアップしているのかわからないのですが、ヒートアップさせられている、と考えると、妙に腑に落ちます。

    「どんどんどんどん神様が登場してきて」というところで爆笑してしまいました。
    それじゃあ、眠れないほど面白いじゃなくて、わからなくて眠くなる、になってしまいそうです。

  • つまみ

    つまみ Post author

    おおっ!みーるさん!
    (みなさん、みーるさんは、「ゾロメ女の図書館小説」http://dosuru40.com/category/zorome-novel/のイラストを描いてくれた方です)

    ホント、なんだかね、ですよねえ。

    そうですか、似てますかね、父息子。
    食後に入れ歯を外した義父ですが、だから似てたりして(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

これ、買った!

ベレー帽、買った!

50代、男のメガネは

ヨーダって、怖いことを言う。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

カレー記念日 今週のおかわり!

通勤で 咳をこらえる ツボ押すよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

絵手紙オーライ!

きつねのお面(初午)

ワクワクしたら着てみよう

ワントーンコーデにレイヤードで抜け感をプラス!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

待伏作戦

猫No.50  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

待伏作戦

猫No.50  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up