9月23日はカレー記念日

カレー記念日

さくら色の 赤ちゃん抱く手に スジとシワ

9月23日はカレー記念日

リョーコ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 №60  長い一日 劇場

 

◆11月28日 心の救急車

初めて救急車に乗ったのは西暦2000年、実家の母が、入院していた家の近くの病院から、車で40~50分ほどの地域ではいちばん大きい総合病院に転院したときだ。

母の病気は重篤で、その3ヶ月後に亡くなってしまったのだが、転院時はまだ意識が明瞭だった。救急車に同乗してくれたナースと私は、車中で気を紛らわせるように共通の知り合いである従兄の話をしたが、私が従兄を評して「さだまさしについてアツく語りすぎ」とコメントしたときは、ナースと共に母も声を上げて笑ったものだった。

救急車の後部は病人(怪我人)優先仕様なので、付き添い同乗者にはあまり乗り心地が良くない。そのときは睡眠不足が続いていたせいもあって私はがっつり車酔いした。いろんな意味で二度と救急車には乗りたくないと思った。

e1437123231311_47f8_1

そんな救急車に久しぶりに乗った。義父が突然変調をきたしたのだ。93才なので迷わず(うそ。少し迷った)119番通報した。まず「救急ですか?火災ですか?」と聞かれた。聞かれることは知っていたが、本当に聞かれるんだなとちょっと肩の力が抜けた。

 

遠くから救急車の音が聞こえてきたとき、少し胃のあたりが縮むような気がした。その理由が、非常事態の正式なゴングのような気がしたからなのか、あの16年前の記憶のせいなのか、もしかしたら、ただ空腹によるものなのか、はわからなかった。

救急車の音がいよいよ大きくなったので、出迎えるために玄関を開けると、ちょうど隣の家の人が出かけるところだった。思わず「今、近づいてくる救急車はわが家に向かっているのです」と言いたくなったが、自分が出がけに隣人にそんなことを言われたら困惑するだろうと思い、会釈だけにした。

a0960_001147

救急車は家の前までは入らず、近くのパン屋さんの前に横付けされた。そこから担架と共に3人の隊員が降車した。こちらですと手を挙げる私に向かって、隊員の1人が「月亭さんですか」と確認してきた。ちょうど昼どきだったせいもあって、パン屋さんに来たとおぼしき人々もいっせいにこちらを見た。私はそのへんの人全員に向かって「はい、月亭です。」と名乗るかっこうになった。

救急隊が家に入ると、2人は義父、1人は私、担当になり、私は症状の詳細や昨日今日のこと、かかりつけの病院名、今までの入院歴などなど矢継ぎ早にたくさんの質問を受けた。その間に、義父担当の2人は、義父に話しかけたり、体温や血圧などのバイタルを測定したり、かかりつけの病院に連絡をしてくれたりした。

それらが済むと、義父は毛布にくるまれ、ベッドから担架に移動し、外に出た。荷物を抱えた私も後に続いた。お天気がよく暖かい日でまだよかったと思った。でも、義父の顔色は家の中よりずっと白く見えた。

担架に横たわる義父のくせっ毛を見て、義父が昨日「散髪に行きたい」と言ったことを思い出した。まだいいような気がして連れて行かなかったが、連れて行けばよかったかなと思った。パン屋さんの向かいの義父の行きつけの床屋さんは閉まっていて、それで今日が月曜日であることを思い出した。担架に続いて救急車に乗り込むとき、16年前に母と乗ったときのことは全く脳裏をよぎらなかった。

a0960_001076

道路を優先走行できる救急車だが、だからこそ、遠慮がちに慎重に進むものなのだった。後部座席から外の風景はほとんど見えないが、「赤信号ですが直進します」を繰り返しながら、意外なくらい「ゆっくり急ぐ」ものだというのはわかった。

病院に到着すると、家族は待合室で待つように言われた。救急車を呼んだ場合の状況説明は、付き添い者ではなく救急隊員がするものらしい。そのための、自宅での矢継ぎ早のたくさんの質問だったのだ。

30分ぐらいすると、私にたくさんの質問をした救急隊員が来て「状況は全て医師に伝えました。私たちの仕事はここまでですので、帰ります」と言った。反射的に席を立って外を見ると、他の2人の隊員がちょうど出ていくところだった。「私たちの仕事はここまでです」という文言と去り方がなんだか全方位的にかっこよかった。

言葉で気持ちを伝えたい気がしたが、ただ「ありがとうございました」と頭を下げることしかできなかった。日々、救急隊員に向けられる「ありがとう」は、シチュエーションは違えど、どれも言外にこぼれ落ちそうな気持ちを含んだ密度の濃いありがとうに違いない。そして、言われる方もきっとそれはわかっている。ことさら言葉を重ねなくてもいいのだろうなと思った。

 それから2時間待合室で待たされ、義父の病気と、入院が必要であることを告げられた。入院が決まってからも検査や処置が続き、仕事先から来た夫と家に帰ったのは、救急車を呼んでから8時間後の夜8時だった。お昼も食べていなかったが、空腹は感じなかった。が、家に帰ったらすごくお腹が空いて、かき込むように食事をした。長い一日だった。

 

◆最近、読んだ本

『浮遊霊ブラジル』 津村記久子/著

なんだ?この短編集は。静謐~ブッ飛んだ、までの振り幅が大きいんだか、一周回って同じなんだかわからない世界が、次々に登場。死が近くて妙に安心する。それってすごい。

by月亭つまみ

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

★毎月第三木曜日は、はらぷさんの「なんかすごい。」です。

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

なら国際映画祭2020を振り返って。

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

ミカスの今日の料理 昨日の料理

それはすべて酷暑のせい(おかげ):きくらげと卵の炒め物

今週の「どうする?Over40」

今週の土曜は、「在宅デトックス」ZOOM映えを狙う。

カレー記念日 今週のおかわり!

放っておいたら 直らないかな パソコンが

出前チチカカ湖

第161回 最近の一喜一憂

なんかすごい。

髪を切った話

OIRAKUのアニメ

第40回 the present/トンコハウス映画祭

わたしをライブに連れてって♪

私の下より、介護のハナシ

これ、入るかしら?

vol.72 胸のボリューム問題3

いどばた。

コレステタ!処分したものを教えて。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.38 コンプレックスってなに?

絵手紙オーライ!

やさしい風がとどくかな?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人のためのアイメイクwithマスク

昭和乙女研究所

縁日の定番

黒ヤギ通信

ゆっくりと

じじょうくみこの崖のところで待ってます

バルーン棟梁、ふくらみ中。

日々是LOVE古着

補修しながら着続けます(2)

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

茫然自失

猫No.19  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

茫然自失

猫No.19  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up