9月24日はカレー記念日

カレー記念日

頼もしい 女性上司は 二十代

9月24日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 NO.72 走馬燈のようにめぐりながら

 

◆6月某日 東京へは もう何度も行きましたね

何度も書いている気がするが、私はラジオ好きだ。特に音楽を聴くのが好きかもしれない。突然ラジオから、好きな曲や昔の思い出の曲が流れてくると、自発的に聴いたときよりもずっと心の奥まで沁み入る気がするのはなぜだろう。

ラジオはラジオでも、ラジオ体操だ!

 

さっき、ラジオからマイペースの「東京」が流れた。1974年の曲とのこと。古い!レコードを持っていたわけでもないのに、ラジオから頻繁に流れていたせいでメロディも詞もしっかり記憶されている。とりたてて名曲だとは思わないが(思わないんかいっ!)、この曲が流れていた頃の、まだ中学生だった自分が蘇る。

 

 

福島市の中学に通った私の修学旅行先は東京だった。お決まりの国会議事堂や東京タワーには行かず、今はなき秋葉原の交通博物館や浅草の国際劇場に行った。後々知ったところによれば、修学旅行としてはレアな見学コースらしい。誰のセレクトだったのだろうか。

国際劇場では松竹歌劇団(SKD)の春のおどりを見ることになっていたが、劇場に入ったら映画『続・愛と誠』が上映中だった。<修学旅行のしおり>には確かに「SKDの春のおどり鑑賞」とある。解せなかった。映画を見ていた一般客も、突然中学生が何百人も入ってきて(福島市でいちばん生徒数の多い中学で、9組まであった)違う意味で「解せない」顔をしていた。

大賀誠役は南条弘二。西城秀樹より合ってた気がする。

当時の国際劇場は、映画とレビューを交互にやるシステムだったりしたらしいが、そんなことは知らなかったので、訳がわからないまま、ごっそりと空いている前列(映画だから当然だ)に座った。

映画は小30分しか見なかった。とても暗かった。けれどよかった。最初からちゃんと見たいと思った。休憩後、あわよくば再び『続・愛と誠』が始まったりしないか…と淡い期待を抱いたが、<修学旅行のしおり>どおり、SKDレビューが開幕した。

レビューは派手で生々しくてかっこよかった。でも、別世界過ぎてあまり乗れなかった。暗い青春を垣間見た直後なので、パラダイスをプレゼンされても、という感じだったのかもしれない。そしてレビューは最後のラインダンスに突入した。

のけぞったのは前列にいたせいばかりではないと思う。「笑っているけど鬼気迫る大人の女の人」を何十人もいっぺんに、しかも間近で見るのは初めてだった(その後もあんまり見ないけど)。圧倒されて息苦しくなったが、近くに座った男子生徒たちは脳天気に「あ、右から三番目のストッキングが伝線してる」などと騒いでいて、「男子は息苦しくならないのか。性別は関係なくバカなのか」と思った。

 

 

◆6月某日 何も思わずに 電車に飛び乗り

今日は母親の命日だ。西暦2000年、春の気配濃厚な東京から、まだ雪が残る福島県の会津に帰省して、数ヶ月間、母親の闘病の付き添いをした。

最初、母親は実家近くの病院に入院したが、ようやく会津にも桜が咲く頃、隣の市にある大きな病院に転院した。

その病院には重症度によって何パターンもの集中治療室(ICU)があって、母は短期間に、あらゆるレベルのICUに宿泊(?)した。レベルによって家族の、入室の際の手続き、待機場所、面会時間が違った。そして、全てのパターンを制覇した頃、母は最初の病院に戻り、数日後に息を引き取った。

あの日々は本当にキツかった。母が日に日に悪くなることと、くつろげる場所がなかったことが大きかった。自分の食欲がどんどん落ちて、これはマズイと思った。それで、付き添いの間隙を縫って二度ほど東京に戻った。1泊ぐらいしかできなかったけれど、必死で東京を目指した。

東京に向かう列車に乗ると、「家に帰れるんだ」と思って涙が出そうになった。在来線から新幹線に乗り換えて、徐々に首都圏に近づくと、自分のホームグラウンドに戻ってきた気がし、喧騒や空気のよどみにさえホッとした。あれから17年になる。

 

 

◆6月某日 いつもいつでも夢と希望を持って

足の悪い義母が家の中で転んでしまった。救急車を呼び、即刻入院となった。

義母は長いこと、どんなに足の状態が悪化してきても、頑張ってリハビリをすれば治る、と本気で思ってきた人だ。でも、今年の2月に義父が亡くなってから、希望や我が身のじれったさをあまり口にしなくなった。

義母を見て「現実を受け入れることも大事なのではないか」と思うこともあったが、こうなると、やっぱり義母には夢と希望を持ち続けて欲しい。今回の入院は残念だが、同室の人たちとのコミュニケーションなどを通して、またポジティブさを取り戻してくれないかなと思っている。まさに「転んでもただでは起きない」精神で。

by月亭つまみ

第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】
第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊 切実本屋】

第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4、5木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 ゾロメ日記】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 

 

 

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第25回 明日はわからない

50代、男のメガネは

なら国際映画祭2020を振り返って。

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

ミカスの今日の料理 昨日の料理

それはすべて酷暑のせい(おかげ):きくらげと卵の炒め物

今週の「どうする?Over40」

今週の土曜は、「在宅デトックス」ZOOM映えを狙う。

カレー記念日 今週のおかわり!

放っておいたら 直らないかな パソコンが

出前チチカカ湖

第161回 最近の一喜一憂

なんかすごい。

髪を切った話

OIRAKUのアニメ

第40回 the present/トンコハウス映画祭

わたしをライブに連れてって♪

私の下より、介護のハナシ

これ、入るかしら?

vol.72 胸のボリューム問題3

いどばた。

コレステタ!処分したものを教えて。

絵手紙オーライ!

やさしい風がとどくかな?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人のためのアイメイクwithマスク

昭和乙女研究所

縁日の定番

黒ヤギ通信

ゆっくりと

じじょうくみこの崖のところで待ってます

バルーン棟梁、ふくらみ中。

日々是LOVE古着

補修しながら着続けます(2)

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

不細工寝

猫No.63  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

不細工寝

猫No.63  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up