7月16日はカレー記念日

カレー記念日

気をつけよう 便座に夫の 滴(しずく)あり

7月16日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

帰って来たゾロメ女の逆襲⑤ ~ゾロメ女文学賞発表の巻~

 

まもなく(4月9日)発表される【本屋大賞】のキャッチコピーは<全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本>だそうですが、私は<いちばん!お薦めしたい本>は?と聞かれると、「よくぞ聞いて下さった!それはもう山本幸久さんの『床屋さんへちょっと』に決まってるではないですか!」と答えてきました。

ここ3~4年ずっと。

・・・私ったら一途だなあ(笑)。

  2

 

すごくいい!と思うのに、世間の知名度や評価がそれに見合ってないと感じるような小説・・みなさんにもありませんか。

もちろん、小説の価値は知名度や世間の評価だけじゃないし、小説の嗜好や志向は、歯垢と同じくらい千差万別で、どんなに自分が「いい!」と思ったからといって他の人にその気持ちを無理強いできないことは言わずもがなです。

 

ただ、『床屋さんへちょっと』に限っていえば、私がそのタイトルを口にするとほとんどの人が「知らない」と言うのに、こちらの啓蒙運動が功を奏して晴れて読んでいただいたアカツキにはほぼ確実に「すっごく良かった!教えてくれてサンキュー」という感想が返ってきます。

その、まるで轍(わだち)ができているような流れのサンプル数がすでに2桁に届かんとする今、あらためて思ったわけです。

 

「この小説、なんでこんなに知られてないんだ?」

 

そして、おせっかい心がむくむく発動し

 

「なんか、すごくもったいない気がする」

とも。

3

 

従来の、出版社が主催したり後援する文学賞に加え、最近は本屋大賞やTwitter文学賞など、個人レベルの発想からスタートした新機軸の文学賞が登場してきました。

これって

文学賞も、権威付けとか上から目線の「選んでやった」的賞ばかりでなくていいじゃん!

草の根的な主観に満ちた賞があっても、むしろあった方が、面白いじゃん!

という方向に文学賞の概念が拡大されてきた、ということの表れではないでしょうか。

そしてこの趨勢、うっすらですが、ゲリラ的というか言ったもん勝ち的な気配がします。

 

であるならば、今がチャンス!

私がこの別冊に参加させていただいたのも何かのご縁!もしくは啓示!(おおげさ)と、「1人で勝手に決めた文学賞」を創設してしまおうと思い立った次第です。

ガタン!(イスを蹴って立ち上がる音)

 

この連載も5回目となり、季節も、自分の肩も、かなりあたたまってきた気がします。

いつまでもおとなしくしてると思わないでよ、とばかりに、このあたりでひとつ、タイトルの「逆襲」に見合った(と本人は勝手に思っている)プレゼンをさせていただきたい。

 

そんなわけで、お仕事小説というジャンルですでに確固たるポジションを築いていらっしゃる山本幸久氏ではありますし、2009年刊行の作品ではありますが、氏の『床屋さんへちょっと』を「なんで知られてないんだ?もったいない」という選考理由で、選考委員1名の【ゾロメ女文学賞】の第1回大賞作にさせていただきたいと思います!

ぱちぱちぱちぱち。

5

 

 

『床屋さんへちょっと』についてちょっと。

この小説は8編からなる連作短編集で、宍倉勲(ししくら・いさお)という人物の半生記になっています。

全ての話に床屋さんが絡みます。

1編めは、73才の勲。

2編めは、中年の勲。

3編めの働き盛りの勲。

そう、この連作は時系列が逆なのです。

それは7編め、父親が創業した製菓会社の若社長である勲青年の奮闘記まで続きます。

 

とにかく、この逆時系列が効果抜群です。

最初の方に1行で語られたエピソードが後の編で布石として描かれていて、そういうことだったのかと腑に落ちる。

伏線の妙、とでも言いましょうか。

 

なんでもない一言や、一見個性的には見えない人間に徐々に奥行きを持たせて、人や事象は多面体だとあらためて感じさせてくれる小説なのです。

 

この賞の頻度?

そうですねー、次に、心からもったいないと思う小説が登場したら考えます。

 

By月亭つまみ

こんなブログをしています。正体不明な女二人のブログ。 お昼休みなぞにのぞいてみてください♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • きなこ

    ゾロ目女更新されたかな~、とたまたま覗いてみたら、、あっ!更新されてる!
    え!?今日!?あら、11時!?たった今じゃん!
    ……これってマジですか??
    虫の知らせならぬ、ゾロ目の知らせ…
    なんだか怖いので、論理的な説明をお願いします。

    床屋さんへちょっと、読んでみます。いつもいい本教えてくれて助かります。
    今年の目標は普通の大人の本をたくさんよむことです。

    では私も真似して”きなこ賞”を発表します!
    大賞は……

    大賞は……

    …すぐには思いつかないので後日追ってお知らせします。

    きなこ賞って智恵子抄みたくて気に入りました。

    ゾロ目、次回も楽しみにしてますね~

  • ドーリー

    【ゾロメ女文学賞】、うれしい!もっともっとーっ!
    私の趣味は読書だけど、読む物がどうしても好きな作家や人気作品に偏るので、こうやって勧めていただけるのってすごくありがたいです。
    図書館で借りることがほとんどなので、話題の本をリアルタイムでは読めていないけど、2009年刊行のこの本なら図書館ですぐにも借りられそうですね。
    急ぎ、借りてまいりますっ!
    また報告しまーす!

  • masakobe

    早速、自分の“これから読みたい本”棚に登録しておきましたv
    良い本を紹介して頂いて、ありがとうございました!

  • 江ノ島カランコロン

    「床屋さんへちょっと」 只今アマゾン売り切れ中….
    明日、近所の本屋三件回ります。あるといいな

    で、わたしも真似して 音楽賞作ってみました。
    第一回 [お茶の間にJ-POPを 呼び戻そう大賞]は
    大石昌良さんの ♪おはよう
    さわやかで 口ずさみやすくて めざまし代わりにも使えちゃいます。
    よろしかったら、一度聴いてみてくださいね

    みなさんの 勝手に大賞 も知りたいです。

  • ハヤテ

    轍Aです(笑)
    にやにや。

    第二回待ってますよ~い!

  • つまみ

    つまみ Post author

    きなこさま

    11時更新って、まさしくゾロメだったのだわー。
    気づかなかったです。

    きっと、4月4日の11時だからじゃないでしょうか。
    ふだんよりゾロメ度が増して、感受性の強い人は感知してしまったのだと思います。

    ・・・あまり論理的じゃなくてすみません。

    きなこ賞、お待ちしています。

    1人1文学賞って面白いかも。
    パーソナルの極み!?

  • つまみ

    つまみ Post author

    ドーリーさま

    わーいヽ(´▽`)/
    ありがとうございます。

    もう、私のスイートスポット直撃のコメントです。

    そう言っていただけると、一人芝居も無駄じゃなかったと報われて余りあります。

    お読みになったらぜひ感想を聞かせて下さいませ。
    楽しみにしています。

  • つまみ

    つまみ Post author

    masakobeさま

    こちらこそ、ありがとうございます。
    そうおっしゃっていただけて、うれしいです。

    読みたい本棚に登録・・私もやってみようっと。
    つい、忘れちゃうんですよねー。

  • つまみ

    つまみ Post author

    江ノ島カランコロンさま

    ありがとうございます。
    ひゃー、売り切れですか!?
    早速、受賞効果が!(なんちって)

    >[お茶の間にJ-POPを 呼び戻そう大賞]

    わー、面白そう。
    今度、聴いてみます。
    私は・・最近またよくピチカートファイブや大滝詠一、オフコースなんかを聴いています。
    J-POPというより、昭和の青春ポップス(死語)みたいな。

    勝手大賞、いいネーミングだと思います。
    私も知りたいです。
    カリーナ部長に相談してみようっと。

  • つまみ

    つまみ Post author

    ハヤテさまへ

    ありがとーございます。

    思えば、ハヤテ嬢の感想を聞いてうれしくなって
    「こうしちゃいられない!世間のみなさまにも教えてあげないと!」と思ったのでした。

    そういう意味では、あなたはゾロメ文学賞設立の立役者です。
    あらためて、ありがとうございました!!

  • sprout

    轍のひとです。
    わたしはしごとなんて大嫌いだし、サラリーマンや会社の生態などてんで知らない門外漢ですが、ものすごく面白かった。みんなどっかでがんばってんだな、人生も悪くないって、じつにこっぱずかしい感想を、天下に大手を降って言い放ちたい気持ちにさせる小説ってそうないと思います。
    へそまがりにこそ読んでもらいたい!

    ところで4月4日はゾロメの日ですが、同時にどら焼きの日で、オカマの日です。
    親和性がないようである…ような。

  • つまみ

    つまみ Post author

    sproutさま

    今回の私の文章では手薄になった『床屋さんへちょっと』の魅力をきちんと紹介してくれてありがたや~です。

    ところで
    どら焼きの日、とは知りませんでした。
    今、Wikipediaを見て由来を知りましたが、みんな、強引なこじつけ、好きだなあ。
    もちろん、私もそういうの、大好物ですけど。

  • ドーリー

    図書館で借りて来て、読み終わりました。
    つまみさん、この本を紹介してくださって、本当にどうもありがとうございます!!
    「あー、いい本に出会えた、読めて良かった」って、すっごく感謝です。
    これから大事にしたいと思う言葉ももらえたし、ちゃんと生きてればちゃんとなるんだよねって思えたし、泣き笑いしながら、あったかい気持ちで本を閉じたとこです。
    これは確かにもっと広めたい本ですね。
    願わくば、勲さんの奥様の睦子さんには、『別冊』で「小さな事を楽しも♪」ってな連載を持って欲しいほどです(笑)。

    未読の皆さんも、ぜひぜひぜひ読んでみてくださいねー。

  • つまみ

    つまみ Post author

    ドーリーさま

    早速、読んでいただいた上に、感想まで♡
    ありがとうございます!
    うれしいなあ。

    勲のあの言葉、沁みますよねえ。
    実は、最初は今回のゾロメ女の文章に言葉そのものも入れたのですが
    「いやいや。これは読んだ人の特典だ」と思って削りました。

    分かりやすい良さもある小説ですが
    spuroutさんもおっしゃっていたように
    いろんな小説を読んでいる人や
    一筋縄ではいかない、へそまがりな御仁にも読んで欲しい小説です。

    私もまた読みたくなりました。
    4回目くらい。

  • あお

    更新されたこの記事読んでソッコー、アマゾンで注文したのは私です。売り切れにしてしまった原因のひとりです。
    届いてから、まじまじと表紙を眺め、著者のプロフィールに「私とたった1歳違いやん!」と関係ないことにちょっと感動して・・・一気に読むのがなぜかもったいなくて、通勤電車の中でチビチビ読んでいます。しかも「桜」の章は2回繰り返して読みました。
    この本、何回読んでも飽きない感じがします。
    今日もこれから仕事です。電車が楽しみ~わくわく。

  • つまみ

    つまみ Post author

    あおさま

    実は私も、Amazonに注文しました。
    単行本は持っているのですが、この際だから文庫本も買っちゃえ!と。
    「この際」の意味が不明ですが。

    あらためて、勲ワールド(?)に浸っています。
    通勤電車のチビチビ、わかります!

    読み終わったらまた感想をお聞かせいただければうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第19回 ゲゲゲの鬼太郎/BEM

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終わらない:麻婆ズッキーニ

黒ヤギ通信

それも梅雨のしわざ

日々是LOVE古着

妙な使命感

今週の「どうする?Over40」

おやつとおじさんは、スー(犬)の友だち。私には、ちと面倒でも。

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

カレー記念日 今週のおかわり!

寝具の違いを 体感できる お年頃

いどばた。

pay使ってますか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.26 お笑いと信用

50代、男のメガネは

下を向いて歩く。

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

小さくなるのは目だけじゃない!!

絵手紙オーライ!

金魚すくい

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

なんかすごい。

猫のさよなら

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

野良仙人

猫No.46  by カリーナ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

野良仙人

猫No.46  by カリーナ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up