10月19日はカレー記念日

カレー記念日

手の甲と 指にくっきり 皺とシミ

10月19日はカレー記念日

いまねえ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 NO.78 晩秋のちょっとしたお出かけ

◆11月某日 よくある(らしい)名前の坂
外出先に約束の時間より早く着いた。別にそのまま訪問してしまってもかまわない場所なのだけれど、お天気のいい昼下がりだったし、早く到着して張り切ってると思われるのも不本意なので(自意識過剰)、周辺をぶらぶらした。

新宿区愛住町。このあたりは、高低差好きの人(たとえばタモリとか)が喜びそうな場所が多い。幹線道路沿いはいかにも都心だが、一歩入ると、突如、急な坂道や階段が登場して風景が一変する。高層マンションも少なく、区画整理とは無縁な住宅街が段差上に屹立しているさまは、ちょっとした要塞のようだ。

セツ・モードセミナー(残念ながら今年の春、閉校。今、HPはこうです⇒)もそのひとつだ。建物自体、モダンで渋くて風情があるが、地形的ロケーションがその印象をなおさら際立たせている気がする。

これは春に撮った写真だけれど。

テキトーにうろついていたら、不意に暗坂(くらやみざか)というところに出た。字面になんだかハッとする。そういえば、島田荘司の小説に『くらやみざかの人喰いの木』のいうのがあったような。読んでないけれど。その小説の舞台かもしれない、と思わず周囲に人喰いの木を探すが、それらしきものはなかった。

不穏さには欠ける新宿区のくらやみ坂。

あとで調べたら、この小説は「暗闇坂」で、舞台は横浜らしい。そしてなんと、都内だけで暗闇坂(もしくは暗坂)というのが7つもあるそうだ。そもそも、全国にこの名の坂はいくつあるのだろう。東京が特別多いのだろうか。日本くらやみざか協会に聞けばわかるだろうか。そんな組織があったとして、だけど。

今度、「くらやみざか めぐり」でもしようかな。さしあたって都内の。誰か一緒にどうですか。

 

◆11月某日 芸能を継承する方へのお祝いを買いに
瞽女(ごぜ)三味線の継承者でもある三味線奏者の月岡祐紀子さん の出産祝いの絵本を買いに銀座の教文館書店に行く。
月岡さんは「なんかすごい。」のはらぷ(敬称略)を通して知り合い、かつての職場でイベントをしていただくという縁のあった方だ。なので、本ははらぷと二人で選んだ。

私はこの中の2冊を選びました。

月岡さんと知り合うまで、盲目の女旅芸人である瞽女さんの知識は『はなれ瞽女おりん』(小説ではなく映画の方)のイメージだった。肉体的なハンデを背負い、苛酷な旅を続ける悲劇の人たちという固定観念。平成17年、“最後の瞽女”だった小林ハルさんが亡くなり、瞽女さんはもういない。でも、月岡さんのようにその芸に惹かれ継承する人がいる。

 

月岡さんの瞽女唄ライブはとてもいい。実は先月も行ってきた。

演奏と唄がはじまると、それまで自分があたりまえのように享受(?)していた時間軸(自分が現在どの時代にいるかとか、自分が生きてきた時代を含めた過去との物理的心理的距離感みたいなもの)が根こそぎとっぱらわれる気がする。それは、心もとないと同時にとても自由だ。時間軸と一緒に、各種の呪縛的なものからも解き放たれるような気がする。瞽女さんに対する固定観念も然り、だ。

瞽女唄はおもいのほか、滑稽だったり明るいものも多い。月岡さんの瞽女唄を聴けば、瞽女さんの境遇、人生を安易に不幸方面にジャッジすることの不遜さ、狭さ、あさはかさ、が自動的に思い知らされるシステムになっている…かのようだ。

でも、なんだかんだと思考をめぐらすのはライブの序盤だけだ。気がつくと、ただ、たゆたうように聴いている。瞽女唄が芸能として受け継がれ、瞽女さん亡き今も継承されている理由はたくさんあるだろうが、そのひとつは、この「たゆたうように聴いてしまう懐の深さ」かもしれない。だって、本当に気持ちがいいんだから。

ちなみに、素顔の月岡さんは、率直で誠実でおっとりしていてとてもマイペースに見える。母になった今はさぞや忙しいだろうが、なんだか走る姿とか、想像できない。…いや、待てよ、そういえば私は月岡さんが走るのを見ているのであった。

 

上述の職場のイベントの打ち合わせに来てくださったときのこと。
打ち合わせが終わり、最寄りのバス停まで案内したのだが、途中、道路工事をしていてバス通りまで予想外に時間がかかった。通りに出たときは1時間に1本のバスがもう来ていて、二人で走った。結局、間に合わなかったのだが。

次の予定があって急いでいた月岡さんには申し訳ない気持ちでいっぱいだったが、月岡さんが自分と並んでバスを追って真剣に走る姿がやけに可笑しくて吹き出しそうになった。あ、今思い出しても笑っちゃう。あらためて申し訳ない。今度、お会いしたときに謝ろう。「なんのことですか?」と言われそうだけど。

月亭つまみ

 

【木曜日のこの枠のラインナップ】
第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】

第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊 切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4、5木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 ゾロメ日記】

 

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

スポンサーリンク


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • はらぷ

    はらぷ

    うふふ、我我ながら、なかなかよい絵本ラインナップだわ!(笑)
    なんて、教文館ナルニア国のすばらしい選書よ、ありがとう。

    月岡さんの瞽女唄を聴いていると、笑いも涙ものみこんだ人の人生、それも、ひとりのじゃなくて、連綿と続いてきた生の営みそのものを聴いているような気がしてきます。
    ひとりひとり違うんだけれど、なにか普遍的な「自分たちの唄」を瞽女さんが代わりに唄ってくれているというような気持ちで、人びとは毎年瞽女さんの来訪を楽しみにしていたのかもしれない…と思います。
    現代の私たちは、彼女たちが旅していた時代とは、ぜんぜんちがう生活をしているんだけど、それでも、そんなふうにしみこんでくるから不思議。

    ニュースや世相や流行歌をもたらしてくれる、瞽女さんの唄にはそんな役割もあったと月岡さんのお話で知ったけれど、そういう外と内(心の中)の両方の顔があるというのも、おもしろいなあと思います。
    瞽女さんの唄は、色っぽかったりするものも多い(笑)
    月岡さんの唄を聴いていると、いいなあ、私も唄ってみたいな、と思ってしまう。できっこないんだけど、なんかのせられちゃうんだよね(笑)きれいで粋でかっこいいです。
    ほんとに、普段の時とのギャップがおもしろくてかわいい。
    バスに乗り遅れたエピソードは、ほんとに月岡さんらしくて、いいなあ、そんな記憶を共有していることがうらやましい。つまみさんにしたら、相当あせっただろうけど(笑)

    月岡さんは毎年10月くらいに、江戸川区の一之江名主屋敷というところで、「椿の里の瞽女唄ライブ」というのをやっています。
    来年もしご興味があればぜひ!ということをここで宣伝してみる(笑)

  • つまみ

    つまみ Post author

    はらぷさま

    そうですね。
    月岡さんの唄を聴いていると、いろいろな、本当にいろんな人生、背景が浮かんでくる気がするよねえ。

    >普遍的な「自分たちの唄」を瞽女さんが代わりに唄ってくれている

    あー、でもこんなふうには思ったこと、なかった。
    なるほどなあ。

    時間、場所、目に見えるものと見えないもの、あの世とこの世、そういう、両極でも物理的な距離でも表裏じゃない、隣り合わせだったり、ねじくれているものたちをつなぐ架け橋、みたいなのかもね、瞽女唄って。
    瞽女さんを介して、触れられる異界(彼岸とかって意味だけじゃなく)があるのかもなあ。

    名主屋敷の瞽女唄ライブ、いろいろな人に聴いてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

「まんぷく」と カレーで満腹 土曜朝 

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

軸色に頼る

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.32】夜の自分をなんとかしたい。

なんかすごい。

本を手渡す

50代、男のメガネは

去ってさっぱり、来てしあわせ。

これ、買った!

ガスファンヒーター買った!

OIRAKUのアニメ

第7回 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ミカスの今日の料理 昨日の料理

希望というものは : 塩こうじとり天

黒ヤギ通信

描かなくても絵封筒

日々是LOVE古着

サイズあれこれ

今週の「どうする?Over40」

友人と習慣と犬に感謝。そのチカラはすごい。

これ、入るかしら?

vol.52 『衣もろもろ』(群ようこ)

四十路犬バカ日和

母は強し!バトーのためならエーンヤコーラ♫

フォルモサで介護

大丈夫?介護サポート〜その1:言葉の壁〜

いどばた。

最近やめたことについて、おしゃべりしませんか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.17 叫喚はあるが、共感はない…けど読んでよかった

わたしをライブに連れてって♪

今年もキャンプ納め~朝霧JAMに

絵手紙オーライ!

京都お菓子紀行

あの頃、アーカイブ

【エピソード26】結婚にまつわるエトセトラ

ワクワクしたら着てみよう

今月買ってよかったもの3連発~♫

KEIKOのでこぼこな日常

私、これに乗っていいかしら?

昭和乙女研究所

ドラマ「ムー」

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

北島三郎

猫No.32  by 権太

猫大表示&投稿詳細はこちら!

北島三郎

猫No.32  by 権太

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up