7月16日はカレー記念日

カレー記念日

気をつけよう 便座に夫の 滴(しずく)あり

7月16日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第8回 末端構成員の遠吠え

司書を20年以上やっている。それ以外の職種(事務員)もけっこうやったが、いつのまにか司書の方が長くなった。

ひとくちに司書といっても、図書館の種類はいろいろあって

①公共図書館
②学校図書館
③大学図書館
④専門図書館

の4つに大別される。厳密にいえば、国立国会図書館も加えて5つなのだけれど、国会図書館は特殊なので、ちょっと省略。

そんな中、私がいちばん長く働いたのは①だ。ちなみに、30代の7年間、都立看護学校の司書をしていたが、専門学校図書室って②なの?④なの?一見②っぽいけど、蔵書の7割は看護関係、2割は医学周辺(医学系の心理学や教育学も含む)、1割が一般書だった。看護・医学関係の雑誌もなんだかんだで40種類ぐらい購入していたので、自分としては④だと思っている。

あ、話が逸れた。①の末端構成員として、トータルで10年ぐらい働き、現在は②の超!末端構成員である。で、ここでやっかみ…というより、いろいろな図書館を経験して感じたことの主観カードを切らせてもらう。

①を経験しないと②の見方が偏るし、②に足を突っ込まないと①がアタマでっかちになる気がする。もっと言うと、①の現場からしか気づけない行政の現状、②だからこそ思い知る教育現場の違和感もけっこうあると思う

んなこと、いくらだってあるだろうと言われればそのとおりである。たとえば、清掃員にしか見えない病院の問題点、大工さんだけが気づくマンション業界の危うさ、派遣スタッフだからわかる○○業界の全体像…などもあるだろう。だから、いろいろな図書館や各種業界を経験しろ、と説教くさいことを言いたいわけではない。

ただ、自分が経験したり見えているものは、たとえ管理者側にいたとしても、全体のごく一部だということを自覚した方がいいんじゃないかと、自戒を含めて思うわけである。…あ、充分に説教くさいですね。

これは、やっかみというより事実なのだけど、小学校の図書室で働くようになって、①より②のランクが下という社会通念、もっと具体的にいうと、「学校司書」という言葉を「どうせ学校司書だし」という文脈で使う人、思っている人、がけっこういることを知った。

いやいやいや、それはあーた固有の被害者意識で、卑屈なだけでしょ、と言われそうだが、そうとも言えない気がするのだ。なぜなら、そう思っていなかったし今も思っていない自分が、学校司書になってそういう空気で驚くことが何度もあったからである。

長いこと、「学校司書」という名称が単なる通称で、正式名称じゃなかったこと、いまだ小中学校には、図書室は、司書教諭資格を持つ教員がひとりでもいれば、あとは保護者のボランティアと図書委員で十分じゃね?専任の司書なんて必要じゃなくね?的風潮があることが、②を蔑む(←言い過ぎか)要因になっているのかもしれない。

そういう下地のせいもあってか、正規はもとより、非常勤や嘱託の学校司書すら少ない。雇用形態の多くは、そりゃもうひどいものである。比べる必要はないが、公共図書館の方がナンボかマシだ。

教育委員会は、公共図書館在籍の司書をローテーションで学校に回したり…するのはまだいい方で、多くの自治体が、民間に業務委託をし、週に一日ないし二日程度、申し訳程度に図書室にスタッフを入れ、「これで我が(市町村ないしは区)の小中学校の司書配置はOK!」にしている。ぜんたい、それでいったい、どんな仕事ができるっていうの?んなこと、ふつうに考えれば「ムリ~」だとわかると思うんだけれど。

いや、そんな劣悪な雇用環境でも「ムリ~」などと言わず、黙々と児童生徒のために精一杯頑張る学校司書は多いのである。でも、だからこそ、逆に今の状況が改善されないところもあると思うのだ。

みんな、なんだかんだ現状に文句を言いつつも、自分の領域に限ってはひどく頑張る。頑張れば頑張るほど、自分の首を絞めることになったりもするのだが、だからといって、今この瞬間の自分の仕事の手を抜けない。納得できるところまで仕事をしないと気がすまない…当然っちゃあ当然だ。そしてその結果、雇用者側に「この雇用条件で充分」と思わせてしまう。ああ、どこもかしこも、図書館業界は負のスパイラルである。

私は、司書では一度も正規職員になったことはない。常に非正規でちまちまやってきてしまったので、ボーナスや賞与という単語を見聞きすると、条件反射のように「っけ!」と思ってしまうような人間である。

そして、いずれ遠くない日に学校司書でもなくなるだろう。残念ながら、地位も名誉もお金も残らなかった。ホント、残念!?でも、経験や記憶や思い出は残り、たぶん消えない。しかも、現在の学校司書が、司書としていちばん楽しい現場だと迷わず言える。最後に「いちばん楽しい現場」を経験できているのは、たぶんシアワセなことだ。

…自分に必死に言い聞かせてない?私。そして、明らかに負のスパイラルに加担してる気が…。人生って難しい。

by月亭つまみ

【木曜日のこの枠のラインナップ】
第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】

第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊★切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 やっかみかもしれませんが】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • きゃらめる

    内容不適切なら削除ください。

    私は司書資格を持ってるけど司書経験はありません。それっぽいことは唯一、子どもが小学生のころにした図書室のボランティア。

    学校にはのびのび読書を楽しめる広く明るい図書室がありました。しかし実状は十進分類すら充分にし終えてない数少ない蔵書と、本を買って並べてもらうのを待ち続けるがらんとあいた立派な書架。

    図書室が子どもたちで賑わうのは図書の授業時間だけ。

    図書室担当は、仕事をしながら何年もかけ通信教育で司書教諭の資格を取得した二人の先生。

    ボランティアは週に2~3度放課後に、交代で部屋を開け、けして多いとは言えない本好きの子どもたちを待ちました。

    本を読む子、宿題をする子だけでなく、
    かくれんぼや鬼ごっこを始める子もいますが、広い部屋なのであまり厳しくせず、大声を出したり走ったり暴れないでする【特別ルール】を約束させて遊ばせていました。
    時折遊びに夢中で約束を破り、一時退室させる子もいるものの、戻るとルール通り遊んでました。【声を出さずにやりとりする】ことを楽しんでたのかな。

    これってほんとはいけないんでしょうね。でもまずは図書室に来てもらう、馴染んでもらう、でないと始まらないと思って。そんな子達もいずれふと、目に留まる本も出るだろう、と。
    ボランティアだからこそルールを逸脱できたのかもしれません。

    2年後わたしは総合科目(英語活動)のボランティアに移ったため、その後の事情はわかりません。なり手が減って大変という噂だけは聞いてます。

    あれから16年。
    今年、市の広報で学校司書のパート募集がかかりました。

    担当教諭から図書室に司書を置くから是非応募してねと聞かされてからでも14年経ってます。

    やっと実現するのね、毎日開室かしら?とぼんやりその記事を眺めました。

    子どもたちにとっても司書さんたちにとっても、より良い方向に向かってほしいなと思います。

  • つまみ

    つまみ Post author

    きゃらめるさん、早速コメントありがとうございます。
    「内容不適切なら…」ってどこが?どうして?と、仕事帰りのおやつを口にくわえたまま(←イメージ画像)返信を書かせていただいています。

    その放課後の図書室は素敵なところだったと思います。
    利用していた子どもたち(今は大人ですね)は図書室のことをくっきり覚えているでしょうねえ。
    羨ましい記憶です。

    個人的に、小学校や中学校の図書室の役割としていちばん大事なのは、いつも開いていることじゃないかと思っています。
    そして、司書を置くと決めたのなら、少なくても子どもたちが学校に来る日はいるべきだと。
    今、私は、いない日の方が多い司書、という存在で、それだとやっぱり信用がない気がします。
    もともと、頼りがいのあるキャラでもないのに、たまにしか来ないんじゃ、期待されなくて当然です。
    線として継続的な仕事をしたくても、点で寸断されがちですし。

    【特別ルール】麗しい響きです!
    私も、直接学校から雇用されているなら、もっと自由なことをしたい。します!

    公共図書館にしろ、学校図書館にしろ、民営化や業務委託に反対するのは、それによって、顔色を伺う箇所が増えること、というのもあります。
    間に仲介や商社が入るとモノの値段が上がるように、雇用も、間に業者が入ると、よけいな不純物が付着して、自分で判断して動けなかったり、気軽にものが言えなくなって、息苦しくてしょうがありません。
    民間の会社は、契約を更新してもらうために、スタンドプレー的なイベントで心象をよくする、みたいなスケベ心も発動しがちですし。

    話が脱線して申し訳ありませんでした。
    でも、きゃらめるさんのコメントでいろいろな思いを誘発させてもらいました。
    もうしばらく、出来る範囲で、ジタバタ、ドタバタ、やってみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第19回 ゲゲゲの鬼太郎/BEM

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終わらない:麻婆ズッキーニ

黒ヤギ通信

それも梅雨のしわざ

日々是LOVE古着

妙な使命感

今週の「どうする?Over40」

おやつとおじさんは、スー(犬)の友だち。私には、ちと面倒でも。

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

カレー記念日 今週のおかわり!

寝具の違いを 体感できる お年頃

いどばた。

pay使ってますか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.26 お笑いと信用

50代、男のメガネは

下を向いて歩く。

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

小さくなるのは目だけじゃない!!

絵手紙オーライ!

金魚すくい

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

なんかすごい。

猫のさよなら

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

飯時告瞳

猫No.59  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

飯時告瞳

猫No.59  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up