4月19日はカレー記念日

カレー記念日

テレビ見てると つい気になるのよ この人何歳?

4月19日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.23 スベっても転んでも

何度もこの場で同じようなことばかり書いているが、ここ4~5年、めっきり読書量が減っている。読書力(視力や記憶力や根気や好奇心)の衰えのせいと、まとまった読書時間の捻出が難しくなったことが原因だと思われるのだが、最近はその中でも「記憶力の低下」が著しくて悲しい。読んでいる最中の本の内容が覚えていられなくて、読み続ける意欲が失せるのだ。それは、悲しいや情けないを通り越して腹立たしい。

つい半日前、下手すりゃ小一時間前に読んでいた本の記憶が定かでなくて愕然とする。栞が挟んであるから確かにそこまでは読んでいるはずなのに、ページを開いて「もちろん、さっきの続きですけど」的に繰り広がっている(?)世界にピンとこない。

 

記憶を呼び覚ますのにある程度の時間が必要なのはもうあたりまえですらあるが、たまに、かなりページを遡っても心当たりがなかったりする。とんだ迷い子気分だ。

 

文字は追っていても、内容がまったく目から先に進まない症状はかなりの人にあるようで、「目がスベる」と称する人も多い。私の場合、スベっている自覚すらなく、何ページも読んだ「気になっているだけ」のことがよくある。

 

違うことに心が持って行かれているとそうなりがちだが、文章がわかりづらかったり、そもそも、内容に興味がない(こう書くと、元も子もないな)、難しくて理解できないのに惰性で読んでいる、などもけっこうある気がする。

 

そんなの、早く気づけよって話だが、哲学書や専門書ならいざ知らず、文学作品の場合、序盤に多少「つまんないかも」と思っても、カンタンに見切りをつけたくなかったりもする。なぜなら、昔、むさぼるように読んだ高橋たか子のような、今、もしかしたらいちばん読んでいる堀江敏幸のような、ある程度、奥に進まないとその豊潤さに気づきづらい小説もあるからだ。

 

とりたてて大きな出来事が起きなくても、なんならストーリーなんてほぼなくても(乱暴)、じわじわと心に沁みてくる小説がある。一見とっつきが悪く、饒舌で散漫に見え、しばらく文字の羅列のリズムに乗れなくても、そんなある種の「峻しさ」こそが魅力で、読了後はいつまでも心に残る物語がある。

 

『河岸忘日抄』(堀江敏幸/著)はまさにそんな小説だ。ここであらすじを書いても、「読もう!」と思ってくれる人はあまりいない気がするが、ある男が日本を離れ、以前住んで馴染みのあるフランスに渡り、河岸に係留されている船で暮らす話だ。樽と珈琲とレコードと本と個性的な船の大家に囲まれた彼の日々は、静謐で孤独で迷いだらけで文学的で、名言とメタファーに満ちている。

 

 

続きが気になって一気に読みたくなるタイプの小説ではない…というか、ゆっくりじっくり時間をかけて読まなければ意味がない小説だ。読書が目的地までの旅だとしたら、新幹線ではなく、各駅停車で何度も乗り継ぎ、寄り道して旅する物語だと思う。その方が物語の滋養を享受できるはずだから。

 

 

音楽も、ジャンルを問わず聴きたかったり、映画も、シリアスもコメディもどっちも見たいように、本もいろいろなタイプのものを読みたい。昨日まで苦手だったジャンルが好きになったり、逆もあったり、そういう「幅や動き」が多い方が、本屋さんや図書館に行く楽しみが日常の延長ではなく、独立した非日常になる気がするし、思いがけない現実の「揺れ」にも対処できそうな気がする。たとえば岐路やピンチに立たされても、転ぶことはあっても致命傷を負わないんじゃないか…。

そう思いたいだけかもしれないけど、。

by月亭つまみ

 

【木曜日のこの枠のラインナップ】 第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】 第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊★切実本屋】 第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】 第4木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 やっかみかもしれませんが】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • kokomo

    父が今の私くらいの年齢だった頃、既に家にある本を買ってきて、同じ本が二冊本棚に並ぶということが続いていました。母は激怒するし、私も「なにやってるんだよー」と心の中で思っていましたが、父、ごめん。この前同じことをやっちまいました。

    それからというもの、本を買うときは中身をチェックしてから買うようにしているのですが、中身を見ても読んだような気がするけれど、読んでないような気もするし、デジャブ?もう一度家の本棚をチェックしてからまた買いに来よう、と家に出戻り。当然の如く家では本棚を覗くのを忘れ、再び本屋という無限ループです。

    「目がスベる」というのですね。私もこの前本を読もうとしたときにハングル文字か何か、わからない文字を追っているような錯覚を覚えました。老後の楽しみには読書をと思っていましたが、それがいかに浅い考えだったかと思い知らされています。

    つまみさんに比べたら私の大変なんて屁でもないですが、平穏や安泰からは程遠い日常です。でも、つまみさんが書かれているように、仮想的にでも心理的な振り幅の許容範囲を広くしておくことで、傷を受けても浅くて済むんじゃないかって思っております。つまみさんが読書を心から楽しめる時間が少しでも長くなりますように。

  • 匿名

    つまみさん、こんにちは。
    「目がすべる」
    言いえて妙ですね。あるある!です。
    先日は上巻よんで下巻に入ったところですべりまくり、もう下巻は断念して返却しました。好きな作家さんだし、展開も巧みなのにどうしても読む気にならず・・・
    でもカズオ・イシグロ「わたしを離さないで」はじわじわ読んだのにすっかり飲み込まれて深く刺さりました。何度もでたらめに開いたページを読み返したりして。
    不思議とそういう本は細部を覚えてますね。
    どんな時でもこころにスッと入ってくるものは必ずあるし、そうじゃないものもあるってことかな・・・と思います。
    「幅」といえば、先日「れもん、よむもん!」というエッセイ漫画で紹介されていた「ココの詩」という児童向け(と言っても高学年。425ページ)作品を読んだばかりなのですが、ノックアウトされました。楽しく読みやすいのに大人が読んでも深い・・・!体の予想外のところをストレッチされた気分です。


  • すみません。凜です。

  • つまみ

    つまみ Post author

    kokomoさん、こんばんは。

    うれしいコメント、ありがとうございます。

    その無限ループ、ホント、よくあります。
    最後まで、読んだことがあるのかないのかわからずじまいだった本、あるんですよねえ。
    情けないを通り越して、もはや清々しい!?

    目がスベるのはしょっちゅうですが、時々、どんな本でもいくらでも読めるぞ、と思えるときもあります。
    理由は特にないように思われるのに。
    理由がわかれば、もっと本を楽しめるコツが見つかるかもしれません。
    …そういうものでもないのでしょうかね。

    日常を暮らしていると、ロクでもないことが多くてやさぐれたくもなりますが、日常を暮らしているからといって、現実ばかりを生きているわけじゃないし、山積みの懸案に途方に暮れながらも、くだらない妄想や、とっておきの思い出に心を持っていかれてることもあるわけで、どんなにテンパっても、余白を意識できるような楽しみ、必ずしも読書じゃなくてもいいので、あると心強いですよねえ。

  • つまみ

    つまみ Post author

    凛さん、コメントありがとうございます。

    「何度もでたらめに開いたページを読み返し」たくなる本を見つけることこそ、読書の醍醐味かもなあと思い至りました。
    最近、住まいを移動する際、持っていく本を選別しましたが、その基準はそれだった気がします。
    そして、堀江敏幸さんの本はまさに自分にとっては「ふと、でたらめにページを開きたくなる」です。

    『ココの詩』、高楼方子さん!
    でも、読んだことはありませんでした。
    読みます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.37】やめること、変えることが苦手で困ります。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

50代、男のメガネは

サンマルクカフェ、おばちゃんの小さな反乱。

これ、買った!

ミカスさんも御用達の油揚げ 買いまくってる!

OIRAKUのアニメ

第14回 宇宙(そら)よりも遠い場所

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カナダへ行ってきた。しかも、妹と。#5

今週の「どうする?Over40」

真剣さゆえの滑稽味を醸し出して、今日も「やってしまう」。

黒ヤギ通信

チラシもアート

これ、入るかしら?

vol.58 ヘアカラー専門店に行ってみた

カレー記念日 今週のおかわり!

ひとりごと 多くなるのよ 4月には 

いどばた。

この花が好き。を語りましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.23 スベっても転んでも

わたしをライブに連れてって♪

空白の7年間とサカナクション

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

例のあのスポンジはすごかった!

絵手紙オーライ!

花に酔い

あの頃、アーカイブ

【エピソード31】浅間山荘事件を覚えていますか?

KEIKOのでこぼこな日常

はたして楽しめるのか?!

昭和乙女研究所

東京見物

ワクワクしたら着てみよう

ヒグチユウコ展 Circusへ行きました♡

なんかすごい。

3月に思うこと

日々是LOVE古着

モリハナエって?

四十路犬バカ日和

2度目の初めて 〜公園デビュー〜

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

寄切勝利

猫No.17  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

寄切勝利

猫No.17  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up