2月26日はカレー記念日

カレー記念日

固まった 肩を回して 寝違える

2月26日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.43 確信を持って、凄い。

 

去年の秋と先月、NHKBSと地上波で放送された山口百恵のラストコンサートに気持ちを揺さぶられた。

私はデビュー直後から引退まで、ずっと百恵ちゃんのファンだった。かなりの。でも、彼女の引退の頃の自分は、働きながら学生もやっているという人生の超繁忙期だったので、引退フィーバーにも百恵ちゃんロスにもじっくり浸ることができなかった。

その残尿感(下品でスミマセン)を取り戻そうとするかのように、結婚後の彼女が自発的に登場した数少ない媒体である、女性誌『Free』藤原新也が「三浦百恵」さんを撮ってインタビューした。当時は藤原新也に傾倒していたので狂喜乱舞した)と写真週刊誌『Emma』(エッセイを連載した。日航機の御巣鷹山墜落事故の頃。すぐにこの雑誌は廃刊になって当然、連載もすぐ終わった)はもれなくチェックした。

特に『Free』は何度も何度も読んだ。

まだ子どものいなかった彼女が、当時住んでいた高輪のマンションから毎日鳥を見ていること、「飲み会に行ったが誰も自分を特別扱いしないことが新鮮だった」という、元「山口百恵」以外が口にしたらちょっと顰蹙を買いそうなコメント、などは今でもよく覚えている。

引退後もマスコミに追い回され続けた彼女とその家族。夫がその月日を書いて出版したのは1999年のことで、この時点で引退から20年近く経っている。その『被写体』も読んで、この夫婦に思いを馳せた。マスコミの暴走・狂乱と簡単には片づけられない、自分にもある「百恵ちゃん見たさ」に複雑な気持ちになったりした。

そして、さらに月日は流れ、その倍の40年が経過した。短くない年月だ。2月29日生まれですら10歳になる(たとえのチョイスが完全に間違っている)。

さすがに、自分の百恵ちゃんに対する気持ちは凪いでいると思っていた。そりゃあ、国立で働いていたことのある知人が「そのへんでふつうに見かけてたよ。遠くからでも『あ、百恵さんだ』とすぐわかるんだよね」と言ったときは興奮したし、youtubeで思い出したように動画を見たりはするけれど。

それでも、「昔、けっこうファンだったんだよね」ぐらいに落ち着いているのかと思っていたのだ。

でも今回、ラストコンサートを見たらそうじゃないことがわかった。

今見ても、いや、今見るからこそわかる凄さが満載のコンサートだった。引退という非常事態の「火事場の馬鹿力」はあるにせよ、彼女は桁違いだった。

曲ごとに「その世界」にいる彼女には、演技とか憑依というより、その都度その都度、腹を括っている本人の強い意志を感じた。歌もMCも動きも、今自分がなにをすべきか、瞬時に判断し、実行する力を、覚悟の量で獲得した人なのだと思った。これって凄すぎる。

地上波での放送の翌日、仕事先である中学校の図書室の文庫の棚の数冊のさくらももこの(←「の」が続き過ぎ!)エッセイに目がとまった。ふだんなら流したと思うが、昨日の今日で「山口百恵脳」状態だったので「そういえば、さくらももこは百恵ちゃんファンを公言してたな。アニメのちびまる子ちゃんにも百恵ちゃんが登場して、その声を清水ミチコさんがやってたな」まで一気に思い起こし『まる子だった』を手にとっていた。

いまさらだが、やっぱりさくらももこはエッセイの名手だと思った。今回、四半世紀ぶりぐらいに彼女のエッセイを読んで、平易な言葉の威力、みたいなものをまざまざと感じた。

人は、特にブンガク好きを自称する人は、なにを血眼になって、小難しい言葉で唯一無二の表現をしようとするのか。日常使っている言葉でそれはできないというのか。やろうとしていないだけじゃないのか。

『まる子だった』の「休みたがり屋」という章の中の「学校に行っていたら算数や体育やその他つまらない企画が目白押しだ。オナラのひとつもできやしない。どう考えても家の勝ちだ。」に勝る、怠惰な小3女子の学校に対するドンピシャな心情があるだろうか。えっ、どうなんだ?と聞きたい。

ちびまる子ちゃんの存在が、あまりに、あまりにもデカくなり過ぎて、いくらその後の(マンガ抜きの)エッセイが立て続けにベストセラーになろうと、「あのちびまる子ちゃんの」という冠詞が常に彼女の表現活動について回ったことは想像に難くない。それを本人はどう思っていたのだろう。

ちびまる子ちゃんの世界観が彼女のhomeであることは、そりゃあ間違いないだろうが、シュールなマンガ(『神々の力』とか)同様、平易な言葉で綴った斬新な文章をもっと読んでみたかった。彼女が老いについて綴ったら、「令和の佐藤愛子!」と膝を打ったであろう自分の姿が目に浮かぶ。

さくらももこさんのいない世界を生きているから、ことさらそう思うのだということはわかっている。人はなんと、もうアップデートされないとわかっている存在に感情移入しセンチメンタルになるイキモノであろうか。それは、変わらないという安心感とセットなのだろう。ゆえに、美化したり下駄を履かせたりも易々としてしまいがちだ。

でも、山口百恵とさくらももこには少なくても下駄の必要性はない。それだけはわかる。そこが凄さだ。

月亭つまみ

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 爽子

    爽子

    つまみさん!
    今日のは、ことさら面白く、読み返してしまったよー。
    さくらももこさんのエッセイ、大好きです。

    百恵ちゃんも、好きだったな。
    ねえ、好きだったよね。
    うんうん

  • 都忘れ

    つまみさん、こんにちは♪

    ※人はなんと、もうアップデートされないとわかっている存在に感情移入しセンチメンタルになるイキモノであろうか。

    この部分を読んで、森瑤子さんを思い出しました。

    一時期、小説や、エッセイをたくさん読みました。

    検索してみたら、亡くなられたのが52歳!?めちゃくちゃ大人の女性だと思っていましたが、しっかり年下でした。(汗)

    さくらももこさんの本は、以前、読んだことはあるのですが、ちびまる子ちゃんのイメージが強すぎて、ちょっとピンとこないところがありました。

    でも、今だったら、また違う感覚で読めるかもしれないな~と思います。

    森瑤子さんの本も、また読んでみたいな~。

    その人が亡くなっても、作品が残っているということは、あらためてすごいことですね。

  • つまみ

    つまみ Post author

    爽子さん、うれしい❤
    ありがとうございます。

    そうなの。
    当時は理由なんて考えもせず、なんでだか、百恵ちゃん、好きだったよね。

  • つまみ

    つまみ Post author

    都忘れさん、こんにちは。

    森瑤子さん、作品はあまり読んでいませんが、そうですよね。
    ヘンな言い方ですけど、誰よりも大人な女性のイメージでした。
    50代前半で亡くなったのでしたか。
    太地喜和子さんや安井かずみさんも、きっと意外に若かったんだろうなあ。

    さくらももこさん、そうなんです、ちびまる子ちゃんのイメージが強すぎますよね。
    本人も葛藤があったような気もして、でも、ちびまる子ちゃんあっての、という気持ちも大きかったようにも思えて、そのあたりを本当はイチバン書きたかった気がします。

    確かに、亡くなっても作品が残っているってすごいですよね。ちょっと怖い気もしますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

カレー記念日 今週のおかわり!

通勤で 咳をこらえる ツボ押すよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

50代、男のメガネは

バスのなかであれやこれや。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

私たちが楽しければそれでいい:サーモンとアボカドのユッケ風

今週の「どうする?Over40」

月亭つまみとミカスが雑談するだけのPodcast番組、始まりました。

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿③ my blue valentine

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

絵手紙オーライ!

きつねのお面(初午)

ワクワクしたら着てみよう

ワントーンコーデにレイヤードで抜け感をプラス!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

これ、買った!

ブーツ型湯たんぽ!?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

茶系同盟

猫No.39  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

茶系同盟

猫No.39  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up