7月6日はカレー記念日

カレー記念日

美容院 鏡に映る おばば誰?

7月6日はカレー記念日

かおる

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第43回 大人への階段を上るということ

仕事で10代、下手すら10代にすらなっていない子どもたちと接していると、その成長に、おおげさではなく度肝を抜かれることがある。

小学生6年間の成長がいちばんだと思ってきたが、2年前から中学校でも働き始めて、中学生の変化に驚いている。サイズの成長は小学生に譲るけれど、雰囲気の方はミドルティーンに軍配を上げたい。行司か。

あまりに一気に大人びる子にはなぜかうっすらと危うさを感じたりもする。これって老婆心なのか、大人の直感なのか、もしかしたら、ちょっとしたやっかみなのだろうか。

中学校に勤務し始めたばかりの頃、図書室の隣の保健室で1年生の女子が泣いているのを見た。理由はわからない。泣きじゃくっていると言っていいような彼女を、先生が保健室に連れてきて、保健室の先生と二人がかりでなだめていた。感染症対策のせいか、授業中なのでプライバシーを気にしなかったのか、保健室の扉は閉められなかった。

先生たちの姿はほとんど見えなかったし、彼らがなんと言っているのかは聞きとれなかったが、泣いている生徒だけは、図書室のカウンターの中から見えた。いたいけな少女の泣き方の見本のようだなと思った。

幼い雰囲気の生徒だった。まだ小学生なのに、間違って中学校に連れて来られて、それで泣いていると言われたら信じてしまいそうなほど。ブレザー型の真新しい制服もお仕着せのように見えた。

その後、彼女は頻繁に図書室に来るようになった。すぐに「あ、あのとき泣いてた子だ…」と気づいたが、別人のように快活な雰囲気を纏っていた。同じ人物でも雰囲気が違うことなんて普通にあるし、とは思いつつ、なんだか狐につままれた気分だった。

しばらくの間、私は「確かに今は友達と笑顔で話しているが、この生徒が突然泣き出しても私は驚かない」と、変な角度から覚悟して彼女を見ていたものだ。

その「しばらくの間」はわりと短かった。きっかけは、彼女と本の話をしたことだ。有名なファンタジー小説のシリーズの途中が抜けている、ずっと借りている人がいるのか、最初から図書室にないのか調べてもらえますか、と彼女が聞いてきたのだ。私は回答後、「このシリーズ、おもしろいですか」と聞いてみた。彼女は目を輝かせながら「すっごくおもしろい。マジで」と答えた。そのときの彼女にはもう「変な角度からの覚悟」の必要性を感じなかった。

出勤するたびに彼女を図書室で見る日が続いた。とはいえ、別に、私の出勤日に合わせて来ているわけではなく、「昼休みを図書室で過ごす」派だったのだ。彼女は、ファンタジー、SF、推理小説が大好きで、それがシリーズであれば尚よく、シリーズが長く続いているのであればもっといい、要するに、終わらない小説が好きという、筋金入りの本好きなのだったのだ。彼女と私は、ふつうに本の話をするようになった。あるときは、仕事を終えて帰ろうとする私をわざわざ追いかけてきて、私が推薦した本がとてもおもしろかったと言ってくれた。

彼女は一年の後期には図書委員になり、カウンターで効率よく業務をこなした。合間に、自分が読んでおもしろかったものを私に薦めるのが通例(?)になったが、その言い方がけっこう断定的で自信満々で微笑ましかった。曰く、「読んだ方がいいです」「これを読めば、絶対、〇〇も読みたくなりますよ」「これはイマイチ。そんなに薦めない」みたいな。私は、師匠に指南を受ける弟子のごとく、素直に彼女の推薦本を読んだ。

そして彼女は、2年生の後半に図書委員長になった。絵心のある部員に読書啓蒙のポスターを描かせたり、スタンプカードを作り、貯まった人に特典をつけたりした。男子だろうが、場合によっては上級生だろうが、彼女は臆せず声をかけ、イキイキと動いていた。

今月、彼女は三年生になり、また雰囲気が変わった。図書委員長ではなくなり、昼休みに図書室に来ても、カウンター周辺にはあまり立ち寄らず、閲覧席で静かに本を読んでいることが多い。その横顔はどんどん大人びてきて、その成長の早さについ二度見してしまう。

このまま彼女は、大人への階段を一気に上り、中学時代を駆け抜けるのだろうか。それは悪いことじゃないのだろう。でも、あまりに変化が激しいので、そんなに急がなくていいんじゃない?寄り道をしたり、なんなら逆走したり、立ち止まっても、いいんじゃない?と言いたくなる。

それはきっと、最初に、彼女が全身で泣くのを見たからだ。大人だってあられなく泣くことはあるが、彼女の泣き方は子ども特有のそれに見えた。人なんてみんなアンバランスだったりするけれど、あれを見たせいで、彼女には少し、ほんの少し、危うさを感じてしまい、今日に至る。

正直に告白すると、最近、彼女の顔を見るたび私は「あのとき、なんで泣いてたの?」と聞きたい誘惑と闘っている。もちろん聞かない。そして、自分の懸念が危惧に終わることを心から祈る。中学時代を駆け抜ける脚力のなかった自分の単なるやっかみでありますように、と。

by月亭つまみ


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

ホン・サンスという才能。

OIRAKUのアニメ

第68回 アヴリルと奇妙な世界

今週の「どうする?Over40」

不具合を我慢して、イエとカラダを「故障と修理の山」にしちゃいけない。

黒ヤギ通信

エジプトからのエアメール

カレー記念日 今週のおかわり!

あなただけ 薦められたの この10冊

絵手紙オーライ!

あ!アメンボ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

突撃!となりの昼ごはん:納豆巾着

かわいいちゃん

おやつ問題

昭和乙女研究所

〈雑貨・文具編〉チャーミー(ビーズ)

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

眉色いろいろ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第45回 ただのひとりもいない

出前チチカカ湖

第181回 今ならうまくやれるのにぃ。

山あり谷あり再婚ライフ

アートな夫婦になってきた?

なんかすごい。

英語の試験を受ける

いどばた。

暮らしてみたい街はありますか?

これ、買った!

ひと味ちがうお味噌を買った

日々是LOVE古着

ゴムベルトコレクション

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

発掘現場

猫No.49  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

発掘現場

猫No.49  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up