5月23日はカレー記念日

カレー記念日

「館」のつく 場所で行くのは 図書館だけ

5月23日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

帰って来たゾロメ女の逆襲⑫ ~昇、浩、一樹、よしきについて。そして今回のセンターは昇、の巻~

 

「好きな作家は?」と聞かれると、最近は「木内昇さん」の名前を挙げることが多いです。

木内昇はキウチノボリと読みます。女性です。

言わずもがなだったらスミマセン。

 

以前からうっすら感じていたのですが、作家って他のジャンルより、名前だけでは性別がわからない人の比率が高くありませんか。

特に女性。

Waiting in Line

自分が1冊でも読んだことのある人限定でも、有川浩、桜庭一樹、柴田よしき、桐野夏生、山本文緒、恩田陸、栗田有起、碧野圭などなど、けっこういます

特に、木内・有川・桜庭・柴田4名の名前は、「もしかして女性?」などとはまず疑ってかからない真性男性名詞(?)かと。

ある意味、反則!?

 

他にも、微妙になつかしい(失礼!)田口ランディ、しばらく回文だと思っていた原田マハ、庄司・栗本・高村・北村の男女入り乱れた薫カルテットなど、上に挙げたグループとは所属リーグが異なると思われる性別不詳名チームも存在します。(私が勝手に存在させただけだけど)。

 

以下は、上記の方々の名前がペンネームだという前提で考察しますが・・

性別での先入観や固定観念を排したいという作家の気持ちはわからないでもありません。

「小説」単体にとって、女性(あるいは男性)が書いた、という情報などいらないっちゃあいらない。

なんだかんだいって、性別不詳チームと、いかにも女子力が強そうな名前(私にとっては江國香織とか村上由佳とか山田詠美とか姫野カオルコとか)チームの書く小説は醸し出すものが違うような気がします。

後者はやっぱり恋愛小説が似合うイメージ。

Hibiscus rosa-sinensis - closeup detail of a Hibiscus

 

ま、私のこのイメージこそ先入観や固定観念以外のなにものでもないわけですが、なんだかんだいって名前は顔の一部だし、作者名も読者にとっては小説を選ぶ際の重要な参考資料だと思います。

なので、「女性を前面に出す」「性別をうやむやにする」「反則行為すれすれの名前で営業する」はどれも作家の戦略としては正しいと思います。

戦略といってしまうとアレですが、変化球も正攻法、という感じでしょうか。

 

でも、ただそれだけではないのではないか、と最近思えてきました。

 

穿った見方であることを承知で書きますが

性別不詳名って、読み手に先入観を抱かせないプラス、自らになにかを課すため、かっこよくいうと作家としての矜持の表明という意味もあるのかもしれない、と。

 

そのなにかとは、性別を超越したその先のなにか。

でもジェンダー方面とは違う、なんていうかこう、守備範囲とか懐の広さに由来する度量みたいなもの。

そんな風に思うようになったのは、木内昇さんの『ある男』を読んだからだと思います。いや、読んだからです。

 

『ある男』は、それぞれ主人公が違う7つ入りの中編集で、共通項は舞台が明治維新であること、主人公が無名であること、です。

文字どおり、名前すら出て来ない「ある男」達の物語なのです。

Ferruginous Hawk

 

歴史に名を残すことなく、大きなことなどなにひとつ成しえず、でも7人とも、欠落と過剰を持て余し空回りさせながらも圧倒的な存在感を示します。

その、とことん地味で、同時にぐいぐいこちらに迫ってくる激渋な世界は、女子力をちらつかせる名前の作家には到底描けない気がします。

・・・極論ですよ偏見ですよ、これこそKING  OF 先入観&固定観念ですよ、女子力ちらつかせ小説も好きですよ(あわわわっ)。

 

でも、木内昇という名前がこの作家に及ぼした影響は少なくないのではないか、もっというと、木内昇名だから書けた世界なのではないか、と思ってしまったのです。

それほど『ある男』は私にとってはガツンと脳天を直撃される稀有な小説でした。

 

この「別冊」に植松眞人さん というメンバーが加わってひと月、その内容、表現方法に「やっぱ、男性は違うなあ」と思うことが多いです。

それは9割がた好意的な感慨だったりするのですが、残りは、上手くいえませんが、ちょっとした対抗意識的なもの、ハッとさせられて悔しかったりする部類の感情です。

もちろん、自分は自分の身の丈にあったものを書けばいいのだし、声高に性差について語るつもりはまったくないのですが、無意識に自分で自分の身の丈を狭めてないよね私、とあらためて検証したくなりました。

 

そういう意味で、植松さんと木内さんはすごく刺激的な存在です。

 

ちなみに、図書館で働いていたときに私はふざけた広報紙を作っていたのですが、そのときの自分のペンネームは内山手線(うちやまて・せん)でした。

くらもちふさこさんのあの!(あえて「あの」といってしまう!)名作マンガ『おしゃべり階段』の登場人物で、私の永遠の憧れであり続ける中山手線クンが出典ですが、今思うと性別不詳ペンネームだった!

 ひゃっほー!!

 

by月亭つまみ

 こんなブログをしています。正体不明な女二人のブログ。 お昼休みなぞにのぞいてみてください♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • sherry

    「名前だけでは性別がわからない作家が多い」に同感です。
    逆パターンですが,三崎 亜記をずっと男だと思っていました。
    でも,そのことについてそれほど深く考えたことはなかったので,
    l今回改めて,「な~るほど!」と納得。

    でも,正直に言います。
    一番反応してしまったのは.「あの名作マンガ『おしゃべり階段』」です。
    青春真っ只中の私が,青春真っ只中の加南達の言動に,思いっきり共感できた名作でした!
    ついでに,「いつもポケットにショパン」も忘れられない名作です♪

    もう止まらなくなりそうなので,止めます(笑)

  • sherry

    すみません。肝心なところを書き間違い。
    「三崎 亜記をずっと女だと思っていた。」でした
    三崎 亜記さんは,男性です。

  • つまみ

    つまみ Post author

    sherryさん
      
    コメントありがとうございます!
      
    三崎亜記、男か女か話題になったことがあります。
    えっ!?女性なんでしたっけ?
      
    『おしゃべり階段』、名作ですよねですよね♡
    共感できたー!おっしゃるとおり!
    私も何十回読んだかわかりませんが、読むたびに「話も絵もセリフも私にとっては全て完璧!」
    と思います。
    毎回です。
      
    実は、今回これを書いて、あらたにその思いを強くして
    来週更新の<いろんな言葉>にも「おしゃべり階段」を選んでしまいました。
    中島慶子さんがとってもステキなイラストを描いてくださいました。
    期待して下さいまし~。

  • つまみ

    つまみ Post author

    sherryさん
     

    そうなんですよね。
    わかっているのに、男女を書き間違っちゃったり
    そのうちに、あれ?結局どっちだっけ?と思ったり。
     
    これぞ性別不詳名の底力!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第12回 やっかむ相手が…

50代、男のメガネは

お尻を触るのはいいけれど。

これ、買った!

マキタって書こうと思ってたのによぉ!イージーエクサツインを買った。

OIRAKUのアニメ

第15回 舟を編む

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カナダへ行ってきた。しかも、妹と。(終)

今週の「どうする?Over40」

過去への信頼が崩れる、ちょいハードな経験も新聞連載に。

日々是LOVE古着

古着以外で最近買った古いもの

黒ヤギ通信

黄金週間ちまちま

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

メイクアップレッスンに行ってきた!

カレー記念日 今週のおかわり!

行けるのか わからんけれど 申し込む

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

いどばた。

悲報、ポストが消えた・・・

なんかすごい。

偶然と天ぷら油

わたしをライブに連れてって♪

オシャレと若いは同居しない?

これ、入るかしら?

vol.59 新人になってみる

絵手紙オーライ!

令和元年

昭和乙女研究所

東京見物(中学生編 昭和50年代前半)

ワクワクしたら着てみよう

収納サービスを使っています!

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

あの頃、アーカイブ

【エピソード31】浅間山荘事件を覚えていますか?

KEIKOのでこぼこな日常

はたして楽しめるのか?!

四十路犬バカ日和

2度目の初めて 〜公園デビュー〜

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

飯時告瞳

猫No.59  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

飯時告瞳

猫No.59  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up