11月22日はカレー記念日

カレー記念日

「若返り」キャッチコピーにだまされて

11月22日はカレー記念日

カミュエラ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

無限の想像力

 

 

先日、祖父の展示の様子を写真に撮っていたら、カメラがせっせと祖父の人形を顔認識していた。

「顔」として作っているのだからそりゃそうなのだろうが、カメラがこの人形たちを「ひと」と思って、あなたがた、ひとつきれいに撮ってさしあげましょう、と発動していると思うと、なんだかおかしくなってしまった。

カメラが「顔」を検出するしくみは、よくは知らないがどうも、目、鼻、口の3点の位置や、陰影や、そんなのをもとに割り出されているらしい。

 

そして、にんげんの目にも同じような機能があって、それは逆三角形のかたちに3点が配置されている造形これすべて、だいたい「顔」と認識するというおそるべき雑な能力である。

実験してみたが、ほんとだ顔にしか見えない…

 

この世に存在するあらゆる「てんてんちょん」を顔とみなす驚異のメカニズム、これには「シミュラクラ現象(Simulacra)」という立派な名前があるらしい。

「シミュラクラ現象」…ミステリアスな響きだ。「ゲシュタルト崩壊」といい、認知学の言葉ってこういう感じなのか…(ちがう)

 

どういうことかというと、にんげんは他人や動物に出会ったときに、敵か味方か、安全な相手か、怒ってないかどうか、見極めるために本能的に相手の目を見てしまう。だから、顔と同じような配置(逆三角形の3点)のものを見ると、脳が自動的に「顔」と判断してしまうのだ、ということらしい。または、いちはやく「顔」を見つけることができると、生存率があがるからだ(たとえば茂みにひそむ敵を見つけられるとか)、というふうに書いてあるものもあった。

 

なるほど、小さいころ、往来の車の人相、ならぬ車相を見ては、これはひょうきん、これは悪者などと乗っている人の人格まで判断していたが、そういうことだったのか。

 

しかしこの「シミュラクラ現象」、いろいろ検索してみても、wikiか、wikiを元に書いていると思われる記事の情報しかでてこず、しかも当のwikiには根拠となる参考文献が提示されていない。

さらにもうちょっと深く掘ってみたものの、科学的根拠のありそうな文献や学術的なサイトにいたっては皆無…となると、少なくとも医学や脳科学分野の専門用語ではなさそうだ。
「シミュラクラ」という言葉じたいは「偽物」「似姿」「幻影」といったような意味の言葉らしいが、「〜現象」となるととたんにあやしくなる。どこからでてきたものなのだろう。

 

 

しかし、「シミュラクラ現象」出自の謎は置いておいても、車に家に、ポストに電柱、野菜の切り口…この世は顔、顔、顔だらけである。

 

我が写真コレクションにおける顔検出の一例。

宇宙人

星っぽい

こんなのでも顔と認識するからすごい(ごはんの部分です)

我が家で「悪ミッキー」と呼ばれている邪悪なネズミ

 

そういえば、こないだつまみさんもこんなツイートしていた。→※

 

 

また、年輪や木の節に顔や動物を見出すこともある。

 

わからないけどたしかに哺乳類を感じる

 

これは大好きな絵本、『ふゆめがっしょうだん』

 

この話をしていたらオットが、「向こうじゃよくキリストやマリアの姿って言ったりするよ。」と言ったので、へえ!こっちでも仏さまなんていって、大事にしたりするから同じだなと思った。

「あとは?」と聞くので、「だいたい動物かな」と言ったら、ものすごくおもしろがっていた。
このひと、今後しばらく動物さがしにはまる予感がする。

 

これも大好きな写真絵本。石に描き出されたあらいぐま、バイソン、猫、ワオキツネザル…ものすごくリアルな動物たちが、保育園のあちこちにひそんでいる。

日比野公子/作 福音館書店

 

 

 

また、人類のもうひとつの傾向といえるのが、丸いものをみると、何かと顔をかきたくなるという習性である。

 

モモちゃんも…

 

京都の八百屋さんも…

 

そして「石こけし」!(クリックしてご覧下さい)

友人が、「おまえはこれが好きだろう」と教えてくれた。
こうなるともはやこけしとおじぞうさまの定義が混乱してきたが、大きい石(あるいは細長い石)に小さい石を重ねると、あらふしぎ、「ひと」にしか見えない。

こっちはほんとのおじぞうさま

 

 

立っているものあればつい人に見立ててしまう習性。

 

埴輪しかり、垢太郎しかり、にんげんはなぜ、思わずじぶんの分身を作ってしまうのだろうか。

 

太古のむかしからにんげんは、岩のさけめ、木々の重なり、山の稜線、草木の模様、ありとあらゆるものに何かの息遣いを感じとって、畏れたり、敬ったり、面白がったり。そうして、そこからものがたりが紡がれて、にんげんの想像力はほんとうに限りがない。

そこには、有機物であれ、無機物であれ、何かわからぬものに、知っている身近なかたちを見出して、じぶんのがわに引き寄せしたわしいものとする、そういう面もありながら、まるで逆のことを言うみたいだけれど、わからないものはわかろうとしないで、わからないままにしておく、という態度も感じることができる。
だから、勝手に解釈もするし擬人化もする、だってすぐ隣に在るこの大いなるものとは、意思の疎通もできないし、そもそもわかりあえるものではないんだから。
「見立て」という行為は、何かそういった、ひとと自然がわからないまま隣り合って生きることへの作法のようでもある。

 

そして、このことを書いているときに、ぐうぜん見つけたこれ。

初代館長のひとが集めに集めた、顔に見える石を展示してある個人の美術館!だって!

秩父珍石館!!(クリックしてご覧下さい)

うわー…すぐに行かねば…。

 

石こけしについて教えてくれた友人が、八百屋の顔たちの写真を見ながら、
「ほんとうはさー、はらぷのおじいちゃんがさー、世間には居るのよねきっと。いっぱい。」と言っていたのだが、この石を集めた館長もまさにそうした一味かと思う。

 

おまけ

なぜ目を書いた…。

 

byはらぷ

 

 

 

※「なんかすごい。」は、毎月第3木曜の更新です。はらぷさんのブログはこちら

※はらぷさんが、お祖父さんの作ったものをアップするTwitterのアカウントはこちら。

スポンサーリンク

 

 


なんかすごい。 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • AЯKO

    シュミラクラ現象、そんな言葉があるとは露ほども知りませんでした。私も頻繁に顔を見つけてしまう方です。
    自分の勝手な見立てなのに、愛嬌を感じたり、恐ろしかったり、敬ったり、よく考えると不思議だね。「悪ミッキー」(もうそうしか見えない)とか言われて、猫は迷惑だよね(笑)。
    自分が小さい時、猿と思っていた着物箪笥の木目を、今うちの子も「なんかの動物」と言っていて、ちょっと面白い。

  • はらぷ

    はらぷ Post author

    AЯKOさんこんばんは!

    おお、AЯKOさんも見つけてしまう性質!なかま!!(笑)
    着物箪笥のAЯKOさんの猿、お子さんにはどんなふうに見えてるんだろう。
    こわいんだけど、「自分だけの動物」って思ってたりするのかな。

    おはなしに入り込める性質っていうのも、無関係でもないような気がします。
    こないだ職場のおはなし会でおにぎりの絵本読んだら、小さい子が絵に手を伸ばしてぱくって食べたの。それ見てそう思いました。

    おとなになった今だって一瞬で飛んでけるしね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

カフェ小景・そうかい。キミたちは本日、お泊まりなんだね。

これ、買った!

プリオールヘアファンデーション買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

母岳大噴火 : スペアリブの煮込み

わたしをライブに連れてって♪

心の底に隠したライブに「行けない理由」

今週の「どうする?Over40」

明日から新連載「わたしをライブに連れていって♪」がはじまります。

黒ヤギ通信

冬とコタツと年賀状

じじょうくみこの崖のところで待ってます

あのひとは言った、「未来のためにはアレを焼け!」

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ネイル、どうしてますか?⑤~爪のケアしてますか?~

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.22】息子の帰省が苦痛です。

なんかすごい。

隣家の子ども

着まわせ!れこコレ

2wayの甘い罠

ただいま閉活中

(57)長年スタンバっていたアレ

これ、入るかしら?

vol.42 over40お食事会に着たワンピ

いどばた。

やめたいのにやめられないものは何ですか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.7 「小説の漫画化」についてのダブルスタンダードな見解

四十路犬バカ日和

バトー、海を渡る。

あの頃、アーカイブ

【エピソード17】元武士の息子の経済事情

KEIKOのでこぼこな日常

スポーツ観戦

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

昭和乙女研究所

イメージチェンジとか○○デビューとか

ラジオブースから愛をこめて

私のカズオさん

ワクワクしたら着てみよう

まじですか?鈴木京香登場にワクワク〜♪

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up