4月26日はカレー記念日

カレー記念日

肉食が カラダについて 肉ショック

4月26日はカレー記念日

じじょうくみこ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

 

こちらからすべての対談をご覧いただけます♪ いよいよ最終回となりました。ゆっくりお読みください。

 

カリーナ:なるほどなあ。ポピュラーの話、聞いてみてよかった。私、しみじみ思うことがあるんですが、「偏見のなさを言葉で語ること」と「偏見をもたないこと」は別なんですよね。
私の義母は、言葉ではとても学歴重視だし、男性尊重だし、どうしようもなく昔の価値観の人なんです。でも実際に目の前にリアルな人物が現れると認めてしまうんですね。

 

saikonorikon7

 

私のように結婚しても演劇ばっかりして子どもを産まず、ふらふらしていた人間も何も言わず認めて不干渉だったし、
他の人に対してもそうなんです。彼女を見て「あ。人間ってつまりは目の前の人をどれだけ受け入れられるか」なんだなと思いました。
価値観が古いのは仕方がない。時代の制約もあるし、若いときの刷り込みもある。でも、それと偏見のの有無は別だと。

 

小関:前におっしゃっていた、「男の人が先ねー」と言うお義母さまですね。

 

カリーナ:そうなんです。

 

小関:価値観と実際に許容できるかどうかはまた別、確かにそうかもしれません。

 

カリーナ: 人間のそういった多面性というか、「凡庸に見えて深い」というところと、小関さんのおっしゃった「ポピュラーの力」は私のなかではつながるんです。目の前の人にどれだけ手を差し伸べられるか、という点で。

 

小関:ああ!! そうか!!

 

カリーナ:そうなんです!それで、わたし、そのツイートに、すごく刺激を受けたんです。

 

小関:私、自分が福島県出身だということもあると思うんですが、震災後、ほんとうにたくさんの創作を仕事にしている方たちの態度にがっかりしたんですよ…。いろんな考え、主張があるのはわかるけれど、そればっかりを作品に出すよりも、ちがうやり方があるんじゃないかと思って。だから、ポピュラーなもの、大衆的なものにすごく惹かれたんだと思います。作り手がどんな主張を持っているかわからないけど、それを横に置いておいてもらえる感じがよかった。

 

カリーナ:「横に置いてもらえる」ですか。それは、小関さんの当事者としての視点ですね。正しい主張にも、その表現者の「自分」が入っていてウザい的な?

 

小関:ですです。目の前にあるあまりにも大きな現実を、「自分の表現」のためにこねくりまわしてるのがいやだったんでしょうね。

 

カリーナ: ああ、それは鋭いというか、非常に納得します。「こねくりまわす」ですよね。それ、いらないんですよね。「こんなに考えている自分」を表現しても、その「自分」の部分がウザい。「最高の離婚」は、2013年ですから2年後の作品になりますが、小関さんの目に「こねくりまわしている」ようには見えなかったんですか。震災の日の東京からスタートしていますが。

 

小関: はい、とても誠実なドラマだと思いました。ちゃんと、わかっている方がつくってるんだなと思いました。

 

カリーナ: なるほど、そうなんですね。最後に「ファーストキス」のようなキスをする。あの照れた関係に戻るところ、きれいでしたね。
※ガラガラの電車のなかで、光生は突然「あー!」と言い、その方向に気をとられた結夏にキスをするシーン。

 

densya

 

小関:あの見送りにきたホームから電車に乗ってしまって、キスして、のくだりは、ロマンチックでしたねえ…!

 

カリーナ:ほんとに!ロマンチックでした。そして二人で歩いて帰る。あの会話を見て思ったんですが、二人は二人でいるときが一番、解放されているんですよね。喧嘩も盛大、楽しいことも盛大。「解放される」ってことを大事にしているところも好きです。

 

小関:そうですね。結夏が実家で見せる所在ない感じも、夜道を光生とふたりで歩いているときにはなくなっていましたね。

 

カリーナ:ほんとだあ。実家では、どこか所在なさげですね。結夏は、あの若い男の子といるときより、スペシャル(2014年2月に放送された)のお弁当屋さんといるときより、解放されて、自由で。解放されて自由でいられる関係のすばらしさを感じました。結夏さんってすぐ所在無くなるから(笑)。

 

小関:カリーナさん、何度かこの対談でおっしゃってますけど、結夏はすごく自己評価が低いですよね。とても魅力的で、かわいらしいし、優しい人なのに、自分なんてつまらない人間だと思ってる。

 

カリーナ: はい、今回見た中でも何度か「つまらない」「何もできない」と言っていたように思います。

 

小関:光生と一緒にいるときは、そんなことないんですよね。うむ、やはり、すごくいいカップルなんだな。

 

カリーナ: うんうん、ほんとです。彼女の中にパワーが宿りますよね。自分の言葉で明確に相手をズバっと否定している。これってすごいことです。

 

小関:  別に、光生を低く見ているわけじゃないんですよね。とてもフラットに接している。

 

カリーナ: そうなんです。彼女は、光生にダイレクトに子どもが欲しいって言いますが、その言葉もすごく積極的で堂々としている。光生の子なら、そんなふうに育てられるんでしょうね、かあちゃんとして、堂々と。でも、(スペシャルに登場する)お弁当屋さん(岡田義徳)とかじゃダメなんだなあ。何か、こう、不自由な「母親の檻」に入れられちゃう。繊細ですね、相性って。

 

小関:ああ〜。きっとそうですよ〜。お弁当屋さんだと、期待されているであろう「元気な肝っ玉かあちゃん」を演じてしまうんですよ。でも、それをやってると、本当は彼女自身が抱えている傷つきやすさを無視することになっちゃうから…。

 

カリーナ: そうそう!自己評価が低いままに!

 

小関:わーん、ぜったいダメ! そんなことしちゃ!!

 

カリーナ: ねえ!!ダメなんです!光生だって灯里といっしょにいると別の何か(解放されない彼氏役的な何か)をやっちゃってるし 笑

 

小関:そうだそうだ! うっすら期待されている「みつおくん」を演じてる!! 

 

カリーナ: みつおくん(爆)

 

小関:なんか、あれですね。気負わなくていい、ふつう〜にしていられる人と一緒にいなくちゃ、人は壊れますね…。

 

カリーナ:ですね、ほんと。そしてあの二人がいっしょにいると衝突しているようで解放されているから、こっちも解放されているんですね。

 

小関:見ていて変な緊張感がないですもんね。

 

カリーナ: うんうん。抑圧がないんですよね!なんか、このドラマが好きな理由がわかったぞ(笑)。

 

小関:最後の対談回らしい、発見に満ちてますね今日(笑)。

 

カリーナ: ほんと!また「最後から二番目の恋」みたいに続編が作られたら、リアルタイムの対談をお願いします。本当にありがとうございました。

 

小関:はい、ぜひぜひ。

 

カリーナ: わたしはいつもツイートとかサイトとか熱心に見てますので(笑)。

 

小関:ふふふ、ありがとうございます!

 

 


小関祥子さんのプロフィール
福島県いわき市出身。女性向け、児童向けの実用ジャンルで
主に仕事をしているイラストレーター。映画好き、料理好き。
小関さんの詳細なプロフィールやお仕事はこちら→kittari-hattari

 

スポンサーリンク

 


「最高の離婚」ファントーク 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • いまねえ

    ファントーク、最終回なのですね。
    このドラマ、放映時は存在は知っていましたが
    ただそれだけ、という関心のなさのままに過ぎておりました。
    こちらの対談もなあぁんとなく、お付き合い的な感じで(!失礼ですよね。。すみません)
    読み始めたのですが、おおお。。。今、気持ちは、レンタル!と。
    スペシャル版も放映されたけどそれもレンタルに入っているのかしら?
    ・・・ま。いいや、まずはレンタル屋さんに!
    こちらの対談をきっかけとした私にとっては、このドラマは
    予習後の鑑賞&鑑賞後の復習という特異な鑑賞方法になります。
    55歳の当方、立ち位置の違いが浮き彫りになるかも知れません、
    共有できるのか否か、・・・それもお楽しみということで。。
    9回のトーク、ありがとうございました。

  • niko

    本当に本当に、中身の濃いファントークでした。
    楽しかったです、ありがとうございました。

    改めて全回を読み返してみましたが、私の一番好きなところは結夏についてのあれこれです。
    結夏の表面には出さない繊細なところとか、小さな女の子的なとか・・・わかっていたつもりでしたけれど
    おふたりが対談のなかで的確に語ってくださったおかげで、ますます愛おしくなりました。
    光生と結夏には幸せになってもらいたいです、思いっきり感情移入しまくりの大好きなドラマでした。

    いつか叶うかも知れない、ドラマの続編とファントークの続編に期待しております。

  • 小関祥子

    koseki

    >いまねえさん
    コメント、ありがとうございます。
    語るに足る豊かな土壌が実はあったドラマだと思いますので、
    状況の変化、年齢の変化によって、感じることも変わってくるように思います。
    ごらんになったら、またぜひ感想をお聞かせください。

    >nikoさん
    コメント、ありがとうございます。
    あのドラマは、結夏の物語でもあったなあと改めて思いました。
    自分を低く見積もりがちで、つい周りの期待に応えてしまう結夏ですが、
    フラットな自分のままで向き合える光生という存在を知っているのだから
    きっと大丈夫なのではないかなと思っています。(希望も含めて!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

勢いよく振り返る。

これ、買った!

雑穀、買った!

眉毛に取り組む。

アイブロウサロン、行ってきました!(桜子)

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカス、カナダへ飛ぶ : せっかく来たんだもん

KEIKOのでこぼこな日常

傘、ついてきてくれないかしら!

今週の「どうする?Over40」

ゴールデンウィークがパッとしなくても大丈夫!懐かしさの「核」は意外に地味だ。

昭和乙女研究所

真似したアイドルはいましたか?

ラジオブースから愛をこめて

音の編集はたのし♪

いどばた。

あなたの使っている年代物はありますか?

なんかすごい。

子どもの絵

ゾロメ女の逆襲

閑話休題 前口上

着まわせ!れこコレ

れこコレ春のハン省祭り

ただいま閉活中

(51)アッチェレランドからリタルダンドへ

これ、入るかしら?

vol.38 よそゆき小物ふたたび

あの頃、アーカイブ

 エピソード10★大きな店から小さな店へ。

四十路犬バカ日和

バトーと私の老いじたく

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.15】探しものが見つかりません。

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

ワクワクしたら着てみよう

家でもそこそこ小綺麗に〜 & ZOZOTOWNに着ない服を売ってみた2

ハレの日・ケの日・キモノの日

弱さも強さもナチュラルなオバフォ―祭りに集まったすんごいヒトたち

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up